100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越し前準備を万全に

離島への引越しってやっぱり高いの?

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

離島への引越しを予定している方、離島への引越し料金の相場ってご存知ですか?普通に引越しするよりも当然高いことは想像がつくと思いますが、実際に幾らかと言われると見当が付きませんよね。

そんな離島への引越しを考えている方で「少しでも安く引越しできる方法はないかな?」と考えられてい方のために、ここでは離島への引越しを安く抑える方法を考えていきましょう!
離島への引越しってやっぱり高いの?

1、「離島への引越し相場ってどれくらい?」

離島への引越しの費用は、通常の引越しと比べると高くなることが一般的です。それは何故かといえば、「フェリーを使う」ところにあります。

離島なので、当然海を渡らなければならず、フェリーを利用しなければ荷物を運べません。

具体的な費用については、荷物の量、引越し先(島)、現在住んでいる場所からの距離がどれくらいなのかなど・・・このような条件によって異なり、その他にも引越し業者の基準がありますので、ハッキリした金額は見積もりを取らない限り分からないでしょう。

また、フェリーが就航している離島なら引越し業者のトラックごと荷物の移動をする事ができますが、フェリー代もかかり1日で作業終了とはいかないのでその分引越し料金は当然高くなってしまいます。

概算見積もりだけでも、数十万、それ以上費用がかかってしまうケースもありますので、普通に引越し業者をさがすより慎重な業者選びが必要になります。

【離島への引越し業者の探し方】

そこで、どのように引越し業者を探したらよいのか?大手の引越し業者なら全国的にネットワークがあるので、引越し先がどこでも対応してもらえるということから依頼しやすいですよね。

ですが、先程から言っている通り、離島への引越しは、一般的な引越しとは別物で、フェリーを使わなければならなかったり、コンテナを使用したりと特別な作業があります。

そんな時は、「引越し業者一括見積サイト」を有効に利用して、対応してくれる業者で出来るだけ安い業者を探していく必要があります。大手や中小引越し業者の見積もりを一斉に集めることができる上に、見積もりを比較検討するだけで簡単に最安値の引越し業者を見極める事ができるのです。

2、「離島へ引越しする際の注意点」

離島への引越しは通常の引越しと違い運送に時間がかかり、思わぬトラブルが起こる可能性があります。注意する項目をいつくか挙げますので、離島へ引越しを予定の際は参考にして下さいね。

➀引越し料金の内訳を知っておく

通常の引越しと比べて、コンテナ輸送など特殊なケースになりますので、どの工程でどれだけの費用がかかるのか、しっかり見積書を確認しましょう。

◇離島への引越し工程
搬出 ⇒ 引越しトラック ⇒ 集荷場でコンテナへ積替え ⇒ フェリーによるコンテナ輸送

➁荷物の梱包

現在住んでいる家から搬出したら、荷物は様々なコースを巡って離島へ到着します。そのため、荷物の梱包が厳重にしてあるかチェックしておきましょう。特に、トラック⇔フェリーの積替えはかなり荷物に負担がかかります。

➂荷物の到着日時の確認

荷物が自宅を出てから離島へ到着する日時はしっかり把握しておきましょう。

➃追跡システムが使えるか

最近一般的になっていますが、荷物を追跡できる追跡システムサービスがあるかどうか確認しておきましょう。特に、台風など自然現象で荷物の到着が遅れることが考えられますので、その際、追跡サービスが使えれば安心ですよね。

以上のように、通常の引越しでは考えられないトラブルが発生する可能性がありますので、特に荷物に関してはしっかり確認しましょう。

3、「まとめ」

地元が離島の方で急きょ、帰省することになったり、田舎の暮らしにあこがれて離島へ移住する方など離島へ引越しをする理由も耳にします。

ただし、離島への引っ越しはどうしても通常の引っ越しに比べると、割高になってしまいますので、まずはインターネットを使って一括見積もりなどを活用し、相場を確認した上で引越し業者を探していくようにするのがポイントですね。

「料金の安さ」だけではなく、引越しサービス内容もしっかり確認した上で、最終的に決めることも忘れずに!