おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越し費用・相場

引越し見積もりはいつやる?何日前がベスト?相場より安く抑えるコツ

引越し見積もりはいつやる?何日前がベスト?相場より安く抑えるコツ

こんにちは、格安引越しの「100円引越しセンター」です!
皆さまの中には、「引越しの見積もりを依頼するタイミングが分からない」という方も多いのではないでしょうか?

引越しが決まったら、まずは引越し業者を選んで『見積もり』を依頼しなければなりませんが、

「どのタイミングで見積もりを依頼すればいいの?」
「何日前に見積もりを取ると安い?」
「引越し見積もりの依頼方法や注意点は?」

といった疑問をお持ちのお客様から、お問合せをいただくことが多いです。

そこで結論を簡単にいうと、ギリギリだと予約が取れない恐れがあるだけではなく、引越し料金が相場よりも高くなる可能性があるので、余裕を持って依頼するのが鉄則です。

そこで今回は、引越し見積もりのタイミングにお悩みの方に向けて以下の4点を解説します。

  • 引越しの見積もり依頼にベストなタイミング
  • 引越しの見積もりを依頼する2つの方法
  • 引越しの見積もり依頼で失敗しないための対策
  • 引越し料金を安く済ませる秘訣

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

1.引越しの見積もり依頼はいつまでにやるべき?

実際のところ、引越しの見積もり依頼はいつまでに済ませるべきなのでしょうか。

中には「引越しの依頼はギリギリでも大丈夫」という方も多いものの、余裕をもって準備した方が良いでしょう。
というののも、ギリギリで見積もり依頼をすると、希望日に引越しの予約が取れなかったり引越し料金が相場よりも高額になったりと、失敗や損をする可能性があるからです。

また、早めに見積もりを依頼した方が引越しの選択肢(日程やプランなど)の幅が広がるのでおすすめです。
そこでここからは、引越しの依頼をいつまでにやるべきなのか解説していきます。

1-1.見積もりは引越しの1か月前~1週間前に依頼する方が大多数

引越しの見積もりは、引越しの1か月前から前日までに行う方が多いです。

【引越しを依頼するタイミングの目安】 【依頼するタイミング】
一般的なタイミング 引越しの1か月~前日
引越し業者の推奨するタイミング 引越しの1~2か月前

荷物量が多い家族の引越しでは、1か月前までに引越しの見積もりを取る方が多い一方で、単身者(一人暮らし)は1~2週間前に見積もりを済ませる方が多い傾向にあります。

中には、引越し予定日の1週間~2日前というギリギリに依頼している場合もありますが、おすすめはできません。

引越し業者でも余裕を持った引越しを推奨しており、一般的に引越しの1~2か月前には見積もりを取っておいた方が良いとされています。

急な引っ越しであれば仕方ありませんが、できるだけ引越し予定日の1~2か月前には見積もりを取っておくべきでしょう。

1-2.繁忙期は予約が埋まりやすいためできる限り早く見積もり依頼を

一般的には引越しの1~2か月前に見積もりを取るのが理想ですが、「繁忙期」は事情が異なります

引越しの繁忙期といわれる3~4月は引越しの依頼数が多いので、引越しの1~2か月前に見積もりをしても希望日に引越しができるとは限らないのです。

【全国の移動者数のデータ】

2019年1月~12月 都道府県(自都市)内の移動者数 他都道府県(他市町村)への転出者数
1月 185,188人 151,015人
2月 208,954人 160,946人
3月 416,403人 493,604人
4月 346,763人 420,348人
5月 227,494人 191,005人
6月 194,913人 156,481人
7月 225,467人 193,123人
8月 205,291人 173,502人
9月 204,477人 167,994人
10月 220,063人 172,605人
11月 197,232人 139,634人
12月 203,234人 147,829人

参考元:住民基本台帳人口移動報告 月報

総務省でまとめられている「住民基本台帳人口移動報告」でも、3~4月に引越しをしている方が多いのが明らか。
よって繁忙期に引越すのであれば、引越しが決まった時点で見積もりを取ることが大切です。

早めに行動しておけば、希望日がだめでもその他の対処法を考えることができます。
別日に変更したり、他の引越し方法を検討する時間も取れたりするので、早めに見積もりをするのがおすすめです!

2.引越しの見積もり依頼方法は2種類!

引越しをするときには見積もり依頼をしますが、見積もり方法は主に2種類あります。

  • 引越し業者へ直接見積もりを依頼する
  • 一括見積サイトを利用する

見積もり方法は一括見積サイトの利用が有名ですが、一括見積もりサイトならではのデメリットもあるので注意が必要です。

そこで次にそれぞれの方法を解説していきますので、どちらが自分に合っているのか把握して依頼しましょう。

2-1.引越し業者へ直接見積もりを依頼する

引越しの見積もりを依頼する方法として、引越し業者に直接見積もりを依頼する方法があります。

この方法だと1社ずつ問い合わせて見積もりを取る必要があるため、複数社の見積もりを取るとなると連絡等が大変。
また必要事項なども毎回記入しなければならないので、効率が良い方法とは言えません。

しかし普段から使っている引越し業者がある場合や、すでに引越し業者の目星をつけている場合は、直接依頼することをおすすめします。

2-2.一括見積サイトを利用する

引越しの見積もりを依頼するには、一括見積サイトを利用する方法もあります。

一括見積もりサイトとは、一度の入力で複数社の見積もりが取れる便利なサービス。
手間なく自分の引越し条件の相場を比較できる上に、最安値の業者を簡単に探すことが可能です。

ただし一括見積サイトでは個人情報を入力するため、大量の勧誘電話やメールがくることも。
例えば、引越し業者が決まっ後にも大量の電話やメールがくるケースや、同じ引越し業者から何度も連絡がくるといったケースも少なくはありません。

3.引越し見積もりの注意点は?失敗を防ぐための4つの対策

引越しの依頼をする際、見積もりのやり方や注意点を知っておかないと失敗する可能性も。
例えば、見積もり時に大まかな料金しか出せず、最終的に追加料金が発生して割高になるケースもあります。

そこでここからは、引越しの依頼前に知っておくべき4つの失敗対策を解説していきます。

3-1.引越し先や運ぶ荷物を決めておく

引越し業者に見積もりを依頼するには、引越し先や運ぶ荷物などを決めておく必要があります。
見積もり料金を決定する基準としては、以下の通りです。

  • 引越しの距離
  • 荷物の積載量
  • 作業人数など
  • 引越しの日時・曜日

これらが定まっていないと大まかな見積もりしか出せないため、引越し先が決まってから見積もりを依頼しましょう。

また見積もり時には、運搬する「荷物量」を業者に伝える必要があります。
見積もり時に決まっていなければ、使用するトラックの大きさや作業人数などが決められないため、料金を確定することができません。

あくまで目安で問題ありませんので、見積もりまでに荷物の精査をしておきましょう。

3-2.訪問見積もりをしてくれる業者に依頼する

格安で引越しをするためには、訪問見積もりをしてくれる業者に依頼するのがおすすめです。

見積りはwebサイトや電話から可能ですが、実際の荷物量は曖昧なので正確な見積もりができないこともあります。
正確な見積もりを出せなければ、最終的には料金が大幅に加算される可能性も。

訪問見積もりの場合は対応の時間を確保する必要はありますが、実際の荷物量や家具のサイズなどを把握したうえで、正確に見積もり金額を出してもらえる点が大きなメリットです。

3-3.必ず複数社見積もり依頼をしてから業者を選ぶ

引越し業者に見積もりを依頼するときには、必ず複数社見積もり依頼をしてから業者を決定すると良いです。
複数見積もりを取ることで複数社の見積もり料金を比較し、最も安い業者を見つけることができます。

もしも1社しか見積もりをしなければ、その見積もりが安いのか高いのか分かりませんよね。
また見積もり時の価格交渉などでも、比較材料がないと難しいので、複数社見積もり依頼をしたうえで業者を選ぶことが大切です。

3-4.無料配布の梱包資材の受取りには要注意

見積もり時に引越し用の梱包材や段ボールを無料配布してくれる場合が多いですが、引越しをキャンセルする場合には処分法にも注意が必要です。

引越しをキャンセルした場合、資材分の料金を請求される場合もあれば、送料を支払ったうえで引越し業者に送り返す必要がある場合もあります。

それ以外にも、次に利用する引越し業者が引き取ってくれる場合もありますが、業者によって対応が異なるので見積もり段階でキャンセルした場合の対応も聞いておくと安心です。

4.見積もり前に要チェック!引越し料金を安く抑える2つのコツ

引越しを依頼するなら、できるだけ安く済ませたいですよね。
そこで引越しを相場より安く抑えるためには、引越し日や引越し方法を工夫する必要があります。

そこでここからは、引越しの依頼を格安で抑える2つの秘策を解説していきます。

4-1.引越しは平日・フリー便・混載便を検討する

引越しを安く済ませるためには、平日引越しや混載便引越しを検討するのがおすすめです。

引越しは休日に人気があるため土日の料金は高めに設定される一方、平日は引越しをする方が少ないので、料金を抑えられることもあります。
安く引越しがしたいなら、できるだけ平日引越しを検討してみると良いでしょう。

また、「混載便」を利用するのもおすすめです。
混載便を利用すれば、他の利用者の引越し荷物と一緒に運搬することにはなりますが、その分別々に運搬するより料金が安くなります

4-2.業界最安値の「100円引越しセンター」を利用する

100円引越しセンターの画像

  • とにかく安く引っ越したいけどサービスの質も重視したい
  • セールスの電話やメールがくるのを避けたい
  • インターネット回線など新生活に必要なサービスも手間なく揃えたい

そんな方には、格安・便利・高品質の「100円引越しセンター」がおすすめです。
当店ではとある条件を満たすだけで、通常は3万円以上の引っ越し料金が100円になりお得です。

さらにお客様の引っ越しに最適な1社を厳選してご案内するため、ご自身で相見積もりを取って業者を比較して手配する、といった面倒な作業は一切不要で忙しい方も安心
また大手の優良業者のみを取り扱っているので、サービスの質にも十分に自信があります

100円で引っ越しできる「とある条件」とは、どんなものですか?
そんなに安くなるのですから、条件は厳しいのではないでしょうか・・・?

条件は2つありますが、それほど難しいものではありません!
引っ越しと同時にネット回線などの新生活に必要なサービスをご契約いただき、距離や荷物量の条件を満たすだけですよ。

【条件①引っ越しと同時にいずれかひとつのサービスを契約すること】

  1. インターネット回線
    家中のパソコンやスマホを高速の光回線に接続!
    動画もサクサク快適&通信制限知らずに
  2. モバイルWi-Fiルーター
    いつでもどこでも高速インターネットが使える!
    工事不要&即日開通の手軽さもうれしい
  3. ホームルーター
    自宅に置くだけで手軽にネット環境が整って便利!
    ポケットWi-Fiよりも回線が安定している点も◎
  4. SoftBankの携帯(新規契約or他社から乗り換え)
    他社への携帯乗り換えを考えているなら絶対おトク!
    ソフトバンクは割引キャンペーンが充実していて安い

【条件②新居への移動距離と荷物量の基準をクリアすること】

単身引越しプラン
  • ・1人暮らしの方(学生、単身者)
  • ・引っ越し距離が50km以内
  • ・2tショート車に収まる荷物量
  • 詳しくはこちら
ファミリー引越しプラン(2人以上)
  • ・2人以上のカップル・ご家族
  • ・引っ越し距離が20km以内
  • ・2tロング車に収まる荷物量
  • 詳しくはこちら

100円で引っ越しできる上に、新生活に必要なサービスを面倒な手続きなく契約できて便利。
新居でインターネットをすぐに使いたい方スマホの乗り換えを考えている方にぴったりです!

引っ越し後すぐにネットを開通したかったのでとても助かります!
ですが遠くに引っ越すので距離の条件が満たせそうになくて・・・その場合にはどうなりますか?

100円にはなりませんが、基本料金は100円のままです。
そこに超過分が加算されるだけなので、他の業者に依頼するよりも確実に安く引っ越しできるんですよ!

・・・最後に、100円引越しセンターならではのお客様が得するポイントをまとめてご紹介!

  • 単身もファミリーも100円で引越しできる
  • 便利なサービスを面倒な手続きなく同時契約
  • 厳選した1社のみのご提示によりセールスの電話もなし
  • 提携引越し会社は優良な約20社のみでサービスの質も安心
  • 引越しに必要な梱包材は無料でレンタル可能
  • 不用品引き取りやマイカー輸送などの有料オプションも充実

少しでも気になる方は、まずはぜひお気軽に100円引越しセンターへお問合せを。
ささいなご相談やお見積りだけでも、スタッフ一同お待ちしております!

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

5.見積もりを依頼して引越し当日までにやるべき準備

引越しを依頼してから実際に引越しをするまでには、不備のないように準備が必要です。
荷造りや不用品の処分、各種手続きなど、引越しでは意外にやるべきことは多くあります。

そこでここからは、引越しを依頼して引越し当日までにやるべき準備を紹介していきます。

5-1.不用品の処分と荷造り

引越しを依頼したら、当日までに不用品の処分や荷造りが必要です。

不用品の処分は、遅くとも引越しの1か月前くらいには開始しましょう。
方法は、自治体の粗大ごみ回収サービスや不用品回収業者に依頼するなどがありますが、いずれも早めに取り掛かってください。

特に自治体の粗大ごみ回収サービスを利用する場合、月に数回程度しか回収が行われないので注意が必要です。

また荷造りに関していうと、少しずつでもいいので整理整頓から始めることが大切です。
いきなり全部を片付けようとすると大変ですが、少しずつならやりやすいですよね。

また、段ボールへ荷物を詰めるときには、重いものは小さい段ボールに入れるなどの工夫を。
運搬するときに運びやすいだけでなく、底が抜けるなどのトラブルを防ぐこともできます。

不用品の処分方法や荷造りのコツに関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

5-2.引越し前にやるべき各種手続き

引越しでは、以下の早見表の通りさまざまな手続きを行う必要があります。
役所での手続きから始まり、クレジットカードや銀行口座などの手続きまで多種多様な手続きをしなければいけません。

役所で手続きできるもの 手続きのタイミング目安
転出届の提出(住民税の手続き) 引越しの2週間前~
印鑑登録の廃止 引越しの2週間前~
国民健康保険の資格喪失届 引越しの2週間前~
転居届・転入届の提出 引越し後2週間以内
マイナンバーカードの住所変更 引越し後2週間以内
国民健康保険の加入 引越し後2週間以内
国民年金の住所変更 引越し後2週間以内
印鑑登録 引越し後できるだけ早めに
自動車・バイク関連の手続き 手続きのタイミング目安
原付自転車の廃車 引越しの2週間前~
運転免許証の住所変更 引越し後できるだけ早めに
自動車の住所変更 引越し後15日以内
原付バイクの住所変更 引越し後15日以内
車庫証明の住所変更 引越し後15日以内
公共料金・ライフライン関連の手続き 手続きのタイミング目安
インターネットの移転・契約解除 引越しが決まったら早めに
電気・ガス・水道の使用停止・開始 引越しの1~2週間前
固定電話の引越し 引越しの2~3週間前
携帯電話・スマートフォンの住所変更 引越し前もしくは引越し後すぐ
郵便の住所変更 引越し前もしくは引越し後すぐ
NHKの住所変更手続き 引越しの1~2週間前
学校・教育関連の手続き 手続きのタイミング目安
学校の転校手続き 引越しが決まり次第できるだけ早めに
児童手当の住所変更(引越し元) 引越しが決まり次第できるだけ早めに
学校の転入学届 引越し後すぐ
児童手当の住所変更(引越し先) 引越し後15日以内
母子手帳の住所変更 引越し後早めに
その他の手続き 手続きのタイミング目安
粗大ごみの処分申込 引越しの1か月前~
賃貸物件の解約 引越しが決まったらすぐ
保険関連の契約変更 引越しの1か月前~
パスポートの住所変更 場合による
ペットの登録事項変更 引越し後すぐに
(新しく飼育する場合は飼育日から30日以内)
クレジットカードの住所変更 引越し後早めに
銀行口座の住所変更 引越し後早めに
各種登録サイトの住所変更 引越し後早めに

引越しが決まったら、まずは現在住んでいる物件の解約手続きを行い、その後役所の手続きなどをまとめて行うのがおすすめです。
引越し前・引越し後の手続きがありますが、どれも役所に出向けば一度で行えるものが多いのでまとめて手続きをしてしまいましょう。

また、自動車・バイク関連の手続きなどは運輸局や警察署、運転免許更新センターなどで行うものもあるので、以下の記事を参考に早めの手続きを意識してください!

6.引越しの見積もりに関するよくあるQ&A集

引越しの依頼をする場合、引越し内容の変更や追加料金の有無など疑問点もあるはずです。
特に細かい疑問ほど解決するのが難しくて悩む方も多いです。

そこでここからは、引越しの依頼に関してよくあるQ&A集をご紹介します。

6-1.引越し依頼は引越し予定日の何日前まで可能?

引越しの依頼に関していうと、一般的には引越しの2日前までであれば見積もりや引越しの申込みに対応してくれる場合が多いです。

ただし引越し業者も引越し作業員の手配やトラックの手配、スケジュールの調整などの準備が必要なため、なるべく早めに依頼しましょう。

また、例外として繁忙期の3~4月は人手やトラックの準備が難しくなるので、数日前に連絡されても対応できないことが多いです。
そのため、繁忙期に引越しするなら1~2か月前には連絡しておくべきです。

6-2.見積もり・契約後に引越し内容を変更できる?

見積もり後や契約後に、引越しの内容を変更したい場合もあると思います。
基本的には、見積もり後や契約後に引越し内容を変更することは可能です。

引越し業者の中でも、ある程度引越し内容に変更があることは想定しているので、事前に連絡する場合は変更できる場合が多いです。

ただ、最低でも引越しの2日前までには変更の連絡をする必要があります。
荷物の少量の追加程度であれば対応できる可能性も高いですが、引越しの人数追加や日程変更などは難しい場合もあるのでできるだけ早めに連絡しなければいけません。

6-3.見積もり料金以外に追加料金が発生することはある?

引越しでは見積もり料金が最終的な料金になるのが一般的で、通常、追加料金が発生することはほとんどありません。
ただし以下のようなケースでは、追加料金がかかる場合もあります。

  • 引越しの荷物が見積もり時より明らかに増えている場合
  • 引越しの荷物が申告と違う場合
  • エアコンの取り外しやハウスクリーニングなどを依頼した場合

利用したいオプションサービスがあるなら、見積もり時に伝えておくと料金をあらかじめ知ることができるのでおすすめです。
また、見積もり時にオプション料金込みで値引き交渉をした方が安くなることもあるので、ぜひ挑戦してみてください!

6-4.キャンセルは可能?キャンセル料はかかる?

引越しの見積もりを行い、契約後にキャンセルすることは可能です。
ただし、キャンセルをする場合はキャンセル料金がかかる場合もあるので注意しましょう。

一般的には引越しの2~3日前までであれば契約をキャンセルしてもキャンセル料金を取られることは少ないです。
それ以降になるとキャンセル料金がかかる場合が多く、引越し業者のルールである「標準引越運送約款」で以下のように記載があります。

    【「標準引越運送約款」のキャンセル料金の規定】

  • ・前々日で運賃及び料金の20%以内のキャンセル料
  • ・前日で運賃及び料金の30%以内のキャンセル料
  • ・当日で運賃及び料金の50%以内のキャンセル料

ちなみにキャンセルには引越しの日程や内容を変更するという行為も含まれるので、変更したい場合はできるだけ早めに連絡を。

基本的には見積もり時に営業担当者の方から、「キャンセルするなら○○日前までにお願いします。」ということを説明されるので、しっかりとキャンセル料に関して理解したうえで対応しましょう!

7. まとめ

引越しの依頼をする場合は、引越しの1~2か月前には見積もりを取るのがおすすめです。

また、見積もりは複数社から取って料金を比較しましょう。
相見積もりを取ることで、最安値が分かりやすく見積もり時の値引き交渉でも役立ちます。

また、格安で引越しをしたいなら「100円引越しセンター」がおすすめです。
見積もりは無料なので、ぜひお問合せください!

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ