100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越しの見積もりポイント

引越し見積もり方法は3つ!それぞれの メリット・デメリット

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百太郎です。
今日もお客様からのお問合せで大忙しです。

これから引越しを考えられている方は、まずは引越しの見積もりを取らなければなりません。
引越しの見積もりの取り方の方法は大きく分けて「訪問」「電話」「ネット」の3つの方法があります。
引越し見積りのメリット・デメリット
ここでは、この見積もりの取り方についてのメリット・デメリット等をじっくりご案内していきます。あなたに合った見積もりの取り方はどのタイプ?

1、訪問・電話・ネットでの見積もり

引越しの見積もりの取り方としては「訪問」「電話」「ネット」の3つの方法があります。

それぞれの方法にはメリットとデメリットがあります。
あなたに合った見積もりの取り方を見つけてみましょう

それでは「訪問見積り」のメリット・デメリットから説明していきますね。

2、訪問見積りのメリット・デメリット

訪問見積りのメリット・デメリット


引越し業者が訪問して、見積もりをしてくれる無料のサービス「訪問見積り」。
訪問見積りのメリット・デメリットをご紹介します。

【訪問見積りメリット編】
  1. 「断然楽」
  2. 「結果的に早い」
  3. 「最安値を出せる」

という意見が多くあります。

①:「断然楽」

⑴見積もりを依頼する電話が短くて済む
訪問見積もりを依頼する電話の内容は、名前、電話番号、現在の住所だけです。
後は、訪問日時を決めるだけなので電話応対では簡単に見積り依頼をお願いすることが出来ます。

⑵荷物リストを引越し業者が作成してくれる
引越しの見積書は荷物のリスト表にもなっています。プロが荷物の量を確認してくれて、忘れやすい荷物等も全て確認してくれるので引越し前に再度荷物の確認するのにも便利です。

②:「結果的に早い」

引越しの営業マンが訪問して、家財の荷物チェックをしてもらうのに10分~20分くらいで出来てしまいます。まとめて3時間ぐらい時間を取り、3社くらいの見積もりを取れば一気に見積もり関係の作業が終了してしまいます。色々と確認して、電話やネットで対応するのが面倒だという方にはオススメです。

③:「最安値を出せる」

電話やネットでの見積もりの場合は実際にお客様の荷物を目にするのは引越し当日なので、荷物が入らないというトラブルなどを避けるために少し大きめのトラックを準備します。

それに対し、実際に訪問見積りした引越し業者は、経験からこの荷物量ならこのトラックというはっきりしたサイズを準備できるので、料金は安くできるという訳です。

【訪問見積りデメリット編】

訪問見積りという事は、自宅に営業マンが訪問し家財の量の確認をするという事です。

  1. 知らない人が自宅の中に入る。
  2. 営業マンがなかなか帰ってくれない。
  3. 後で断りの連絡をしなくてはいけない。

という事があげられます。

①:知らない人が自宅の中に入る。

引越し業者の営業マンはほとんどの場合は男性が訪問されます。
1人暮らしの女性や立ち合いが奥様1人の場合などは、不安が全くない訳ではありませんよね。

また、部屋がすごく散らかっていて片付けなくては…。
なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

②:営業マンがなかなか帰ってくれない。

引越し業者の営業マンも見積もりとはいえ、決めてもらいたくて訪問しています。
これも断り方を知っていれば良いのですが、断るのが苦手な方にはなかなか大変ですよね。

③:後で断りの連絡をしなくてはいけない。

訪問していただいた営業マンの方に「感じの悪い営業マン」という方は少ないと思います。感じの良い営業マンの方たちの中から1人(1社)を選ぶわけですが、選ばなかった営業マンの方たちにお断りの連絡を入れなければなりません。

訪問見積もりのメリットとデメリットをご紹介しましたが、デメリットに関しては、人柄的に断るのが苦手なタイプの方は合わないのかもしれませんね。

3、電話見積もりのメリット・デメリット

電話で荷物の量を確認して、見積もりを出してくれるサービス「電話見積もり」。
電話見積もりのメリット・デメリットをご紹介します。
電話見積もりのメリット・デメリット

【電話見積もりのメリット編】
  1. 引越し当日まで家の中を見られない。
  2. 部屋が散らかっていても見積もりを取れる。

などが上げられます。

①:引越し当日まで家の中を見られない。

訪問見積りだと、家の中すべてを見て回ります。
訪問見積りで来る営業マンはほとんどが男性なので、若い女性の一人暮らしや見積もり対応が奥様一人だけという方の場合だと、若干抵抗があるという方もいらっしゃいます。

電話見積もりだと、引越し当日まで訪問が無いので安心して見積もりを取れるというメリットがあります。

②:部屋が散らかっていても見積もりを取れる。

「部屋が散らかっていて見られるのが恥ずかしい」という場合にも電話見積もりは嬉しいですよね。
引越し当日までに、部屋を片付けしながら荷造りすれば良いのです。

【電話見積もりのデメリット編】
  1. それなりの時間がかかる。
  2. 荷物の量が限られる!?
  3. 引越し料金が高めになる!?

というデメリットがあります。

①:それなりの時間がかかる。

電話見積もりの最大のデメリットと言っても良いでしょう。
とにかく時間がかかります。

なぜなら、電話で以下の内容を引越し業者に伝える必要があるからです。

  1. 「氏名」
  2. 「電話番号」
  3. 「現在の住所」
  4. 「現在の住まいの建物に面する道路の状況」
  5. 「引越し先住所」
  6. 「引越し先の建物に面する道路の状況」
  7. 「引越し希望日」
  8. 「荷物のリスト」
  9. 「家具・家電のおおよその寸法」

以上9項目です。

イメージしただけでも気が遠くなりそうな内容です。

②:荷物の量が限られる!?

そうなのです!
電話見積もりは、「単身」・「一人暮らしの引越しの荷物量」であることが条件になっています。

少しでも荷物が多いようだと、電話で見積もりを受け付けてくれなくなります。
引越し当日の荷物の量によってのトラブルを避けるための対策なのです。

③:引越し料金が高めになる!?

引越し料金を決める重要なポイントであるトラックの大きさが、電話見積もりの場合は基本的には大きめサイズのトラックを準備されるからです。お分かりのとおり、引越し当日に荷物がトラックに収まらないという事を避けるために、大きめのトラックを準備するため、費用的には若干高目に設定されます。

そのため、電話見積もりで引越し料金の最安値を引き出すことは、なかなか難しいことだと引越し業界では言われています。電話見積もりのメリット・デメリットをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

電話で家財の寸法まで報告するとなるとやはり時間がかかりますが、どうしても訪問に抵抗がある方であれば、嬉しいサービスですね。

4、ネット見積もりのメリット・デメリット

ネット見積もりのメリット・デメリット
インターネットで荷物の量などを打ち込んで、見積もりを出すサービス「ネット見積もり」。
ネット見積もりのメリット・デメリットをご紹介いたします。

【ネット見積もりのメリット編】
  1. 手間が省ける
  2. 見積もりの比較が簡単に出来る
  3. 大体の相場が分かる

などが上げられます。

①:手間が省ける

訪問見積りとなると、実際に自宅に訪問してもらうため対応する時間を作る必要がありますが、ネット見積もりの場合はご自分の空いた時間にその場で出来ます。

②:見積もりの比較が簡単に出来る

訪問見積りの場合は、引越し見積もりを比較したいのであれば、それなりの時間が必要になります。
その点、ネット見積もりだと簡単に複数の引越し業者へ見積もりを依頼ができます。

③:大体の相場が分かる

同時に複数の引越し業者へ見積もりを依頼できるので、簡単に大体の相場を確認することが出来ます。

【ネット見積もりのデメリット編】
  1. 申告漏れに注意!
  2. 料金が確定ではない!
  3. 訪問見積もりより安くなりにくい!

などがデメリットです。

①:申告漏れに注意!

ネット見積もりの多いトラブルが「荷物の申告漏れ」です。
家の中の家財はもちろんですが、忘れがちなのが家の外の荷物(自転車・倉庫の中身等)です。

申告漏れが当日に発覚して、荷物が乗らず運べなくなることがあります。
また、当日の料金追加などのトラブルの原因になるので、運んでもらう荷物は申告漏れが無いようにすべてを報告するように気を付けましょう。

②:料金が確定ではない!

ほとんどの場合、ネット見積もりを行ってもその後訪問見積りをします。
結局訪問するので、ネット見積もりはあくまでもおおよその値段を把握するためのもの、と思った方が良いでしょう。

③:訪問見積もりより安くなりにくい!

ネット見積もりは簡単に引越し業者の料金比較が出来ますが、価格交渉ができません。
やはり、最安値で引越しをお考えなら、訪問見積りをオススメします。

5、引越し見積もりサイト紹介

引越し料金を把握するのに便利な「引越し見積もりサイト」。
簡単に複数の引越し業者から一括で見積もりを取れるので、おおよその引越し費用が把握できます。

そんな、便利な引越し見積もりサイトで有名な5社をご紹介いたします。

1.【引越し侍】https://hikkoshizamurai.jp/

提携引越し業者数244社と多くの提携を結んでいる「引越し侍」。
「引越し業者ランキング」・「口コミ・評判」・「料金相場」など引越し業者のさまざまな内容が確認できます。

2.【引越し価格.com】http://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/

簡単な情報で見積もりが取れるようになっていて、実際に見積もりを出された方に「抽選で現金キャッシュバックが当たる」など色々なサービスを展開しています。

3.【楽天お引越しサービス】http://event.rakuten.co.jp/incentive/hikkoshi/

楽天ならではというサービスで、見積もりを依頼すると100ポイントゲット!
実際に引越しをされた方には、引越し費用の1%のポイントプレゼントなどがあります。

4.【引越しなっとく.com】https://na109.com/

引越し見積もりだけでなく、引越し会社へ見積もりを依頼する時のコツから引越し会社を決定するまでのさまざまなコツを紹介しています。引越しを安く、なおかつ丁寧な作業をする引越し業者に依頼する方法などが見れるサイトになっています。

5.【SUUMO引越し】http://hikkoshi.suumo.jp/

SUUMO見積もりサイトは、引越し会社を選んで一括見積が出来るサイトです。

引越し会社を選んで一括見積できるサイトは少なく、見積もりを依頼する会社を選べないと、
・自動で選ばれた引越し会社には依頼したくない…
・一度に10社からも連絡がほしくない…
といった悩みやストレスを抱えてしまいます。

「SUUMO引越し見積もり」なら、見積もりがほしい会社だけを選んで、見積もりを依頼できます。

以上5社をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

引越し一括見積サイトとはどういうサイトかお分かりいただけましたでしょうか?

引越しの見積もりを取る方法をここではご案内してきましたが、色々と方法があるのはおわかりいただけたかと思います。

その中で、あなたが何を優先するのかが見積もりを取るにあたって重要なポイントになります。

  1. 「最安値を優先」⇒訪問見積り
  2. 「なるべく面倒ではない方法」⇒訪問見積り
  3. 「相場を知りたい」⇒ネット見積もり
  4. 「引越しをするまで部屋を見られたくない」⇒電話見積もり

といったタイプになると思います。

あなたは、何を優先させますか?

まずは何を優先するかを決める事から始めましょう。

ちなみに「最安値を優先」の方は100円引越センターにも見積もり依頼してみてください。

100円引越センターでは、お電話、もしくは現場立会いのもと、引越しの距離や荷物の数など、お客様の引越しの状況(単身~ファミリー)を確認させていただいております。決して後悔させませんよ!