おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

一人暮らしお役立ち情報 見積りのコツ・ポイント

引越し見積もりで「訪問なし」は可能!WEB完結型引越し業者も紹介

引越しの見積もりは「訪問なし」でも見積もりは取れるし、引越しもできます!

しかも「単身引越しはOKでも家族引越しはNG」という情報も拝見されますが、2020年5月現在で、家族引越しでもWeb完結型の最新引越しも登場しています!

考えて見てください。
そもそも、これだけインターネットが普及した時代に「必ず訪問見積もりでなければいけない」ということ自体がアナログですよね?

ただし、良いことばかりではなく、それなりの「リスク」がある事も事実です。

私は引越し業界に関する、市場調査を担当しているチームの一人「ナカハシ」といいます。
主に、引越しに関する「疑問・不満調査」などをデータ化しているものです。

こういう仕事をしていると引越し業界のいろんな事が見えてきます。
良いことも、悪いことも・・・(笑)

今回は「引越しの見積もりを訪問なしでやりたい!」という方に向けて、私が知っている引越し業界とひもづけて、お伝えしていこうと思います。

「訪問見積もりなし」でベストな引越しをするために、簡潔にお伝えすると

  1. ①引越し見積もりは「訪問なし」で大丈夫
  2. ②「訪問なし」にはリスクがあるため、失敗しないために把握しておくこと
  3. ③自身の引越し相場を把握してから動くこと
  4. ④できる事なら「訪問あり」がおすすめ。悩みの解決策を知り、可能であれば「訪問見積もり」を取ること
  5. ⑤引越し業者の考えを先に把握して、失敗するリスクを回避する


この5つを把握してから、実際にどのように引越しをするかを決めれば問題なく、しかも安く引越しができます。
それでは、具体的に内容を紹介していきましょう。

1.訪問なしで見積もりができる引越し業者紹介

まずは、皆さんが一番に知りたい「訪問なし」で見積もりを出してくれる、引越し業者をご紹介していきましょう。

  1. ①「100円引越し」
  2. ②「赤帽」
  3. ③「日通」
  4. ④「ヤマトホームコンビニエンス」
  5. ⑤「ラク越」

他にも訪問なしで見積もりをもらえる引越し業者はありますが、特に「ナカハシ」的におすすめな5社をご紹介します。
また、分かり安いように

  1. ・「単身:長距離」訪問見積もりなしおすすめ引越し業者
  2. ・「単身:近距離」訪問見積もりなしおすすめ引越し業者
  3. ・「家族」訪問見積もりなしおすすめ引越し業者

と分けて、ご案内していきましょう。

1-1.【単身:近距離】訪問見積もりなしで引越しができる業者紹介

単身の近距離引越しは、地域密着型の引越し業者が強い(安い)傾向にあります。
また、単身のように荷物の量が少ない方は、電話見積もりでOKという業者もあるようです。

その中でも、今回は料金が安いことで有名な

  1. ①「100円引越しセンター」
  2. ②「赤帽」

こちらの2社をご紹介しましょう。

◆100円引越しセンター

近距離で単身といったら「100円引越しセンター」です!

「100円引越しセンター?」という方も、中にはいるかもしれませんが・・・
あの読売テレビ「ZIP」のコーナー「おしえて辛坊さん」にも取り上げられた引越し業者です。

「100円引越しセンター」の特徴は、なんといっても単身の近距離引越しであれば100円で引越しができること。

※ただし、次の条件をクリアーできた方のみが対象となります。

①2tショート車に積載できる量

②引越し距離が50km以内

③新生活に必要な商品を選択

この3つになります。

①と②は分かるけど、③の「新生活に必要な商品を選択」というのは?と疑問になりますよね。

こちらは「インターネット(WiFi)」「ポケットWiFi」「携帯乗り換えor新規」のどれか一つを利用すること。
たったそれだけで、100円で引越しをしてもらえます。

もし、新生活で

・「WiFiを利用しようと思っていた!」

・「携帯の乗り換えor新規契約をしようと思っていた!」

という方に非常にうれしいサービスです。

仕組みとしては量販店(電器屋)などで「光回線に入っていただければ割引しますよ!」というものがありましたが、その原理を引越しにも活用し、割引分をそのままお客様に還元しています。

そのため、荷物や距離が条件からオーバーしても、100円に追加料金がプラスされるだけなので、どちらにしても驚きの価格で引越しできるというもの。(長距離引越しでも圧倒的にお得という事ですね。)

上記の条件がすべてマッチする方で「本当に安く引越したい!」という方におすすめですよ。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

◆赤帽

赤帽
出典:赤帽

「赤帽」は、全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会の略称で、各地域で事業主がことなり、地域密着型の少量(単身)引越しに強い、という特徴があります。

各地域の事業主さん次第にはなりますが、単身者の引越しに関しては電話で内容を聞いて「訪問はしない」というスタイルが多いようです。

近距離単身者の引越し料金・・・14,000円程度

近距離の引越しに関して荷物の量も、後で紹介する「日通」や「ヤマト」と比べると、約、倍の荷物を運んでくれて料金も2,000円程安いサービスを提供しています。

料金も安いし、荷物の量も軽トラに積載できる分はOKという近距離の単身引越しにうれしい業者です。

赤帽は引越しのプロという訳ではなく、配達がメインの方達なので引越し作業の内容には個人差が出ることも・・・。

荷物によっては自身も手伝わなければならないこともあるようです。

1-2.【単身:長距離】訪問見積もりなしで引越しができる業者紹介

長距離引越しは、全国にあらゆる拠点や輸送手段を持つ大手が強め(安い)です。

ポイントは、指定されたサイズのコンテナに入る分を、パック料金で安く配達してくれます。
※複数のコンテナを1台のトラックで同時に運ぶことで、安くできるという大手ならではの格安サービスですね。
長距離引越し

◆日通

日通は、便利な単身向けパッケージ商品の見積もりを「WEB完結」で提供しています。

単身パックS 単身パックL
コンテナサイズ 横幅:108cm 奥行:74cm 高さ:155cm 横幅:108cm 奥行:104cm 高さ:175cm
~15km 16,000円 18,000円
~50km 18,000円 20,000円
~200km 21,000円 23,000円
~500km 24,000円 26,000円
500km以上 26,000円 28,000円

※こちらは閑散期で、私が知る限りの情報をもとに算出した数字になっておりますので、必ずというものではありません。

見積もりに必要な情報は
・お客様情報入力
・家財の入力
・引越し予定日

これらの情報を入力したら、見積もりの申込みが完了です。

ただし、複数の引越者の荷物を同時に運びますので「ダンボールが一つ見当たらない!」なんてトラブルがまれにあるようです。大手の引越し業者は保証が14日間ほど設けられているので、その期間であれば対応していただけるでしょうが、過ぎてしまうとあきらめるしかありません。

そうならないためには、引越し後になるべく早めに運んでもらった荷物の確認をすることがポイントですよ。

◆ヤマト

ヤマトは「わたしの引越し」という、家財が少ない単身向けの引越しサービスを提供しています。
こちらもWEB完結型で、決まったサイズのコンテナに積載できる荷物を運んでくれます。

日通の「単身パックS」より一回り大きなコンテナサイズがポイント。

わたしの引越し
コンテナサイズ 横幅:104cm 奥行:104cm 高さ:170cm
~15km 14,000円
~50km 17,000円
~200km 22,000円
~500km 24,000円
500km以上 26,000円

【加算料金】

集荷 お届け 土日祝日加算 シーズン加算(3/1~4/10)
平日 平日

+5,000円
土日祝日 +2,000円
土日 平日 +2,000円  
土日祝日 +4,000円

日通と同じようなサービスですね。
公式サイトで、引越しもとと引越し先の郵便番号を入力すると、料金が表示されます。

地方だと対象エリア外となることもあるので、一度チェックしてみると良いですよ。

100円引越センター」は単身長距離でも格安で引越したい方の味方!

新生活で必要な「インターネット」「ポケットWi-Fi」「携帯乗り換えor新規」のいずれかのご利用があれば、どこよりも安く引越すことが可能ですよ。
詳しくはこちら:「100円引越しセンター」

1-3.【家族】訪問見積もりなしで引越しできる業者紹介

家族引越しは荷物の量が多くなるため、基本的には訪問見積もりを進められます。
しかし、そんな家族引越しでも完全WEB完結型の引越し業者があるのをご存知ですか?

「通販スタイルでSmartな引越し」をキャッチフレーズにしている「ラク越」という引越し業者です。

「ラク越」は、見積もり訪問不要システムで特許を取得するという、WEB完結型本格派の引越し業者。
電話での見積もりにも対応しており、9時~20時・土日祝祭日も営業しています。

ただし、現在提供しているエリアは「関東1都6県」「関西2府4県」。(2020年4月調べ)

「ラク越」がエリア外の方は私が知る限りでは、訪問見積もりでお願いするしか方法はないのかな?という結論です。
荷物量の誤算があった際のリスクを考えると、やはり訪問見積もりをおすすめします。

家族での引越しで、できるだけ安く引越したいとお考えであれば、100円引越しセンターへぜひ一度見積もりをご依頼ください!

きっとご満足のいくご提案をさせていただきます!
詳しくはこちら:「100円引越しセンター」

2.引越しで訪問なし見積もりのデメリット

「何も知らずに引越しを依頼したあとで後悔する・・・」という、引越しあるある的なコメントが数多く確認できます。

最大のデメリットは、荷物が残ったり積み込めなくても自己責任であること。

  1. ・「訪問見積もりあり」の場合・・・業者が確認した上での誤算の場合は「業者の責任」
  2. ・「訪問見積もりなし」の場合・・・お客様の報告ミスとなり「お客様の責任」

このように訪問なしの見積もりの場合は「お客様の責任」となることを理解しておきましょう。
この他にも次のようなデメリットがあります。

  1. ・引越し料金に追加料金がかかる可能性がある
  2. ・引越し料金が高めに設定されることがある
  3. ・引越し業者の対応が悪くなることも
  4. ・訪問見積もり限定のサービスが受けられない

訪問なしの引越し見積もりを考えている方は、このデメリットをしっかり把握したうえで利用することが重要です。
具体的に内容を紹介しましょう。

2-1.引っ越し料金に追加料金がかかる可能性がある

この事例は代表的なものです。
引越し作業中に「聞いていた荷物の量より多い」となるケースです。

この場合は、引越し業者には非はなく正確な量を伝えていなかったお客様の責任になります。
そのため、追加料金がかかってしまうことになります。

※回避方法は、なるべく正しく荷物の大きさや量を伝えること。また、伝え忘れの荷物が無いようにすることです。

【伝達漏れが多い荷物】

  1. ・押入れの天袋の荷物
  2. ・意外に照明(当たり前過ぎての忘れ)
  3. ・屋外の荷物(自転車・清掃道具)
  4. ・ベランダの荷物(植物・洗濯用品・物干し)

不要な家財も一度引越し先へ持って行き、最終的に処分するかを検討する場合の伝達漏れも多く見受けられます。

まずは、何をいつ処分するのか?をチェックしましょう。

2-2.引越し料金が高めに設定されることがある

見積もりをお願いする際に、ダンボール詰めが終わっている方なんてほとんどいません。
そのため、ダンボールの数がどのくらいになるのかは、ある程度予測値になります。

常日頃から整理整頓されている方は「衣装ケース何個分」と伝えると、引越し業者が経験でどのくらいの数が必要なのかはおおよそ理解できます。しかし、整理整頓されていない方は引越し業者へ伝える際に、曖昧な回答になってしまいますよね?

引越し業者の心理からすると「念のため大き目のトラックを準備した方が良いかも?」という判断になってしまいます。

そのため、引越し料金が高めに設定される可能性があります。

訪問なし見積もりを希望されている方で「部屋が散らかっている」という理由は上位にランクインする理由です。
そういう方の特徴として、引越し見積もりをもらう作業もギリギリになって行動するという特徴がみられます。

そのため見積もり依頼も1社のみで「かなり高い料金で引越した・・・」という事例もあります。

あまり時間が無いかもしれませんが焦らず、まずは上記で案内した業者3社ほどに見積もりを依頼し、訪問なしでもできるだけ安く引越しができるよう対応してみましょう。

2-3.引越し業者の対応が悪くなることも

引越し業者はどうにか訪問して「その場できめてもらいたい!」という気持ちを持っています。
そのため、訪問なしで見積もりが欲しいことを伝えると「訪問しないと何とも言えない」「訪問しないと出せない」など、強気でくる引越し業者もあります。

2-4.訪問見積もり限定のサービスが受けられない

引越し業者は訪問見積りを依頼頂いた方には、訪問時にティッシュや洗剤の日用品プレゼントや、きめてもらうとその場でダンボールを受け取れたりします。

ダンボールをもらえると、引越しの準備が少しずつでも始められるので以外にうれしいものです。

ここまでは、引越しの「訪問見積もりなし」でのデメリットを紹介しました。

重要なのは、料金的なことでトラブルにならないようにすることです。
前もって荷物の量を把握し、しっかりと引越し業者へ伝えることができるかがポイントですよ。

無料でもらえるダンボールのイメージは以下のとおりです。

・2tトラックの場合=20枚
・3tトラックの場合=30枚
・4tトラックの場合=40枚

3.引越し費用の「相場」を把握しておくことも重要!

引越しの見積もりをもらっても、その料金が妥当なのか?はたまた高いのか?
なんて何度も引越しを経験している方でない限り、検討もつきませんよね。

そのため、ある程度自身の「引越しの相場がどの程度なのか?」を把握することも重要です。
まずは手っ取り早く引越し料金の相場を確認できる方法をお伝えします。

3-1.WEBサイトで見積もり料金がわかるサイト紹介

引越し侍サイトの「引越しのWEB見積もり&予約する」というサービスです。

業者に連絡がいくこともなく、引越し内容を入力すると、複数社のおおよその引越し見積もりが表示されます。
その中で、気になる引越し業者を選択し、詳しい見積もり依頼が可能なので勧誘の対応に追われる心配もありませんよ。

引越し侍サイトの「引越しのWEB見積もり&予約する」の引越し料金は、あくまで引越し侍のサイトが表示している料金のようですね。

おおよその料金であることを踏まえて、あくまでどのくらいの費用感なのかを確認するために活用しましょう。その上で気になる業者があれば、詳しい見積もりを依頼することがポイントです。

3-2.「単身」「家族」の引越し料金相場紹介

引越し費用を「単身」と「家族」で大まかなイメージでご紹介します。
こちらの料金をもとに、自身の引越し料金の相場感を理解しておきましょう。

①「単身引越し」料金目安

閑散期 繁忙期
近距離 15,000~25,000円 50,000~60,000円
中長距離 40,000~50,000円 100,000~150,000円

②「家族4人」引越し料金目安

閑散期 繁忙期
近距離 50,000~70,000円 120,000~150,000円
中長距離 100,000~130,000円 330,000円~400,000円

※引越し料金は状況により変動します。あくまで、ある程度の目安としてご確認ください。

引越し見積もりは、できる事なら訪問してもらい業者に確認してもらった方が、追加料金などのリスクを避けることがきます。
また、引越し料金も訪問「あり」と「なし」とでは、ありの方が安く抑えることができる可能性は高まります。

※訪問ありの方が荷物の量を明白に把握できるため、料金交渉が進めやすくなります。

「訪問なし」を希望される理由として、次のような理由が多くあります。

  1. ①引越しの訪問営業の押しが苦手
  2. ②部屋が汚ない
  3. ③男性が訪問することに抵抗がある
  4. ④帰りが遅い
  5. ⑤引越し日まで家にいない

もし、これらの問題が解決できれば、引越し料金を安く抑えて、後のトラブルの心配もいらなくなります。
「私は絶対に訪問なしじゃなければNG」という方は読む必要はありませんが、念のために・・・という方はぜひ読んで見てください。

面白い発見があるかもしれませんよ?

4-1.引越し訪問営業の押しが苦手な方の解決策

「営業の押しが苦手」という方は非常に多いですね。
確かに断りづらい雰囲気になったりするのが苦手だったり、一方的に「ワー」と話されるのもチョット・・・という方は多いのでは?

そういう方に解決策としては、次のような対応をおすすめします。

【解決策】

  1. ・決済権は自分ではないことを伝える
  2. ・複数の業者から見積もりをもらって判断することを伝える

決済権がないことをはっきりと伝えると、何を言われてもこの場では決めれないという事をアピールできます。

例)

  1. 単身の方・・・親や会社に確認しないと決めれない
  2. 家族・・・主人に聞かないと決めれない

引越し業者の前でアタフタしないためにも、このような決裁者を前もって決めておきましょう。
そうすると、正確な見積もりももらえるし、その場で値段交渉も可能なので引越し費用を安く抑えやすくなります。

4-2.部屋が汚ない方の解決策

部屋が汚い方に、よく聞く一番よくないパターンを紹介しておきます。

部屋が汚いことで、引越し業者へ連絡することに抵抗があり、引越しギリギリになって業者へ連絡するも「訪問しないと出せない」といわれ、結局時間もないので訪問での見積もりとなり、整理されていないため引越し料金も高く設定される。

引っ越し料金が高い理由

  1. ①片付けてみないと正確な荷物の量がわからないため
  2. ②処分品がわからないため、追加料金がかかることも

このパターンは良く耳にします。

【解決策】

  1. ・引越し業者は、整理されていない案件も数多く対応しています 恥じらいを捨て複数の業者に見積もりを依頼する
  2. ・早めに余裕をもって、引越し業者に見積もりの依頼をする
  3. ・できる事ならかたずける

まずは「いる物」と「いらない物」を分けることから、はじめてみましょう!

引越し業者も処分品なのか?もって行くものなのかが分からないと、見積もりを出す際に困ってしまいます。
ゴミの分別ができていれば、おおよその見積もりは出してもらいやすくなりますよ。

4-3.男性が訪問することに抵抗がある方の解決策

最近の引越し業者は、女性スタッフの訪問見積もりを行っていところもあります。

  1. ・アート引越センター・・・「レディースパック」
  2. ・SGムービング・・・「レディースムービング」

こちらのサービスは、訪問見積もりだけでなく、引越し当日の搬入から荷解きまで女性スタッフが対応してくれるサービス。
単身女性で男性が訪問することに抵抗がある、という方は安心してお願いできます。

大型の家具や家財は、安全のために男性スタッフが運んでくれるようです。女性が無理して運んで何かあっては大変ですから、その辺も安心してお願いできますよ。

4-4.帰りが遅い方の解決策

引越し業者によっては、臨機応変に遅い時間帯でも対応してくれる業者もあります。

私が知る限りの引越し業者の対応時間

サカイ引越センター 8:00~19:00
アート引越センター 8:00~20:00
アーク引越センター 8:00~22:00
ハート引越センター 9:00~20:00
クロネコヤマト 8:00~21:00

結構おそくまで対応している引越し業者もあります。
しかし、上記の時間よりもさらに遅くなってしまうという方もいるでしょう。

その場合はどうなの?
営業時間外でも対応してくれるケースもあるようです。

ただし、時間帯にもよると思いますので、あらかじめ引越し業者に相談してみることをおすすめします。

4-5.引越し日まで家にいない方の解決策

現在私の知る限り、訪問見積もりの方法はありません・・・。

WEB完結型の引越し業者に依頼するしか方法が見当たらないため、上記で案内した「単身者」「家族」におすすめのWEB完結型の引越し業者に見積もりをお願いしてみましょう。

おすすめ引越し業者

単身者近距離 赤帽
株式会社ベルテクノス
単身者長距離 日通
ヤマト
100円引越しセンター
家族 ラク越

5.引越し業者が訪問見積もりを進める理由を知ってリスクを把握

引越し業者に訪問なしの見積もりを依頼すると「訪問しないと正確なものが出せない」と言われることがあります。

これにはいろんな理由があります。
引越し業者の都合であったり、さまざまなトラブルを未然に防止するためであったりもします。

なぜ引越し業者は訪問見積もりを押してくるのか?
その理由を知ることで、訪問なし見積もりのリスクもあらためて確認することができます。

5-1.訪問してその場で決めたいから

まずは、引越し業者も契約をもらうことが仕事です。
荷物の量や現場の状況など、引越し料金がはっきり打ち出せた方がお客様に良い提案ができます。

良い提案ができれば、当然契約数も増えます。

現場を見ずに提案するとなると、あまり強気な割引額が言えなかったり、万が一間違った見積もりを出してしまうと、会社からも指導されるという心理がはたらきます。

そのため、なんとか現場を見れる訪問見積もりにつなげたいわけです。

営業職を経験された方ならわかりますよね?この板ばさみ的な環境・・・。

営業はお客様のことも会社のことも考えなければいけません。
お客様が一番望んでいるのは正しい見積もり料金で、丁寧に引越ししてくれて、気持ちの良い対応をしてくれれば、それが一番です。

そんな担当者と出会えると良いですよね。

5-2.荷物量のくい違いを防ぐため

訪問なしの見積もりだと、いざ荷物の量をメールや電話で正確に伝えるとなると、なかなか大変です。
家中のあらゆる荷物のサイズや数を、なるべく正確に伝えていく必要があります。

まれに伝達漏れがあったりなど、トラブルの原因となりうる要素が隠れています。

その点、訪問見積もりであれば、毎日見積もりを出しているスタッフからすればなれたものです。
あっという間に確認作業も終わります。

5-3.EV有無・駐車スペースなど、現場の状況確認も重要なため

エレベーターの有無や、現場の駐車スペースの有無・荷物を搬出するスペースの有無・大きな荷物の有無など、実際に引越し作業を行う際に必要な人手の確認も行ないます。

2人で対応可能?それとも3人?これによっても見積もり金額に差が出てきます。
また、家族引越しのように引越し人数が増えれば増えるほど、訪問してみないと見積もり判断が難しくなります。

このように、現地に訪問してみないと分からないこともあり得るので、できる限り訪問見積もりを提案してくるのです。

6.まとめ

訪問なしの引越し見積もりのもらい方と、前もって理解していた方がいいリスクを紹介しました。
最近は、訪問なしでも見積もりがもらえる引越し業者は出てきています。

特に単身引越しに関しては、訪問なしで電話やメールでの対応でもOKというところは多く見られます。また、家族引越しに関しても「ラク越」のような、完全WEB完結できる引越し業者も中にはあります。

訪問なしの引越し見積もりにこだわりすぎて、引越しまであまり時間がない、と言うことにならないように前もって行動されることをおすすめします。

また、訪問見積もりなしで「なるべく安く引越したい」という方は、100円引越しセンターの新生活に必要な商品がマッチすれば、100円で引っ越すことができます。一度お気軽にお問い合わせ頂ければしっかりとご提案させて頂きますよ。

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ