急ぎで単身引越し!対応してくれる引越し業者の探し方|100円引越しセンター

おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

単身引越し

急ぎで単身引越し!対応してくれる引越し業者の探し方

来週から、◯◯支店に転勤の辞令がでて、急ぎで引越ししなければならない!
など、社会生活の中で稀にありますよね。

急ぎで単身引越し!対応してくれる引越し業者の探し方
そんなとき、まずは急ぎで単身引越しに対応してくれる引越し業者を探すことが先決。とはいっても、対応してくれるかどうかも不安になるものです。

基本的に、引越し業者では急遽の引越しでも対応してくれますが、実際はトラックの空き次第
また、引越し業界の繁忙期(3月~4月)は予定が詰まっているので難しいケースもあります。

そこで今回は、急ぎの単身引越しに対応してくれる引越し業者の探し方をご紹介いたします。

1.急ぎで単身引越ししてくれる引越し業者の探し方

急ぎで単身引越ししてくれる引越し業者の探し方

冒頭でも少し触れましたが、急ぎの単身引越しでも、引越し業者のトラックやスケジュールが空いていれば、基本的に対応してくれます。

急ぎなら、すぐにでも引越し業者を探す必要がありますが、「一括見積もりサイト」の利用をおすすめします。
有名な見積サイトで検索して、急ぎの単身引越しを依頼するにも、ある程度の料金比較は必要です。

そこで、目ぼしい引越し業者が見つかったら、必ず電話で問い合わせるようにしましょう。
急いでいるなら電話での問い合わせが重要。とにかく、電話で引越し業者に相談してみることが大切です。

また、一括見積もりサイトで見つからなければ、トラックを多く保有している大手引越し業者に、直接電話して問い合せましょう。
急ぎでも対応している引越し業者の一部ですが、

  • アート引越センター:0120-0123-33
  • サカイ引越センター:0120-00-1141
  • アリさんマークの引越社:0120-77-2626

など、対応してくれる可能性は高くなります。

引越しプランは「おまかせプラン」、「ハーフプラン」がおすすめ!

対応してくれる引越し業者が見つかったら、当然見積もりをしてもらいます。
その際、基本プランではなく、「おまかせフルプラン」や「ハーフプラン」がおすすめです。

基本的に大半の引越し業者では、呼び名はそれぞれ異なりますが、

  • 基本プラン:荷造り・荷解きはすべて依頼者で行う
  • おまかせ、フルパック:荷造り・荷解きをすべて引越し業者が行う
  • ハーフプラン:荷造りは引越し業者、荷解きは依頼者が行う
  • という3つのプランを用意しています。

単身引越しと言っても、急ぎでは荷造りする時間が限られますね。
そこで、料金は高くなってしまいますが、ハーフプランを利用すれば荷造りだけは引越し業者がしてくれます。
費用に余裕がある方は、おまかせ・フルパックを利用すれば、自分は何もすることはありません。

安いからといって、基本プランにすると荷造りはすべて自分でする必要があるので、問い合わせ時に料金などは確認しておきましょう。

このように、急ぎの単身引越しでも対応してくれる引越し業者は探せば見つかるので、慌てないようにしたいですね。
ただし、繁忙期(3月~4月)は、引越し業者の予定が詰まっているケースが多いのは事実です。

2.急ぎでも忘れてはならない手続き

急ぎの引越しでも忘れてはならない手続き
急ぎの引越しでも、冷静になってやっておくべき手続きはしておきたいですよね。
慌てて忘れると、後々面倒なことになるので、引越し業者と合わせて早急に対応しましょう。

まずは退去連絡!

退去の申し込みは、賃貸契約書に記載されている期限内に連絡する必要があります。
退去の1ヶ月前となっている物件は多いのですが、事情をしっかり説明して解約手続きを進めていきます。
その際、退去立ち合いが必要になるので、日程などの確認・調整はしておきましょう。

役所の手続きは1回で済ませる!

役所に出向く前にやるべき手続きをまとめて書き出しておいて、1度の訪問で済ませるようにしたいですね。
主に、転出届、印鑑登録、健康保険証など、該当する手続きが必要になります。
また、引越し先では、転入届が14日以内の提出が定められているので、忘れないようにしましょう。

電気・水道・ガスの手続きは電話1本!

電気・水道・ガスといった公共料金の手続きは電話一本で済みます。
それぞれ、お客さま番号などの情報が必要になるので、領収書や検針票は用意しておきましょう。

またガスの場合、新居で使用を開始するにはガス会社の立ち合いが必要になるので、解約時に合わせて新居のガス会社にも開栓立会いの予約もしておきます。

郵便局の転送手続きも忘れずに!

最寄りの郵便局に「転居届」を提出するだけ。1年間無料で郵便物が新居に転送されます。
他にも、インターネットの「e転居」でも申し込みができます。

その他にも、銀行、生命保険、クレジットカード、携帯電話など、住所変更手続きが必要になるので、引越しの後忘れないように手続きしておきましょう。

3.まとめ

急ぎで引越し、そんな緊急事態では、基本的に引越し業者のスケジュールが空いていれば対応してくれます。
問い合せるときには、必ず電話でしましょう。

その際、少量割高にはなりますが、荷造りをしてくれるハーフプランはおすすめです。荷造りのみ、引越し業者がしてくれます。
本来は、余裕を持って臨みたい引越しですが、急ぎの引越しでも慌てずに手続きなどは済ませましょう。

引越し業者をお探しなら、まずは100円引越センターへお問合せください。特典サービスの中からひとつをお申込みいただければ引越し料金が100円になります! 他の引越し一括見積もりサイトのように、たくさんの引っ越し会社から電話がかかってくることはありません!

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ