100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

単身引越しをする方へ

最安値はいくら?単身引越しの見積もりをしたいあなたへ

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

これから一人暮らしを始める方や、新しい土地へ移転する方、はたまた地方へ単身赴任される方、環境はさまざまですが、まず「引越し」となればその手間と費用が気になりますよね。
単身引っ越しの最安値っていくら?
一般的には、自分の力で引越ししない限りは、引越し業者などへ依頼することになると思いますが、まず、

「引越しっていくらくらいかかるの?」
「引越しの見積もりってどうやってもらうの?」
などなど、引越しの経験が無い方には、皆目見当がつかないのではないでしょうか?

そんな気になるお悩みをお持ちの方へ、単身引越しのことをもっと詳しく知って頂き、せっかくなら「格安」で引越しができるよう、わたくし百美が気になるポイントを解説いたします!

1.「単身引越しは主に3パターン」

まず、単身引越しをする場合、以下の3つのパターンに集約されます。

  1. 「レンタカーを借りて自分で引越し」
  2. 「引越し業者に依頼して引越し」
  3. 「赤帽などの軽貨物運送で引越し」

それぞれメリット・デメリットで比較してみると、

(※横にスクロールできます)

メリット デメリット
レンタカーを借りて自分で引越し ・費用が抑えられる
・自分のペースで好きな日にできる
・業者の手配などの面倒な手間がない
・レンタカーの準備と返却が必要
・荷物が汚れたり傷がつくことがある
・意外と謝礼が高くなることも
トラブルが発生した時の補償がない
引越し業者に依頼して引越し ・仕事が早くて丁寧
・梱包資材が無料でもらえる
荷物や建物の傷や破損などの補償がある
・業者の手配が面倒
・希望に日時の予約が取れないことも
・作業員の当たり外れがある
赤帽などの軽貨物運送で引越し ・近場で荷物が少ないと料金が安い
・荷物と一緒に同乗できる
・都合に合わせて融通が利く
・積載量が少ない
・搬出入の手伝いが必要
・荷物の梱包は自分で行う
荷物や建物の破損・汚れの恐れがある

一般的に考えられるものを挙げてみましたが、「手間・労力」「費用」「トラブル」などの要因を総合的に判断すると、「引越し業者に依頼して引越し」することが単身引越しにはベストな選択だと思います。

しかしながら、あくまでも目安なので、「自分で引越しできる!」という方は、色々工夫してトラブル発生がないように引越しするのもいいかもしれません。

2.「単身引越しのタイプ別費用相場〈自力・赤帽編〉」

「レンタカーを借りて自分で引越し」

レンタカー ・軽トラックを6時間利用  5,000~6,000円
・2tトラックを6時間利用  15,000~20,000円
ダンボール ・近所のスーパーなどで貰ってくる。
・amazonなど、通販で購入すると20セット  2,000~3,000円
その他 ・高速、ガソリン代(30km圏内) 3,000円
・その他布テープやシートなど  5,000円
・友人にお願いした場合の謝礼や食事代など  10,000円

荷物が少なく軽トラックを利用してv自分と家族だけで引越しできた場合、15,000円程度で十分ですが、一番高い方法になると、30,000~40,000円程度必要になってくることがあります。

「赤帽などの軽貨物運送で引越し」
赤帽車の荷台に積み込める最大積載重量は350kgです。

スタート料金 11,560円~(日曜・祝日は料金2割増)
作業時間 2時間以内(2時間を超えると30分毎に1,580円加算)
移動距離 30km圏内
台数 1台
作業人員 1人

地域によって異なりますが、12,000~14,000円が最低料金になります。

➀・➁どちらも費用面では、かなり安く抑えることができますが、荷物の量や移動距離が多い方は費用が高くなってしまい、手間や労力も必要になってしまいますので、色々な条件を見比べて判断することをおススメします。

3.「単身引越しのタイプ別費用相場〈引越し業者編〉」

多くの引越し業者では、利用者の「安く・手軽に引越しをしたい!」というニーズに応えるため、

  1. 「単身パック」
  2. 「単身プラン」

と、2種類のプランを用意しています。

その違いを簡単に表すと、
「単身パック」とは
高さ170cm×横幅110cm×奥行100cm 約1.8m3程度の専用コンテナBOXに荷物を積み込んで運送する。

「単身プラン」とは
単身パックのコンテナBOXに荷物が収まらない場合、荷物の量に応じた車両を借り切って運送する。

次に各サービス別に特徴と費用相場をみてみましょう。

「単身パック」

◆特徴

料 金 荷物量 訪問見積 ダンボール配布
料金が安い 荷物量が少ない 見積もりなし 配布なし

◆費用相場

三八五引越しセンターシングルパックM0.8m×1.1m×1.5m 1.30㎥15,000円~

タイプ BOXサイズ 料金
ヤマトホームコンビニエンス 単身パック 1.04m×1.04m×1.70m 1.83㎥ 17,000円
単身パックmini 1.04m×1.04m×1.30m 1.40㎥ 16,000円
割引:WEB割引2,000円、平日割引2,000円
日本通運 単身パックS 0.74m×1.08m×1.55m 1.24㎥ 17,000円
単身パックL 1.04m×1.08m×1.75m 1.96㎥ 18,000円
割引:WEB割引2,000円、エリア割引1,000円
ハトのマークの引越センター
(200km以上の遠距離専用)
小鳩パック 0.80.m×1.1m×1.7m 1.50㎥ 21,000円~
青春引越便 1.05m×1.05m×1.8m 1.98㎥ 要確認
三八五引越しセンター シングルパックM 0.8m×1.1m×1.5m 1.30㎥ 15,000円~
シングルバックL 1.1m×1.1m×1.7m or
0.9m×1.3m×1.7m 2.0㎥
18,000円~

単身パックの費用相場は、15,000~18,000円が相場の目安です。
長距離でも他の依頼者のBOXと混載するので輸送費用が抑えられ、20,000円程度で引越しが可能です。ですが、「単身パック」は、専用のコンテナBOXに荷物が納まることが条件なので荷物の量は注意が必要ですね。

「単身プラン」

◆特徴

料 金 荷物量 訪問見積 ダンボール配布
料金が高い 荷物量が多い 見積もりあり 配布あり

◆費用相場
単身プランでの引越し料金は、「荷物の量」や「移動距離」、最も影響されるのが「時期」によって大きく変わってきます。以下の費用平均は、あくまで目安ですが参考にご覧ください。
・繁忙期 → 3月~4月
・オフシーズン → 5月~2月

移動距離オフシーズン繁忙期オフシーズン繁忙期

移動距離 荷物量:普通 荷物量:多い
オフシーズン 繁忙期 オフシーズン 繁忙期
近距離(20km以内) 37,805円 49,147円 44,315円 57,610円
近距離(50km以内) 37,805円 49,147円 44,315円 57,610円
中距離(~100km) 56,775円 73,808円 60,000円 78,000円
長距離(~200km) 60,642円 78,835円 63,213円 82,177円
長距離(~300km) 74,112円 96,346円 81,394円 105,812円

 

4.「最安値を探すなら!引越し一括見積サイト」

最安値を探すなら!引越し一括見積
ここまで説明した通り、荷物の量が多く「単身プラン」や他の方法を考えるとき、
引越し費用を安くするポイントの一つに「複数の業者から見積もりをとる」ということがよいと言われています。

引越し費用というものは普段のお買い物やサービスと異なり、基本料金は設定されていますが、諸条件で価格のばらつきが非常に大きいのです。

人によって引越しのケースが異なることは言うまでもなく、

  • 高層階か低層階
  • 大型家具の有無
  • 荷物の量が極端に多い少ない 

などなど
そのため、世間一般で安いと言われている業者に依頼すれば、自分も安く引越しできるとは限りません。中には、引越し費用が安いものの対応が乱暴で雑という業者も残念ながらいるのです。

そこで、「最安値」でありながら「信頼できる業者」を探す方法として、「引越し一括見積サイト」を活用する手は外せません。と、いうのも「引越し一括見積サイト」とはその名の通り、複数の業者に対して一度に見積もり依頼をすることができるサービスだからです。

もちろん、インターネットのお申込みをお考えの方は、100円で引越しができる我が社
「100円引越しセンター」へお問合せください!!

話がそれましたが、一括見積サイトのやり方は簡単。サイトにアクセスして一度だけ自分の引越しに関する情報をサイト内に入力すれば、それが各引越し業者に一斉に伝わります。そして、それに対して複数の引越し業者が見積もり料金を提示してくれる。

と、簡単な仕組みなので手軽、なおかつ利用は無料なので安心して活用して頂けます。速い方なら、ほんの2~3分で入力が完了し、あとは見積もりを依頼した各業者から見積もりが届くのを待ち、比較するだけでよいのです。

おすすめ!引越し一括見積サイト
  1. 「引越し侍」 https://hikkoshizamurai.jp/promo06/
  2. 簡単に一括見積もりができて、220以上の提携会社の中から最安値を探せます。
    ・提携引越し業者数  220社以上
    ・代表的な引越し提携業者  サカイ、クロネコヤマト、SGムービング、福山通運 など

  3. 「引越し価格ガイド」 https://a-hikkoshi.com/promo06/p2/
  4. 引越し価格ガイドは、優良企業に出会えれば驚くほど安い金額で引越しが出来ることがあります。
    ・提携引越し業者数  220社以上
    ・代表的な引越し提携業者  サカイ、アート、アーク、日通、クロネコヤマト など

  5. 「ズバット引越し比較」
  6. https://www.zba.jp/hikkoshi/promo/landing/index02.html?ID=arcaw00030&fmcs=fm.19980a59b6a1653c3e42b4ebf10a5d14
    申し込みフォームへの入力がとても簡単。
    ・提携引越し業者数  220社以上
    ・代表的な引越し提携業者  サカイ、アート、アーク、日通、クロネコヤマト など

5.まとめ

引越しの「最安値」というお話でしたが、「レンタカーを借りて自分で引越し」や「赤帽など軽貨物運送で引越し」は、荷物の量が少なくて引越し先が近ければ、最安値で引越しが出来ると思います。

しかし、やはり「トラブル」が発生して場合の補償など心配はありますね。
一番に労力がかかることで、結局、「引越し業者に依頼すればよかった…」という声が多いようです。やはり、安心して引越しをしたい方は「引越し業者に依頼して引越しする」ことがベストだと感じます。

「荷物の量」が少なければ「単身パック」で引越しできると思いますが、そこは「コンテナBOX」という条件があり、荷物が多い方は向いていませんよね。

そこで、最後に説明した「引越し一括見積サイト」が有効になってくるのです。
一度で簡単に複数の業者から見積もりをとることができるので比較しやすく、簡単に「最安値」を探すことができます。

自分がどのタイプで引越しができるのか荷物の量など総合的な判断して、「最安値」で引越しできるといいですね。