おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

単身引越し 引越し費用・相場 見積りのコツ・ポイント

単身パック/プランの引越しってお得?安くて快適な【最新】引越し方法

単身者の引越しは荷物が少ないという特徴から、簡単に引越しができると思っていませんか?
確かに荷物の量が本当に少なく、大きな荷物がない、まるで断捨離後の部屋?というケースでは簡単でしょう(笑)
そのような場合は、「単身引越しパック」を利用するまでもなく、ゆうパックなど宅配便で完了するケースもあります。

単身の引越しだからといって、必ずしも簡単に済むわけではないんですね。
もちろん簡単に済む場合もあるのですが、それらの基準を見極めるのが難しいといえます。

一般的に耳にする「単身引越しパック」。
該当する場合は訪問見積もりの必要もなく、簡単に契約できます。

しかし該当しない場合は・・・?

無理に単身パックを利用すれば高額になってしまう可能性があります。

単身の引越しは簡単ではありますが、得をしようと考えたら中々難しいのが現実です。
どんな契約でも同じですが、間に「プロ」が入ることでスムーズに事が運ぶことって多いですよね?

物件探しなら不動産屋、車の購入ならディーラーなど、といったように、引越しなら引越しに精通した引越しコンシェルジュの出番ではないでしょうか?

そう!私の出番!!
私は、100円引越しセンターに勤務する「トクダ」と申します。
メイン業務は見積もり対応とお客様対応です。

100円引越しセンターでは一括見積もりを採用していますが、他の見積もりサイトとは少々異なり、お問い合わせいただいた内容から1社を厳選して、ご案内するシステムとなります。

そのためスタッフは多くの知識と経験をもって対応させていただいています。
もちろん「トクダ」もその中の1人です。

単身者が引越しする際、どのような引越しスタイルが最適なのか?
どのプランを使ったら得できるのか?
そんなちょっと得する引越しノウハウをお伝えできたらと考えています。

「単身パック」で引越しを成功させるためのポイントは

  1. ①荷物をメチャクチャ少なくする
  2. ②大型の荷物(ベッドなど)は処分し、新居で買い揃える
  3. ③処分対象の荷物は買い取りしてもらえるよう交渉する※引越し業者・リサイクルショップなど
  4. ④「単身引越しパック」を扱う業者の比較をする
  5. ⑤究極は「単身パック」以外の引越しプランも検討する

これら5つを意識すれば「単身引越し」は成功します。
「単身パック」「単身プラン」「その他単身向け引越しサービス」の特徴を見ていきましょう。

1.単身の引越しは大きく分けて2種類!

単身者が引越しを検討する場合、まず思いつくのが「単身パック」でしょう。
引越しをしたことがない人でも「単身パックという言葉は聞いたことがあるよ!」って人が多いのではないでしょうか?
それだけ単身引越しの定番用語として知名度が高いとも言えます。

しかし残念ながら知名度に留まり、認知度までは得られていないようです。
その理由は、あえて命名しますが「単身引越しシリーズ」を把握していないから。

「そんなの分かるわけないじゃん!」という声が聞こえてきそうですが・・・。
そう、おっしゃるとおり。
そのためにトクダのような引越しコンシェルジュがいると思ってください!

単身の引越しは大きく分けると2種類あります。
コンテナタイプの「単身パック」と、荷物の量に合わせてトラックを利用する「単身プラン」

ちなみに「単身パック」という名称は日通の登録商標のため、他社は微妙に名称を変えて単身パックを提供しています。
コンテナボックスを利用するタイプは、「単身パック」という認識でよいでしょう。

安いと言われている単身パックは利用状況により高額になってしまう可能性もあります。
それぞれの状況に応じて適切な引越しスタイルを探すことが重要です。

単身パックと単身プラン、その他の単身者向けプランについて見ていきましょう。

2.単身者の引越し「単身パック」ってどんなサービス?

単身パックは荷物の少ない単身者用の引越しサービスです。
専用のコンテナボックスに入る分だけという条件付きですから、ベッドなど大型家具には対応していません。

コンテナボックスを利用して行う引越しを、一般的には「単身パック」と表現し、トラックで他の荷物と混載輸送できるため、料金を安く抑えられるのが特徴です。
荷物の量が多くなればコンテナ数を増やして運ぶことはできますが、料金は高くなってしまいます。

また1コンテナ+自転車、1コンテナ+ベッドなど、コンテナに収まらない大型荷物を別の配送方法と組み合わせることも可能です。
ただし、配送方法の組み合わせは割高になる可能性も高く、別の単身プランを利用した方が安く済む場合が多くなるでしょう。

引越し業者によっては、別配送との組み合わせに対応していない場合もあります。

メリット デメリット
単身
パック
・料金を安く抑えられる
・訪問見積もり不要
・コンテナに収まる量しか運べない
・少量であっても大型は無理
・梱包資材はほぼ有料のため自分で用意することに
・荷物到着は最短で翌日以降 ※当日対応可能な業者もあるが高い
・コンテナに入らなかった荷物も運んではくれるが追加料金発生

メリットとデメリットを比較してみると圧倒的にデメリットが目立つ印象です。
これは対象者には有難いサービスと言えますが、該当しない場合はリスクの高い引越しになることを意味しています。

2-1. 単身引越しパックが向いている人・向いていない人

単身パックが向いている人は、少量の荷物で、しかも大型家具・大型家電のない人です。
そのうえで中距離・長距離の引越しに適しています。

「え?近距離は向いてないの?」と思われる方もいるでしょう。
向いていないわけではありません。

しかし近距離で荷物も少量という場合は、他のプランの方が安く利用できる可能性が高いため、あえて向き不向きの対象としませんでした。

移動距離によって価格が変わる引越しサービスですが、長距離の場合は当然高額になります。
それでも単身パックが長距離に向いている理由は何なのでしょう?

通常の引越しはトラック1台を1ユーザーが使用しますよね?
一方単身パックはどうでしょう?
同じ行き先のトラックに各引越しユーザーの荷物(コンテナ)を共同で積載し、使用します。

分かりやすく例えるなら「相乗りタクシー」みたいな感じでしょうか。

長距離ですからタクシー料金は高額になるのが必然です。
高速を利用したらその分も料金に加算されます。

タクシー料金が4万円かかったとしましょう。
1人で乗っても4人で乗ってもタクシー運転手が受け取る金額は4万円です。

利用者側は1人なら4万円、4人が同乗したなら1人当たり1万円の支払いとなります。
相乗り経験のある方はこの安さを実感できると思いますが、とにかくお得なんですね。

簡単に言ってしまえば上記のような理由から、長距離・中距離の引越しは1コンテナで収まる荷物なら断然「単身パック」が安いと言えます。
コンテナに収まる荷物の量という大前提があるため、訪問見積もりは基本不要です。

では向いていない人とは、どんな人なのでしょう。

・荷物は少ないが大きな荷物がある
・1コンテナでは収まらない荷物の量がある

このような状況では、単身パックを利用することで割高になる可能性が高くなります。
残念ながら向いていません。

でも大丈夫ですよ!
「単身プラン」もしくは「100円引越しセンター」を利用すれば格安で引越しができます。
当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

2-2.単身引越しパックの荷物量の目安は?

1コンテナに積める荷物の量と種類を見てみましょう。
コンテナのサイズは引越し業者によって多少異なります。
また複数サイズ展開している業者もありますので、あくまでも参考程度にしてくださいね。

■コンテナサイズS 横幅:108cm 奥行き:74cm 高さ:155cmの場合

・冷蔵庫(2ドア・ミニ)
・テレビ(20インチ)
・テレビ台
・電子レンジ
・掃除機
・カラーボックス(3段)
・全身ミラー
・布団
・ダンボール4個 Mサイズ(540×340×320mm)

画像引用:「日通」
■コンテナサイズL 横幅:108cm 奥行き:104cm 高さ:175cmの場合

・冷蔵庫(2ドア・ミニ)
★洗濯機(4kg)
・テレビ(20インチ)
・テレビ台
・電子レンジ
・掃除機
・カラーボックス(3段)
★衣装ケース(39×53×23cm)
・全身ミラー
・布団
★ダンボール5個 Mサイズ(540×340×320mm)

画像引用:「日通」
上記荷物量の目安は「日通」の引越し単身パックS・Lを参照したものです。
参照:「日通」

荷物種類の「★マーク」は、SとLの違いを分かりやすく表示しています。

日通以外で単身パックを扱っている業者のコンテナボックスのサイズもいくつか紹介しますね。

ヤマトホームコンビニエンス:横幅:104cm 奥行き:104cm 高さ:170cm
ハトのマークの引越センター:横幅:104cm 奥行き:74cm 高さ:146cm

コンテナボックスのサイズは「日通」で例えるならS・Lほどの違いがあることが分かります。
荷物量とコンテナサイズ、料金のバランスを考慮して業者を選ぶとよいでしょう。

2-3.単身パックの引越し料金目安

「単身パック」は実際どのくらい安いのでしょうか。
単身パックの元祖である「日通」と利用者の多い「ヤマトホームコンビニエンス」を例に相場を見てみましょう。

日通 ヤマトホームコンビニエンス
コンテナボックス
サイズ(内寸)
【Sサイズ】
高さ155cm×横108cm×奥行き74cm
【Lサイズ】
高さ175cm×横108cm×奥行き104cm
高さ170cm×横104cm×奥行き104cm
料金 単身Sパック:18,000円(税抜)~
単身Lパック:20,000円(税抜)~
同一市区内:17,000円(税抜)~
割引 ・WEB割引:PC・タブレット・スマホからの申込みで2,000円(税抜)割引

・複数ボックス割引:2ボックス以上で1ボックスにつき1,000円(税抜)割引

・開始時間おまかせ割引:1ボックスにつき1,000円(税抜)割引

なし
割増 夜間配達や土・日・祝日、繁忙期は割増料金の設定があります。
1ボックスにつき2,000円(税抜)~5,000円(税抜)

【日通】
東京→大阪、「単身Lパック」平日利用の場合
通常価格は31,000円(税抜)→インターネット経由で申し込みしてWEB割引で29,000円(税抜)となります。

【ヤマトホームコンビニエンス】
東京→大阪
ボックス1本あたり28,000円(税抜)
※ヤマトホームコンビニエンス検索システム使用

日通には割引きサービスがあり、ちょっとお得なイメージがありますね。
一方、ヤマトホームコンビニエンスはリニューアルに伴い割引きサービスはなくなりました。
しかし2社を比較しても金額に大きな差はないように感じます。
参照:「日通」
参照:ヤマトホームコンビニエンス

「単身引越しパック」がお得な引越しプランであることは間違いありません。
しかし「みんな」に対応していない点に注意してください!

ごく限られた引越しユーザーは大変お得=少量の荷物、小型の荷物の人向けのサービスです。

3.単身プランの引越しとは?

荷物が多めの単身者におすすめなのが、各引越し業者で提供している「単身プラン」です。

単身プランは通常の引越しのミニバージョンみたいなもの!
トラックを貸し切りにして引越し作業を行います。
お得な特典がたくさん付いてくるのも魅力です。

特典は引越し業者により異なりますが

・ダンボール無料
・ガムテープ無料
・ハンガーボックス無料
・ふとん袋無料

などのサービスが受けられます。

通常の「引越し作業サービス」も充実している業者が多く、荷造りや食器梱包は自分で対応となりますが、それ以外は業者でサービス対応してくれるのが一般的です。

※「引越し作業サービス」:家具の置き場所を指定できたり、照明器具の取付に対応してくれるなど

単身パックでは高くついてしまう荷物の量・形状・種類で悩んでいる方に最適なプランです。
ベッドや大型家具、自転車などがある方は「単身プラン」が一つの選択肢となるでしょう。

また距離にもよりますが単身プランのほかにも安く引越しができる業者もあります。
軽貨物運送でお馴染みの「赤帽」や近距離にめちゃくちゃ強い「100円引越しセンター」
条件や状況によっては、単身プランよりも最適な場合がありますよ!

3-1. 単身引越しプランの料金はどれくらい?

単身パックはコンテナサイズによって荷物が決まるのに対し、単身プランはある意味無制限です。
大型家具があっても余裕で運べます。
一般的には1t車の使用が多いでしょう。

費用を安く抑えるために、荷物の量は少ないに越したことはありません。
大きな家具や家電は新居で揃えるのも一つの手です。

■単身プラン(一例)
15,000円(税別)~
・10km以内
・1t車使用
・作業スタッフ:1~2名

【荷物の例】
・電子レンジ
・布団一式
・テレビ
・冷蔵庫
・洗濯機
・カラーBOX
・チェスト
・シングルベッド
・ダンボール10個 など

上記の例は独自の口コミデータから算出した、単身プランのほぼ最安値です。
単身プランは個々の荷物・距離によって大きく費用が変わってきます。
参考程度に考えておくとよいでしょう。

3-2.単身引越しプランで値引き交渉!

ほぼ値引き交渉ができない「単身パック」と比べ、「単身プラン」は値引き交渉が当たり前!
ぜひ思い切って交渉してください。

まず相見積もりで複数の引越し業者を比較します。
一括見積もりサイトを利用してもよいですし、ネットで直接引越し業者へ、見積もり依頼をしてもよいでしょう。

直接依頼する場合は、最低でも3社以上から見積もりを取れるといいですね。
あまり多すぎても収集がつかなくなるので、5社前後が無難です。

見積もりを確認しながら、金額だけでなく、サービス内容なども比較します。
引越し業者のほうから連絡が来た場合は、何社か検討していることを伝えましょう。
一旦保留にして、情報をまとめます。

本命の引越し業者が決まったら、最後にこちらから連絡をして値引き交渉してください。

決して上から目線の対応ではなく、お願いする感じがいいですよ。
「とても対応がよかった御社にお願いしたいとは思うのですが、もう少し金額とか下がらないですか?」という感じですね。
偉そうに言われたら「誰が値引きなんかするもんか」と思うのが人間ですから(笑)

引越しの料金はすべて値引き交渉で決まると言っても過言ではありません。
もちろん荷物量と距離は重要ですが、交渉の良し悪しこそが低コストの引越しを可能にします!

上手い交渉でなくても、賢い交渉ができれば成功です。
金額だけでなく、サービス内容など自分が希望する項目、たとえば有料オプションとかで交渉してみるのもいいですよ。

4.単身引越しのプランいろいろ!

単身の引越しは必ずしも「単身パック」が安いとは言えないことが分かりましたね。
「単身プラン」は少し割高になるイメージがありますが、荷物の量と距離によって、最適なプランを選ぶことで料金も適正価格からの値引き交渉可能!・・・というメリット付き。

しかし選択肢はまだまだあります。

ネットで検索しても、地域限定など併せると多数の引越し業者がヒットします。
その中でも全国に対応し、部分的もしくは状況次第で安く引越しができるプランをご紹介します。

まずはヤマトホームコンビニエンスの「家財宅急便」です。
金額を見る限り、物によっては新居で買い替えたほうがいいかも・・・という気もします。
「こんなサービスもあるんだ!」程度に知っておくといいでしょう。

【県内配達目安料金】  ヤマトホームコンビニエンス 「家財宅急便料金」

ランク サイズ
(三辺合計)
料金
(税抜)
SS:電話機・FAX・HDレコーダー 80cmまで 1,400円
S:電気ポット・炊飯器 120cmまで 2,000円
A:衣装ケース・石油ストーブ・扇風機・エアコン(室内機) 160cmまで 2,900円
B:押入ダンス・肘掛け椅子・座卓・エアコン(室外機) 200cmまで 4,000円
C:洗濯機・学童机・カーペット(6畳・4.5畳)・単身用冷蔵庫・布団袋 250cmまで 6,850円
D:ソファ(2人掛け)・自転車(22インチ)・食器棚 300cmまで 9,950円
E:家庭用冷蔵庫(大型)・シングルベッド・自転車(26インチ)・タンス・本棚 350cmまで 15,050円
F:ダブルベッド・衣装タンス 400cmまで 21,250円
G:カウチソファー 450cmまで 27,450円

引用:ヤマトホームコンビニエンス

ダンボールだけの引越しなら「ゆうパック」もおすすめです。

利用できるサイズは三辺合計170cmが最大になります。
重さは基本25kg以下。
25kgを超え30kg以下なら+510円または+520円で「重量ゆうパック」の利用が可能です。

距離にもよりますがダンボールだけで完了する荷物なら、断然お得な引越し方法と言えるでしょう。」
引用:日本郵便

そして「単身プラン」にもっとも近い引越しスタイルとも言える「赤帽」
最大積載量350kgで、想像以上に荷物を運べるのが特徴です。

作業時間2時間以内で走行距離20km以内の場合、47都道府県で福岡県を除いて13,750円で引越しできます。
ちなみに福岡県は、作業時間を2時間30分として15,000円の料金となっています。
ドライバーは1名・土日祝日は2割増という共通事項あり。

荷物の多い単身者の引越しに適したスタイルと言えますね。

さらに、忘れてはいけない「100円引越しセンター」
ここまで、さまざまなプランをご紹介してきましたが、条件さえ合えば「100円引越しセンター」こそがNo.1の単身引越しを実現させるのではないでしょうか!!

では内容を見ていきましょう!

4-1. 単身引越しなら「100円引越しセンター」でしょっ!

単身の引越しなら「100円引越しセンター」しかないのでは?

100円引越しセンターは、読売テレビ「ZIP」のコーナー「おしえて辛坊さん」で取り上げられた引越し業者です。

一括見積もりで厳選1社に絞り込み、ご提案させていただくスタイルです。
そのため、煩わしい勧誘やメールの対応に追われることはありません。

格安プランはもちろん、条件さえ合えば100円で引越しができる人気のサービス!

100円で引越しするための条件は下記の3つです。

【単身の引越し】
①2tショート車に積載できる量
②引越し距離~50km
③新生活に必要な商品の契約

①と②に当てはまった人は、ぜひとも③の「新生活に必要な商品の契約」にも該当してほしい・・・。
そうしたら100円で引越しができるから!

③の「新生活に必要な商品」は、下記3つの中からお選びいただけます。

■インターネット(光回線) 
■モバイルwi-fiルーター
■softbank携帯乗り換えor新規

ネットなどでよく目にする「光回線契約でキャッシュバックキャンペーン!」などは、キャンペーンを経由することでキャッシュバックがもらえるサービスです。

100円引越しもこれと同じシステム!
新生活に必要な商品の契約で、引越し費用に還元するサービスです。

もし、引越しを機に

・「モバイルwi-fiの契約考えてた!」
・「実は携帯の乗り換えも検討中・・・」

というかたにとっては、一石二鳥ですね。

そして、「新生活に必要な商品」が1つもないから関係ないか・・・と、スルーしそうなあなた!
そう、あなた!! 少々お待ちを!
もともとの引越し料金も最安クラスのサービスなので、関係ないことはありません。

ぜひ一度「100円引越しセンター」へお問い合わせください。
当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

4-2. 単身者に最適な引越しプランは?

では、最後に単身者が選んでお得な引越しタイプを紹介しますね。

荷物 距離 備考
単身パック 少ない 近・中・長距離すべて 大型荷物なし・自転車なし・翌日以降着可
単身プラン 多い・大型あり 近・中・長距離すべて ダンボール無料サービスなども比較
その他 単身向け 少ない・多い・大型あり 近・中・長距離すべて ゆうパック・赤帽・100円引越しセンター含む

5.まとめ

「単身パック」は荷物の少ない単身者におすすめの引越しプラン、そして荷物の多い単身者には「単身プラン」を紹介しました。

荷物の量だけでなく、サイズや重さが影響するプランがあったり、距離によって選択肢が変わったりと単身の引越しはリサーチのしがいがあります。

あまりにも豊富なプランやサービスのため、1社に絞り込むのは難しいでしょう。

「あぁ、あっちに頼んでおけばよかった・・・」と後悔しないためにも、まずは「100円引越しセンター」へお問い合わせください。
条件をクリアすれば100円で引越しができますし、条件クリアならずとも他社と比べて低価格で引越し可能です。

単身パックで得する引越しは、自身の引越し情報を把握したうえで最適なプランを探すことにあります。

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ