おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越しローン

引越しは最短何日で可能?急な引越しでも格安で行なう方法伝授!

この記事を読むと
・引っ越しにかかる最短日数がわかる
・急な引っ越しの際に業者を見つける方法がわかる
・引っ越しの前と後でやるべき手続きがわかる


引っ越しに関するお客様の不安や、疑問を解決するお手伝いをしている、引っ越しアドバイザーの「シモムラ」と申します。

お客様から寄せられる不安の中に「急遽実家に帰ることになった」「急に転勤が決まった」など、急な引っ越しをせざるを得ない状況になっている方も多くみられます。

急な引っ越しが決まった時気になるのが「引っ越しは最短何日でできるのか?」という部分ではないでしょうか?
「急な引っ越しに対応してくれる業者もいるかな…」という不安もあります。

そこで、この記事では

・引っ越しにかかる最短日数
・物件探しにかかる最短日数
・急な引っ越しに対応してくれる業者探しの方法
・引っ越しに伴う必須手続き

などについて詳しく解説していきます!

引っ越し日程に余裕がない方には必見の内容になっています。

1. 急遽引っ越しが決定!最短何日あれば引っ越しできる?

「今日・明日で引っ越しを行なう必要がある」「1週間以内の最短で引っ越しをする必要がある」など、とにかく最短希望の引っ越しが決まった場合、気になるのが「引っ越しって最短何日でできるの?」という部分ですよね。

これは、家族構成によって必要な時間がまったく異なります。

単身者の場合は、自分の周りの準備さえ終われば引っ越しが可能なので、引っ越し業者が見つかれば最短ですぐにでも引っ越しができます。

しかし、家族の場合はそういうわけにはいきません。皆と足並みをそろえる必要があります。

そこで、この章では家族構成ごとに「最短何日あれば引っ越しが可能なのか」を解説していきます。

1-1.単身者の急な引っ越しの最短日数

引っ越し先が入居できる状態で、電気・ガス・水道などのライフラインの手続きが完了している状態の場合では、同一市内・同都道府県内の引っ越しなら「最短1日
で可能です。

単身者の場合、家族の引っ越しと違い荷物量が少なく短時間で終わらせることができます。

そのため、2月下旬~4月の「繁忙期」シーズンを避けることができれば「最短当日引っ越し」も行なえます。

2月下旬~4月の「繁忙期」シーズンは、どこの引っ越し業者も依頼が殺到しています。

そのため「繁忙期」シーズンは、近距離の引っ越しでも今日・明日の最短引っ越しに対応できる業者を探すのは至難の業。
引っ越し業者を見つけるだけで、早くても1週間ほどみておく必要があります。

1-2.家族の急な引っ越しの最短日数

家族での引っ越しの場合、引っ越しまでの最短日数は家族構成によって異なります。

特に、お子さんがいる場合だと「転校・転園」などの手続きが必要です。

学校側に「転校に必要な書類」を作成してもらう必要もあるため、早くても2週間~1ヶ月ほどの時間は確保しておかなければいけません。

保育園の場合、希望する転園先の空き状況を確認する必要もあるため、転校手続きより時間が必要です。

また、保育園の場合は「認可」「無認可」での違いや、地方自治体によっても制度が異なるため、引っ越し先で「すぐに入園することは難しい」となる場合もあります。

そのため、お子さんがいるご家庭では、引っ越し先へ移動することはできる状態であっても「必要な手続きに時間がかかる」ため、今日・明日といった最短引っ越しを行なうことは難しいといえます。

2. 急な引っ越しでも最短でやってくれる業者を探す方法!

急に引っ越しが決まると、とにかく焦りますよね。

中には「今日・明日にでも最短で引っ越しをする必要がある」という方もいると思います。

引っ越しに時間をかけられず、とにかく最短で引っ越しをしたいという場合には「一括見積もりサービス」を利用しながら「小規模な引っ越し業者へ直接電話をかける」ようにするのが効率的です。

「一括見積もりサービス」か「直接電話する」がどちらか一方だけでも引っ越し業者を探すことは可能ですが、一括見積もりを利用しても、すぐに連絡がくる保証はありません。

他にも「一括見積もりサービス」からは、地域密着型の小規模な引っ越し業者が登録していないこともあり、依頼ができない場合もあります。

また「直接電話する」だけの場合、一件ずつ電話を行なうのが大変です。

そのため、地域密着型の引っ越し業者へ直接電話で問い合わせを行ないながら「一括見積もりサービス」の返信を待つという方法を行なうことで、引っ越し業者を効率よく見つけることができます。

また、可能であれば電話見積もりだけではなく「訪問見積もり」も行ないましょう。

電話見積もりの場合、正確な荷物量や大型荷物のサイズを確認できないこともあり、最悪「トラックのサイズが小さい」といったトラブルが発生する可能性もあります。

トラブルが発生すると予定時間よりも大幅に遅れる可能性もあるので、できれば「訪問見積もり」がおすすめです。

2-1.何社も訪問見積もりをお願いする時間もない時は?

「時間がないから何社も業者を呼べない!」「訪問見積もりはどうしても嫌だ!」という場合は、電話のみで見積もりを行なう必要があります。

電話見積もりの場合「正確な荷物量や大型荷物のサイズなどを把握しづらい」というデメリットがあると前章でお伝えしました。

そのデメリットを少しでも緩和して不要なトラブルを防ぐために、荷物の内容を伝える際は「ベッドが1つ」「2人用のソファーが1つ」というような伝え方はおすすめできません。

電話見積もりの場合は「縦〇cm幅〇cmの2人用ソファーが1つ」と具体的なサイズを伝えるようにしましょう。

具体的なサイズがわかれば、荷物量に合わせた適切なトラックを用意してくれるため「トラックが小さい」「トラックが大きくて、荷物量に対して料金を高く支払うことになった」ということを防ぐことができます。

この時「トラックは横づけできるか」「トラックを停車させた時に車は通行できるか」「エレベーターの有無」などを確認して、引っ越し業者に伝えておくと、より正確な見積もり料金を提案してくれます。

荷物量に対してトラックが大きく、引っ越し料金を払い過ぎるということも抑えられるだけではなく「トラックが小さくて、往復するはめになった」というトラブルも避けることができるので、電話見積もりのみの場合は、具体的に引っ越し業者に伝えるようにしましょう。

3. 最短希望の引っ越しでも安心!格安引っ越し業者紹介

急な引っ越しで最短希望の場合「対応してくれる引っ越し業者が見つからない!」ということがあります。

また「対応はしてくれる引っ越し業者を見つけたけど料金が高い…。」という場合も多くみられます。

少し意地悪な業者だと「少しくらい高くしても断らないだろう」と高めの料金を提案してくることもあります。

「少しくらい高い料金だけど予約がとれるなら…」と妥協する前に、当社「100円引っ越しセンター」へお問い合わせください!

「100円引越しセンター」の条件に合致する方は、引っ越し料金が「100円」という破格の値段で引っ越しが可能です!

気になる条件についてですが「特典サービスへのお申込み」と「当社プラン範囲内での引っ越し」になります。

【特典サービス】

特典サービス
(いずれか1つに加入)
  • ・インターネット回線(光回線)
  • ・モバイルWi-Fi
  • ・SoftBank携帯へ新規or乗り換え(番号そのまま)

【引っ越しプラン】

単身引越しプラン
  • ・1人暮らしの方
  • ・引っ越し距離が50km以内
  • ・2tショート車に収まる荷物量 

詳しくはこちら

ファミリー引越しプラン(2人以上)
  • ・2人以上のカップル・家族の方
  • ・引っ越し距離が20km以内
  • ・2tロング車に収まる荷物量

詳しくはこちら

上の条件を満たしていただくことで、100円という破格の値段で引っ越しができます。

「自分は条件を満たせない…」という方。
ちょっと待ってください!

条件を満たせない場合100円で引っ越しサービスを提供することはできませんが、それでも他社より引っ越し料金を安くご提案することができます!

「なぜ条件を満たせなくても他社より安いのか?」
それは「特典サービス」へお申込みいただくことで、引っ越し基本料金が100円になるからです。

通常、引っ越し基本料金は「トラックのサイズ」「引っ越し先までの距離」「作業スタッフに人数」など、細かい要素を組み合わせて、引っ越し料金がでます。

100円引越しセンター」では、数万円にもなる引っ越し基本料金が「100円」となっているのです!

そして、当社プランから超過した「距離」または「荷物量」に応じて、基本料金に超過料金を上乗せするシステムとなっています。

また、超過料金自体も安くなっているので、他社よりも引っ越し料金を安く抑えることができます。

お見積り・ご相談は、もちろん無料です!
「急な引っ越しでも費用を抑えたい!」という方は「100円引越しセンター」にお気軽にお問い合わせください!

シモムラさん…。今週中に引っ越しを行なう必要があります。対応できますか?

当社の空き状況に応じて柔軟に対応致します!まずはご相談ください!

わかりました。今からでも見積もりのお願いをしたいと思います!

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

4. 賃貸物件の契約は最短で何日必要?

賃貸物件の契約は最短で3~10日は必要です。

物件によっては「即入居可!」と記載している物件もありますが、これは「即日入居ができる」という意味ではありません。
急ぎの引っ越しの場合「即入居可!」という物件をみると飛びつきたくなりますよね。

しかし、この「即入居可」という言葉には注意が必要です。
これは「入居審査を通過したらすぐに入居できる」という意味だからです。

入居審査は、管理会社によって多少前後することもあるが、だいたい3~10日ほどは必要です。

引っ越し需要が高い、春シーズンであれば更に審査完了までの時間がかかります。

そのため「即入居可!」と物件情報に記載があっても、契約を行ないすぐに入居ができるというわけではないので注意が必要です。

5. 超最短な引っ越しでも慌てず手続き!やること一覧

超最短での引っ越しの場合でも、忘れてはいけない手続きがあります。

うっかり忘れてしまって放置していると、新居での生活にも影響がでてくるので、どんなに最短の引っ越しでも慌てていても必ず行なわないといけません。

この章では、忘れてはいけない「引っ越しに伴う手続き」について解説していきます。

5-1.旧居の解約月に支払う家賃

引っ越しを行なう場合、現在住んでいる住居の解約手続きを行ないますが、次の2つを必ず事前に確認しておきましょう。

  • ・賃貸契約の解約は何日前に行なう必要があるか
  • ・解約月の家賃は「日払い」または「月払い」

賃貸物件の契約を解約する場合、ほとんどの物件では30日前までに退去連絡を行なわないといけません。
物件によっては60日前の通知が義務になっていることもあるため、賃貸契約書の内容を確認しておく必要があります。

解約通知の連絡が遅くなると、家賃にプラスして違約金が発生することもあるので注意しないといけません。

特に、急な引っ越しで「1ヶ月以内に引っ越す」という場合、解約通知期間の30日を過ぎていることもあるため、解約金が発生する可能性も高くなります。

そのため、できるだけ早い段階で解約通知を行なうようにしましょう。

他にも、解約月の家賃が「月払い」の場合は、旧居の家賃も1ヶ月分払うことになるので、新居の家賃と合わせて二重に支払うことになります。

「日割り計算」の場合は、退去日まで家賃を1日〇円と計算してくれるため、いつ引っ越しをしても家賃を払い過ぎることはありません。

しかし「月払い」の場合は、旧居に住んでいない場合でも1ヶ月分の家賃を払う必要があるため、退去費用が少し高くなります。

「退去に最低でもどのくらいの費用がかかるのか」ということを把握するためにも「解約通知が何日前までになっているか」「解約月の家賃は月払いか否か」を事前に確認しておくようにしましょう。

5-2.役所での手続き一覧

引っ越しを行なうには、役所で住所変更などの手続きが必要です。
役所で行なう手続きは、引っ越し前と後に1回ずつ出向いて手続きを行ないます。

また、引っ越し先が「同一市内」または「市外」どちらに引っ越しを行なうかによっても、必要な手続きが異なります。

【異なる市区町村への引越し】

役所で手続きできるもの 手続きのタイミング目安
転出届の提出(住民税の手続き) 引越しの2週間前~
印鑑登録の廃止 引越しの2週間前~
国民健康保険の資格喪失届 引越しの2週間前~
転入届の提出 引越し後2週間以内
マイナンバーカードの住所変更 引越し後2週間以内
国民健康保険の加入 引越し後2週間以内
国民年金の住所変更 引越し後2週間以内
印鑑登録 引越し後できるだけ早めに

【同じ市区町村への引越し】

役所で手続きできるもの 手続きのタイミング目安
国民健康保険の資格喪失届 引越しの2週間前~
転居届 引越し後2週間以内
マイナンバーカードの住所変更 引越し後2週間以内
国民健康保険の住所変更 引越し後2週間以内
国民年金の住所変更 引越し後2週間以内
印鑑登録
※政令指定都市で同じ市区町村への転居する場合
引越し後できるだけ早めに

同市内と市外の引っ越しで大きく違う部分は「転出届」を提出するか否かという部分です。

市外への引っ越しの場合は「転出届」が必要になります。
逆に、同市内の引っ越しの場合だと「転出届」ではなく「転居届」が必要です。

何回も役所へ出向くのは面倒なので、引っ越し前と後の2回だけで手続きが完了できるように、事前に役所で手続きに必要な書類を確認しておくことをおすすめします。

5-3. クレジットカード・銀行口座などの手続き

最短での急な引っ越しの場合、市役所での住所変更などの手続きは覚えていても、その他の諸手続きを忘れてしまいがち。

その忘れてしまいがちな手続きの中で、放置していると大変なことになるのが、クレジットカードや銀行口座などのお金が絡む手続きです。

クレジットカードや、銀行から届く重要書類は、郵便局の転送届を出していても「転送不要」となっているため新居には届きません。

クレジットカード会社・銀行に登録している住所に送って届かない場合は、送り先に返送されます。

重要書類が返送された場合、不正利用防止のために最悪「カードも口座も一時的に停止」という事態になることもあるのです。

その場合「本人確認の手続き」など、本来しなくてもよい手続きまで行なう必要があり、余計に手間がかかってしまいます。

そのため、新居での生活に悪影響を与えないためにも、引っ越し後すぐに住所変更の手続きを忘れずに行なうようにしましょう。

クレジットカードの住所変更手続きについてはこちら
「引越し費用をクレジットで!カードの住所変更手続き方法も解説」

銀行口座の住所変更手続きについてはこちら

「引っ越し時の銀行口座の手続き方法!変更しない場合のリスクとは?」

5-4.ライフラインの手続き一覧

引っ越しを行なう場合、ガス・水道・電気といったライフラインの手続きも必要になります。

また、インターネットを利用している場合は、合わせて引っ越しの手続きを行なわないといけません。

行なうべきライフライン関連の手続きとタイミングの目安は次の通りです。

公共料金・ライフライン関連の手続き 手続きのタイミング目安
インターネットの移転・契約解除 引越しが決まったら早めに
電気・ガス・水道の使用停止・開始 引越しの1~2週間前
固定電話の引越し 引越しの2~3週間前
携帯電話・スマートフォンの住所変更 引越し前もしくは引越し後すぐ
郵便の住所変更 引越し前もしくは引越し後すぐ
NHKの住所変更手続き 引越しの1~2週間前

手続き自体は難しくありませんが、手続きが完了するまで数日~数週間必要になる手続きもあります。

後回しにしていると「引っ越し先で電気が使えない!」ということにもなりかねません。
そのため、引っ越し先が決まった段階で手続きを行なうようにしましょう。

「ライフライン関連の必要手続き」について詳しく知りたい方はこちら
「【引越しの手続き全リスト】必要書類から手続きのタイミングまで解説!」

5-5.自動車・バイク関連の手続き

引っ越し後に行なう手続きの1つに、運転免許証や自動車・バイクの住所変更手続きがあります。

引っ越しに伴う自動車・バイク関連の手続きのタイミングや手続きの場所は次の通りです。

自動車・バイク関連の手続き 手続きのタイミング目安
原付自転車の廃車 引越しの2週間前~
運転免許証の住所変更 引越し後できるだけ早めに
自動車の住所変更 引越し後15日以内
原付自転車の住所変更 引越し後15日以内
車庫証明の住所変更 引越し後15日以内
自動車・バイク関連の手続き 手続き場所
原付自転車の廃車 役所の窓口
運転免許証の住所変更 運転免許更新センター
運転免許試験場
警察署
自動車の住所変更 地方運輸局
運輸局支局
自動車検査登録事務所
原付自転車の住所変更 役所の窓口
車庫証明の住所変更 車庫がある土地を管轄する警察署

自動車・バイク関連の手続きは、車庫証明証や車検証の住所変更など行なう手続きが多くあります。

また、自動車・バイク関連などは「住所が変わった場合、速やかに変更の届出を行なう」ことが法律で義務付けられています。

最悪、罰金刑に課せられることもあるので、疑問やわからないことがある場合は、お住まいの地域の陸運局や自動車協会などに問い合わせを行ないましょう。

5-6.学校関連の手続き

お子さんのいるご家庭の場合、転校や転園の手続きを行なう必要があります。
通常、引っ越しを行なう1ヶ月前には、学校や保育園側に連絡をしておくのがよいといわれています。

学校関連やお子さんに関係する手続きには次のようなものがあります。

学校・教育関連の手続き 手続きのタイミング目安
学校の転校手続き 引越しが決まり次第できるだけ早めに
児童手当の住所変更(引越し元) 引越しが決まり次第できるだけ早めに
学校の転入学届 引越し後すぐ
児童手当の住所変更(引越し先) 引越し後15日以内

転校の場合だと、転校先や役所に提出する書類を学校の先生が作成しないといけないため、書類を作成するのに数日ほど時間がかかることもあります。

また、転校先の学校へ出向く必要があるため、引っ越しを急いでいる場合でも転校手続きには、最短で1週間ほどはかかると思っていたほうが無難です。

保育園などの場合は、希望する転園先で空き状況の確認などもあるため、転校手続きより時間がかかることもあります。

地方自治体によって制度も異なるためすぐには入園できず、最悪「来年度からの入園」となることも。
そのため「引っ越し後すぐに保育園に通わせないと困る」という場合は、引っ越しが決まり次第すぐに役所に問い合わせを行なう必要があります。

「学校関連の必要手続き」について詳しく知りたい方はこちら

「【引越しの手続き全リスト】必要書類から手続きのタイミングまで解説!」

6. まとめ

急な引っ越しについてのおさらいです。

  • ・単身の場合、急な引っ越しでも「最短1日で可能」
  • ・お子さんがいるご家庭では手続きの関係上「最短で2週間~1ヶ月ほど」はかかる
  • ・引っ越しを最短で行ないたいなら、ネットの「一括見積もり」と「直接電話」両方を行なう
  • ・どんなに急な引っ越しでも忘れてはいけない手続きがある

引っ越しは、物件探しから引っ越し業者の決定までいろいろと行なうことがあるので、通常は1~2か月前から準備を行ないます。

しかし、最短での引っ越しとなると、しっかりと準備する時間も余裕もなく、精神的・体力的にも負担が大きくなります。

急いでいるからこそ、一度深呼吸をして「事前に確認すべきこと」「必要な手続き」などを整理しましょう。

「やること」を整理することで、次の行動がわかるため焦ることも少なくなります。
そのため、精神的な負担も少なくなり、最短での引っ越し作業もスムーズに進むはずです。

また、急な引っ越しだと、まとまった引っ越し費用を用意するのも大変ですよね。

急ぎの引っ越しでも費用は抑えたいものです。
そんな時は、ぜひ当社「100円引越しセンター」へご相談ください!

そして、他社よりお安く提供できる自信があります。
引っ越し業者をお探しの方はぜひご検討ください!
当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ