おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越し当日にやる事

引越し当日に発生した粗大ゴミの処分はどうしたらいいの?

引越しのとき、粗大ゴミは最も厄介なもの。
基本的に引越しの前には処分しますが、引越し当日になって「これも処分しとけば良かった~」なんてこともありますよね。

そんな、引越し当日になって発生した粗大ゴミの処分はどうしたらいいのか?
今住んでいる家にそのまま置いていくわけにもいかないし、知らないとアタフタ慌ててしまいがち。

ということで今回は、一般的な粗大ゴミの処分方法と、引越し当日に発生した粗大ゴミはどのように処分したらいいのかご紹介いたします。

引越し当日になって発生した粗大ゴミの処分はどうしたらいい?

1.粗大ゴミの処分方法は主に4種類

引越しの荷造りを始めると、出るわ出るわという感じで、ゴミが想定していたよりも出てきてしまうものです。
その発生したゴミは、正しい方法で処分しないといけませんよね。
ゴミは、基本的に種類ごと処分していきますが、

  • 可燃ゴミ:生ゴミ、紙くず、一部のプラスチック製品など
  • 不燃ゴミ:金属製品、ガラス、陶磁器、缶、小型家電など
  • 資源ゴミ:古紙、缶、発泡スチロール、ペットボトルのキャップなど
  • 粗大ゴミ:家具、家電など

と、大きく4つに区分できます。
「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」「資源ゴミ」は、自治体が回収しているので、ルールに従って収集場所に出します。
その際、ゴミ袋を一度に出すと路上や集積所に溢れてしまい、近隣に迷惑になるので、収集日に何度か小分けにして出すなどの配慮は必要ですね。

この3つのゴミの処分は問題ないですが、厄介なのは「粗大ゴミ」です。
その粗大ゴミの処分方法は、

  • 自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用する
  • リサイクルショップに売る
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 引越し業者の回収サービスを利用する

と、主に4種類の方法があります。
その他にも、友人や近所の方に要るなら譲ったり、最近では状態にもよりますが、ネットオークションに出品するという方法もあります。

どの方法でも問題ありませんが、計画を立てて引越しの前には処分しておきたいですね。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

2.引越し当日に発生した粗大ゴミの処分方法とは?

皆さまも、当然正しい方法でゴミの処分はしているはずですよね。
しかし、引越しの当日になって想定していなかったゴミが発生することはよくある話。また、一般的に引越しは土日に行う方が多いので、ゴミの回収が行われていない可能性も考えられます。

そこで、引越し当日に発生してしまった、粗大ゴミを含めたゴミの処分はどうしたらいいのか?

生活ゴミの処分方法

引越し当日に生ゴミなどの生活ゴミは、どうしても出てしまうものです。
そのまま置いていける訳でもないし、また、引越し業者も生活ゴミの処分までは請け負ってくれません。

そんなときは、親しい友人や近くに住んでいる親戚、日ごろから付き合いがあるご近所などに、捨ててもらえないか引越し前にお願いするのも一つの手です。ただし、あくまでも相手に甘える行為なので、手土産などを持って丁寧にお願いしましょうね。

または、車を保有している方なら、車に乗せられる量のゴミならば、最寄りのゴミ処理場に持っていく方法もあります。
自治体によって料金は異なりますが、生活ゴミ程度なら10キロ/300円前後で捨てられます。

粗大ゴミの処分方法

粗大ゴミは、ある程度処分していても引越し当日になって発生してしまうことがあります。
その処分は以下の方法がおすすめです。

引越し業者の不用品回収サービスを利用する

準備の段階で想定していなかった粗大ゴミが発生して場合は、粗大ゴミが出ると分かった時点で引越し業者に相談してみましょう。
不用品回収サービスを行っている主な引越し業者をご紹介しておくと、

  • 日本通運:粗大ゴミなどは委任状を出して有料で不用品の引き取りをしてくれます。
  • ハート引越センター:無料で家具や家電、パソコンや食器類などを回収してくれます。
  • サカイ引越センター:不用品処分を有料で引き取ってくれますが、以下のものは不可。
    生ゴミ類/仏壇・仏具/金庫/コピー機/パソコン/危険物、注射針、薬品類/土砂、木材、コンクリートブロック

など、引越しで発生した不用品の回収サービスを行っている業者も多いため、当日でも対応可能かどうか確認しておくと安心です。

どうしても引越し当日になってからもゴミは発生してしまうもの

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は、即日対応してくれるので融通は利きますが、料金が割高。
依頼すると、回収業者が養生をおこなった上で搬出してくれるので、建物に傷がつく心配もなく、重たい荷物でも運んでくれます。

基本的に依頼すれば即日回収してもらえますが、料金体系が回収業者によって異なるので、料金の確認だけはしておきましょう。
また、いわゆる悪徳回収業者というのも存在しているので、一般廃棄物収集運搬許可を持っている業者を選ぶのも大切です。

このように、引越し当日に粗大ゴミが発生した場合は、引越し業者または、回収業者に依頼する方法が確実です。

ちなみに、「エアコン」、「テレビ」、「冷蔵庫」、「洗濯機」の4品目は有料(回収運搬料、リサイクル料)で小売店に引き取ってもらう制度が義務化されています。処分する家電を購入したお店か、もしくは新しく買い替えをするお店に引き取りを依頼しましょう。

引越し先に持って行く

ここまでは、処分する方法をご紹介しましたが、引越し先に持って行っていくのに抵抗がなければ、この方法が最も簡単な方法です。引越しした後であれば、リサイクルショップに持ち込んだり、ネットオークションに出品したり、色々な方法で処分できます。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

3.まとめ

今回は、引越しで発生する粗大ゴミを含めた全般のゴミの処分方法のご紹介でした。
理想を言えば、引越しの前日までには、全ての処分を終わらせておくこと。とはいっても、引越し当日になってからゴミは発生してしまうものです。

基本的に、引越し先に持って行った後で処分する方法がベストですが、生ゴミなどの生活ゴミは持って行きたくありませんよね。
その際は、友人や隣人に丁寧にお願いして生活ゴミを捨ててもらう方法が最も安心です。

粗大ゴミはそういう訳にもいかないので、引越し業者か不用品回収業者に依頼した方が良いでしょう。

方法は色々とあるので、引越し当日になってゴミの処分でアタフタしないようにしたいですね。

引越し業者をお探しなら、まずは100円引越センターへお問合せください。特典サービスの中からひとつをお申込みいただければ引越し料金が100円になります! 他の引越し一括見積もりサイトのように、たくさんの引っ越し会社から電話がかかってくることはありません!

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ