おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越し当日にやる事

引越し当日に電気・水道・ガスで必要な手続きとは?

引越しの一連の流れの中で、電気・水道・ガスの公共料金の手続きは慎重に行いたいものの1つ。もちろん、事前に使用停止や使用開始といった手続きは済ませているでしょう。

電気・水道・ガスといったライフラインの引越し時に必要な手続き

そこで気になるのが、引越し当日になって、電気・ガス・水道の手続きは必要なのか?
連絡はしているし、そのまま退去しても問題ないイメージがありますよね。

そこでここからは、電気・水道・ガスについて、引越し当日の旧居と新居で必要な手続きを説明いたします。

1.引越し当日の旧居・新居で必要な「電気」の手続き

引越し前の旧居

現在住んでいた住居で使っていた電気を停止するために、領収証や検針票に記されている電力会社に停止の連絡をします。

最悪、当日でもOKなところもありますが、余裕を持って1~2週間前までに停止の連絡はしておきましょう。手続き方法は電力会社によって異なりますが、インターネットのWebサイトまたは、電力会社の営業所に電話すれば手続きができます。

電気に関しては、最終的に全てのブレーカーを落として退去すれば問題ありません。

ただし、最後の検針日から引越し当日までの使用量を日割り計算された、最終清算金の支払いが必要になります。
電気代金を口座振替にしていた方は、毎月の支払と同じように清算金が引き落とされます。

それ以外に、引越し日に電力会社の職員の方が来てもらえない、また支払えない場合は、引越し先へ請求書が送付されます。コンビニ、銀行、郵便局等で支払いましょう。

引越し先のブレーカー、漏電遮断器、配線用遮断器の順番で「入」にすると電気が使えます。

引越し後の新居

新居に到着したら、ブレーカー、漏電遮断器、配線用遮断器の順番で「入」にすると引越し当日から使えます。

引越し先で電気の使用を開始したら、備え付けてある「電気使用申込書」に必要事項を記載して、投函するだけです。
明確な提出期限がないので投函し忘れたりしないように注意しましょう。

2.引越し当日の旧居・新居で必要な「ガス」の手続き

引越し前の旧居

ガスも引越しが決まったら、ガス会社のインターネットまたは電話で、利用停止の申し込みをします。立合いが必要になることもあるので、1週間前までに利用停止の申し込みを手続きしておくのが理想です。

引越し当日は、ガス会社の係員がメーターを確認するために旧宅に訪問し、閉栓作業と使用料金の精算を行います。

ガスメーターが家の外にあれば立会う必要はないので、ガスの元栓をしっかり締めて退去します。しかし、ガスメーターが室内にある物件は閉栓の必ず立合いが必要です。

清算は電気と同様に、口座振替なら自動的に支払いができますが、それ以外は後日請求書が新居に送られてきます。その際、清算が後日になるケースでは、トラブル防止のため、閉栓した日のメーターの数値を日付が入るカメラなどで記録を残しておきましょう。

新居でガスの使用を開始するためには必ずガス会社の係員の立会いが必要

引越し後の新居

引越し当日、新居でガスの使用を開始するには、必ずガス会社の係員の立会いが必要です。

使用停止の申し込みと合わせて、新居を管轄するガス会社へ連絡し、開栓時間の予約をしておきましょう。開栓の予約は、ガス会社のインターネットまたは電話で予約が取れるので、こちらも1週間前に予約を済ませておくのが理想的です。

作業はガスの開栓作業と、ガス機器の点火確認を行います。
作業時間は20分~40分程度で終るので、その間は立ち合うようにしましょう。

実際のガス機器との接続を確認や点火確認を行うので、立ち合いの予約時間までにはガスコンロなどは設置しておくとスムーズです。

3.引越し当日の旧居・新居で必要な「水道」の手続き

引越し前の旧居

水道も引越しが決まったら、市区役所・町村役場の水道課や水道局に使用停止の申し込みをします。

水道の使用停止の申し込みは自治体によって異なりますが、インターネットまたは電話で、余裕を持って引越しの1週間前、遅くても2~3日前には連絡しておきましょう。

水道は、立ち合いなどは必要ないので、引越し当日に自分で閉栓して退去します。

後日、水道局の係員がメーターの確認をして、料金の精算を行います。清算方法は自治体によって異なるので確認しておきましょう。

水道は基本的に引越し当日から使用可能です。

引越し後の新居

基本的に、水止め栓を開栓(左に回転)すれば、引越し当日から水道が利用できます。水道局の立会は必要ありません。

水が出るのを確認したら、備え付けの「水道使用開始申込書」に必要事項を記入して投函するか、インターネットから申し込みが可能は自治体もあるので、確認して早めに済ませましょう。

4.まとめ

今回は、引越し当日に電気・ガス・水道で必要な手続きなどご紹介しましたが、ガス以外はやることは殆どありません。

特にガスの場合、開栓には必ずガス会社の立ち合いが必要です。そのため、予約しておかないと引越ししてからしばらくガスが使えなくなってしまうケースもあるので、しっかり手続きは済ませましょう。

利用停止の申し込みは、余裕を持って1週間前までには連絡しておきましょう。

引越し業者をお探しなら、まずは100円引越センターへお問合せください。特典サービスの中からひとつをお申込みいただければ引越し料金が100円になります! 他の引越し一括見積もりサイトのように、たくさんの引っ越し会社から電話がかかってくることはありません!

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ