おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

単身引越し

小さな(少量)引越しを格安でできる3つのタイプ紹介!

小さな引越しは少量の荷物で引っ越したい人を対象にしたサービスです。

業者によって名称も異なり、また引越し業者だけが提供しているわけではなく、運送業・宅配業のサービスも引越しに対応しています。

少量の荷物でも高額な引越し料金がかかるケースもあり、プラン選びの重要性がわかるでしょう。

少ない荷物だからこそ引越し費用を抑えたいと思いますよね?

ご提案する引越しプランは大きく分けて3つ。

  • ・単身パック
  • ・ミニ引越し
  • ・宅配便

各プランごとに複数の業者を紹介しています。

私は100円引越しセンターの「トクダ」と申します。
見積もりとお客様対応がメイン業務です。

少量の荷物で引越しをされる単身のお客様からのご依頼は多く、100円で引越しができてよかったとご満足いただいています。

少しでも安く引越しができるよう、荷物の量に合った最適な引越しプランをご紹介します。

1.小さな引越し!少量の荷物ってどれくらい?

引越しには大きな引越しから小さな引越しまで、さまざまなタイプがあります。
家電1つ運ぶのも立派な引越しです。

小さい、少量という表現は人によって感覚が違うため、同じものを見ても捉え方が異なってしまいます。
ダンボール5個を見て「これだけ?」と思う人もいれば「こんなに?」と思う人もいるというわけです。

なので、引越しのプランを決める前に自分の荷物がどれくらいなのか把握する必要があります。
一番確実なのは運ぶ荷物をすべてリスト化してしまうことです。

たとえば

  • ・冷蔵庫2ドア (137L)外寸 幅48cm 奥行60cm 高さ112.5cm
  • ・洗濯機 4.5kg 上開き 幅52.6cm 奥行50cm 高さ88.8cm
  • ・テレビ32型 幅73.3cm 奥行16.9cm 高さ48.4cm
  • ・電子レンジ  ・布団一式  ・座イス  ・衣装ケース2個  ・ダンボールMサイズ(120)8個

~など、実際に書き出してみましょう。

頭の中で整理しながら荷物を書き出し、物によってはサイズを測って書いておきます。

単身パックなどコンテナボックスを使用して荷物を運ぶ引越しでは、各引越し業者のコンテナボックスサイズが異なるため、サイズを控えておくと確認しやすいです。

2.小さな引越しは大きく分けて3タイプ

荷物が少量の引越しは通常の引越しと比べて引越し料金は安くなります。

しかし引越しタイプの選択を間違えてしまうと割高になってしまう可能性もあるので、慎重に引越しタイプを選んでください。
とは言っても選び方を知らなければ最適な引越しタイプにたどり着くことはできません。

小さな引越しを3つのタイプに分けて特徴を見ていきましょう。

2-1.引越し単身パック

荷物の少ない単身者向けの引越しが「単身パック」です。

ちなみに単身パックというのは日通の登録商標なので、他の業者は微妙に名称を変えて提供しています。
サービスの内容はどの業者もほぼ同じで、コンテナボックスに積める分だけの荷物を積んで運んでもらうスタイルです。

各社コンテナボックスのサイズは異なりますが、日通の単身パックSもしくはLサイズに似たりよったりのサイズです。

日通とヤマトホームコンビニエンスを比較してみるとわかりますが、日通のLとヤマトホームコンビニエンスのコンテナサイズはだいたい同じ。

しかし料金には3,000円の差があり、日通のSサイズと比較してもヤマトホームコンビニエンスの方が安いという結果です。

単身者向けコンテナボックスを提供している主要3社を比較してみましょう。
※SGムービングは佐川急便の引越しサービス部門です。

【日通】の単身パック:荷物量・料金目安

コンテナボックスサイズ(内寸) 【Sサイズ】
横幅108cm×奥行き74cm×高さ155cm
【Lサイズ】
横幅108cm×奥行き104cm×高さ175cm
料金 18,000円(税抜)~ 20,000円(税抜)~
荷物量
  • ・冷蔵庫(2ドア)
  • ・薄型テレビ(20インチ)
  • ・テレビ台(小)
  • ・電子レンジ
  • ・掃除機
  • ・カラーボックス(3段)
  • ・姿見
  • ・布団
  • ・日通ダンボールM
    (540×340×320mm)4個
  • ・冷蔵庫(2ドア)
  • ・薄型テレビ(20インチ)
  • ・テレビ台(小)
  • ・電子レンジ
  • ・掃除機
  • ・カラーボックス(3段)
  • ・姿見
  • ・布団
  • ・洗濯機(4kg)
  • ・掃除機
  • ・衣装ケース(39×53×23cm)
  • ・日通ダンボールM
    (540×340×320mm)5個
割引
  • ■WEB割引:PC・タブレット・スマホからの申込みで2,000円(税抜)割引
  • ■複数ボックス割引:2ボックス以上で1ボックスにつき1,000円(税抜)割引
  • ■開始時間おまかせ割引:1ボックスにつき1,000円(税抜)割引
割増 夜間配達や土・日・祝日、繁忙期は割増料金の設定があります。
1ボックスにつき2,000円(税抜)~5,000円(税抜)

参照:日通

【ヤマトホームコンビニエンス】わたしの引越:荷物量・料金目安

コンテナボックスサイズ(内寸) 横幅104cm×奥行き104cm×高さ170cm
料金 同一市区内:17,000円(税抜)~
※専用ボックス2本まで利用可
荷物量 【専用ボックス1本】

  • ・衣装ケース3個
  • ・布団
  • ・カラーボックス
  • ・ダンボール15個
【専用ボックス2本】

  • ・冷蔵庫
  • ・電子レンジ
  • ・洗濯機
  • ・テレビ
  • ・掃除機
  • ・ローテーブル
  • ・テレビ台
  • ・整理ダンス
  • ・衣装ケース5個
  • ・カラーBOX
  • ・布団
  • ・ダンボール15個
割引 ※リニューアルに伴い割引サービスはなくなりました
割増 夜間配達や土・日・祝日、繁忙期は割増料金の設定があります。
1ボックスにつき2,000円(税抜)~5,000円(税抜)

参照:ヤマトホームコンビニエンス

佐川急便【SGムービング】カーゴプラン:荷物量・料金目安

コンテナボックスサイズ(内寸) 横幅104cm×奥行74.5cm×高さ145cm
料金 同一市区内:21,000円(税抜)~
荷物量
  • ・テレビ
  • ・掃除機
  • ・冷蔵庫
  • ・テーブル
  • ・カラーBOX
  • ・ダンボール5個
割引
割増

参照:佐川急便

日通・ヤマトホームコンビニエンス・佐川急便3社の距離的な料金を比較してみましょう。

【日通・ヤマト・佐川 単身引越し料金】 ※距離別参考 (税抜)

日通 
単身パックS
日通 
単身パック L
ヤマトホーム
コンビニエンス
SGムービング
カーゴプラン
同一市区内 18,000円 20,000円 17,000円 21,000円
東京-名古屋(350km) 24,000円 28,000円 26,000円 27,000円
東京-大阪(500km) 26,000円 31,000円 28,000円 29,000円
東京-福岡(1,000km) 35,000円 43,000円 36,000円 37,000円

3社を比較してみるとSGムービングの「カーゴプラン」はコンテナボックスも小さめなわりに少し高い印象です。
日通、ヤマトホームコンビニエンスを優先するのが現実的かもしれません。

2-1-1.【日通 単身パック積んでみる1.5㎥(リューベイ)】

日通の単身パック積んでみる1.5㎥(リューベイ)は、最低限の荷物を運ぶために生まれたプランです。
小さな引越しに適したサービス内容なので、選択肢の一つとして検討してもよいでしょう。

荷物は下記の写真のように「幅1m×奥行1m×高さ1.5m」に積み上げておきます。
この状態になっていないと集荷してもらえません。

規定のスペースに収まっている家具・家電は日通スタッフが梱包してくれます。
運搬料金は同一都道府県17,000円(税別)~が最低料金。

福岡集荷→札幌59,000円(税別)が最高額です。
夜間・土日祝日・引越し繁忙期は割増料金があります。


出典:日通

2-2.ミニ引越し

ミニ引越しプランは各引越し業者により多少異なるサービス内容となります。

アリさんマークの引越社のように、宅急便や単身パックなどで対応可能な荷物量をあえてミニ引越しプランとして提供しているものもあれば、通常の引越しのミニバージョンのようなプランを提供している引越し業者もあるのです。

下記はアリさんマークの引越社がミニ引越しとして提供している3つのプランです。

アリさんマークの引越社 料金は要問合せ 超ミニ引越しプラン ダンボール10個まで
特ミニ引越しプラン ダンボール15個と小型テレビ、小型衣装ケース
ミニ引越しプラン タタミ3畳分ほどの荷物に対応

距離制限が設けられており、同一市区内の5km以内が対応可能範囲のため、近距離のみということですね。

2-2-1. 小さな引越しなら「赤帽」もおすすめ!

ミニ引越しの分類には入らないかもしれませんが、あえてこちらで紹介します。

赤帽は軽貨物運送の個人事業主で成り立っている運送屋さんです。
個人の引越しでは大活躍している業者といえます。

引越し専門とは異なるため、養生など気になる方には不向きかもしれません。
基本、ドライバーが1人で荷物を搬出・搬入するので大きな荷物などは必然的に手伝うことになるでしょう。
多くを期待せず、安い引越しを希望する人には向いています。

  • ・最大積載量350kg
  • ・作業時間2時間以内
  • ・走行距離20km以内

福岡県を除く46都道府県は13,750円で引越しできます。

ちなみに福岡県は、作業時間を2時間30分として15,000円の料金となっています。
ドライバーは1名・土日祝日は2割増という共通事項あり。

2-2-2. 小さな引越しも100円引越しセンターがお得!

単身・近距離に特に強みがある100円引越しセンターは、当然ながら小さな引越しも得意です。

100円引越しの条件をクリアできれば、どこよりも激安価格で引越しが可能となります!
条件クリアならずとも格安料金で引越し業者のご案内ができるので、どちらにしても「損なし」です。

そんな100円引越しセンターは、以前、読売テレビ「ZIP」のコーナー「おしえて辛坊さん」で取り上げられました。

100円で引越しするための条件は下記の3つです。

【単身の引越し】

  1. ①2tショート車に積載できる量
  2. ②引越し距離~50km
  3. ③新生活に必要なアイテムの契約

③の選べるアイテム

  • A. 「インターネット(光回線)」 
  • B. 「モバイルWi-Fiルーター」 
  • C. 「SoftBank携帯乗り換えor新規」

①と②をクリアし、③のA~Cどれか1つの契約で引越しが100円になります。

小さな引越しで一人暮らしをはじめる方には、最適なプランです。
新居となる引越し先のネット環境を整えつつ、引越しも100円でできてしまうチャンス!
タイミングがバッチリあった人には最高のお得感を実感してもらえます。

100円引越しセンターの「100円になる仕組み」は?

新生活に必要なアイテムをお申し込みいただくことで、100円引越しセンターに手数料が入ります。
その手数料を引越し業者の料金に充てるので、100円で引越しが可能になるのです。

さらに、100円の条件に該当しない引越しでも、特別提携業者により格安引越しを可能にしています。
まずはお気軽に100円引越しセンターまでお問い合わせください。
当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

2-3. 宅配便

小さな引越しの中でも特に荷物が少ない場合は、宅配便を利用した方が安くすむ傾向です。
ダンボールだけというケースなら宅配便は有力候補ではないでしょうか。

ただしダンボールのサイズや重量を計算し、伝票を貼るなど一手間はかかります。
あくまでも宅急便ですから搬入・搬出という認識ではなく、配達員のサービス心次第となるでしょう。

2-3-1. ヤマトホームコンビニエンスの「家財宅急便」の料金は?

ヤマトホームコンビニエンスの「家財宅急便」は大型の荷物も運べる便利なサービスです。
配達先により料金は異なりますが、下記は県内の配達目安料金となります。
実際に預かり先と届け先の地域を県内距離(府内)として入力し、算出したものですので参考にしてください。

【県内配達目安料金】ヤマトホームコンビニエンス「家財宅急便料金」※(例)大阪府→大阪府


出典:ヤマトホームコンビニエンス

大型の荷物が運べるのは助かりますが、料金はそれなりに高いです。

1点のみの搬送なら利用価値はあるのかもしれませんが、他に運ぶ荷物がある場合は、全体の荷物をまとめて運ぶことを考えた方がよいかもしれません。

コンテナボックスを使用した単身パック+家財宅急便という利用方法などが考えられます。
コンテナに収まらない荷物、たとえばシングルベッドや自転車などを家財宅急便として運ぶという方法です。

例として

  • ・ヤマトホームコンビニエンスのコンテナボックス1本利用
  • ・同一市内 大阪→大阪に発送
  • ・平日集荷

同一市内17,000円(税別)+自転車(26インチ)15,050円(税抜)=32,050円+税  計35,255円

ヤマトホームコンビニエンスの各料金表を参考に計算した結果、概算ですがこのような金額になりました。

いかがでしょう?
ほかのまとめて運べるプランを利用した方が手間も料金もかからず引越しが可能となるかもしれません。
検討の余地ありでしょう。

2-3-2. 宅急便の料金は?ゆうパックとヤマトを比較

ダンボールだけの引越しなら「ゆうパック」や「ヤマト」の利用がお得です。
引越し料金と比べたら格安で送れる点は魅力でしょう。
ただしサイズを計測したり、持ち込んだりする手間はかかります。

集荷サービスを利用することも可能です。

ヤマトの場合は1個につき100円の持ち込み割引は適用外となるため、複数の荷物がある場合は安さor利便性を選択せざるを得ません。

しかし2個以上を同時に同じ場所へ送れば、複数口減額制度は適用になるので、こちらは1個につき100円割引きされます。

【東京→大阪】

120サイズ(三辺合計)25kg以下 170サイズ(三辺合計)25kg超30kg以下
ゆうパック 複数口割引-60円×10個 16,300円
1個あたり1,630円
重量ゆうパックの利用 1個3,040円

参照:日本郵便
利用できるサイズは三辺合計170cmが最大になります。
重さは基本25kg以下。
25kgを超え30kg以下なら+510円または+520円で「重量ゆうパック」の利用が可能。

【東京→大阪】

120サイズ(三辺合計)15kg以下 160サイズ(三辺合計)25kg以下
ヤマト運輸 キャッシュレス×10個 17,160円
(1個あたり1,716円) 
現金×10個 17,200円
(1個あたり1,720円)
1個
キャッシュレス2,178円 現金2,180円
160サイズを超える荷物は、ヤマト便の利用可

参照:ヤマト運輸

ゆうパックとヤマトの宅急便料金はサイズや重量を踏まえて考慮した場合、大きな価格差がないので利用しやすい方を選択するとよいでしょう。

さらに、大きくて重い荷物を運びたい。
宅急便では無理なの?という話しです。
これは・・・ヤマト運輸の「ヤマト便」を利用すれば可能です。

ヤマト便は通常の宅急便で送れない大きな荷物を送ることができるサービス!
しかも荷物をまとめて出すことで料金が格安になるのも魅力です。

ダンボールで3個以上、個数が多くなればなるほど安くなるのが特長といえます。
逆に3個以下では割高になってしまうのでご注意ください。

ヤマト便は、宅急便のサイズが

(縦・横・高さの合計が160cm以内、重さ25kg)これを超える荷物に対応しています。

  • ・荷物1個の重さは30kgまで
  • ・荷物1個の3辺合計200cmまで ※輸送状態に定めがある場合はこの限りではない
  • ・日時指定不可
  • ・全国翌々日配達 ※宅急便のお届け日数+1日

総重量と届けるエリアによって料金が決まります。

この総重量で計算される仕組みこそが格安料金の秘密です。
ダンボールのサイズは規定内であればバラバラの大きさでOK!

ダンボールそれぞれの大きさを重さに換算して、すべてを合算した重さで料金が決まるわけです。

容積換算重量(kg)=縦(m)×横(m)×高さ(m)×280

※総重量は、上記で計算された容積換算重量と実重量を比較して重い方が採用されます。

送り状1件につき持ち込み割引きがありますが、重さや手間を考えると現実的ではないでしょう。
集荷に来てもらうことをおすすめします。

ちなみに値引き額は

  • 30kgまで:120円
  • 50kg~100kg:230円
  • 以降50kg増すごとに90円加算

ということです。

ダンボールだけで引越しができる荷物量の場合は、「ゆうパック」「ヤマト運輸」それから「ヤマト便」を検討するとよいでしょう。

3.荷物の種類で決める引越しプラン

少量の荷物を運ぶ小さな引越し。
その小さな引越しの荷物を分類しましょう。

冒頭でも触れていますが荷物をすべて書き出し、どのくらいの荷物があるのか、どんな種類の荷物なのか、具体的にしておきます。

そしてどのプランが最適なのか判断することです。
3つの引越しプランを参考に自分の荷物量はどの分類に入るのかチェックしてみましょう。

荷物のタイプ 見出し
大きな荷物がある
  • ・ミニ引越しプラン
  • ・サイズ次第で単身パック
  • ・らくらく家財宅急便(ヤマト)
  • ・ヤマト便
家具・家電がある
  • ・ミニ引越しプラン
  • ・単身パック
  • ・らくらく家財宅急便(ヤマト)
  • ・宅急便
  • ・ヤマト便
ダンボールのみ
  • ・宅急便
  • ・ヤマト便

3-1.少量だけど大きな荷物がある引越し

荷物の量は少なくても大きな荷物がある場合は、利用できる引越しプランも限られてきます。

小さな荷物と大きな荷物を別々に運ぶ方法もありますが、費用も時間もかかってしまうでしょう。
まとめて1回で荷物を運べるプランから最安値を探す方法が賢明です。

大きな荷物といってもモノはいろいろ、形もサイズもそれぞれですから一概には決められません。
該当する荷物の種類・大きさ・重さから判断するとよいでしょう。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

3-2.少量だけど家具・家電がある引越し

小さい引越しの中でも複数のプランから選べる可能性があります。

家電などは購入時のメーカー梱包箱に入っていれば宅急便でもヤマト便でも発送可能です。
荷物の量を確認して最安値で対応可能な業者を探しましょう。

3-3.ダンボールだけの小さな引越し

ダンボールだけで完結するなら宅急便、ヤマト便がお得です。

3~4個程度なら宅急便(ゆうパック・ヤマト運輸)の方が安くすむかもしれませんが、4個以上なら断然ヤマト便が安くなります。
実際の荷物で確認しましょう。

3-4.100円引越しセンターは3パターンに対応

上記荷物のタイプ3パターンすべてに対応可能な100円引越しセンター。
もし引越し先でネット環境が必要な場合は、間違いなく100円引越しセンター一択です。

  • 「インターネット(光回線)」 
  • 「モバイルWi-Fiルーター」 
  • 「SoftBank携帯乗り換えor新規」


これらの契約予定がある場合は100円で引越しができる可能性が高くなります。
まずは100円引越しセンターまでお問い合わせください!
当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

4.「小さな引越し」引越し業者はどうやって選ぶ?

小さな引越しはある程度引越しプランが決まっていることから、気になる業者に直接連絡する方法がよいでしょう。

  • ・単身パック
  • ・ミニ引越し
  • ・宅配便

これらを扱っている引越し業者、もしくは業者のホームページを見てみましょう。
料金について、荷物量について、詳しく説明されています。
電話で問い合わせるのが簡単です。

引越し一括見積もりサイトの利用も可能ですが、小さな引越しに低価格で対応している引越し業者は限られているので、メリットよりもデメリットの方が多くなってしまうかもしれません。

勧誘メールや営業電話の煩わしさを考えたら、無理して引越し一括見積もりサイトを利用するまでもないでしょう。

5.まとめ

小さな引越しを納得価格で利用できる方法をご紹介しました。

少量の引越しだからと気を緩めず、格安・激安で対応可能な業者を見つけることが大切です。
そのためにできることは自分の荷物量と種類をしっかりと把握し、最適な引越しプランに当てはめること!

小さな引越しを成功させるために、まずは100円引越しセンターへお問い合わせください。

条件をクリアすれば100円で引越しができますし、条件クリアならずとも他社と比べて低価格で引越し可能です。
特に小さな引越しには自信がありますので、ご連絡お待ちしています。

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ