おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

単身引越し

単身引越しは当日でも対応してくれるのか?

急遽の転勤など理由はさまざまですが、緊急事態で今日引越ししないといけない!なんてことになった場合、

「単身引越しって当日できるの?」

と、まず肝心の引越し自体ができるのかが分かりませんよね。
一般的に引越しなら、1ヶ月前くらいに見積もりを貰って、その中から選んで2週間前に予約する必要があります。

単身引越しは当日でも対応してくれるのか?

基本はそうなのですが、単身引越しは荷物の量が少ないと考えられ、当日の依頼でも対応してくれる引越し業者は意外に多い。
また、引越し会社が無理でも、近距離なら他の方法も考えられます。

そこで今回は、単身引越しが当日できる引越し業者と、その他の方法をご説明いたします。

1.当日の単身引越しを引越し業者に依頼できるのか?

当日の単身引越しを引越し業者に依頼できるのか?
まず、単身引越しでも依頼が難しいケースが、引越し業界の繁忙期にあたる3月~4月。
引越し業者のトラックの空きがなく、日程も詰まっているので断られる可能性は高くなります。

しかし、繁忙期以外なら、単身引越しは荷物の量も少ないので、当日急遽の依頼でも引越し業者が対応してくれる可能性は高まります。

そうなれば、直ぐにでも引越し業者を探さなければなりません。その際、利用して便利なのが「一括見積もりサイト」
当日の引越しを依頼するにも、ある程度金額を比較した方がいいですよね。

そこで、引越し業者を絞ったら、直接引越し業者に電話をして交渉するのが重要!
当日引越しは電話での問い合わせが一番。まずはとにかく、電話で引越し会社に相談してみることが大切です。

次に、単身引越しを急いで依頼したい場合は、日本通運の「単身パック当日便」がおすすめです。
これは、車で30分前後の移動距離で、作業開始から終了までが4時間以内を目安とした引越しサービス
つまり、近距離が条件となり、1R~2DKの広さの引越しが目安となっています。

また、単身パック当日便を使うと、

  • ダンボール箱×10個
  • テープ×1個
  • ふとん袋×1袋
  • ハンガーボックス×4個(無料レンタル)

以上の梱包資材を無料で提供してくれるサービスがあります。

しかし、引越し前の荷造りと引越し後の荷解きは自分で行わなければなりません。
基本的に、作業時間が4時間以内となっているので、事前の準備が必要になるわけです。

費用に関しては、見積もりをしなければ分かりませんが、相場として20,000円~が目安と考えておきましょう。

以上のように、単身引越しなら当日の引越しも対応してもらえる可能性は高くなります。
ただし、長距離引越しは当日対応がまず無理なので、あくまで近距離の引越しのみと考えておきましょう。

2.当日単身引越しするその他の方法とは?

単身引越しを当日するには、引越し業者に依頼できれば一番ですが、それが無理なら他の方法を探さなければいけませんよね。

単身引越しを当日する方法として、「赤帽」などの軽貨物運送を利用する方法があります。
こちらも近距離対応になりますが、融通を効かせてくれることが多いので、急な引越しでも対応してくれる可能性は高いです。

一般的な赤帽車の荷台に積み込める最大積載重量は350kg。
公式サイトには、

エアコン1台/スキー1式/机/いす1式/シングルベッド1台/テレビ1台/パソコン1台/冷蔵庫(小)1個/食器棚1台/ダンボール(中)10個

だいたいこの程度の荷物量は運べるとなっています。

次に、料金などは以下の通りですが、地域で異なります。

  • スタート料金 11,560円~(日曜・祝日は料金2割増)
  • 作業時間 2時間以内(2時間を超えると30分毎に1,580円加算)
  • 移動距離 30km圏内
  • 台数 1台
  • 作業人員 1人

目安として、12,000~14,000円が最低料金になります。

ただし、赤帽は原則ドライバーが1人。
そのため、荷物の積み下ろしの手伝いが必要になり、ダンボールなどの提供が無いので、自分で調達して荷造りする必要があります。

以上のように、近距離の引越しで荷物の量が少ない方、多少の肉体労働も大丈夫という方は、赤帽で引越しするという方法もアリではないでしょうか。

3.慌てずその他の手続きも忘れずに!

引越しが決まったら退去連絡をできるだけ早くする
当日の単身引越しでも、役所や公共料金の住所変更手続きは必要ですよね。
忘れてしまうと、引越しした後になって面倒なことになるので、慌てずに手続きは済ませましょう。

◆退去連絡

まずは賃貸物件に住んでいる方は、「解約手続き」が先決。
退去連絡は、基本的にほぼ退去の1ヶ月前となっていますが、事情を説明して手続きを進めましょう。
また、退去立ち会いが必要なケースもあるので、日程も調整しておきます。

◆役所の手続き

役所での手続きは、単身者の場合、住民票や印鑑登録など項目が少ないので、1回で手続きを終わらせるのがポイント。

◆電気・水道・ガスの手続き

公共料金(電気・水道・ガス)の手続きは電話一本。それぞれ領収書や検針票で確認して電話すればOK。
ただし、ガスの場合は新居での開栓立会いが必要になるので、開栓の日程は調整しておきましょう。

大きくは、この3つの手続きは重要なので、慌てふためいて忘れないようにしたいですね。
その他にも、銀行、生命保険、キャッシュカード、携帯電話などは、住所変更手続きが必要なので、引越し後の早い段階で済ませておきましょう。

4.まとめ

単身引越しでも、当日するような状況にならないようにしたいですね。ご紹介した通り、非常に慌しく大変です。
そうはいっても、どうしても当日に引越ししなければいけない方もいます。

そのときは、まず引越し業者に直接電話して相談することから始めましょう。
その際、一括見積もりサイトで検索すれば、候補となる業者がピックアップされるので、とにかく交渉してみることが重要です。

そうでなければ、日通の「単身パック当日便」や赤帽などの方法もあるので、慌てずに進めていきましょう。

引越し業者をお探しなら、まずは100円引越センターへお問合せください。特典サービスの中からひとつをお申込みいただければ引越し料金が100円になります! 他の引越し一括見積もりサイトのように、たくさんの引っ越し会社から電話がかかってくることはありません!

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ