おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

単身引越し

単身引越しのダンボール枚数の目安ってどれくらい?

引越しの荷造りに必要なものといえば「ダンボール」。なければ荷造りができない重要な存在ですよね。
そこで突然ですが、単身引越しのとき、ダンボールの枚数がどれくらい必要になるのか目安はご存知ですか?

単身引越しのダンボール枚数の目安ってどれくらい?
単身引越しする方は、単身パックを利用しますよね。
その単身パックを利用する場合、引越し業者からダンボールが支給されないため、自分で用意して荷造りする必要があります。

そのため、必要なダンボール枚数の目安は認識しておく必要があるのです。

そこで今回は、単身引越しで必要なダンボール枚数の目安をご紹介いたします。

1.単身引越しで必要なダンボール枚数の目安とは?

ダンボールを自分で用意するにも、どれくらい枚数を用意すれば良いのか?

もちろん人それぞれですが、単身引越しでのダンボールの平均使用枚数は、10枚~15枚
また、男性は平均よりも少ないケースはあるものの、女性の場合は逆に多くなる傾向があります。

あくまで平均なので、ご自分の部屋を見渡して、ある程度必要な枚数は予想して、ダンボールを調達していきましょう。
さらに、用意して足らないのが一番厄介なので、多めに用意しておくのもポイントですね。

そこで、気になる調達方法です。まず、購入する方は、

  • インターネット通販:1,000円~3,000円
  • ホームセンター:2,000円~3,000円

と、高くても3,000円で10枚は用意できます。
また、無料で調達する場合は、

  • スーパー
  • コンビニ
  • 家電量販店
  • ドラッグストア

他にも、ホームセンターやカーショップなどのお店が近くにあれば、貰えないかお願いしてみましょう。
その際のポイントとして、許可は必ず得ることと、サイズをできるだけ統一させることが大切。理由は簡単、積みにくいからです。

以上のように、購入・無料でも構わないので、ダンボールは最低10枚以上を目安に用意しておくようにしましょう。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

2.ダンボール枚数は住んでいる間取りで異なる!

引越しで必要なダンボール枚数は住んでいる間取りで異なる!
一人暮らしといっても、必ずワンルームタイプの部屋に住んでいるとは限りません。
人によっては1LDK、2DKなどの部屋に住んでいる方。その際、部屋数が増えれば、必要なダンボールの枚数も当然増えますよね。

ワンルームタイプでは、10枚~15枚のダンボールが必要になりますが、間取りが変われば以下の枚数が目安になります。

1DK:20~30枚
1LDK~2DK:40~60枚
2LDK~3DK:50~80枚

ただし、1DK以上では、単身パックでは荷物がコンテナBOXに収まらないので、単身プランを利用するようになります。

その単身プランでは、ダンボールは引越し業者から支給されます。
訪問見積もりも依頼できるので、ダンボールの必要枚数は用意してもらえるはずです。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

3.まとめ

単身引越しに必要なダンボールの目安は、10枚~15枚です。
ただし、先程も説明しましたが、あくまで目安なので、調達できるのであれば20枚程度は用意しておきたいですね。

基本は、単身パックを利用する方が、自分でダンボールを用意する必要があります。
その他のプランを利用する場合は、引越し業者からダンボールが支給されるので、訪問見積もりの際に相談してみましょう。

引越し業者をお探しなら、まずは100円引越センターへお問合せください。特典サービスの中からひとつをお申込みいただければ引越し料金が100円になります! 他の引越し一括見積もりサイトのように、たくさんの引っ越し会社から電話がかかってくることはありません!

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ