おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越しのゴミ・破棄・処分 荷造りほか引越し前にやる事

引越しでの冷蔵庫の中身の対処法【完全版】運び方・処分・水抜き全て解説!

引越しの際に冷蔵庫を運搬することがありますが、冷蔵庫の中身をどうしたらいいのか分からない人もいると思います。

  1. 「引越しのときには冷蔵庫の中身を出しておく必要がある?」
  2. 「引越し前にやっておくべき冷蔵庫の準備って何?」
  3. 「いつ頃冷蔵庫の電源を切っておけばいいの?」

など疑問に思っている人もいるでしょう!

実は、引越し前には冷蔵庫の中身はしっかり整理して、空っぽにしておく必要があります。
また、中身の食材は消費する以外にも運搬することができるので、引越し先で食材を使うこともできます!

私は100円引越しセンターに勤務する「ナカハシ」と申します。
主に見積もりの業務を担当しています。

引越しに携わっていると、引越し当日になって冷蔵庫の中身を整理し忘れていることに気づくというお客様も多いんです!
その場合、できる対応は捨ててしまうことぐらいしかなくなるので、もったいないですよね。

そうならないためにも、冷蔵庫の引越しをするときには、事前に計画を立て余裕をもって準備することが大切です。
この記事では、冷蔵庫の中身の引越し前準備について詳しく解説していきます。

1.引越しで冷蔵庫の中身はどうしたらいい?

引越しで冷蔵庫を運ぶときに、中身をどうしたらいいのか悩むときありますよね?
初めての引越しの場合には、冷蔵庫の中身の処理の仕方や引越しまでの準備など分からないこともあるでしょう。

そこでここからは、引越しで冷蔵庫の中身をどうしたらいいのかについての心構えをご紹介していきます。

1-1.冷蔵庫の中身は空にする必要がある

冷蔵庫の中身は引越しの前に空っぽにしておく必要があります!

引越しのときには、冷蔵庫の運搬を引越し業者に依頼することが多いですが、冷蔵庫の中に食材が入ったままだと冷蔵庫を運んでもらえません。

引越しの1週間くらい前から食品の購入を控えて、計画的に消費していくと良いでしょう。

1-2.生鮮食品は引越しでは運べない

冷蔵庫の中身は引越しまでに出す必要がありますが、残った食材を全て捨てないといけないわけではありません!
調味料など常温で保管できるものに関しては、引越しの段ボールなどに入れて運ぶことができます。

ただ、冷蔵庫の中は空にして電源を切るので、温度管理が必要な生鮮食品は引越しの荷物として運搬することはできません。
もし、生鮮食品を運びたいなら、クール宅急便やクーラーボックスなどで冷やした状態で運びましょう!

2.冷蔵庫の中身を引越し先に運ぶ方法

引越しに向けて冷蔵庫の中身を処理するために、計画的に食材を消費すると思いますが、それでも食べきれなかった生鮮食品が残ってしまうこともありますよね?

でも、まだ食べられるし捨てるにはもったいない!
そんなときには、冷蔵庫の中身を引越し先に運ぶという選択肢もあります。

そこでここからは、引越し先に冷蔵庫の中身を運搬する方法を3つご紹介していきますね!

2-1.クーラーボックスに入れて運ぶ

冷蔵庫に残っている生鮮食品は、クーラーボックスに入れて運ぶことで冷えた状態で運搬することができます!

一般的には、クーラーボックスはプラスチックでできた「ハードタイプ」と、ポリエステルなどでできている「ソフトタイプ」がありますが、性能によって価格が異なります。

ハードタイプの方が保冷性に優れており、長時間の保冷におすすめです。ソフトタイプは、保冷性はハードタイプに劣りますが、価格が安い点が魅力です。

相場としてはハードタイプが1,500円~10,000円程度、ソフトタイプで数百円~10,000円程度となっています。

相場を見てもらえれば分かりますが、クーラーボックスは保冷性などの機能性によって値段が大きく変わります。
引越しのためだけに購入するのであれば、安めのものを購入するのも手ですね!

ただ、どちらを選ぶにしても、保冷剤や氷の使用は必須。また、いくら長時間持つとはいっても衛生面を考えると、長距離引越しには使わない方が良いでしょう!

2-2.発泡スチロールに入れて運ぶ

クーラーボックスを購入する時間がない方や、なるべく安く抑えたいという方は発泡スチロールで代用するという手もあります!
発泡スチロールでも、クーラーボックスと同じくらい低温を維持できますし、水分にも強いので万が一水分がこぼれても大丈夫というメリットもあります。

それに、発泡スチロールなどはスーパーに行くと無料でもらえることも多いですよね!
タダで入れ物を用意できるのでお得です。

ただ、クーラーボックスと違い、取っ手などがないので運搬しづらいという点はデメリットですね。
また、蓋も開きやすいので、ガムテープで固定するなど工夫が必要でしょう!

発泡スチロールは保冷性がありますが、それでも気温の条件などによっては温度が上がる可能性もあります。なので、あくまで短時間の輸送に利用するようにして、万全を期したい人は次にご紹介するクール宅急便を利用してみてください!

2-3.クール宅急便を利用する

今回ご紹介する冷蔵庫の中身の運搬方法で、最も安全に運べるのが「クール宅急便 」です。
このサービスはヤマト運輸が提供しているもので、事前に冷蔵・冷凍した食材を保冷したまま運送できます!

クール宅急便には冷却機能はありませんが、保冷したまま輸送することができるので、引越し先まで生鮮食品を傷めることなく運ぶことが可能です。

また、冷蔵タイプと冷凍タイプがあるので、食材に合わせて保冷温度を選べるのも魅力ですね!
それに加えて、最大で3日先までお届け日を指定することができるので、引越し前日に引き取ってもらって次の日に引越し先に届けてもらうことが可能です。

ただ、配送先の距離にもよりますが、だいたい2,000円~3,000円 ほど宅配料金がかかってしまうのは理解しておく必要があるでしょう!

全ての食材をクール宅急便で運ぶとなると送料が高くなるので、最低限運搬したい食材だけ利用すると良いでしょう。

クール宅急便って冷蔵庫の中身を運ぶのに便利なんですね!

そうですね!全部運ぶのは得策ではないですが、どうしても運びたいときには最も安全な方法といえるでしょう。

運搬した後にもちゃんと食べられるように、私もクール宅急便を使ってみます!

3.引越しで冷蔵庫の中身を運ぶときのコツ

引越しで冷蔵庫の中身を整理していると、どうしても引越し先まで運搬したい食材が見つかることもあります。
先ほどご紹介したように、食材を運搬することもできますが、実は運搬するときにはコツがあるんです!

運搬したけど、温度が上がって腐っていたら意味がないですよね?
また、腐ってなくても入れ物の中が水浸しになっているのも残念。

ここからは、引越しで冷蔵庫の中身を運ぶときのコツを解説していきますね!

3-1.保冷剤や氷を入れてできるだけ密封する

引越しで冷蔵庫の中身を運搬するときには、保冷剤や氷を入れてできるだけ入れ物を密封することが大切です!

引越しをするとなると、ある程度移動に時間がかかるので、食材を運ぶなら低温を保つ必要があります。
そのため、保冷剤や氷を入れ物に入れるのは必須です。

そのうえで、密封することを忘れてはいけません!

いくら保冷剤や氷を入れ物に入れていても、隙間から外気が入ってくると温度が高くなってしまいます。
特に夏場だと冬に比べると保冷がしにくいので、場合によっては食材が傷む原因になることもあるので注意が必要です!

外気が入れ物に入っていかないように、ガムテープなどで隙間を塞いでおくなど対策をしておきましょう!

3-2.液体や水分が多いものはラップ等で包む

冷蔵庫の中には、野菜や肉、魚など水分が多い食材もありますよね?
こうした水分が多い食材を運搬する場合、ラップ等で包んだうえで運搬するのがおすすめです。

ラップをしていないと液体が入れ物にこぼれることになるので、衛生的に良くありません。また、他の食材に付着することもあるので、食材はラップをしてビニール袋などに入れて運搬するようにしましょう!

3-3.長時間の運搬は避ける

冷蔵庫の中身の食材は保冷することで運搬することが可能ですが、衛生面を考えると長時間の運搬は避けた方が良いでしょう!

いくら保冷剤や氷などで冷やしているとはいえ、夏場など気温が高くなったり、もともとの食材が劣化していたりすると食中毒の原因になることもあります。

せっかくお金をかけて運搬しても、腐ってしまっては食べられませんよね。
安全に運搬するためにも、できるだけ生鮮食品は運搬しないようにして、調味料など常温で管理できるものを運ぶようにすると良いです!

3-4.食材を詰め込みすぎない

冷蔵庫内の食材をクーラーボックスや発泡スチロールに詰めるときに、たくさん食材があるとついつい詰め込みたくなってしまいますが、詰め込みすぎないことが大事です。

食材を運搬するためには、冷却しながら運ぶことになりますが、袋やクーラーボックスいっぱいに食材を詰めてしまうと温度が上がりやすくなります。しっかりと温度を保てないと食材が傷む原因になるので、できるだけ余裕をもって詰め込むのが大事です!

4.冷蔵庫の整理はどれくらい前からやるべき?

冷蔵庫を引越し先に運ぶ場合、冷蔵庫の中身を整理して空っぽにする必要がありますが、いつぐらいから整理をすればいいか悩んでいる人もいるでしょう!

結論からいうと冷蔵庫の中身は、引越しの1週間前を目安に整理するのがおすすめ です。

引越し予定日の1週間前くらいから新しい食材の購入を控えて、引越しで運搬する食材と食べる、もしくは処分する食材を分ける作業を行いましょう!

ちなみに、実際に冷蔵庫の中を空っぽにするのは引越しの前日の夜でOKです!
クーラーボックスなどで食材を運搬する場合は、引越しの前日の夜ギリギリまで冷やしておいて入れ物に移し替えると良いでしょう。

5.冷蔵庫の引越し準備は何をすればいい?

引越しが初めてという方の中には、冷蔵庫の引越し準備は何をしたらいいのかよく分からない人もいるのではないでしょうか?
冷蔵庫は電源を切って中身を取り出したら、すぐに運び出せるものではありません!

実は、引越しまでに水抜きや霜取りといった作業を行ってから運搬する必要があるんです!
そこでここからは、冷蔵庫の引越し準備について解説していきます。

5-1.【水抜き】と【霜取り】は必須

冷蔵庫を引越し先に運ぶ前には、「水抜き」と「霜取り」が必須 です!
霜取りや水抜きを引越し前にしてないと、運搬中に水がこぼれて床や荷物が水浸しになるケースもあるので、必ず行う必要があります。

霜取りに関しては、引越しの2日前を目安に行うと良いでしょう。製氷機能をオフにして、冷蔵庫の扉をあけておくことで約15時間程度かけて霜が解けていきます。

このとき、床等が水浸しにならないようにタオルなどを敷くことを忘れないでくださいね!

水抜きに関しては、引越しの前日に電源を切ってから行います。冷蔵庫には蒸発皿というものがあり、そこの水を取り除かないと運搬時に水漏れを起こすことがあるので、蒸発皿の水を抜くことで対処します。

蒸発皿は

  1. 冷蔵庫の下に取り付けられているタイプ
  2. 冷蔵庫の裏面に取り付けられているタイプ
  3. 蒸発皿がないタイプ

などがあるので、取扱説明書に沿って水抜きを行うのがベストです。
水抜きを行う場合でも、床に水が漏れないようにタオルを敷くようにしてください!

ちなみに、冷蔵庫の整理から水抜きまでの工程に関しては、以下の手順が目安になります。

  1. ①1週間前・・・冷蔵庫の中身を整理する
  2. ②2日前・・・冷凍庫の霜取り
  3. ③引越し前日・・・電源OFF
  4. ④引越し前日・・・食材をクーラーボックスへ移す
  5. ⑤引越し前日・・・水抜きをする

手順を参考にしながら早め早めに行動するようにしましょう!

5-2.冷蔵庫の掃除もやっておこう

冷蔵庫の中身の整理や水抜き、霜取りが終わったら、ついでに冷蔵庫の掃除もやっておきましょう!

長年使っている冷蔵庫だと、調味料のこぼれたものやごみなどが溜まって汚れていることも少なくありません。
引越しの機会に、冷蔵庫の棚や製氷機などを取り外してきれいに掃除してみましょう!

しっかりと掃除をして引越しを完了することができれば、気分良く新居生活をスタートすることができますよ。

6.引越しを激安でするなら【100円引越しセンター】

冷蔵庫の中身の整理を考えている人の中には、引越し業者に頼んで冷蔵庫を運搬してもらう人もいると思いますが、できるだけ安く引越しを済ませたいですよね?

そんな方におすすめなのが「100円引越しセンター」です!
100円引越しセンターでは、条件に合致していれば本当に100円で引越しができるんです。

また、条件に当てはまらない場合でも、一般的な見積サイトよりも安く引越しすることが可能です。
さらに、たくさん来る勧誘メールや電話もなく、あなたにあった1社からしか連絡が来ません!

  1. 条件クリアで100円で引越しができる
  2. メールや電話の対応が楽

など利用するメリットしかない100円引越しセンターですが、“条件”が気になりますよね?
実は以下の3つの条件をクリアできれば、見事100円で引越しをすることができます!

【単身の引越し】

  1. ①2tショート車に積載できる量
  2. ②引越し距離~50km
  3. ③新生活に必要なアイテムの契約

【ファミリーの引越し】

  1. ①2tロング車に積載できる量
  2. ②引越し距離~20km
  3. ③新生活に必要なアイテムの契約

ちなみに、「新生活に必要なアイテムの契約」というのは、以下のアイテムから選ぶことができます。

  1. A.「インターネット(光回線)」
  2. B.「モバイルWi-Fiルーター」 
  3. C.「SoftBank携帯乗り換えor新規」

光回線やWi-Fiルーターなんかは、普通に契約するという方も多いですよね!引越しのついでに契約するだけで③の条件がクリアできるのでかなり良心的です。

また、①と②に関してもクリアするのはそこまで難しくないということもあって、たくさんから申し込みいただいています!

①と③は比較的クリアしやすい条件だけど、②の引越しの距離をオーバーしたらどうなるんでしょうか?

その場合100円で引越しはできなくなってしまうますが、激安で引越しができることに変わりありません!

えっ!どういうことですか?

②の条件を満たせなくても、オーバーした距離分がオプションで加算されるだけで、基本料金は100円と激安なんです!

こんなに安いなら使うしかないですね!

条件が当てはまれば100円で引越しができて、当てはまらなくても安く引越しができる というのが魅力ですね!
100円引越しセンターを利用した方が、他の一括見積サイトを利用するより断然お得です。

あなたの引越しが100円引越しでどのくらいお得になるのか、まずはチェックしてみましょう。
冷蔵庫だけの引越しは、ぜひ「100円引越しセンター」までお問い合わせください。

もちろん普通の引越しのお問い合わせも大歓迎ですよ! 当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

7.まとめ

引越しをするときには、冷蔵庫の中身を整理して最終的には空にする必要がありますが、必要な食材は運搬することもできる点をご紹介しました。

また、水抜きや霜取りなど、引越し前に必ずしなければいけない準備もしっかり解説したので、いつごろから準備すべきなのかも分かっていただけたのではないでしょうか!

冷蔵庫を伴う引越しを激安で行いたいなら、100円引越しセンターがおすすめなので、ぜひ検討してみてください!
そして、お気軽に「100円引越しセンター」へお問い合わせください。

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ