100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越し前準備を万全に

どうする?仏壇の引越し

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

引越し作業も佳境になるころ、仏壇神棚があるご家庭では、

「仏壇と神棚って普通に運んでいいの?」
「なんだか普通に運んではいけない気がする…」
仏壇の引越し知識
と、ご先祖様のことを考えると、普通の荷物と一緒にというのは気が引けてしまいますよね…
実は、仏壇や神棚の引越しには「作法」があるのです。

仏壇や神棚の引越しも、「他の荷物と同様のトラックに載せて運ぶ」ことには変わりないのですが、「作法」は知っておく必要があります。

今回はこの、仏壇や神棚の引越しの「作法」について説明していきたいと思います。

1、「仏壇・神棚の引越し手順と作法」

まず、仏壇や神棚の引越し手順を確認してみると
 

  1. 家から出す前に「精(しょう)抜き(抜魂)」を行う
  2. 最後に旧居から運び出す
  3. 新居では最初に家に入れる
  4. 新居に設置後、「精(しょう)入れ(入魂)」を行う

と、手順はこのようになっていますが、「精抜き」「精入れ」と言われてもピンと来ないですよね?これからご説明していきますね。

➀家から出す前に行う「精(しょう)抜き」とは

引越しのとき家から出す前に、仏壇なら「お寺の住職」神棚なら「神社の神主」へ依頼します。仏壇の場合、檀家になっているお寺があればそちらのお寺にお願いする方が良いでしょう。

そこで、仏壇に安置されている先祖の霊を守っている仏像と、先祖の位牌、そして仏壇から精を抜いてもらいます。
 
「精」のことを宗派によっては「魂(こん)」とも言い、これを抜くことによって「仏像」「位牌」「仏壇」がただの「物」に戻り、後は普通に運べば良いのです。

➁引越しが終わってから行う「精(しょう)入れ」とは

新居に着いたら、仏壇の中に位牌と仏像を前のように安置し、今度は「精入り」を行います。神棚も同じですね。

精を抜いてもらったお寺や神社へお願いする方がベストですが、引越し先が遠方の場合、事前にお願いしておけば同じ宗派のお寺や神社へ連絡してもらうこともできます。
 
ここまでが、丁寧な「仏壇や神棚の引越し作法」になります。また、この作法は引越しだけでなく、古くなった仏壇や神棚を廃棄する際の正式な作法とされていますので覚えておきましょう。

ちなみに、住職・神主に依頼するわけですが、お布施の費用相場は1~3万円程度と言われていますよ。

2、まとめ

ここまで、丁寧な仏壇・神棚の引越し作法についてご覧いただきましたが、あくまで「作法」なので、するしないはご自分で判断されると良いでしょう。

「精抜き」から始まり「精入れ」まで、お寺や神社の手配からお布施、遠方への引越しなら別々に手配しないといけない場合もあります。また、経済的に余裕がない方には難しい判断かと思います。

もし、様々な理由で作法通りに出来ない場合でも、一番大事なのは気持ちです。ご先祖様へ手を合わせてご了解いただけば、新しい門出を喜んでくれるかもしれませんね。