おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

見積りのコツ・ポイント

引越し見積もりを取るその前に!スケジュールを立てよう

引越し作業って結構いろいろな工程があって「忘れてた!」ということが多々出てきます。
引越し前に、絶対にオススメなのが、スケジュールをしっかり立ててから動いた方が結果的に「早いし、漏れがない」ということ!

引越し見積もりを取るその前に!スケジュールを立てよう

意外にやらなければならない事が多いので、「確認していてよかった!」となること間違いなしです。ということでここでは、引越しのスケジュールの立て方について順を追ってご紹介します。

1.引越し作業の5つの工程の把握

引越し作業の工程は大きく分けて5つです。

  1. 引越し会社を探す
  2. 荷造りをする
  3. 諸手続きをする
  4. 引越し当日の作業
  5. 新住所での諸手続きをする

この引越し作業の5つの工程をしっかりと把握して作業を進めれば、順調に引越し作業も進みます。

2.引越し会社を探す

新居、引越し日が決まったら、さっそく引越し業者を探しましょう。

ネット一括見積で複数の引越し業者から見積もりを取る

まずは、自分の引越し料金の相場を確認しましょう。相場を確認して進めば、見積もり依頼の作業が効率よく進められます。

何社か訪問見積もりを依頼する

事前に引越し料金の相場が分かっていれば、見積書をもらった時に安いのか高いのか、またサービス面がどうなのかが一目瞭然です。

3.荷造りをする

荷造りは現在の生活であまり利用していない物から早めに取り掛かりましょう。荷造りは予想以上に時間がかかります。早めに少しずつでも進めることが引越し当日にバタバタしないポイントですよ。

荷造りのポイントとは?

荷造りのポイント

  1. 段ボールを引越し業者からもらいましょう。足りなければ、スーパーなど無料でもらえるところからもらいましょう。
  2. まずは、現在利用していない荷物から詰めていく。
  3. 粗大ごみの処分は早めに動く。リサイクルで利用できそうであれば、リサイクルショップに引き取ってもらいましょう。

4.諸手続きをする

  • 電話
  • ガス
  • 電気
  • 水道
  • 転出届
  • 国民健康保険
  • 郵便転居届
  • NHK

などなど、転居手続きしなければいけないことって結構多いのです。意外と時間がかかるので、メモ帳やスマホなどでチェックリストを作り、早めにできる事から進めておいた方がいいですよ。

5.引越し当日の作業

申し込んだ内容にもよりますが、引越し作業も大変です。しっかり引越し業者さんと打ち合わせして、当日にトラブルが起きないように努めましょう。

新居への荷物搬送作業が終われば、あとは設置作業です。引越し当日は肉体的に疲労がたまっていますので、重いものを持つときなどに腰を痛めたりしないようにあせらずに作業をするようにしましょう。

6.新住所での諸手続きをする

  • 電気
  • 水道
  • ガス
  • 転入届
  • 国民健康保険
  • 印鑑登録
  • 国民年金
  • 運転免許証
  • クレジットカード
  • 銀行・郵便局口座
  • 自動車登録

引越しの片づけで大変な時にこれだけの手続きが必要になります。転出手続きと同様チェックリストを作り、なるべく早めに漏れがないよう手続きを進めていきましょう。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか?

「これもしないといけないの?」と思われた項目はなかったですか?
私もこのお仕事に就く前に引越しをした時に、役場へ何度も足を運んだ記憶があります。

しっかりスケジュールを立てていればこのようなことは無かったはずなのですが…。その頃は引越しするので精いっぱいで、何もわかっていなかったように思います。

皆さんはこのような思いをしないでいいように、無駄なく効率の良い引越しをするために、しっかりとスケジュールを立てる事を強くオススメします。

引越し業者をお探しなら、まずは100円引越センターへお問合せください。特典サービスの中からひとつをお申込みいただければ引越し料金が100円になります! 他の引越し一括見積もりサイトのように、たくさんの引っ越し会社から電話がかかってくることはありません!

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ