おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越しに必要な手続き

【県外への引っ越し手続きリスト付】手続き漏れなく格安引越し法解説!

【県外への引っ越し手続きリスト付】手続き漏れなく格安引越し法解説!

私は100円引越しセンターのナカハシです。
お客様から「県外への引っ越しって大変そう・・・」という不安の声をよくいただきます。

確かに県外への引っ越しは、同じ市区町村内と比べると必要な手続きが増えます。
いくつか例を挙げると、

  • 県外や市区町村外への引っ越しは「転出届」「転入届」の提出が必要
  • 同一市区町村内での引っ越しでは「転居届」のみでOK
  • 県外や市区町村外への引っ越しには印鑑証明の「廃止」や「登録」手続きが必要

などなど、この他にも多くの手続きが必要になるのです。

そこで今回は、県外への引っ越しで絶対に押さえておきたい前後の手続きリストをご紹介!
さらに県外に格安で引っ越しできる方法もお伝えするので、ぜひ最後までご覧ください。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

1.県外の引っ越し前に必要な手続きとは

県外への引っ越しは移動距離が遠いため、現在の居住地で済ませておくべき手続きがあります。
忘れていて慌てることがないよう、必要な手続きを確認してから引っ越し準備を始めましょう。

こちらでは、県外への引っ越し前に済ませておきたい5つの手続きをご紹介します。

1-1.賃貸物件や駐車場の解約通知

引っ越しするときに困るのは、家賃や駐車場代が旧居と新居で二重にかかってくることです。
そのため、負担を減らすために月末での退去を考える人が多いのではないでしょうか。

しかし、一歩間違えると思っていたより多くの出費になることもあります。
なぜなら、賃貸物件の解約はいつまでに申し出れ間に合うのかなど物件により違うからです。

多くの場合、前月の「15日までに」や「前月末までに」など契約書に期限が書かれています。
また、申し出方法も大家さんに伝えるものや管理会社にある書式での提出など違いがあります。

もし手続きが分からない場合は、契約書を再確認したり問い合わせしたりして、期限に間に合うように行動しましょう。

物件 解約申し出時期 申し出方法 提出時に決めること 注意点
賃貸物件 引っ越し日が決まったらすぐ 退去日と立会日 物件ごとに期限や手続き方法が異なるため、契約書での確認が必要 物件ごとに期限や手続き方法が異なるため、契約書での確認が必要
駐車場 契約解除日

1-2.転出届・印鑑登録の廃止・国民健康保険資格喪失届

転出届の提出印鑑登録の廃止は、どちらも引っ越し前の市区町村での手続きとなります。
そのため、手間を省く上でも県外への引っ越しの前に同時に手続きを済ませましょう。

転出届を提出すると、県外など新住所へ転入するときに必要な「転出証明書」が交付されます。
転出届の書類は、窓口用と郵送用で別の自治体もありますので確認が必要です。

手続き 手続きの場所 必要書類 申請者 申し出開始日
転出届 市区町村窓口・郵送 本人確認書類 本人・世帯主・代理人(要委任状) 申し出開始日申し出開始日
印鑑登録廃止届 市区町村窓口 印鑑・本人確認書類 本人・代理人(要委任状)
国民健康保険資格喪失届 市区町村窓口・郵送 健康保険証・印鑑 本人・代理人(要委任状) 転出届提出後

↓転出届の関連記事はこちら↓

引っ越し時の住所変更は2STEPで簡単!手順&段取り徹底解説

1-3.電気・ガス・水道・固定電話・ネット回線の手続き

基本的に手続きでは契約者番号が必要なので、請求書や領収書が手元にあるとスムーズです。

ライフラインは、止める日を間違えると旧居住地でも新居住地でも生活に支障が出ます。
そのため引っ越した途端に生活が困らないよう、停止する日付をきちんと確認しましょう。

用途 手続き方法 立ち会いの有無 必要なもの 申し出時期
電気 電話・ネット なし
(利用状況により必要な場合もあり)
契約者番号・利用停止日など 引っ越し1~2週間前
ガス 電話・ネット・FAX あり
水道 電話・ネット・FAX なし
(建物がオートロックの場合は必要)
認定番号・停止日など
固定電話 電話・ネット なし 引っ越し2~4週間前
ネット回線 電話・ネット なし
プロバイダ ネット・電話・メール・書面 なし 各社の締め日に従う

固定電話やネット回線は、契約会社が変わると一旦解約となり情報の引き継ぎができません
また引っ越し後すぐに使えるとは限らないため、早めに開始日と工事日を決めましょう。

固定電話・ネット回線・プロバイダの解約は、違約金が発生することもあるので気をつけましょう。

1-4.郵便局への転居届

県外の引っ越しに限らず住居を移転する際には、郵便物の転送手続きが必要
そのための手続きが「転居届」の提出です。

有効期限は届け出日から1年なので、延長する場合は再度手続きが必要となります。

手続き場所 手続き方法
郵便局の窓口 本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)を持参の上手続き
ネットで手続き 公式HPのe転居にて手続き
ハガキの郵送 転居届用紙に必要事項を記入しポストへ投函

↓転居届の関連記事はこちら↓

引越し先への郵便物の転送手続きまとめ!方法や注意点を徹底解説

1-5.子ども関連の手続き

県外へ引っ越しでは、準備などで忙しく住居や生活の面にばかり目がいきがちです。
しかし子ども関連の手続きはできるだけ早く問い合わせをして書類を整える必要があります。

特に私立学校や保育園へ転入する場合は、欠員や編入試験などさまざまな調査が必要。
そのため、遠くの私立へ転入する場合は調べる時間を確保し早めに動き出しましょう。

手続き 手続きの場所 書類 受け取り書類 手続きの時期
小・中学校の転校 小・中学校 転退学届 ・在学証明書
・教科書給付証明書
・日本スポーツ振興センター共済加入証明書など
引っ越しが決まり次第速やかに
幼稚園の転園 保育園、もしくは自治体 退園届 在園証明書
保育園の退園 ※住民票異動前の新保育園への申し込みは不利になる場合がある
児童手当の手続き 市区町村役場の窓口・郵送 児童手当受給事由消滅届 所得課税証明書 引っ越し15日前~当日まで

↓子供の手続きの関連記事はこちら↓

引っ越しに伴う児童手当住所変更の手続き

2.県外へ引っ越し後すぐにやること

県外への引っ越しでは、転居前と引っ越し先でしなければならないことの2つがあります。
手続きは、市区町村役場での手続きのほかに日常で利用するものの住所変更などさまざまです。

必要な手続きは人それぞれですが、多くの人が手続きが必要となる項目を6つご紹介します。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

2-1.転入届の提出と印鑑登録

県外への引っ越し前には、「転出届」を出しました。

その一方で転居先の居住地では、「転入届」などを提出する必要があります。
これは県外への引っ越しだけではなく、市区町村外の場合も同じです。

手続き 手続きの場所 申請者 申し出開始日
転入届 新住所の市区町村 窓口 本人・世帯主・代理人(要委任状) 転入した日から2週間以内
印鑑登録 本人・代理人(要委任状) 期限なし

2-2.電気・ガス・水道・固定電話・ネット回線の開始手続き

ライフラインに関係のある手続きは、遅くなると生活に支障が出ます。
引っ越し後にはできるだけ早く手続きを済ませましょう。

用途 手続き方法 立ち会いの有無 必要なもの 申し出時期
電気 電話・ネット・郵送 なし
(設備や契約内容により必要な場合もあり)
電気料金プラン・電気開始日 引っ越し後できるだけ早く
水道 なし
ガス 電話・ネット あり ガス機器 引っ越し前~
引っ越し後できるだけ早く
固定電話 あり 電話機 予約は引っ越し1カ月~2週間前
工事は引っ越し後
パソコンなど
ネット回線のみ
光コラボ
プロバイダのみ ネット回線開通ずみの場合はなし ネット開通1週間前~
ネット回線開通後

2-3.国民健康保険と国民年金の手続き

転出の際、国民年金の手続きはしなくてもかまいませんが、転入には手続きが必要です。
ただし号数により手続き場所や方法が違いますので、確認しましょう。

  手続きの場所 必要な書類 手続き
国民健康保険 市区町村窓口 ・健康保険証
・認印
・口座が分かるものと銀行印
・マイナンバーカード
または顔写真入り身分証明書
引っ越し後2週間以内
国民年金(第1号) 国民年金手帳・印鑑
国民年金(第2号) 勤務先
国民年金(第3号) 配偶者の勤務先

2-4.自動車・原動機付自転車・車庫証明の手続き

自動車の住所変更は、普通車と軽自動車では手続きの仕方が違います。
また原動機付自転車は、県外など市区町村外に出るときはいくつかの手続きが必要です。

♦業者に原動機付自転車を運んでもらう場合

旧住所の役所で廃車手続きをして「廃車証明書」をもらい、新住所の役所で登録を行います。

♦原動機付自転車で新しい家まで乗って行く場合

新住所の役所で廃車と登録手続きを一括で行いましょう。
「車庫証明」は、自分の土地を駐車場にするのと月極駐車場では用意する書類が変わります。

  場所 用意する書類 手続き期限
自動車 運輸支局 ・住民票
・車検証
・車庫証明書
・手数料納付書
・自動車税
・自動車取得税申告書
・申請書・住民票の写し
・ナンバープレート
変更した日から15日以内
軽自動車 軽自動車検査協会 ・車検証
・住民票の写し
・印鑑証明書
・認印
・ナンバープレート
バイク126cc以上 運輸支局 ・軽自動車届出済証(原本)
・自賠責保険証明書
・住民票
・印鑑
・ナンバープレート
原動機付自転車 市区町村市役所 ・標識交付証明書
・ナンバープレート
・本人確認証
・印鑑
・廃車申告書
車庫証明 管轄の警察署 ・自動車保管場所証明申請書
・保管場所標章交付申請書
・保管場所の所在図や配置図
・保管場所使用権原疎書面
・保管場所使用承諾証明書
・身分証明書
・収入印紙
・印鑑など

2-5.その他住所変更

県外などへ引っ越した後は、公的な書類以外にもさまざまな住所変更が必要です。
住所変更しないとサービスが利用できなくなることもあるので、速やかに手続きしましょう。

  手続き場所 変更目安
銀行 窓口・ネット・電話 引っ越し後できるだけ速やかに
クレジットカード ネット・郵送
保険会社
携帯電話・スマホ ネット・電話・店舗
ネットショッピングなどのサイト ネット

2-6.子ども関連の手続き

子どもの手続きも県外へ引っ越し後すぐに進めないと、生活に支障が出ます。
そのため、漏れがないように確認しておくことが必要です。

各書類は学校や園、または自治体により提出物が違うので早めにお問合せください。

手続き 手続きの場所 持参書類 受け取り書類 手続きの時期
小・中学校への転入 市区町村
役場
窓口
・住民票
・在学証明書
転入学証明書 引っ越し後、転入届提出後すぐ
小中学校 ・在学証明書
・教科書給付証明書
・転入学証明書
幼稚園への転入 幼稚園 ・入園願書
・在園証明書
・住民票
・補助金の書類等
保育園への転入 各自治体
窓口
・入園申込書
・支給認定申請書
・保育施設等利用申請書
・保育の必要性の認定書
・保育料決定のための資料
・印鑑・身分証明書
・個人ナンバー通知書など
児童手当の手続き 市区町村役場の窓口・

郵送

・児童手当認定請求書
・印鑑
・請求者名義の口座番号
・請求者の健康保険証
・請求者本人確認書類
・請求者個人ナンバー通知書
・課税証明書
所得課税証明書 引っ越し後15日以内
子ども医療費助成 ・子どもの健康保険証
・子どものマイナンバーが分かるもの
・印鑑
・課税証明書
・申請者の本人確認書類
子ども医療証 期限なし
母子手帳の補助券交換 市町村役場窓口 母子手帳 ・妊婦健診受診票
・乳児検診受診票
・予防接種予診票
転入届提出後すぐ

3、県外への引っ越しをお得にできる業者紹介

県外への引っ越し費用はどうしても高くなってしまうものです。
そのため、引っ越し費用はできるだけ抑えたいのではないでしょうか?

そこで、県外への単身引っ越しおよびファミリー引っ越しが安いおすすめ業者をご紹介します。

3-1.単身の県外引っ越しがお得な業者

県外への引っ越し費用は、距離荷物の量により変わってきます。
次の金額は最低料金ですので、正確な費用は見積もりを依頼してご確認ください。

業者名 引っ越し範囲 プラン名 タイプ 料金
ヤマトホーム
コンビニエンス
東京~大阪間 専用ボックス1本 家電や家具を新居で買う予定の人 28,000円(税抜)~
専用ボックス2本 家電あり、大きな家具がない人向け 56,000円(税抜)~
日本通運 単身パックS 洗濯機・衣装ケース・家具なし 16,000円(税抜)~
(Web割適用の場合)
単身パックL 洗濯機・衣装ケースあり・家具なし 18,000円(税抜)~
(Web割適用の場合)
西濃運輸 関東~近畿 家財が少なめの単身用 24,200円(税込)~
サカイ引越
センター
関東~近畿間
関西~九州
などの長距離のみ対応
小口便引越サービス 荷物少なめの単身者向け長距離コース 基本料金は高めに設定。
交渉次第で値引きもあり。

3-2.ファミリーの県外引っ越しがお得な業者

県外への引っ越しは、距離・荷物量・時期・オプションにより大きく料金が変わってきます。
料金は最低料金なので、正確な金額を知りたい場合は訪問見積もりを依頼しましょう。

業者名 引っ越し範囲 プラン名 タイプ 料金
プロスタッフ 関東~関西 長距離引っ越し格安プラン 混載便にすることで料金を抑えている 52,000円(税抜)~
ZERO1
引越しセンター
東京~大阪 長距離プラン 安く抑えるために混載便の利用も可 50,000円~

3-3.  ファミリーも単身も安い100円引越しセンター

100円引越しセンターの画像

県外への引っ越しにかかわらず、多くの引っ越し業者のHPでは明確な金額表示がありません。
そのため、見積もりを取るまでどのくらいの金額になるのかの目安が分かりにくいものです。

そこで便利なのが一括見積もりサービスの利用でしょう。
数ある一括見積もりサイトの中でも「100円引越しセンター」は、他とは違う特徴があります。

通常は、一括見積もり依頼と同時にいくつもの引っ越し業者から電話連絡が入ります。
しかし100円引越しセンターは、お客様に最適な引っ越し業者を1社のみ紹介するシステムです。

そのためお客様は、引っ越し前の忙しい時間を削ることなく準備を整えられます。

さらに100円引越しセンターでは、一定の条件を満たすとたったの100円で引越しができます
では続いて、引っ越し料金が「100円になるための条件」を見ていきましょう。

■特典サービス(引っ越しと同時にいずれか1つにお申込み)

  1. ①フレッツ光回線
    家中のパソコンやスマホを高速の光回線に接続!
    動画もサクサク快適&通信制限知らずに
  2. ②モバイルWi-Fiルータ
    いつでもどこでも高速インターネットが使える!
    工事不要&即日開通の手軽さもうれしい
  3. ③SoftBankの携帯(新規契約or他社から乗り換え)
    他社への携帯乗り換えを考えているなら絶対おトク!
    ソフトバンクは割引キャンペーンが充実していて安い

■100円引越しの諸条件

単身引越しプラン
  • ・1人暮らしの方
  • ・引っ越し距離が50km以内
  • ・2tショート車に収まる荷物量
  • 詳しくはこちら
ファミリー引越しプラン(2人以上)
  • ・2人以上のカップル・家族の方
  • ・引っ越し距離が20km以内
  • ・2tロング車に収まる荷物量
  • 詳しくはこちら

上記の2つの条件を満たすことで、誰でも「100円」で引っ越しができます。

引越しが100円で済む上に、新生活に必須のサービスを手間なく契約できてイイこと尽くし。
新居でネット回線を契約予定の方、スマホの乗り換えを考えている方にぴったりです!

条件は満たせるのですが、県外のため距離が50km以上になってしまいます。その場合はどうなりますか?

県外など距離が遠くなる場合は追加料金が必要になります。

ですが基本料金は100円で超過分が加算されるだけなので、どこよりも安い料金でご提供できますよ。

なるほど!とってもお得ですね!

・・・では続いて、100円引越しセンターの魅力をご紹介!

  • 単身もファミリーも100円で引越しできる
  • 便利なサービスを面倒な手続きなく同時契約
  • 厳選した1社のみのご提示によりセールスの電話もなし
  • 提携引越し会社は優良な約20社のみでサービスも安心
  • 引越しに必要な梱包材は無料でレンタル可能
  • 不用品引き取りやマイカー輸送などの有料オプションも充実

少しでも気になる方は、まずはぜひお気軽に100円引越しセンターへお問合せを。
ささいなご相談やお見積りだけでも、スタッフ一同お待ちしております!

↓100円引越しセンターの詳細はこちらから↓

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

4.県外へ引っ越しする時の物件の探し方

県外へ引っ越しをする場合、物件を探すために現地へ向かえない人も多いでしょう。
そこで、旧居住地にいながら県外の新居の物件を探す方法を3つご紹介します。

4-1.ネット検索で物件を探す

一番手軽な方法が「ネット検索」です。
遠く離れている県外への引っ越しでも、簡単に物件の相場を調べられるのが良いところです。

ただ家賃の目安や業者選びには役立ちますが、ネット上だと既に借り手が決まっていることも。
そのため良い物件が多そうな業者が見つかったら、電話などで直接尋ねるのがおすすめです。

4-2.営業所が各地にある不動産会社を尋ねる

全国に営業所を持つチェーン店は、引っ越し先の物件を数多く共有しています。
また、チェーン店の特徴は共有物件が多いので見つかりやすいところが魅力です。

ただし、店が多い分お客様も多いため、すでに借り手が見つかっている場合もあります。

4-3.引っ越し先の不動産業者へ電話などでやり取り

県外の引っ越し先にある地域密着業者を探して連絡してみるのも方法です。

地域密着の店の場合、大手にはない掘り出し物が見つかることも
チェーン店より取り扱い物件が少なくても、希望の物件が見つかる可能性が高いでしょう。

4-4.1日で内覧を終えられるように物件を絞り込む

県外に限らず、内覧はどうしても現地に赴く必要があります

しかし、県外など距離がある場所は何回も足を運ぶことができません。
そのデメリットを減らすためにも、内覧前に物件の絞り込みをするようにしましょう。

また内覧物件は、1日で回れる件数に絞るのが重要です。

4-5.内覧ができないときは?

県外など遠すぎたり時間が取れなかったりして、どうしても内覧に行けないこともあります。
その場合は、別の方法で物件の様子をチェックしましょう。

たとえば物件の動画や360度パノラマ写真を見たり、担当者にテレビ電話で現地を見せてもらいながら解説をしてもらったり。
また周囲の環境を知りたい場合は、グーグルマップグーグルアースを使うのもおすすめです。

5.まとめ

県外へ引っ越しする場合は、行き来が大変な人もいます。
そのため、引っ越し前も後も手続きや準備に漏れがないことが望ましいでしょう。

事前にどのような手続きが必要でいつ動き出せば良いのかなど、リストでご確認ください。
県外へ住居を移す前に計画や心構えができていると、引っ越し前後の生活がスムーズです。

最後に、とにかく安く引越したい方はぜひ100円引越しセンターへお問合せを。
オンライン見積もりは無料ですので、まずはお気軽にご連絡くださいね。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ