おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越しQ&A 引越し業者の選び方 引越し費用・相場 見積りのコツ・ポイント

長距離(遠距離)引っ越しを安くしたい方【必見】!格安業者紹介

「長距離(遠距離)引っ越しはお金も時間もかかって大変そう」
と感じるのではないでしょうか?

そのため、少しでも安く引っ越しを済ませたいと考えるものです。

しかし、どのようなことに気をつければ安くなるのか分からない方もいるでしょう。

そこでこちらでは、100円引越しセンターで引っ越しアドバイザーを担当するチームの一人「ナカハシ」が長距離の引っ越しを安くするための方法や取り扱う業者などをご紹介します。

長距離の引っ越しを安くするためのポイントは4つです。
1.混載便を利用する
2.コンテナ便は価格を抑えるだけでなくエコにもなる
3.帰り便を扱う業者を探す
4.加入しているクレジットカードの特典を確認する

ここでは、どのプランを使うと一番お得になるのか知るための知識を手に入れましょう。

1、 長距離(遠距離)引っ越し料金の相場は?

引っ越しには多くの費用が掛かります。

特に長距離(遠距離)になると現地までの距離や引っ越しにかかる時間に比例して金額も跳ね上がるため、どのくらいの費用になるのか気になるところです。

業者によっては、倍以上に高い料金設定で見積もりを出してくる業者もあります。

そのため、まずは自身の引っ越し料金の相場を知ることから始めることが重要です。

1-1.【単身】引っ越しの長距離(遠距離)料金相場

単身で長距離引っ越しをする場合の見積もりシミュレーションです。

建物設定は、集合住宅の3階から3階への引っ越しを想定しています。

積み込む荷物は、次の通りです。

  • ・テレビ1台
  • ・冷蔵庫1台
  • ・衣装ケース1個
  • ・洗濯機1台
  • ・エアコン1台
  • ・シングルベッド1台

荷作りや荷解きは自分自身で行い、エアコンの取り付けや取り外しのオプションはつけていません。

距離 通常期平日 通常期休日 繁忙期平日 繁忙期休日
業者 一般 大手 一般 大手 一般 大手 一般 大手
~500km ~80,600円 ~228,000円 ~104,800円 ~246,000円 ~161,200円 ~205,000円 ~201,500円 ~343,000円
500km以上 93,600円~ 226,000円~ 121,700円~ 242,500円~ 187,200円~ 205,400円~ 234,000円~ 348,000円~

1-2.【ファミリー】引っ越しの長距離(遠距離)の料金相場

条件は単身と同じで、3階集合住宅から長距離移動後の3階へ引っ越すシミュレーションです。

積み込む荷物は、次で計算しています。

  • ・テレビ1台
  • ・ソファー1台
  • ・冷蔵庫1台
  • ・電子レンジ1台
  • ・食器棚1台
  • ・食卓テーブルセット1台
  • ・衣装ケース3個
  • ・洗濯機1台
  • ・エアコン2台
  • ・パソコン1台
  • ・本棚1台
  • ・机・椅子1セット
  • ・シングルベッド3台
  • ・自転車3台

荷作りや荷解きは自分自身で行い、エアコンの取り付けや取り外しのオプションはつけていません。

距離 通常期平日 通常期休日 繁忙期平日 繁忙期休日
業者 一般 大手 一般 大手 一般 大手 一般 大手
~500km ~110,000円 ~217,000円 ~144,000円 ~263,700円 ~220,120円 ~217,000円 ~275,200円 ~264,000円
500km以上 123,000円~ 217,000円~ 160,000円~ 288,000円~ 247,000円~ 217,000円~ 307,700円~ 259,000円~

2. 長距離(遠距離)の引っ越しを相場より安くする4つの方法!

長距離や遠距離の引っ越しは金額がかさむため「少しでも料金を抑えたい」と考えるのが普通です。

そこで、長距離や遠距離の引っ越しを少しでも安くする方法を5つご紹介します。

2-1. 混載便(単身者向け)

混載便とは長距離引っ越しに際し1人や1家庭が1台のトラックを使うのではなく、複数の人で一緒に使う方法です。

そのため、トラックの荷台の有効利用になり、通常の引っ越し費用の半額という業者もあります。

なぜ安くなるのかというと、通常1台のトラックを専用で利用しますが、混載便は1台のトラックを複数人で利用するためです。

特に単身の場合は荷物が少なく、トラック1台も必要がないこともあります。

そのような方が混載便を使うと、通常の1台分を使うよりお得な引っ越しになるのです。

そのことからも混載便を利用できるのは、荷物が少なくトラックスペースがあまりいらない単身者ということになるかもしれません。

ただし、いくつか気を付けなければならないことがあります。

  • ・荷物の到着に時間がかかる
  • ・複数の人の荷物と一緒に積むため、積み降ろしのときに紛失したり、破損したりする可能性がある

これらの注意点についてしっかりと理解した上で活用しましょう。

では、ここからは混載便を利用できる引っ越し業者を紹介します。

2-1-1. スター引越センター(ワンルーム用)

スター引越センターのワンルーム用の金額の中には、高速代・保険料が込みになっています。

また、混載便には珍しく追加料金5,000~10,000円を払うことで到着日の指定も可能です。

混載便はワンルーム用ですが、通常の単身引っ越しコースや家族の引っ越しコースもあります。

区間 料金(税抜き)
東京~大阪間 50,000円~
東京~名古屋間 35,000円~
東京~仙台間 40,000円~

参照:スター引越センター

2-1-2. カルガモ引越センター(単身引越し混載便)

カルガモ引越センターの単身引越混載便の料金は、通常料金の60%OFFです。

東京発が主体ですが、それ以外の地域からの受け付けもしています。

長距離プランは「単身引越し混載便」だけではありません。

「家族引越し直行便」が用意されています。

プランにより段ボールのサービス、ハンガーBOXの無料レンタル、自転車・バイクの1台無料搬送などさまざまなものがついていいますので、どれがついているの見積もりのときに確認しましょう。

区間 料金
東京→大阪間(550km) 43,000円~
東京→名古屋間(350km) 34,000円~
東京→仙台間(370km) 37,800円~
東京→福岡間(1090km) 99,000円~

距離表示は、カルガモ引越センターの基準です。
参照:カルガモ引越センター

2-1-3. PRO STAFF

PRO STAFFでは日程や時間・荷物の引き取り日を相談したり、早めに連絡して引っ越し日を確保したりすることで費用を安くできる可能性があります。

家族の引っ越しは荷物量が多く混載便を使えませんが、家族用のコストダウンには「帰り便」が有効です。

区間 料金
関東~関西間 52,000円~
関東~中部間 42,000円~
関東~東北間 55,000円~
関東~九州間 91,000円~
関西~中部間 35,000円~
関西~北陸間 41,000円~
関西~九州間 68,000円~

参照:PRO STAFF

2-1-4. 佐川急便(カーゴプラン)

幅1m×奥行75cm×高さ1.45m(内寸)のカーゴに入る量の荷物を運ぶプランです。

1カーゴに入る荷物量は、テレビ・ニミコンポ・掃除機・パソコン・カラーボックス・座卓・段ボール5個が目安になります。

カーゴの数は荷物量に応じて何台でも増やすことが可能です。

ただし、カーゴが増えるたびに料金が加算されますので荷物量に気をつけましょう。

荷物が少ない方用のカーゴプランのほかに、荷物が多い人向けのトラックとドライバーのみのチャータープランもあります。

区間 料金(1カーゴあたり)
東京~大阪間 29,400円~
東京~愛知間 27,300円~
東京~宮城間 27,300円~
東京~福岡間 37,800円~

参照:SGムービング(佐川急便)

2-2. コンテナ便(単身者+ファミリー向け)

コンテナ便は、列車や船を使って運ぶ方法です。

そのため、引っ越し先までの直行ができません。

そのことにより、引っ越しに要する日数が長くなります。

メリットは混載便より多くの荷物が運べるところと、トラックを使う距離が減るためエコにもなる点です。

一般的なJRのコンテナは積載量5t(12フィート)は、4畳半に入る量の荷物が積める大きさとなります。

目安としては「2tロングトラック1台分」くらいです。

そのため、家族や荷物が多い場合は容量を変えたり、台数を増やしたりする必要が出てくるかもしれません。

コンテナ台数が増えると、トラック輸送より割高になることもあるので注意しましょう。

また、業者によっては独自のコンテナサイズにしているところもありますので確認が必要です。

2-2-1. カルガモ引越センター(家族割引直行便・JRコンテナレール便)

4tトラック1台分の荷物に対応しています。

カルガモ引越センターは、全国の都市に着地点があります。

JRコンテナレール便は、家族割引直行便の中の1つです。

最寄りのJR駅まで運んだ荷物をトラックで目的地まで届けます。

区間 料金
東京→大阪間 81,600円~
東京→名古屋間 69,000円~
東京→仙台間 74,800円~
東京→福岡間 168,000円~

参照:カルガモ引越センター

2-2-2. アリさんマークの引越社(長距離エコ便・長距離エコリーズナブル便)

列車での輸送以外は、アリさんマークの引越社従業員、または強力会社の従業員が作業を行います。

料金は「長距離エコリーズナブル便」<「長距離エコ便」です。

どれくらいの料金になるかは、見積もりを依頼しましょう。

プラン プラン内容
長距離エコリーズナブル便 1.旧居で直接コンテナに荷物を積みこみ、最寄りのJR貨物駅まで輸送する
2.コンテナのまま荷物を新居の最寄り駅まで運ぶ
3.コンテナごとトラックで新居へ輸送する
長距離エコ便 1.旧居でトラックに荷物を積み込み、最寄りのJR貨物駅まで輸送する
2.荷物をコンテナに移す
3.新居の最寄り駅でコンテナからトラックに載せ換えて新居まで運ぶ

2-2-3. 日通(海上コンテナ輸送・鉄道コンテナ輸送)

日通のコンテナ便には通常の鉄道輸送のほかに、珍しい自社航船による海上輸送もあります。

このプランの搬出・搬入を行うのは、日通のスタッフです。

短期間なら、荷物の一時保管をしてもらえます。

海上コンテナと鉄道コンテナのどちらか安いかの見積もりを依頼してみましょう。

プラン プラン内容
海上コンテナ輸送 日通の航船を運行して行うプラン。長距離の中ではリーズナブルな料金ですが、利用エリアや出校日が手限定されます。料金がリーズナブルになるのが特徴です。
鉄道コンテナ輸送 JRの鉄道を利用したプラン。2tと5tのコンテナサイズが選べます。短時間の荷物一時保管も可能です。

2-2-4. ファミリア引越サービス(エコ・コンテナ便)

ファミリアのエコ・コンテナ便の輸送方法には二通りあります。
一つは鉄道、もう一つは海上輸送です。

どちらも500km以上の長距離(遠距離)引っ越しに対応しています。

利用区間 荷物量 トラックでの通常輸送 コンテナ便利用
東京~札幌 3t 320,000円 180,000円
東京~福岡 2t 210,000円 120,000円

特徴は次の通りです。

  • ・繁忙期にも対応
  • ・希望日時に届ける
  • ・ドライバーの人件費や燃料費などを抑えることによりリーズナブルな料金に

参照:ファミリア引越サービス

2-3. 帰り便(単身者+ファミリー向け)

帰り便とは、引っ越しで荷物を運んだ先から営業所などに帰る際にまた荷物を積み込んでから帰路につく方法です。

例えば、東京と大阪間の引っ越しがあったとします。

そのときに、東京から大阪へ引っ越しする便と大阪から引っ越しをする方を同時にシフトに組むのです。

そうすることで帰りのトラックを空で返すこともなくなるため、引っ越し業者にとっても利用者にとってもコストを抑える手段となります。

ただし、いつもあるわけではないので引っ越しの日程に余裕があり、空き状況次第で合わせられる人向けです。

2-3-1. ファミリア引越サービス(帰り便)

ファミリア引越サービスの営業エリア内に引っ越しをする人限定のプランです。

営業エリアは、東京・神奈川の横浜市川崎市中心となっています。

帰り便は不定期運行のため、随時更新される「帰り便 最新スケジュール」を直接問い合わせる形です。

2-3-2. 引越一番(東京帰り便)

東京帰り便で対応しているのは、東京~名古屋間の引っ越しです。

引っ越し一番の通常の引っ越し費用に比べると、50%安くなります。

日程は利用者の方で決められませんが、東京と名古屋の引っ越しを安くできるのが特徴です。

また、預けた荷物を翌日に配達してもらえるように頼むことができます。

2-3-3. PRO STAFF(帰り便)

PRO STAFFの帰り便のシステムは、チャーター便(主にトラックとドライバーだけを契約する方法)の帰りを利用するものです。

各地の同業者との連携を進めて帰り便のトラックを確保しています。

区間 料金
関東~関西間 52,000円~
関東~中部間 42,000円~
関東~東北間 55,000円~
関東~九州間 91,000円~
関西~中部間 35,000円~
関西~北陸間 41,000円~
関西~九州間 68,000円~

参照:PRO STAFF

2-4. クレジットカードの割引を利用する(単身者+ファミリー向け)

長距離や遠距離の引っ越し費用は、高額になります。

そのため、少しでも節約したいと考えるのは自然ではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが自分の所有しているクレジットカードの特典を調べる方法です。

ただし、引っ越し後には速やかに住所変更などの諸手続きを済ませましょう。

これらを忘れると特典が受けられないことがあります。

こちらでは一部のカードをご紹介します。

カード名 特典が受けられる業者 割引率 適用範囲 備考
三井住友カード アート引越センター 30% 車輛費+人件費 3/15~4/10は対象外
オリコカード アート引越しセンター 25% 車輛費+人件費
サカイ引越しセンター 20%
ジャックスカード アート引越しセンター 20% 車輛費+人件費 分割支払い可
サカイ引越しセンター 20%
ハート引越センター 20% 一括支払いのみ
dカード サカイ引越しセンター 100円で3P 車輛費+人件費
MUFGカード アート引越センター 25% 車輛費+人件費 2020年12月29日まで
アリさんマークの引越社 25% 2020年12月30日まで
サカイ引越しセンター 30% 2020年12月29日まで

3. とにかく安く引っ越したい方は「100円引越しセンター」

100円引越センターの見積もりには、特徴があります。

一つは、3つの条件の中から1つをクリアすると100円での引っ越しが実現する点です。
・新居で光回線の新規加入をする
・モバイルWi-Fiの契約をする
・SoftBankの携帯への乗り換え、または新規加入をする

もう一つは、一括見積もり特有の電話勧誘がないことが挙げられます。

なぜかというと100円引越しセンターでは、厳選した1社をご紹介するシステムだからです。

100円引越しセンターのプランは次の2つになります。

・単身引越しプラン

単身限定 2tショートトラック 新居までの距離50km以内

・ファミリー引越しプラン

2人以上 2tロングトラック 新居までの距離20km以内

長距離・遠距離引っ越しの場合、上記のプランでは足りないことが考えられるでしょう。

その場合は、100円をベースとして移動距離や荷物量を勘案した料金を提案します。

そのことにより、どこよりも安い料金でのご利用ができるのです。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

4. 長距離(遠距離)引っ越しの豆知識

長距離引っ越しをする際には、料金を安くする以外にも知っておいた方がよいことがあります。

こちらでご紹介する長距離引っ越しの豆知識は、4つです。

4-1. 日数は余裕を持って

安くなる引っ越しプランをいくつかご紹介しましたが、多くの場合通常の引っ越しよりも日数がかかってしまいます。

少なくとも2日、プランによっては荷物が新居に届くまで2~3週間という場合もあるのです。

トラックに積んで直行で移動する場合の最低限の目安は、次の通りになります。

  • ・東京~名古屋間2日
  • ・東京~大阪間2~3日
  • ・東京~広島3日
  • ・東京~九州間・東京~北海道間4日

上記のことからも、日数は余裕を持って引っ越し業者へ依頼する必要があります。

混載便はトラックに満杯にならないと出発しません。

また、コンテナ便は列車が停車したり、海上から運搬したりするため時間がかかります。

帰り便の場合は本数に制約があることが多いため、引っ越しをしたいときに必ずあるとは限らないのです。

そのことからも、遠くて時間が掛かるということだけではなく、安く済ませるには余裕を持ったスケジューリングをする必要があります。

4-2. 長距離(遠距離)の急ぎの引っ越しの方なら「チャーター便」

安さより早く引っ越しをすませたい人には「チャーター便」という方法があります。

チャーター便なら、長距離や遠距離でのデメリットとなる日数を短縮できるのです。

チャーター便には二通りのものがあります。

1.完全にトラックを貸し切って荷物の搬出・運搬・搬入まで業者に行ってもらう形態
通常の引っ越しのように業者が行ってくれるため、費用が高額になる
2.ドライバーとトラックのみを借り、搬出・搬入は自分たちで行う形態
ドライバーとトラックのみの費用になるため、1.に比べて格安で引っ越しができる

2.は主に近距離や中距離、1.は長距離で使われることが多いのですが、業者によりサービス内容が変わってくるため確認が必要です。

チャーター便にはメリットとデメリットがあります。

<メリット>

  • ・混載便やコンテナ便に比べて引っ越しに掛かる日数が少なくてすむ
  • ・チャーターするため、長距離でも当日に終えられる場合もある
  • ・1台のトラックに自分たちの荷物だけを載せるので、破損や紛失が起きにくい
  • ・混載便より多くの荷物を運べる

<デメリット>

  • ・搬出や搬入を自分たちで行う場合は、人手を手配する必要がある
  • ・混載便に比べて高額になる
  • ・荷物の破損などに対する補償がないこともある
  • ・長距離のチャーター便は取り扱っている業者と取り扱っていない業者がある
  • ・繁忙期には取り扱いがない場合がある

4-3. 当日引っ越し可能距離は100~200km以内

当日に引っ越しが完了できるのは100~200kmといわれています。

この距離の幅は、業者ごとに設定距離が違ったり、荷物量や交通状況が違ったりすることによるものです。

例えば、高速道路が使えない地方の場合は、同じ距離でも時間が多くかかります。

また、朝一番に作業を開始できれば大丈夫な距離も、少しずれこむと無理ということもあるでしょう。

そのため、当日のうちに引っ越し完了を望むなら事前に業者へ可能かどうかの確認をする必要があります。

4-4. 搬入日の立ち会いができない場合は?

基本的には、引っ越しは立ち会いが必須となっています。

しかし、長距離の場合は仕事や家庭の事情で当日に行けないということが起こるかもしれません。

その場合は代理人による立ち会い、または荷物の一時預かりサービスを利用することを考えましょう。

一時預かりは業者によって利用できるところと、できないところがありますので、事前に確認をしておくようにします。

立ち会いが必要な理由は次の通りです。

・荷物の搬出や搬入を監視する
引っ越しは荷物の大移動になるため、破損や紛失・盗難などが起こる可能性があります。そのため、立ち会いをしていないと大きなトラブルに発展する可能性が高くなるのです。引っ越しの当事者・業者にとっても立ち会いは、争いを防ぐための手段となります。

・荷物をどこに置くかの指示を出す
立ち会いをせずに荷物をどこに置くのかをあらかじめ指示していたとしても、100%希望通りになるとは限りません。しかし、引っ越しが終わってから気づいても移動ができないものもあるでしょう。そのようなことにならないためにも指示を出せる人は必要なのです。

5. まとめ

同じ長距離や遠距離の引っ越しをする場合でも、人により求めるものは変わってきます。

自分が安さを求めているのか、あるいは早く引っ越しを終えることを求めているのかを考える必要があるでしょう。

安さを求めるなら混載便・コンテナ便・帰り便などの中から選んでもよいですし、利用しているカードの中にお得な特典があるならカード払いにしてもよいでしょう。

時間的に余裕がないなら、チャーター便を取り扱っている業者を見つけなければなりません。

長距離の引っ越しは高額な上に日程も通常より多く掛かりますから、どこを重視するのかの考えをまとめてから引っ越し業者を探すようにしましょう。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ