おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越しに必要な手続き

引越し時の「電気」の解約&契約の手続き法と注意点

引越し時の電気の解約や新居での契約などはどのタイミングで行えばいいのか、引越しに慣れていない方からすれば「・・・・?」ですよね?

ということで、引越しアドバイザーとして勤務している私「ナカハシ」が引越し時の電気手続きに関する疑問を全て解消していきます。

引越し時の「電気」の解約&契約の手続き法と注意点

最後に「とにかく安く引越しをしたい!」という方のために「激安引越し情報」をまとめております。
まだ引越し業者が決まっていないという方には必見情報ですよ。

1. 引越し時の電気の解約・契約手続きのベストなタイミング!

引越し時の電気の解約・契約手続きは、どちらも引越しの1週間前にはやっておいた方が良いです。
解約・契約ともに事前申し込みが可能なので、早めに連絡することに問題はありません。

使用停止日・使用開始日に関しては日時指定ができるので無駄に電気代を支払うこともないので大丈夫です。

ちなみに、電力メーターが「スマートメーター」といわれるデジタル式のものに交換されている場合、少なくても使用開始の2日前には手続きをしないと当日電気が使用できないこともあるので注意してください。

具体的な手続きのタイミングに関しては、各電力会社が目安の時期を公表している場合があるので、参考に確認しておくのがおすすめです。

【電力会社が推奨する手続きのタイミング例】
・関西電力
使用開始日の30日前から申し込み可能。
できる限り早めの手続きを推奨しており、最低でも使用開始日の前日までには申し込みが必要。

・東京電力
できるだけ早めに契約してほしいが、使用開始日・使用停止日当日でも対応可能。
ただし、申し込みの時間によっては当日対応ができないこともある。

上記は一例ではありますが、できるだけ早めに手続きを推奨している電力会社が多いです。

また、使用開始日・使用停止日の当日でも早い時間帯であれば対応してくれる可能性があるので、引越し当日に手続きをしていないことに気づいたらすぐに連絡するようにするようにしましょう。

2. 引越し時の電気の解約・契約手続きの方法

引越し時に電気の解約・契約手続きをしなければいけないことは知っていても、具体的にどうやったらいいのか分からない方もいると思います。

実際、私も初めて引越しをする際には、電気の手続きで迷いました。
そこでここからは、引越し時の電気の解約・契約手続きの方法を具体的に解説していきます。

2-1. 電気の解約手続き

電気の解約手続きはインターネット、電話窓口で行うことができます。
インターネットでの申し込みは24時間可能な場合が多いので、早めに手続きをするなら便利です。

解約時には

【必要な情報】

  • ・現住所
  • ・契約者氏名
  • ・お客様番号
  • ・退去日(電気停止日)
  • ・引越し先の住所

などの情報が必要なので、用意しておく必要があります。
基本的には電気料金の明細書や検針票に記載がある情報なので、あらかじめ用意しておくと良いです。

ただ、希望使用停止日の2日前(2営業前)以降の申し込みの場合はインターネットでは受付を行わない電力会社もあるので、手続きが遅くなった場合は電話で連絡をするようにしましょう。

ちなみに、解約の申し込み後は引越しの当日に係員がメーターを確認し最終的な精算をすることになります。
また、料金は退去する月の使用量を日割りで計算された金額です。

ちなみに、電気料金の支払いは引越し日当日に係員に支払う方法、引越し後の住所に請求書を送ってもらって支払う方法、口座振替などの引き落としから選ぶことができますが、基本的には口座振替がおすすめですね。

口座振替なら特に手続きなども不要で勝手に引き落としがされるので、支払う手間を取りたくないという方は口座振替を選んでみてください。

退去をするときにはブレーカーを落としておくようにするだけでOKです。
また、基本的に係員に料金を支払う時以外は立ち会いは必要ありません。

ただし、電気メーターが係員の入れない場所にある(オートロックなど)場合は立ち会いが必要な場合もあるので注意しましょう。

もし、立ち会いが必要でも早めに解約手続きをすれば、余裕をもって立ち会いができるので、早めに手続きを済ませるのがおすすめです。

2-2. 電気の契約手続き

電気の契約手続きはインターネットか電話で行うことができ、インターネットからの申し込みなら24時間手続きが可能です。
基本的にはインターネットから手続きをするのが楽ですが、手続きが引越し後になる場合は電話で申し込みをしましょう。

ちなみに、スマートメーター以外の電力メーターの場合は、引越し当日でもブレーカーを上げるだけで電気が使えます。

また申し込みも、物件に備え付けの「電気使用申込書」に必要事項を記載して投函するだけで終了です。
もちろん、事前に手続きができるに越したことはありませんが、最悪引越し後でも対応できます。

一方、スマートメーターの場合、引越し前に手続きを行わないと基本的に引越し当日から電気を使うことはできないことが多いです。そのため、スマートメーターである場合は使用停止手続きと同時に使用開始手続きもしておく必要があります。

とはいえ、引越しの電力メーターの種類を知らない場合も多いですよね。
そのため、どちらにしても使用予定日の2日前までには忘れずに開始手続きをしておくことをおすすめします!

2. 引越しまでに電気の解約・契約を忘れた場合はどうなる?

引越し時というのは準備に忙しいこともあって、電気の解約・契約を忘れてしまうこともありますよね。
では、実際に電気の解約・契約を忘れてしまうとどうなるのでしょうか?

そこでここからは、引越しまでに電気の解約・契約を忘れてしまったらどうなるか解説しつつ、対処法についても紹介していきます。

3-1. 解約を忘れると利用停止日までの電気代を請求される

引越しまでに解約を忘れてしまうと、使用停止日までの電気料金を請求されることになります。

電力会社の決まりでは、解約手続きを行った日もしくは実際に電気の供給が止まった日を解約日と規定されている場合が多く、前回の検針日から利用停止日までの電気料金を日割りで計算したものを支払う必要があります。

解約を忘れた方の中には「使っていない分の電気料金を支払いたくない」という方もいますが、名義が変更されていないので残念ですが支払うしかありません。

忘れた期間が長ければ長いほど支払う金額は増えるので、気がついた段階で早めに解約することが大事です。

3-2. 契約を忘れた場合は電力メーターの種類によって異なる

引越し先の電気の契約を忘れていた場合は、電力メーターの種類によって結果が変わります。
従来型の電力メーターであれば、引越し時に契約をしていなくてもブレーカーを上げることですぐに電気を利用することができます。

この場合は使用を開始してから後で契約をすることになりますが、料金の支払いは使った分請求されます。
また、契約を忘れた場合は一定期間たった後に契約の催促と「契約をしなければ電気の供給を停止する旨の知らせ」がきます。

いくら後から契約しても大丈夫とはいえ、あまりに契約が遅いと電気が止められることになるので注意しましょう。

一方で、スマートメーカーの場合は、引越し前に契約をしておかないと引越し先で電気を使えない可能性があります。
スマートメーターは契約後すぐに電気が使えるというわけではなく、契約から2日程度は使えるまで時間がかかります。

引越し先がスマートメーターであれば、必ず引越し前に手続きをするようにしましょう。

4. 引越し時の電気の解約・契約に関する注意点!

引越し時には電気の解約と契約をしなければいけませんよね。
ただ、引越し先によっては電力会社が選べないケースや、長距離の引越しでは周波数の違いが問題となることがあります。

そこでここからは、引越し時の電気の解約・契約に関する注意点を解説していきます。
これから紹介する内容は引越し前に知っておくべき内容なので、ぜひ最後までご覧ください!

4-1. マンションでは電力会社が指定される場合がある

電力自由化以降、引越しの際に選択肢になる電力会社は増えています。
今までは大手電力会社だけしか選択肢がありませんでしたが、最近では格安プランを売りにしている電力会社も多いです。

ただし、マンションへの引越しの場合は電力会社が指定されている場合があるので注意しましょう。

特にマンションの場合は建物単位で契約している「高圧一括受電契約」がされている場合があり、個人では電力会社を選択できない場合があります。

こうした場合はあらかじめ家主や管理会社から説明があることが多いですが、万が一ない場合は事前に確認しておく必要があるでしょう。

4-2. 長距離の引越しでは周波数の違いに注意が必要

引越しでは長距離引越しをすることもありますが、長距離の引越しで別の地方へ移動する場合は周波数に注意が必要です。

日本では静岡県と新潟県を境に西日本で60Hz、東日本で50Hzと使っている周波数が異なります。
そのため、引越しをするときには周波数の違う家電製品などは使うことができなくなることがあるので注意が必要です。

ちなみに、周波数が変わっても使えるもの・使えないもの・性能が変化するものを一覧で紹介しておくので、ぜひ参考にしてみてください。

ここに文字を入力する。

【周波数が変わっても使えるもの】
テレビ・ブルーレイレコーダ・DVD レコーダー・ビデオデッキ・ラジオ・パソコン
ウォーターオーブン(ヘルシオ)・トースター、エアコン・掃除機・電気ストーブ
電気こたつ・電気毛布・LED電球・、プラズマクラスターイオン発生機など

【周波数が変わると性能が変化するもの】
冷蔵庫・扇風機・洗濯機・空気清浄機・加湿器
【周波数が変わるとそのまま使えないもの】
電子レンジ・蛍光灯器具・洗濯機 など

周波数に関しては、電化製品の裏などに周波数が表記されているので、引越し前に確認しておきましょう。
また、万が一周波数が異なる場合は、リサイクルショップなどで買い取ってもらって新しく買い直すのがおすすめです。

家電は需要が高いので、リサイクルショップでも常時買取してもらえます。
ただ捨てるだけではもったいないので、ぜひ検討してみてくださいね。

5. 格安で引越しをしたい方におすすめの引越しサイト

格安で引越しをしたいという方には「100円引越しセンター」がおすすめです。
100円引越しセンターなら、条件を満たせば最安値100円で引越しができます。

100円で引越しができれば、削減できた費用で新しい家具を購入したり、引越しの準備費用に充てたりすることができますよね。
ただ、ここまで聞いて「100円で引越しができる条件が厳しいのでは?」と思った方もいるでしょう。

ところが、100円引越しセンターではたった3つの条件をクリアするだけで100円で引越しできるんです。

【単身の引越し】

  1. ①2tショート車に積載できる量
  2. ②引越し距離~50km
  3. ③新生活に必要なアイテムの契約

【ファミリーの引越し】

  1. ①2tロング車に積載できる量
  2. ②引越し距離~20km
  3. ③新生活に必要なアイテムの契約

条件も短距離引越しで一般的な荷物量であれば問題なくクリアできますよね。

また、万が一、引越し距離や積載量がオーバーしたとしても基本料金100円+オーバー分の追加料金で引越しができるのでかなり格安です。

ちなみに、「新生活に必要なアイテム」に関しては、以下の3点から1つを契約するだけで大丈夫です。

  • A. 「インターネット(光回線)」 
  • B. 「モバイルWi-Fiルーター」 
  • C. 「SoftBank携帯乗り換えor新規」

どのアイテムも引越し先で活用しやすいものばかりですよね。
特にインターネット回線に関しては、必須級のアイテムなので、契約する方もたくさんいらっしゃいます。

また、このアイテムに関しても、契約しなくても格安で引越しが可能です。
条件を満たすことができなくても格安で引越しができるというのは、利用者に優しいサービスだといえます。

以前に一括見積もりサイトを利用して大量の勧誘メール・電話がきたのですが…

安心してください。100円引越しセンターなら1社のみの見積もりなので、大量の電話・メールがくることはありません。

それはうれしいです。あと不用品の回収をしてほしいのですが可能ですか?

はい。有料サービスにはなりますが、不用品回収も対応可能です。

それではさっそくお問合せしたいと思います。

いかがでしょうか?
100円引越しセンターは最安値100円で引越しができるだけではなく、たくさんの人が格安で引越しができるのが魅力です。
条件をクリアできなくても格安なので、迷ったら利用することをおすすめします!

また、見積もりも無料でホームページから簡単に申し込みができるので、ぜひお問合せください!

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

6. まとめ

引越しをするときには電気の解約と契約をしないといけませんが、引越しの約1週間前に手続きをするのがおすすめです。
電気の場合は立ち会いが必要なケースは少ないですが、スマートメーターの場合は引越し前に事前に契約をしておく必要があります。

スマートメーター以外の電力メーターの場合は、引越し後すぐに電気が使えるので電気の契約を忘れがちです。
ぜひ、引越し前に手続きを済ませておいてください。

ちなみに、格安で引越しをしたい方には「100円引越しセンター」がおすすめです。
最安値100円というだけでなく、条件をクリアできなくても格安で引越しができます。

ぜひ、お気軽にお問合せください!
当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ