おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越しに必要な手続き 荷造りほか引越し前にやる事

【新築一戸建てへの引越し】必要な準備や手続きまで徹底解説!

新築一戸建てに引越しをする場合、引越しに向けた準備や手続きなど、何をすればいいか気になりますよね。

「新築一戸建てに引越しをするときに必要な手続きは?」
「新築一戸建てに引越しをするまでにやるべき準備は?」

など、一戸建てへの引越しは頻繁には行わないので、いざ行動するとなるとどうしたらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか?

私は100円引越しセンター、引越しアドバイザーの「ナカハシ」と申します。
今までにたくさんの新築一戸建てへの引越しに関する悩みを聞いてきました。

その中で、新築一戸建てへの引越しで必要な手続きや準備が知りたいという方が多くいらっしゃいます。
また、ご近所さんへの挨拶で学んでいる方もいます。

そこでこの記事では

  • ・新築一戸建てに引越しをする手順一覧
  • ・新築一戸建てへの引越しで必要な手続き
  • ・新築一戸建てへの引越しで必要な準備
  • ・新築一戸建てへ引越しするときのポイント
  • ・新築一戸建てへ引越しするときの挨拶マナー


などについて解説していきます。
この記事を見れば、新築一戸建てへの引越しの手順や準備、挨拶マナーなどが分かるのでぜひ、最後までご覧ください!

1. 新築一戸建てに引越しをする手順一覧!

準備をするタイミング目安 行動内容
引越し決定~引越しの1か月前
  • ・引越しの手続き全般を開始
  • ・物件の管理会社に引越し日を伝える
  • ・不用品の処分を開始する
  • ・引越し業者の見積もりを出す
  • ・新居の家具配置などを決める
引越しの2週間前
  • ・引越しの荷造りを開始(余裕をもって行う場合)
  • ・電気・ガス・水道の解約・住所変更手続き
引越しの1週間前
  • ・引越しの荷造り開始(一般的な開始時期)
  • ・冷蔵庫の食物の整理
  • ・引越し先へのあいさつ回りで持参する商品の準備
引越しの2・3日前
  • ・冷蔵庫・洗濯機の水抜きや霜取り
  • ・新居のハウスクリーニング
引越しの1日前
  • ・引越し日のスケジュールチェック
  • ・荷物の最終チェック
  • ・引越しのあいさつ回り(最近ではしない場合もある)
引越し当日
  • ・引越し作業の確認&ガス栓の閉栓の確認
  • ・引越し先への移動
  • ・家賃の精算&鍵の返却
引越し後
  • ・引越し後の手続きを行う
  • ・引越し先のご近所さんにあいさつ回りをする

新築一戸建てに引越しをする場合は、まずは引越しが決定した時点で現在住んでいる物件の管理会社に連絡をする必要があります。

また、引越しの1か月前までには引越しに伴う手続きを開始し、引越しの2週間前には荷造りを開始するのが良いです。
特に一戸建てへの引越しとなると荷物が多いため、できるだけ早めに準備を開始しましょう。

さらに、引越し後も手続きや近隣住民への挨拶など、いろいろと忙しいので、あらかじめスケジュールを立てておくことをおすすめします。

2. 新築一戸建てへの引越しで必要な手続き!

新築一戸建てへの引越しでは、さまざまな手続きを行う必要があります。
引越し前・引越し後に行うべき手続きは違うので、事前に理解しておくことが大事です。

そこでここからは、新築一戸建てへの引越しで必要な手続きを解説していきます。

2-1. 現在の物件の解約手続き

新築一戸建ての入居日が決まったら、まずは物件の管理会社や家主に連絡して賃貸契約の解除をする必要があります。
多くのマンションや賃貸一軒家では、入居時に交わした契約書で賃貸期間を定めていることがあります。

一般的には、契約期限の1~2か月前には解約手続きをするように規定されている場合が多いですが、詳しくは契約書を確認しましょう。

また、契約によっては契約期間の途中で解約できない場合や、解約できても解約金を支払う必要がある場合もあるので、引越しが決まったらできるだけ早めに退去日の連絡をするようにしてください。

2-2. 役所で行う手続き

【異なる市区町村への引越し】

役所で手続きできるもの 手続きのタイミング目安
転出届の提出(住民税の手続き) 引越しの2週間前~
印鑑登録の廃止 引越しの2週間前~
国民健康保険の資格喪失届 引越しの2週間前~
転入届の提出 引越し後2週間以内
マイナンバーカードの住所変更 引越し後2週間以内
国民健康保険の加入 引越し後2週間以内
国民年金の住所変更 引越し後2週間以内
印鑑登録 引越し後できるだけ早めに

【同じ市区町村への引越し】

役所で手続きできるもの 手続きのタイミング目安
国民健康保険の資格喪失届 引越しの2週間前~
転居届 引越し後2週間以内
マイナンバーカードの住所変更 引越し後2週間以内
国民健康保険の住所変更 引越し後2週間以内
国民年金の住所変更 引越し後2週間以内
印鑑登録
※政令指定都市で同じ市区町村への転居する場合
引越し後できるだけ早めに

新築一戸建てに引越しをする場合、異なる市区町村に引越しをするなら転出届は必須です。
同じ市区町村で引越しをする場合は、転出届は不要で転居届を提出することになります。

また、国民健康保険の資格喪失届の提出や、印鑑登録の廃止手続きなども引越し前に行う必要があります。
それ以外にも国民年金や国民健康保険の加入手続きなどが必要なので、1回でまとめて手続きを済ませましょう!

ちなみに、印鑑登録に関しては、同じ市区町村での引越しでは、転居届を提出することで印鑑登録の住所を新住所に上書きしてもらえるため、あらためて印鑑登録をする必要はありません。

例外として政令指定都市では同じ市区町村への転居でも区が異なれば手続きが必要となる場合があるので、事前に規定を確認しておくと良いでしょう!

上記の手続きはすべて役所の窓口ですることができるので簡単です。

2-3. ライフライン関連の手続き

公共料金・ライフライン関連の手続き 手続きのタイミング目安
インターネットの移転・契約解除 引越しが決まったら早めに
電気・ガス・水道の使用停止・開始 引越しの1~2週間前
固定電話の引越し 引越しの2~3週間前
携帯電話・スマートフォンの住所変更 引越し前もしくは引越し後すぐ
郵便の住所変更 引越し前もしくは引越し後すぐ
NHKの住所変更手続き 引越しの1~2週間前

新築一戸建てに引越しをする場合、ライフラインの手続きも大切です。
まずは、現在契約しているインターネットや電気・ガス・水道などの解約・移転手続きをしっかりする必要があります。

これらの手続きは、サービス提供会社のサイト上か電話窓口で行うことができるので、引越しの1~2週間前には手続きをしておきましょう。また、引越し先ですぐに利用できるように、引越し先の申込みも早めにしておくと良いでしょう。

開始日時の指定もできるので、引越しの1~2週間前にはやっておくのがおすすめです。
また、それ以外にも郵便やNHKなどの手続きも忘れずに行うようにしてくださいね。

2-4. 自動車バイク関連の手続き

自動車・バイク関連の手続き 手続きのタイミング目安
原付自転車の廃車 引越しの2週間前~
運転免許証の住所変更 引越し後できるだけ早めに
自動車の住所変更 引越し後15日以内
原付自転車の住所変更 引越し後15日以内
車庫証明の住所変更 引越し後15日以内

新築一戸建てへの引越しでは、自動車やバイク関連の手続きも必要です。

運転免許証の住所変更は有名な手続きですが、それ以外にも自動車の住所変更や車庫証明の住所変更も忘れずに行う必要があります。

ちなみに、手続きに関しては手続き場所がそれぞれ異なるので注意が必要です。
続きの窓口に関しては、以下の通りとなっているので確認しておいてください。

自動車・バイク関連の手続き 手続き場所
原付自転車の廃車 役所の窓口
運転免許証の住所変更 運転免許更新センター
運転免許試験場
警察署
自動車の住所変更 地方運輸局
運輸局支局
自動車検査登録事務所
原付自転車の住所変更 役所の窓口
車庫証明の住所変更 車庫がある土地を管轄する警察署

2-5. 子どもの学校関連の手続き

学校・教育関連の手続き 手続きのタイミング目安
学校の転校手続き 引越しが決まり次第できるだけ早めに
児童手当の住所変更(引越し元) 引越しが決まり次第できるだけ早めに
学校の転入学届 引越し後すぐ
児童手当の住所変更(引越し先) 引越し後15日以内

家族にお子さんがいる場合には、子どもの学校関連の手続きも必要です。

引越し前には学校で転校手続きをできるだけ早めに行う必要がありますし、児童手当の住所変更もしなければいけません。
また、引越し前には転校先の学校に提出用の書類を、引越し前の学校からもらっておきましょう。

基本的には引越し前の学校での手続きと、役所での手続きになるのでそこまで難しくはありません。
不備がないことを確認しつつ、早めに手続きをしておきましょう!

2-6. その他の手続き

その他の手続き 手続きのタイミング目安
粗大ごみの処分申込 引越しの1か月前~
保険関連の契約変更 引越しの1か月前~
パスポートの住所変更 場合による
ペットの登録事項変更 引越し後すぐに
(新しく飼育する場合は飼育日から30日以内)
クレジットカードの住所変更 引越し後早めに
銀行口座の住所変更 引越し後早めに
各種登録サイトの住所変更 引越し後早めに

新築一戸建てへの引越しでは、クレジットカードや銀行口座など、さまざまな手続きをする必要があります。

基本的には住所変更が中心で、手続き方法もサービス提供会社のサイト上でできることが多いです。
もちろん、銀行口座などは窓口で行うこともできます。

特にクレジットカードや銀行口座の住所変更はしておいた方が良いです。
住所を変更しておかないと、重要書類が新住所に届かないことにもなりかねないので注意しましょう!

ちなみに、引越しで必要な手続きの方法や必要書類に関しては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ、参考にしてくださいね。

【引越しの手続き全リスト】必要書類から手続きのタイミングまで解説!

3. 新築一戸建てへの引越しで必要な準備!

新築一戸建てに引越しをするときには、荷造りなどさまざまな準備が必要です。
特に一戸建てに引越しをする場合は、マンションに引越しをするときとは違い、インテリアや家具の配置決めも重要。

そこでここからは、新築一戸建てへの引越しで必要な準備を解説していきます。

3-1. 新築物件を考慮した荷造り

一戸建てに引越しをする場合、新築物件の間取りなどを踏まえたうえで荷造りをするのがおすすめです。
今現在ある荷物の量と新築物件の間取りなどを比較したうえで、荷物が多すぎるのであれば処分する必要があります。

特に家具・家電など大きな荷物に関しては、出入り口の関係で新築物件に運び込めない場合もありますよね。
事前にサイズを測ったうえで、どうしても搬入できないものは処分する必要があるでしょう。

また、荷造りに関しては、新築ということで荷解きをしやすいように段ボールに入っている品物名を書くなど工夫すると良いです。
ちなみに、不用品の処分や荷造りに関しては、以下の記事が参考になるのでぜひ、確認してみてください!

【引越し荷造り予定早見表!】これで引越し準備はバッチリ
引越しで出る【不用品の処分法6選!】処分費用相場と注意点も解説!

3-2. インテリアや家具の配置決め

新築一戸建てに引越しをするときには、あらかじめ家具や家電、インテリアなどの大型荷物の配置を決めておくことが大事です。

一戸建てへの引越しでは、新居に合わせてインテリアや家具などを買い替える方も多いですが、あらかじめ配置を決めておくことのメリットは大きく分けると2つあります。

1つ目は引越し時の搬入作業が楽になる点です。

引越しでは家具や家電などは引越し業者が運搬してくれますが、その時にどこに置くか配置を聞かれますよね。
あらかじめ配置を決めておくことでスムーズに作業を進めることができるのでおすすめです。

2つ目は荷解きが楽になる点です。

あらかじめ配置を決めておくことで、荷造り時にその配置に合わせて荷造りをすることができます。
洗面台・トイレ周り・キッチンなど、エリア別に荷造りをしておくと荷解きをするときに分かりやすいですよね!

特に一戸建てに引越しをする場合は、荷解きも大変なので、できるだけ楽にできるよう工夫が必要でしょう。

4. 新築一戸建てへ引越しするときのポイント!

新築一戸建てへ引越しするときには、部屋の整備や物の配置を考えることが大事です。
事前に考えているのといないのとでは、引越しの効率も変わります。

そこでここからは、新築一戸建てへ引越しをするときのポイントを解説していきます。

4-1. 部屋の整備をしっかりする

新築一戸建てに引越しをする場合、部屋の整備をしっかりとすることが大切です。
新築一戸建ては新築だからきれいだと思っている方も多いですが、実はほこりや虫の死骸などで床や天井が汚れていることもあります。

特に物件を建設するときには、どうしてもほこりっぽくなりますし、扉を開けているので虫なども入ってきやすいです。
そのため、引越し前に自力で掃除を行うかハウスクリーニングを依頼して掃除をしてもらった方が良いでしょう。

また、床のワックスがけや防カビ対策なども行っていない場合は、引越しまでにやっておくのがおすすめです。
床のワックスがけは必ず必要というわけではありませんが、床をきれいに保つという意味では役立ちます。

床のワックスはハウスクリーニング業者が担当する場合も多いので、掃除のついでにやっておくのも1つの手です。
ただし、ハウスクリーニング等の作業を行うのであれば引越し前に行うようにしましょう。

引越しの数日前にハウスクリーニングをしておけば、引越し後軽く掃除をするだけできれいになるはずです!

4-2. 新居の傷や物の配置などを確認する

新築とはいえ、場合によっては業者のミスで配置等が設計と異なっている場合もないとはいえません。
また、業者のミスで床や壁に傷がある可能性もあるので、引越したときに確認しておきましょう。

もし、傷などのミスを見つけたら写真などにとって証拠を押さえることが大事です。
証拠を押さえたら改めて業者に連絡して対応を求めましょう。

5. 新築一戸建てへの引越し費用と格安引越し法!

新築一戸建てへの引越しでは、できるだけ引越し費用を抑えたい方がほとんどでしょう。
引越しには何かと費用がかかりますし、家具・家電などを買い替えるからお金を節約したいという方もいるはずです。

そこでここからは、新築一戸建てへの引越し費用と格安引越し法を解説していきます。

5-1. 引越し業者を利用する場合

引越し業者を利用する場合、引越しの距離や荷物の量、作業人数によって費用が変わります。
一般的には以下のような費用相場となっているので、参考にしてみてください。

【人数別の引越し費用相場】

費用相場
単身引越し 約3~5万円
2人引越し 約7~10万円
4人引越し 約12~15万円

【距離別の引越し費用相場】

【移動距離】 単身 2人引越し 4人引越し
15㎞未満(市区町村内) 約3万~4万円 約6~8万円 約9~11万円
50㎞未満(都道府県内) 約4万円 約6~8万円 約9~11万円
200㎞未満(同一地方内) 約5万円 約7~10万円 約10~15万円
500㎞未満(近隣地方) 約5~7万円 約13~18万円 約17~20万円
500㎞以上(遠距離地方) 約6~8万円 約16~18万円 約20~23万円

引越し費用に関しては、繁忙期である3・4月は料金が割高になりやすいです。

また、繁忙期は一般的には通常時期の1.5倍程度の料金になることが多く、家族での引越しとなると数十万円かかることも少なくありません。

できるだけ安く引越しをするには、引越しの繁忙期を避けられる場合は避けるようにして、引越し業者の各プランの中から自分に合ったものを選択することが大事です。

5-2. 一括見積サイトで見積もりを複数取って比較

新築一戸建てへ引越しをするときは、一括見積サイトを利用して複数見積もりを比較することが大事です。1]rerty653w

1社だけで見積もりをしてしまうと、その業者の言い値で契約をしてしまいやすいので、複数見積もりをしてより安い業者を探すことが大切になります。

また、一括見積サイトは一回必要事項を記入するだけで複数の見積もりが取れるので、別々に見積もりを依頼するより楽で便利です。一方で、一括見積サイトを利用すると大量の迷惑電話・メールが来るという声も多くあります。

そんな中で、見積もりサイトを利用したいけど、迷惑電話・メールは嫌だという方は「100円引越しセンター」がおすすめです。
100円引越しセンターなら、利用者に合う1社のみの見積もりなので、非常に対応が楽です。

そこでここからは、100円引越しセンターの魅力を詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

5-3. 格安で引越しをするなら【100円引越しセンター】

格安で新築一戸建てへ引越しをする場合、100円引越しセンターがおすすめです。
100円引越しセンターなら、新築一戸建てへの引越しでも最安値100円で引越しができます。

また、引越し費用が100円になる条件もかなり優しく、比較的簡単に100円引越しができるんです。

【単身の引越し】

  1. ①2tショート車1台に積載できる量
  2. ②引越し距離~50km
  3. ③新生活に必要なアイテムの契約

【ファミリーの引越し】

  1. ①2tロング車1台に積載できる量
  2. ②引越し距離~20km
  3. ③新生活に必要なアイテムの契約

一戸建てへ引越しをする方には家族で引越しをする方が多いと思いますが、この積載量の条件なら十分運搬可能です。
また、引越し距離に関しても短距離引越しであれば十分条件を満たせますよね。

ただ、中には積載量や引越し距離をオーバーしてしまう方もいるかもしれません、、、

そんな方でも大丈夫です。
100円引越しセンターなら、積載量や引越し距離が規定をオーバーしたとしても、基本料金100円+オーバーした分の追加料金を払うだけで引越しができるのでかなり格安です!

ちなみに、アイテムの契約に関しても、新居で便利な以下のアイテムから1つを契約するだけです。

  • A. 「インターネット(光回線)」 
  • B. 「モバイルWi-Fiルーター」 
  • C. 「SoftBank携帯乗り換えor新規」

インターネット回線やモバイルWi-Fiルーターなどは、新居でも便利なこともあって、契約する方も多くいらっしゃいます。
また、100円引越しセンターではアイテムの契約に関しても、契約しなくても格安で引越しができるので、幅広い方におすすめの見積サイトです。

新築一戸建てへの引越しで、不用品処分なども依頼したいのですができますか?

はい。100円引越しセンターなら不用品の引き取り(有料)も行っています。

また、一戸建てへの引越しということで、二か所立ち寄りにも対応しているのでおすすめです。

それはありがたいですね。ぜひ、お問合せしたいと思います。

このように、100円引越しセンターでは、最安値100円で引越しが可能なだけではなく、条件を満たせなくても格安で引越しができるという魅力があります。

また、それ以外にも迷惑電話やメールがない点もメリットです。
利用者に合った1社のみの見積もりなので、電話やメールが大量にくることがありません。

見積もりも無料なので、ぜひお気軽にお問合せください!

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

6. 新築一戸建てへ引越しするときの挨拶マナー

新築一戸建てへ引越しをするときに、挨拶マナーを気にする方は多くいます。
マンションへの引越しでは挨拶をしない方も増えていますが、一戸建ての場合はまだ挨拶をする方も多いです。

そこでここからは、新築一戸建てへ引越しをするときのマナーを解説していきます。

6-1. 新築一戸建てへの引越しでは挨拶はする?

新築一戸建てへ引越しをするときは、基本的には近隣住民に挨拶をした方が良いです。

マンションへの引越しの場合は挨拶を控える方も増えていますが、一戸建ての場合はこれから付き合いが長くなる可能性もあるし、地域の集会などがある場合もあるのでしっかり挨拶をしておきましょう。

ちなみに、挨拶は両隣と向かいの3軒に挨拶をするのが一般的です。

また、一戸建ての場合は建設開始時にも近隣住民に挨拶に行くと好印象です。
無理に挨拶に行く必要はありませんが、一言「これから建設が始まるのでご迷惑をかけるかもしれません。」と伝えておくだけで印象が違います。

引越し時には近隣住民との関係性も考えて、しっかり挨拶をするようにしてくださいね!

6-2. 挨拶へ行くときは粗品を持参するのが一般的

新築一戸建てへ引越しをして挨拶にいくときは、粗品を持参するのが一般的です。

粗品は生ものや賞味期限が短いものは避けるようにし、石鹸やタオル、お菓子など貰っても困らないものを渡すと良いでしょう。
また、予算は1,000円以内が一般的で、渡すときは袋にいれて渡すようにしてください。

もし家主が不在である場合は日時を変えて改めて挨拶をするのが基本です。
近隣住民と有効な関係を築くためにも、引越し後の挨拶はしっかりしておきましょう!

8. まとめ

新築一戸建てへ引越しをするときには、引越しに伴う手続きや荷造りなどの準備、引越し後には挨拶回りなど、やるべきことがたくさんあります。

また、現在住んでいる物件の退去手続きやライフラインの解約手続きなどは忘れることが少ないです。
逆に、自動車やバイクの住所変更やクレジットカード等の契約内容変更などについては、忘れることも少なくありません。

引越し前に行うべき手続きを忘れてしまうと、引越し元の役所などに出向く必要が出てくるので注意が必要でしょう。
さらに、一戸建てへ引越しをする場合は、引越し後に快適に住めるようにハウスクリーニングなどもやっておくのもおすすめです。

このように、新築一戸建てに引越しをするのは大変なので、できるだけ早めに準備を開始するようにしましょう!

ちなみに、格安で引越しを行うなら100円引越しセンターがおすすめです。
是非お気軽にお問合せください!

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ