おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

一人暮らしお役立ち情報

一人暮らしの引っ越し費用相場は?節約方法をアドバイザーが伝授!

一人暮らしの引っ越し費用相場は?節約方法をアドバイザーが伝授!

あなたがはじめて一人暮らしするのであれば、今は不安でいっぱいでしょうか?
今までも一人暮らしだった方は、引っ越し荷物を一人でまとめることが、憂鬱かもしれませんね。

私は100円引越しセンターの「トクダ」と申します。
主に見積もり対応とお客様対応、引っ越し全般に関するアドバイザーをしています。
今まで一人暮らしの引っ越しをする方へ、たくさんのアドバイスをしてきました。

一人暮らしの方は、今後かかるお金を自分で管理していかなければなりません。
そのためにも引っ越し費用はできるだけ節約して、お金には余裕を持っておきたいですね。

ここでははじめて一人暮らしをする方、今までも一人暮らしだった方別に引っ越し費用の相場と、節約方法をアドバイスします。

引っ越しは、新生活の始まりの時。
そのためにも上手な引っ越しをして、素晴らしい新生活をスタートさせましょう!

1. 一人暮らしの引っ越し費用相場

はじめての一人暮らしか、それとも元から一人暮らしなのかで、引っ越し費用の内容に違いがあります。
どちらにも共通している費用が、新居にかかる費用と、引っ越しにかかる費用です。

まずはそれぞれの相場を確認してみましょう。

1-1. 新居にかかる費用相場

令和2年3月発表の国土交通省の住宅市場動向調査報告書賃貸住宅の平均家賃はおよそ75,000円。
その金額を基準にして初期費用を計算してみましょう。

内訳 費用の平均 家賃75,000円の場合
敷金・礼金 それぞれ約1~2ヶ月 150,000円~300,000円
仲介手数料 1ヶ月分 75,000円
前家賃 1ヶ月分 75,000円
火災保険料 約10,000円~15,000円 約10,000円~15,000円
共益費 家賃の5~10% 3,750~7,500円

※自社調べ

家賃にかかる金額は、安くても313,750円
かなりの出費ですね。

これ以外にも鍵の交換費用がかかったり、月の途中で入居の場合、日割り計算でその分の家賃も支払うことになります。
新居の初期費用は、家賃の4~6ヶ月分ぐらいを想定しておいた方がいいでしょう。

1-2. 引っ越しにかかる費用相場

次に一人暮らしの引っ越し費用の相場を、繁忙期(3月~4月)・通常期(5月~2月)に分けて、見てみましょう。

【単身引っ越しの費用相場  通常期】

新居までの移動距離 荷物の少ない引っ越し 荷物の多い引っ越し
同一都道府県内 29,000円~36,000円 33,000円~45,000円
別の都道府県 42,000円~70,000円 55,000円~100,000円

【単身引っ越しの費用相場  繁忙期】

新居までの移動距離 荷物の少ない引っ越し 荷物の多い引っ越し
同一都道府県内 40,000円~48,000円 49,000円~58,000円
別の都道府県 46,000円~100,000円 72,000円~150,000円

※自社調べ

仕事や、進学が理由での引っ越しは、繁忙期の3月から4月が主です。
近距離の引っ越しでも、40,000円以上は覚悟した方がよさそうですね。

これらのことを考えると、新居にかかる初期費用と、引っ越し費用を合わせると400,000円近くはかかってしまいそうです。

一人暮らしの方にとって、今後の生活費や学生さんであれば今後の授業料など、いろいろと必要になる中で、できれば節約したい金額ですね。
ここからは、これらの引っ越しにかかる費用を、安くすませる方法を伝授していきます!

2. 一人暮らしの引っ越し費用を安くすませる方法

引っ越し費用を安く済ませる方法は、意外に多くあります。
ここでは、7つの節約法を紹介します。

一人暮らしの引っ越しは、荷物が少ないことが最大のメリット!
それを活かして、最安のプランを見つけましょう!

2-1. 単身パックで引っ越しをする

引っ越し業者の取り扱う単身パックとは、コンテナボックスに荷物を収納させる引っ越しプランです。
トラックを使うほど荷物がない人にとっては、お得なプランです。

単身パックの大きさは業者によってさまざまですが、平均的な大きさは

  • ・横幅・奥行きが100センチ程度
  • ・高さは高いもので170センチ程度

およそ2㎥弱の中に、以下のような荷物を積み込めます。

【単身パックの荷物量目安】

冷蔵庫(2ドア・109リットル) 洗濯機(4キログラム) 薄型テレビ(20インチ)
テレビ台(小) 電子レンジ 掃除機
カラーボックス(3段) 衣装ケース(39×53×23cm) 姿見
布団 日通ダンボールMサイズ
(540×340×320mm)5個

参照:日本通運

大型の電化製品や家具がなければ、問題なさそうですね。

気になる料金ですが

【単身パック 平均料金】

距離 料金
同一市区内 15,000円
同一都道府県内 18,000円
近隣都道府県 23,000円
遠距離 26,000円

※通常期の場合
※自社調べ

遠距離になればなるほど、通常の引っ越しよりもお得になります。

回収時に万が一荷物が収まらなかった場合、追加料金を取られてしまいます。
その場合通常の引っ越しプランよりも、かえって割高になってしまう可能性も。
事前に荷物が収まるかどうか、必ず確認しましょう!

2-2. 「100円引越しセンター」で引っ越しをする

次に私の働く「100円引越しセンター」をご紹介します。
「100円引越しセンター」は、「特典サービス」の申込みをしていただくことで、引っ越しが「100円」でできてしまう引っ越しサイトです。
条件さえ合えば、かなりお得に引っ越しができますよ!

引っ越しのプランは

  • ・単身引越しプラン
  • ・ファミリー引越しプラン

の2種類。
それぞれ「100円」で引っ越しできる移動距離と、使用するトラックサイズをご紹介します。

【100円引っ越しの条件】

単身引越しプラン ファミリー引越しプラン
移動距離 ~50㎞まで ~20㎞まで
使用車 2tショート車 2tロング車

もし一人暮らしの方の引っ越しでも、荷物が多い場合はファミリー引越しプランでお引っ越しも可能です。

トラックのサイズごとの、運べる荷物量を確認してみましょう。

単身パックで使用するコンテナと比べ、2tショート車でもかなりの量を積み込めますね。
今までも一人暮らしだった方にとっては、電化製品や家具もらくらく運べるのは魅力です。

2-2-1. 一人暮らしの引っ越しに役立つ特典サービス

それでは気になる「特典サービス」について、詳しくご説明していきましょう。

「特典サービス」の種類は3つ。

  1. プラン1 光インターネット契約
  2. プラン2 モバイルWi-Fi契約
  3. プラン3 SoftBank携帯新規申込or乗り換え

このサービスのどれかに申込んでいただくことで、「100円」で引っ越しができます。

プラン1はオンライン授業や、オンラインでの会議に便利なプラン。
超高速インターネットをご自宅で快適に利用できます。
フレッツ光・Sonet・BIGLOGE・Softbank・auひかり・NUROの中から、新居の環境に合わせて選んでいただけます。

プラン2は外出先でもパソコンで仕事をしたり、インターネットをよく利用する人にぴったりのプラン。
Ymobile・WiMAXからお好みのプランをお選びいただきます。

プラン3は、新生活を開始する際に携帯電話を買い替えようとお考えの方に向けたプランです。
意外と多い「引っ越しと同時に携帯電話を買い替える」方のためにご用意しました。

特典サービスには申込みたいんだけど、移動距離がちょっと条件と合わなくて……。

その場合でも大丈夫です!
基本料金の「100円」に、追加で加算されるだけなので、通常よりもお得に引っ越しできますよ!

じゃあ一度見積もりしてもらおうかな。

ぜひ「100円引越しセンター」で、お得な引っ越しをしてください!

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

2-3. 一括見積もりサイトを活用する

引っ越しの見積もりを取る際に、1社だけに依頼すると金額の相場がわかりません。
かといって複数の業者に連絡を取るのも手間ですね。
そんな時に便利なサイトが、「一括見積もりサイト」です。

一度の入力で、複数の業者から見積もりをもらえるので、時間の節約にもなります。
また複数の業者を比較することで、引っ越し料金の相場や最安値が簡単にわかるので便利です。

メリットの多い一括見積もりサイトですが、デメリットも当然あります。

自分の連絡先を入力する必要があることがほとんどなので、多くの業者からしつこく連絡がかかってくる可能性があるのです。
比較して、依頼することがない業者にははっきりと依頼しない旨を伝えるようにしましょう。

2-4. 少量なら宅配便は安い

電化製品や家具を引っ越し先で購入すると考えれば、宅配便で引っ越し荷物を運ぶこともできます。

クロネコヤマトの場合ダンボールのサイズは、縦・横・高さの3辺の合計が160cm以内で25㎏までであれば、宅急便で発送が可能です。

たとえば、23cm×33cm×44cmの100cmサイズのダンボールを、関東地方(東京・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・山梨)から発送したとします。

【関東地方から発送した場合の料金】※現金払いの場合

発送先 金額
北海道 1,830円
北東北 1,500円
南東北 1,390円
関東地方 1,390円
北陸・信越・中部地方 1,390円
関西地方 1,500円
中国・四国地方 1,610円
九州地方 1,830円
沖縄 2,490円

参照:ヤマト運輸|宅急便の料金・ご利用可能なサイズ
※2020年9月現在の割引サービス適用前の料金となります。

近隣の都道府県へ発送する場合、単身パックだと約23,000円かかります。
単身パックの場合、計算上は100cmサイズの箱が40箱は運べるのですが、宅急便で40箱発送しようとすると、

1,390円×40=55,600円

このように単身パックの倍以上の金額がかかってしまいます。

16箱以内であれば、単身パックよりも安価に発送が可能です。

ただし気を付けなければならないのは、箱の大きさによって上限の重量が決まっていることです。

【ダンボールサイズと重量上限】

サイズ(縦・横・高さの合計) 重さ上限
100cm以内 10㎏まで
120cm以内 15㎏まで
140cm以内 20㎏まで
160cm以内 25㎏まで

参照:ヤマト運輸|宅急便のサイズについて

重いものばかりを入れてしまうと、重量オーバーになってしまい料金にも差が出ます。
バランスよく詰めるようにしましょう。

ここでは割引をしない状態で、重量も既定の数字をオーバーしていない場合の数字を出しました。
エリアによっては金額も変わってきますので、実際の数字はお近くの営業所などでご確認ください。

2-5. 学生におすすめの格安引っ越し法

アート引越センターでは、学割パックを扱っています。
通常の引っ越しに比べて、割安の料金で引っ越しができるので大学進学等で一人暮らしを始める人にはぴったりです。

金額の目安としては、

距離 荷物の量 金額
約550㎞(京都→東京) 2㎥ 29,400円(税別)~
約370㎞(松山→大阪) 6㎥ 66,200円(税別)~
約330㎞(広島→福岡) 10㎥ 82,800円(税別)~

参照:アート引越センター|学割パック

荷物の量や距離によっては、他社のプランを使った方が安いこともありそうです。
何社か見積もりを取って比べてみるといいですよ!

他にも学生さんには、お得な引っ越しができる場合があります。

大学によっては、大学生協と提携している業者があることも。
一度生協に確認してみるといいでしょう。

2-6. 自力で引っ越しする

実家から引っ越しする人は電化製品を引っ越し先で購入する場合も多いのではないでしょうか?
そのように荷物が少ない場合は、自家用車や、レンタカーを借りて引っ越しをすると安上がりに済みます。

一人暮らしの引っ越しでよく使われる2tショートのトラックで考えてみましょう。
ニッポンレンタカーで2tショートトラックをレンタルした場合の金額は、以下のようになります。

アルミコンテナ付きのトラック(2tショート)
3時間まで 6時間まで 12時間まで 24時間まで
10,450円 12,650円 15,950円 19,800円

参照:「ニッポンレンタカー」

半日程度で返却できるようであれば、単身パックよりも安上がりに、多くの荷物を運べそうです。

レンタカーでも自家用車でも、ガソリン代がかかることを考慮しましょう。
また業者に依頼した引っ越しと違って、荷物が破損しても補償がありません。
高価なものを運ぶ際には、注意が必要です。

2-7. 単身引っ越しに強い業者を選ぶ

「全国学生引越センター」は学生だけでなく単身引っ越し全般を得意とした引っ越し業者です。
一人暮らしの引っ越しのプランは2種類あります。

【引っ越しプラン】

使用車 作業人数 金額(税別)
ライトプラン 軽トラック 1人 15,000円~
スタンダードプラン 2tトラック 2人 25,000円~

参照:全国学生引越センター|引越しプラン

実家からの引っ越しであれば、ライトプランでもいいかもしれません。
スタンダードプランであれば、よほど荷物が多い単身者でない限り問題なく引っ越しできるのではないでしょうか?

条件によって金額が変わってくるので、こちらも見積もりをして、他社と比べてみましょう。

どの引っ越し方法も、かなり節約ができそうですね。
ただ最安を考えるのであれば、「100円引越しセンター」がおすすめです!

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

3. 状況別単身引っ越し費用削減のコツ

はじめての引っ越しか、元から一人暮らしかどうかそれぞれの状況で、かかる費用がかわってくるものがあります。

はじめての一人暮らしの場合、新居で使う電化製品や家具をそろえる必要があります。
逆に元々一人暮らしをしていた人は、電化製品などを購入する必要がない代わりに、住んでいた賃貸住宅に対して支払いが発生することも。

3-1. はじめての一人暮らしの引っ越し費用を抑える方法

実家を出てはじめての一人暮らしの場合は、電化製品や家具を一式購入する必要があります。
引っ越し荷物を減らすために、それらは引っ越し先で購入するようにしましょう。

一人暮らしで必要な電化製品は、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・掃除機など。
料理をするのであればトースター、炊飯器も必要です。

まずは一人暮らしで使う電化製品のおすすめのサイズと平均価格を見てみましょう。

おすすめサイズ 平均単価
テレビ 32インチ 30,000円前後
冷蔵庫 ~100L(自炊しない場合) 10,000円~20,000円
150L~250L(自炊する場合) 30,000円~70,000円
洗濯機 4.5㎏~6㎏ 18,000円~30,000円
炊飯器 1合炊き~ 5,000円~10,000円
電子レンジ 料理をするかどうかで決定 5,000円~30,000円

※自社調べ

ネットや、家電量販店では新生活用に家電〇点セットといった、必要なものがそろったセットを販売しています。
そういったものはサイズや性能にこだわりがなければ、割安で購入できるでしょう。

ではそれぞれの電化製品の選び方です。

【テレビ】
部屋の広さで決定。
一人暮らしなら、32インチが一番使いやすいかもしれません。

【冷蔵庫】
大きさの計算は、
70L×家族の人数+常備品分(100L)+予備(70L)
自炊するなら、大きめのものを選んだ方が便利です。
ほとんど自炊しない場合なら、100L以下でも大丈夫。
しかし買い置きができないためこまめな買い物が必要になります。

一人暮らしの場合、冷蔵庫の上に電子レンジを乗せて使うこともあります。
その場合は、熱いものを乗せても大丈夫な「耐熱天板」のものを選びましょう。

また冷蔵庫には、「間冷式」と「直冷式」があります。
「直冷式」は、冷凍庫内に霜がついてしまうことも。
自動霜取り機能のある、「間冷式」がおすすめです。

【洗濯機】
一人暮らしなら、4.5㎏あれば十分です。
ただし週末にまとめて洗濯をするのであれば、大きめを選びましょう。

【炊飯器】
どの程度料理をするかで決定します。
小さな方が、電気代はかかりませんが、1合炊きだとご飯茶碗2杯分ぐらいしか一度に炊けません。

【電子レンジ】
料理をしないなら、温め機能さえあれば問題ありません。
オーブンや、グリル、スチーム機能が付くと値段が高くなります。

照明器具や、エアコンは新居の内見時にあるかどうか確認してから、購入を考えましょう。
もし照明を購入するなら、電気代が安く、寿命の長いLEDがおすすめです。

収納用品は、新居の収納の様子で考えましょう。
クローゼットがある賃貸も多いため、しっかりしたチェストは必要ないこともあります。

3-2. 賃貸住宅から引っ越す場合の費用を抑える方法

賃貸住宅の場合は、元の賃貸住宅の退去費用が掛かります。
敷金を払っているようであれば、それで賄われることがほとんどです。
ただしペット禁止のところでペットを飼っていたり、喫煙しているような場合は、必要以上に金額がかかることも。

自己負担の必要があるのは

  • ・煙草のヤニ汚れ
  • ・壁の落書きや、穴
  • ・モノを落としてできてしまった床の傷

などです。
故意につけた傷やよごれ以外は、支払いの必要はありません。

また部屋のクリーニング費用をできるだけ抑えられるように、退去時には部屋の掃除をしっかりとしましょう。

参考のためにハウスクリーニングの部屋の広さ別料金相場をご紹介します。

【部屋の広さ別クリーニング料金相場】

部屋の広さ 料金相場
1R・1K 15,000~40,000円
1LDK~2LDK 40,000~70,000円

※自社調べ

クリーニングの料金相場には、地域差がかなりあります。

提示された金額に疑問があったり、あまりにも高いようなら、大家さんや不動産屋に交渉してみましょう。

掃除時間を確保するために、荷物搬出後から大家さんへの引き渡しまで、時間には余裕をもっておきましょう!

4. 新居にかかる費用を抑える方法

新居でお金がかからないようにするには、4つの方法があります。

【新居に関する出費を抑える方法】

  1. 1 敷金・礼金0円物件を狙う
  2. 2 仲介手数料0円物件を探す
  3. 3 シェアハウスに住む
  4. 4 フリーレント物件を選ぶ

かなり節約できる方法ですが、気を付けなければならないこともあります。
それぞれの注意点を確認しましょう。

【敷金・礼金0円物件を狙う】
近頃増えている、敷金・礼金0円物件。
通常敷金・礼金はそれぞれ、家賃の1ヶ月~2ヶ月分かかるので、かなり節約できることになります。

しかし注意しなければならないのは、敷金を最初に支払わない場合、退去時にかかる退去費用をその時に支払わなければならない可能性があることです。
契約前不動産担当者に、確認してみることをおすすめします。

また敷金・礼金が0円でも、実は毎月支払う家賃に上乗せされている物件もあるようです。
気になる物件があれば、周辺の家賃相場と照らし合わせてみましょう。

【仲介手数料0円物件を探す】
こちらも家賃の1ヶ月分程度を節約できます。
不動産会社が保有している物件や、貸主から仲介手数料を受け取っている場合に、仲介手数料がかからないのです。

ただし敷金・礼金0円と同様、家賃に上乗せされている悪質な場合もあります。
必ず家賃相場を確認しましょう。

【シェアハウスに住む】
シェアハウスであれば、敷金・礼金はかかりません。
また電化製品を買う必要もないため、はじめての引っ越しの方にとってはかなりの節約方法です。

一言でシェアハウスといっても、部屋の種類はいろいろあります。
プライベート空間が充実しているシングルルームや、2人で1室をシェアするタイプ、もっと大人数で一部屋を使う場合もあり、金額もさまざまです。

他人とひとつ屋根の下に住むことになるため、それなりの気遣いも必要になります。
あまり気の合わない人と住む可能性もあり、部屋のタイプをよく考えて選ぶようにしましょう。

【フリーレント物件を選ぶ】
フリーレント物件とは入居してから1ヶ月~3ヶ月程度、家賃が無料になる物件のことです。

今までも一人暮らしだった方は、場合によっては前の住居と新居の家賃を2重で支払う期間が発生します。
フリーレントであれば、その分支払わずに済むため、2重払いを避けられます。

フリーレント物件の場合、数ヶ月はまったく何も払わないかというと、そうではありません。
管理費や、共益費が別途支払いとなっている場合、その分だけは支払う必要が出てきます。
不動産会社に、契約内容を確認するようにしましょう。

どの方法もお得ですが、最終的に支払う合計金額で損をしないように注意をしましょう!

5. まとめ

引っ越しの節約方法さえ知っていれば、かなり引っ越し費用を抑えられそうですね。

引っ越しのことで、気になることがありましたらぜひ、「100円引越しセンター」へお問い合わせください。

安心して新生活を迎えるためにも、賢い引っ越しをしましょう!
当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ