おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越し当日にやる事

引越し当日の移動のタイミングは?引越し業者との日程調整が重要!

引越し業者選びから、荷造り、各手続きなど、引越しってやることはやたら多いですよね。

引越し当日の移動のタイミングは?引越し業者との日程調整が重要!

そんな忙しい引越しも、いざ引越し当日。「自分たちはどうやって移動するの?」
他のことに気を取られて、肝心な自分たちの移動手段を考えていなかった!

という笑い話のようなものですが、実際に慌ててしまった方も多いのではないでしょうか。
また、自分たちで移動するにも、どのタイミングで移動を始めたらいいのか悩む方もおられます。

そこで今回は、引越しの時の「移動」について色々ご説明いたします。

1.引越し業者のトラックには同乗できない!

引越しのとき、引越し業者のトラックに同乗できないかと考えている方がいますが、結論を言えば、絶対に同乗できません!
行き先が一緒なら同乗しても問題ないように感じそうですが、正確には法律で同乗させてはダメだと定められているからです。

引越し業者は、業務全般で「貨物自動車運送事業法」という法律に従って事業を行っています。
その中の、第2条第2項で、

この法律において「一般貨物自動車運送事業」とは、他人の需要に応じ、有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車を除く。次項及び第七項において同じ。)を使用して貨物を運送する事業であって、特定貨物自動車運送事業以外のものをいう。

というように定められおり、もし違反した場合は引越し業者に罰則が科せられます。

原文では理解できないので簡単な表現に変えると、引越し会社は「貨物(荷物)」を運送する仕事なので、人やその他の動植物は運んではならない、ということ。
つまり、物は運べても、人はもちろん、犬や猫といったペット、植物も引越し業者のトラックに同乗させることが禁じられています。

また、仮に同乗できたとして、その移動中にトラックが交通事故を起こして自分が怪我をして入院しても、引越し業者側の保険では、荷物以外の補償を全く出してくれません。

なので、基本的に引越しの際の移動手段として、引越し業者を頼ることはできないと理解しておきたいですね。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

2.自分たちが移動するタイミングや移動手段は?

まず、自分たちの移動手段は、

  • 遠方なら飛行機や新幹線、高速バス
  • 自家用車をお持ちなら自家用車
  • 近くなら、電車や路線バス、タクシー

など、自分の好きな方法で自由に移動すればいいだけです。

次に、移動手段が決まったら移動を始めるタイミングですよね。
そこで、引越し業者が荷物を全て積み込んで出発する前に、こちら側の日程を伝えて調整しておく必要があります。

自分たちは引越しの荷物の搬出が終われば、

  • ちょっとした掃除
  • 賃貸住宅にお住まいの方は退去の立ち合い
  • ガス・水道の閉栓
  • 電気ブレーカーをOFFにする

といった作業を終わらせる必要があります。
また、移動先や移動手段を考えて、だいたいの移動時間を考慮して、新居に到着する時間を計算していきます。

引越し業者は、新居の鍵がなければ搬入できないので、我々利用者の予定に合わせて行動してくれます
とはいっても、当日に搬入作業の予定であれば、なるべく早く自分たちも出発し、新居へ早めに到着する必要がありますよね。

逆に、長距離の引越しでは、引越し業者側から新居にトラックが到着する予定日時をあらかじめ教えてもらえます。
なので、あとはその日時よりも少し早めに到着するようにすれば良いだけです。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

3.まとめ

引越しのとき、移動手段のことも考えておくようにしたいですね。
ご紹介した通り、引越し業者のトラックには同乗できない決まりになっているので、自分たちで移動するしか方法はありません。

その際、引越し業者と新居の到着日程の調整をしっかり行っておけば、スムーズに搬入作業が進められます。
引越し当日は何かとバタバタしますが、失敗しないためにも移動にも注意しておきましょう。

引越し業者をお探しなら、まずは100円引越センターへお問合せください。特典サービスの中からひとつをお申込みいただければ引越し料金が100円になります! 他の引越し一括見積もりサイトのように、たくさんの引っ越し会社から電話がかかってくることはありません!

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ