100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越し前準備を万全に

知らなかったでは大変!冷蔵庫の引越し準備

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百太郎です。
今日もお客様からのお問合せで大忙しです。

引越し間際まで使う冷蔵庫。
ですが冷蔵庫の引越し準備も様々な作業が待っています。
知らなかったでは大変!冷蔵庫の引越し準備
冷蔵庫は、昔と違って機能が良いものになっているため、逆に引越しの際には気を付けなければならないことが増えているのです。

昔と同じ感覚で冷蔵庫の引越しをしてしまうと、「冷蔵庫が壊れてしまった…」
という事になりかねません。そんな事態にならないよう冷蔵庫の引越しノウハウをご案内します。

1.冷蔵庫の引越し準備【引越し1週間前】

まずは冷蔵庫の中身を確認しましょう。
出来るだけきれいに引越し当日までに使い切りたいもの。

残っている食品をどのように使うかをイメージすることが大切で、イメージがついたら足りない物だけを追加するようにしましょう。

【それでも残ってしまう物がある場合の対処法】

  1. 「クーラーボックス」「発泡スチロール」などを事前に準備しておく。
  2. 「クール宅急便」で運送する。
  3. 思い切って「処分」する。

※夏場は傷みが早いので、クーラーボックスなどで運ぶ際には、気を付けなければいけません。

2.冷蔵庫の引越し準備【引越前日】

引越し前日には冷蔵庫の電源を「OFF」にして、「水抜き」「霜取り」をしましょう!

「水抜き」
水抜きとは、『製氷機内の氷』や、『蒸発皿の水』を捨てることです。
氷が残っている場合は早めに冷蔵庫の電源を切り、溶かしておきましょう。

蒸発皿の水抜きは引越し業者がおこなってくれる場合もありますので、前もって確認しておくことがポイント。

「霜取り」
霜取りは、電源を切ったあとドアを開放したままにし、冷蔵庫内についている霜を溶かす作業です。霜が解けた際に、まわりが水浸しにならないように、冷蔵庫の中にタオルを敷いておくと良いでしょう。

※最近の冷蔵庫であれば、霜取り機能が備わっている場合もあります。

3.冷蔵庫の引越し準備【当日】

「水抜き」・「霜取り」が済んだら、冷蔵庫の中身が残っていないか確認して、あとは引越し業者にお任せしましょう!

【新居で設置する場所の3つの注意点】

  1. 重みのある冷蔵庫は、後から動かすことが難しいため、引越し業者に搬入してもらう際には、明確な設置場所を指定するようにしましょう。
  2. 冷蔵庫の設置場所は以下の場所は避けた方がベスト!
  3. 『直射日光が当たる場所』
    『風通しの悪い場所』
    『ガス・オーブンレンジの付近』

    上記の設置場所は冷えが悪くなり、電気代が高くなることも考えられるので、なるべく避ける事をオススメします。

  4. 設置後、しばらくしてから「電源ON」
  5. 引越しの揺れでコンプレッサー内のオイルが冷却システムに流れ込み、故障の原因になってしまうこともあるので、設置してから30分~1時間くらい経ってからコンセントを差し込むようにしましょう。

【自分で引越しをする方への注意点】
運搬時は、出来る限り傾けないように注意して下さい。
多少の傾きなら大丈夫ですが、『真横に近い角度』で運搬した場合、車の振動でコンプレッサー内のオイルが冷却装置に流れ込み、故障の原因となる可能性がありますので要注意です。

4.まとめ

冷蔵庫の引越しのポイントは、

  1. 「冷蔵庫の中身の整理」
  2. 「引越し前日に電源OFF」
  3. 「水抜き」
  4. 「霜取り」
  5. 「横に傾けずに運搬」
  6. 「設置完了後、30分~1時間後に電源ON」

この流れで進めることで大きな失敗はなくなります。
冷蔵庫は決して安いものではありませんので、「引越しで調子が悪くなった…」「壊れた…」という事態が起こらないように、しっかりとした事前準備を行いましょう。