おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越し費用・相場 見積りのコツ・ポイント

【引っ越し費用】とことん節約する方法!料金を抑える裏ワザ伝授

引っ越しする際は業者へ支払う「引っ越し費用」を少しでも安くしたいと考えますよね?

見積もりの段階から値引き交渉のシミュレーションをしたり、どこの引越し業者が安いか調べたり・・・。

今こうしてこの記事を読んでくれているように、ネットで「引っ越し費用 節約」など、リサーチしている人もいるかもしれません。
それらの行動は、引っ越し費用を節約するためにとても重要かつ必要、そして大正解です!

ただし、まだまだ節約の方法があることを知っておいてください。

・・・と、その前に簡単に私の自己紹介をさせていただきますね。
自称【引越しのプロ】100円引越しセンターの「トクダ」といいます。
メイン業務は見積もり&電話対応、そしてお客様への引越しアドバイスも!

引っ越しが好きすぎて?(そんなことはありませんが)自身の引っ越し回数も17回というツワモノです(笑)
ぜひみなさんには気持ちよく引越しをしてほしい、少しでも得してほしい!
そんな思いから「引っ越し費用を節約したい!」という方に向けて、私の知るすべての節約ポイントを紹介していこうと考えました。

ちなみに、引っ越し業者選びの前に、大きな節約ができるとしたら何だと思いますか?

そう!新居選びです。
この新居に関する金額は非常に大きく、下手すると引っ越し費用分以上の節約だってできてしまいます。

引越し後の日常生活で節約を取り入れることも重要です。
すべてトータルして節約することで、大きな成果を手に入れられますよ、という話し。

「引っ越し費用の節約」を成功させるためのポイントは

  1. ①引っ越し費用=引っ越し業者へ支払う料金、という認識だけではダメ
  2. ②引っ越し業者選びこそが節約への近道
  3. ③業者が決まったら可能な限りの値引き交渉を!
  4. ④引っ越し前から「節約」指数が決まる新居の条件
  5. ⑤引っ越しを機に節約生活を楽しむメリット


これら5つを意識するだけで「節約」が具体的なものになります。
その結果として安く引っ越しができる、お金に余裕ができるという好循環が生じる仕組みです。
それでは内容をみていきましょう。

1.「引っ越し費用」すべてトータルで節約しよう!

引っ越すということは一般的に、新たな住居へ移り住むことですよね。
実家に戻ったり、同居相手の家に一緒に住むことになったり、という場合を除くと、必然的に「物件探し」をすることになります。

その物件探しも「節約」の対象になることを覚えておいてください。

しかも物件にかかる費用は高額なので、節約のしがいもあります。
引っ越し費用の節約は、「よし!引っ越そう」と決めた瞬間から、はじまっているんですね。

物件探し→引越し業者選び→新たな生活、これらすべてをトータルした節約を実践しましょう!
具体的な実践方法も紹介しますね。

2.引っ越し業者はどこにする?節約への第一歩

引っ越し業者選びは慎重に行いましょう。
安易に引越し一括見積もりサイトの利用をする人が多く、利用後に「しくじった~」と嘆いている人も少なくありません。

通常、一括見積もりサイトは、引越し情報や個人情報を入力することで複数の引越し業者から見積もりが取れるというサービスです。
当然ですが、入力した内容は各社で見込み客の情報として共有されます。

これこそがデメリット・・・、しくじった~と思える瞬間は間もなくやってくるでしょう。

もう、おわかりですよね?
「顧客獲得争奪戦」の開幕です。

似たりよったりの見積もり額で、各社一斉にアプローチしてきます。
電話だったり、メールだったりと、その対応に追われる煩わしさを知ったうえで利用するべきです。

マイナス面とされる営業電話や勧誘を受け入れてこそ、メリットを得られます。
複数の見積もりを比較し、それぞれの引っ越し業者の特徴を読み取ることです。

ただ単純に費用合計で比べるのではなく、内容を見てください。
1項目ずつ丁寧に比較して、そこから業者の強味と弱味を読み取ります。
ちょっと難しいかもしれませんが、3社以上を比べると違いがわかりやすくなりますよ。

中には一切勧誘のない見積もりサイトもあります。
次に紹介するその物件探しも「100円引越しセンター」もその一つです。

2-1.「100円引越しセンター」で節約しまくり!

引っ越し費用を節約するなら「100円引越しセンター」がおすすめです!
「100円で引っ越しだなんて信じられない・・・」と不信感を抱く方もいるでしょう。
確かに仕組みが分からなければ「怪しい?」と思いますよね?

でも安心してください!
「100円引越しセンター」は、条件が合えば間違いなく100円で引っ越しができます。
条件が合わなくても破格の価格で引っ越し可能なんです。

100円引越しセンターは、読売テレビ「ZIP」のコーナー「おしえて辛坊さん」で取り上げられたことがあります。
ちょっと古い放送なので現在のサービス内容とは若干異なりますが、簡単に利用の流れを説明しているので参考にご覧ください!

リンク貼っておきますね。

気づいた方もいると思いますが、100円引越しを利用するには条件があること。
どんな条件なのか見てみましょう!

【単身の引越し】

  1. ①2tショート車に積載できる量
  2. ②引越し距離~50km
  3. ③新生活に必要なアイテムの契約


【ファミリーの引越し】

  1. ①2tロング車に積載できる量
  2. ②引越し距離~20km
  3. ③新生活に必要なアイテムの契約

単身・ファミリーともに①、②の条件は想像がつくでしょう。
積載量と距離の関係ですね。

③の「新生活に必要なアイテムの契約」が、わかりにくいと思うので説明します。

下記3つのどれか一つを利用すること!それだけです。

■インターネット(光回線) 
■モバイルwi-fiルーター
■softbank携帯乗り換えor新規

家電量販店やネットで、「光回線利用・乗り換えでキャッシュバック!」などのキャンペーンを目にしたことはありませんか?
キャンペーンを経由することでキャッシュバックが受けられたり、タブレットがもらえたりするサービスです。

100円引越しもこれと同じシステムで、新生活に必要なアイテムの契約をしてくれたら引越し費用に還元しますよ、というもの。

①~③の条件をクリアするのは簡単だと思いますか? それとも難しいですか?

これはもう状況次第としか言えません。


・近距離で荷物の少ない方なら100%推し!

・③のどれか一つを契約予定という方なら100%推し!!

というように、状況によって最強の節約になることは間違いありません。

ただ、3つの条件に合わない場合でも「100円引越しセンター」は他の引越し業者さんに立ち向かうべく、最安値を諦めません。
100円にはなりませんが頑張ります(笑)
どんな内容でも、節約につながるご提案をしますので、まずはお問い合わせくださいね!
当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

2-2.見積もり+交渉必須!値引きのコツ

100円引越しセンターを利用する場合は基本的に値引き交渉は不要です。
オプションを付けるケースなどはご相談くださいね!

複数の引っ越し業者から見積もりを取った場合は、価格・内容から1~2社に絞ります。
一社一択でも問題ありませんが、1回目の見積もりで決定してはいけません。
引っ越し業者も値引き交渉をされる前提で、最初の見積もりは高めに設定しているものです。

可能であれば訪問見積もりに来てもらい、直接交渉するのが望ましく、値引き成功率も高くなります。

しかし顔を見ながら交渉するのは抵抗がある、という方は無理をしなくても大丈夫!
電話での交渉も可能ですので安心してください。

では実際の交渉術も交えながら具体例を見ていきましょう。

2-3.荷物の量は?値引きポイントを見逃さない

引っ越し費用は、荷物の量と移動距離によって決まります。
車を所持している、近距離の引っ越し、というケースなら荷物の量を調整できれば費用が安くなるのでは?と考えるでしょう。

そう!まさにその通りです。

「節約」を目標とするなら、自分でできることはすべてやる、というくらいの気持ちが必要ですね。
引っ越しにおいては自分でできることを増やすだけでも節約につながります。

荷物の量を調整するための具体的な策は・・・

結論としては「積み切り」スタイルの契約です。
自分で運べないような大きいものは引っ越し屋さんに依頼して、それ以外の荷物は極力自分で運ぶこと。
これに限ります。

訪問見積もりを依頼して「積み切り」の契約をする場合は、訪問スタッフが荷物を見ているので話しが早いです。
契約するサイズのトラックに合わせ、おおよその積み切り量を教えてもらってください。
それを目安に自力でコツコツと運べる物を運んでしまいましょう。

電話で交渉する場合も、ほぼ同様です。
見積もりの段階で荷物を把握している業者に依頼するわけですから、概算でトラックの大きさを出せます。
トラックはワンサイズ下げて費用を節約したい旨を伝えて、値引き交渉してください。

「積み切り」は熟練作業員の腕の見せどころです。
デキル作業員は上手に積み込み、無駄がありません。

万が一荷物が残ってしまっても「積み切り」で契約した場合は、引っ越し業者の責任ではないので心得ておきましょう。
小さい荷物が残っても自力で運べるから大丈夫!という方に適した引っ越しスタイルといえます。

「積み切り」契約は引っ越し経験者に人気のスタイルです。何度か引っ越しを経験すると、荷物の量とトラックのサイズ感がなんとなくわかるようになります。荷物の大きな変更がなければ前回のトラックサイズを参考にすればOKです。

【裏技!】ギリギリのスペースに積み込むより、余裕があった方が作業も楽ですから、このようなことは普通にあることです。
次回「積み切りスタイル」で利用できるように、荷物の量と積み方などを確認しておくといいですよ!

2-4.日時おまかせ!フリー便で格安引っ越し

日時を引っ越し業者におまかせするスタイルは、正直おすすめできません。
理由としては、引っ越しユーザーの予定は一切考慮されないからです。

引っ越しは午前便・午後便・フリー便といった種類で分けられます。
その中でもフリー便は格安です。
引っ越し日だけを知らされ、時間はいつになるのか分からず、ひたすら引っ越し業者の到着を待つのみ。

深夜の引っ越しになることも珍しいことではありません。
深夜では音への配慮もより一層厳重にしないと、住んでからのトラブルにもつながりかねませんね。

格安というのは間違いありませんが、デメリットも多いので、よく検討した方がよいでしょう。

2-5.「私動けます!」アピールでスタッフ削減コストダウン

「私動けます」アピールで、値引き交渉が成立すれば節約効果は抜群です。
引っ越し業者によっては通用しない場合もあるので、まずはそれとなく聞いてみることですね。

こんな感じで・・・

「今回の引っ越しは、運転手さんを含めて何人で来てくれるんですか?」と確認します。
2tロング~だと、スタッフ2~3名程度ですから
「自分も動けるので、たとえばスタッフを1人減らしてその分費用を安くしてもらうことって、できたりします?」と聞いてしまいましょう!

ここまで言うと、業者さんの方から別の提案をしてくれる可能性もあります。

力仕事ですから男性のほうが現実的な交渉かもしれません。
ただし、女性でも成功例はありますので、動ける女性は前向きに交渉検討してください。

動けますアピールの末に値引き交渉が成立し、業者側も「ではお願いしますね」という話しになれば、きっちり動いてくださいね(笑)

ただ最近は補償についても細かく規定されているため、責任の所在を明確にする面から、スタッフ以外は作業に加われないこともあるようです。

3.新居にかかる費用も節約しよう!

「引っ越し」と「新居」は、切っても切れない「節約」の関係があります。

計画的に事を運べるなら、新居を決めてから引っ越しの段取りをするのがベストです。
新居を決める際は「予算」にこだわりますが、「=節約」ということも忘れずに物件探しに励みましょう!

一般的に物件を探す際は、「物件費用」「引っ越し業者費用」「家具・家電費用」といった、まとまったお金が必要です。
物件を探す段階で「引っ越し業者費用」も内訳に入っています。

そのため「節約」を極めるなら、新居にかかる費用こそ検討するべきでしょう。

3-1.入居の費用は納得してる?

みなさんは物件探しの初期費用が、節約できることを知っていますか?
物件を借りる際、毎月の賃料と管理費・共益費などにばかり気を取られているのではないでしょうか。

毎月のことですから当然大切なことではありますが、初期費用の存在も重要視するべきです。
最初だけとはいえ、引っ越し費用にも影響します。
大きな節約が絡んでいることは言うまでもありません。

3-1-1. 物件探しのポイント

一般的な賃貸物件は、家賃×6ヶ月で初期費用の計算を行います。

6ヶ月の内訳は

・敷金:2 
・礼金:2 
・仲介手数料:1 
・前家賃:1

で計6つ。

たとえば50,000円の家賃なら、50,000円×6ヶ月=300,000円という計算です。

他に火災保険料として15,000~20,000円程度を支払うケースが多いでしょう。
賃貸物件の火災保険料は2年に1回の支払いが一般的なので、次回は契約更新するときですね。

最近は敷金ゼロ・礼金ゼロ・仲介手数料ゼロという、ゼロゼロ物件も多数あります。
またフリーレント物件は、入居後の指定期間に限り家賃を無料にする契約スタイルですから、引っ越しの初期費用を抑えるには最適です。

上記50,000円の家賃でゼロゼロ物件だった場合、初期費用は前家賃と火災保険料だけなので、70,000円ほどで済んでしまいます。

当初予定していた320,000円(300,000+火災保険料)から70,000円を引くと250,000円の節約になっていることがわかりますね。

物件探しで節約→引っ越し業者選びで安く抑えるポイントを活用→充実の節約ライフ!
素晴らしい節約の連鎖ですね。

3-2. 引っ越しついでに光熱費を見直そう

電力自由化で電気は自分で選ぶ時代になった今、引っ越しは光熱費の見直しに最適なタイミングといえるでしょう。
特に電気代は電力会社を見直すことで大きな節約になります。
自分に合ったプランを提供する電力会社を、探してみるといいですね。

ただし賃貸物件の場合は、契約内容により電力会社の変更ができないこともあります。
個人が電力会社と直接契約しているなら変更は可能です。
新規で入居する際は、物件探しの段階で不動産屋に確認しておくとよいでしょう。

3-3. プロパンガスなら注意して!賃貸物件の価格交渉は難しい

そしてこれから物件を探すなら、ぜひ参考にしていただきたいのが「ガス」の種別。
地方などでプロパンガスしか選択肢がない地域は仕方ありませんが、基本は都市ガスで探した方がよいです。
プロパンガスの価格は業者による自由設定のため、高額になりやすいというデメリットがあります。

「せっかく安い家賃でもプロパンガスの料金が高くて困っている・・・」というのはよく聞く話しです。

一軒家でプロパンガス会社と直接契約している場合は価格交渉もできますし、別の業者へ変更することもできます。
しかし賃貸物件の場合は大家さん次第です。
個人で業者に値引き交渉したところで、相手にされないのが普通なんですね。

たとえば・・・

「家賃50,000円でプロパンガス」VS「家賃60,000円で都市ガス」

あなたならどちらの物件を選びますか?

この場合の答えに正解はありませんが、10,000円程度の差なら都市ガスが有利でしょうね。
物件に10,000円の違いがあるということは、建物自体の評価が高いということです。
築年数・最寄り駅からの距離・間取りの広さ・デザイナーズマンションなどといったデザインの価値が高いなど。

これらのプラスポイントに加え、都市ガスの方がガス代が安くなるのは必然ですから、10,000円程度の差なら都市ガスが優勢となるでしょう。
あくまでも例ですが、普通に生活してガスを使用した場合、プロパンで月12,000円、これが都市ガスなら月5,000円という価格差は珍しくないということです。

優良価格のプロパンガス業者でも、都市ガスの価格と比較した場合、1.5倍~2倍は高くなります。

都市ガス プロパンガス
料金 安い 高い
火力 弱い 強い
原料 メタンを主成分とした天然ガス 液化石油ガス
供給方法 ガス導管 ガスボンベ
保証金 なし あり
災害時復旧速度 遅い 早い

恐るべしプロパンガス・・・
「節約」のためにもプロパンガスは選ぶべきでない、わかっていただけたと思います。

プロパンガスを親の仇のように扱っていますが、都市ガスより勝っていることもあります。

都市ガスの2倍以上の熱量があるため、強い火力を必要とする飲食店には向いているでしょう。また災害時の復旧もプロパンの方が圧倒的に早いです。←トクダ経験済!ですが高い料金のプロパンを受け入れられずにいます・・・。

4.引っ越しポイントも貯まる!楽しい節約術

日常生活で貯めている「ポイント」ってありますよね?
このポイントこそが節約のカギということ、知ってましたか?

「ポイント」には種類があります。

クレジットカード払いでポイントがザクザク貯まるというのは珍しい話しではありません。
引っ越し費用をクレジットカードで支払いできたらどうでしょう。
ポイントも貯まってお得ですよね。

クレジットカードとポイント、さらに引っ越しは相性がよいのです。
引っ越し費用をクレジット払いにするだけでポイントは貯まりますが、さらに節約できる場合もあります。

クレジットカードで引っ越し優待が受けられるケースです。
ただし、すべてのクレジットカード会社、引っ越し業者が対象ということではありません。
その都度開催されているキャンペーンのチェックを行い、提携会社の優待内容を確認するとよいでしょう。

日々の暮らしで何気なく使用しているクレジットカードは、引っ越しというシーンでも活躍してくれる場合があります。
節約生活には欠かせないアイテムですから、最大限の有効活用を心掛けましょう!

4-1. ネット活用で節約生活

私たちの生活に当たり前のように馴染んでいるインターネット!
スマホがあればネットも活用できるでしょう。
でも容量の問題もあります。

そこで心機一転!引っ越しを機に、新居で快適なネット環境を手に入れたいと考える方へ・・・
「100円引越しセンター」で、引っ越ししませんか?

「100円引越しセンター」では、新生活に必要なアイテムの契約で100円の引っ越しが可能になります。
このアイテムこそが「ネット環境を豊かにするアイテム」なわけです。
光回線からモバイルwi-fiなど、新居で最適となるプランを選択できますよ。

ネットの活用で節約生活はさらに充実するでしょう。
テレワークをはじめ、ネット環境は必須の時代となりつつあります。
ネットを使用したお小遣い稼ぎや、ネット経由でお得にゲットできる商品など、ネット有りきの時代です。

自宅にインターネット使い放題の光回線を引くことで、家族全員のスマホのパケットプランを見直せば、毎月携帯代が1万円ダウンってこともあります。

ぜひこの機会に引っ越しとネット環境、セットで検討しましょう!
当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

5.まとめ

引っ越し費用を可能な限り節約する方法をご紹介しました。

引っ越し前後の費用もすべて「引っ越し初期費用」という認識をもちましょう。
「節約」を成功させるポイントは、引っ越し前から始まっていることを理解いただけたと思います。

「節約しながら引っ越ししたい!」という方は、ぜひ100円引越しセンターへお問い合わせください。
条件に合う人も、そうでない人も、節約しながら安く引っ越しできますよ!

引っ越し料金を抑える技は、節約のポイントを見逃さないことです。

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ