おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越しQ&A 引越し業者の選び方 引越し費用・相場 見積りのコツ・ポイント

長距離(遠距離)引っ越しを安くしたい方【必見】!格安業者紹介

私は100円引越しセンターのナカハシと申します。
お客様から「長距離(遠距離)の引っ越しはお金も時間もかかって大変そう」というお声をよく頂きます。

引っ越しでは、移動距離が長ければ長いほど料金が高額になることをご存知だと思います。
しかしできることなら、長距離の引っ越しもできる限り安く済ませたいですよね。

そこで今回は、長距離の引っ越しを安くするための方法や取り扱う業者などをご紹介します。
まずはじめにお伝えすると、長距離の引っ越しを安くするためのポイントは4つです。

  • 混載便を利用する
  • コンテナ便は価格を抑えるだけでなくエコにもなる
  • 帰り便を扱う業者を探す
  • 加入しているクレジットカードの特典を確認する

どんな引っ越し業者・プランを使うと一番お得になるのか、チェックしていきましょう。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

1、 長距離(遠距離)引っ越し料金の相場は?

引っ越しには、多くの費用が掛かります。
特に長距離は距離や時間が長いため金額が跳ね上がるのですが、どのくらいなのでしょうか。

業者によっては、倍以上に高い料金設定で見積もりを出してくることも。
そのため、まずはご自身の引っ越し料金の相場を知ることが重要です。

1-1.【単身】引っ越しの長距離(遠距離)料金相場

単身で長距離引っ越しをする場合の見積もりシミュレーションです。
建物設定は、集合住宅の3階から3階への引っ越しを想定しています。

積み込む荷物と引っ越し料金の相場は、次の通りです。

  • テレビ1台
  • 冷蔵庫1台
  • 衣装ケース1個
  • 洗濯機1台
  • エアコン1台
  • シングルベッド1台

距離 通常期平日 通常期休日 繁忙期平日 繁忙期休日
業者 一般 大手 一般 大手 一般 大手 一般 大手
~500km ~80,600円 ~228,000円 ~104,800円 ~246,000円 ~161,200円 ~205,000円 ~201,500円 ~343,000円
500km以上 93,600円~ 226,000円~ 121,700円~ 242,500円~ 187,200円~ 205,400円~ 234,000円~ 348,000円~

1-2.【ファミリー】引っ越しの長距離(遠距離)の料金相場

条件は単身と同じで、3階集合住宅から長距離移動後の3階へ引っ越すシミュレーションです。
積み込む荷物は、次で計算しています。

  • テレビ1台
  • ソファー1台
  • 冷蔵庫1台
  • 電子レンジ1台
  • 食器棚1台
  • 食卓テーブルセット1台
  • 衣装ケース3個
  • 洗濯機1台
  • エアコン2台
  • パソコン1台
  • 本棚1台
  • 机・椅子1セット
  • シングルベッド3台
  • 自転車3台

距離 通常期平日 通常期休日 繁忙期平日 繁忙期休日
業者 一般 大手 一般 大手 一般 大手 一般 大手
~500km ~110,000円 ~217,000円 ~144,000円 ~263,700円 ~220,120円 ~217,000円 ~275,200円 ~264,000円
500km以上 123,000円~ 217,000円~ 160,000円~ 288,000円~ 247,000円~ 217,000円~ 307,700円~ 259,000円~

2. 長距離(遠距離)の引っ越しを相場より安くする4つの方法!

長距離・遠距離の引っ越しは金額がかさみますが、少しでも料金を抑えたいですよね。

そこで次に、長距離や遠距離の引っ越しを少しでも安くする方法を5つご紹介します。

2-1. 混載便(単身者向け)

混載便とは、トラックを貸し切るのではなく複数の利用者の荷物を一緒に運ぶスタイル。
運送コストを削減できるため、通常の半額でサービスを提供している業者もあります。

単身者や一人暮らしの引っ越しは荷物が少なく、トラック1台も必要がないこともあります。
そのような方が混載便を使うと、トラックを貸し切るよりお得に引っ越しできるのです。

ただ混載便には次のような注意点があるので、ぜひ頭に入れておいてください。

  • ・到着の日時指定ができない場合がある
  • ・複数の荷物を積むため破損のリスクが多少高まる

では、ここからは混載便を利用できる引っ越し業者を紹介します。

↓「単身パック」を使った混載便の関連記事はこちら↓

2-1-1. スター引越センター(ワンルーム用)

スター引越センターのワンルーム用の料金には、高速代と保険料が含まれています
また5,000~10,000円の追加料金を支払うと到着日の指定も可能です。

混載便はワンルーム用ですが、通常の単身引っ越しコースや家族の引っ越しコースもあります。

区間 料金(税抜き)
東京~大阪間 50,000円~
東京~名古屋間 35,000円~
東京~仙台間 40,000円~

参照:スター引越センター

2-1-2. カルガモ引越センター(単身引越し混載便)

カルガモ引越センターの単身引越混載便の料金は、通常料金の60%OFFです。
東京発が主体ですが、それ以外の地域からの受け付けもしています。

また長距離プランは、「単身引越し混載便」以外にも「家族引越し直行便」が利用可能です。

プランにより段ボールやハンガーBOXの無料レンタル、自転車・バイクの1台無料搬送などのサービスもあるので、見積もり時に確認しましょう。

区間 料金
東京→大阪間(550km) 43,000円~
東京→名古屋間(350km) 34,000円~
東京→仙台間(370km) 37,800円~
東京→福岡間(1090km) 99,000円~

参照:カルガモ引越センター

2-1-3. PRO STAFF

PRO STAFFでは荷物の引き取り日時を調整したり、早めに予約すると安くなる可能性も。
家族の引っ越しは荷物が多いため混載便を使えませんが、「帰り便」でコスト削減できます。

区間 料金
関東~関西間 52,000円~
関東~中部間 42,000円~
関東~東北間 55,000円~
関東~九州間 91,000円~
関西~中部間 35,000円~
関西~北陸間 41,000円~
関西~九州間 68,000円~

参照:PRO STAFF

2-1-4. 佐川急便(カーゴプラン)

こちらは幅1m×奥行75cm×高さ1.45m(内寸)のカーゴに入る量の荷物を運ぶプランです。

1カーゴに入る荷物量は、テレビ・ニミコンポ・掃除機・パソコン・カラーボックス・座卓・段ボール5個が目安
カーゴ数は荷物量に応じて追加できますが、その分料金が加算されるのでご注意ください。

またカーゴプランのほかには、荷物が多い人向けにトラックのチャータープランもあります。

区間 料金(1カーゴあたり)
東京~大阪間 29,400円~
東京~愛知間 27,300円~
東京~宮城間 27,300円~
東京~福岡間 37,800円~

参照:SGムービング(佐川急便)

2-2. コンテナ便(単身者+ファミリー向け)

コンテナ便は、列車や船を使って運ぶ方法です。
引っ越し先までの直行できないため、到着に日数がかかります。

メリットは混載便より多くの荷物が運べるところと、トラックを使わないためエコになる点。
一般的なJRのコンテナは積載量5t、4畳半に入る量の荷物が積める大きさとなります。

目安としては「2tロングトラック1台分」くらい。
そのため荷物が多い場合は容量を変えたり、台数を増やしたりする必要が出てくるでしょう。

コンテナ台数が増えると、トラックを貸し切るより割高になることもあります。
コンテナサイズは業者によって異なるので確認が必要です。

2-2-1. カルガモ引越センター(家族割引直行便・JRコンテナレール便)

全国の都市に対応のカルガモ引越センターは、4tトラック1台分の荷物に対応しています。

JRコンテナレール便は、「家族割引直行便の中」の1つです。
最寄りのJR駅まで運んだ荷物をトラックで目的地まで届けます。

区間 料金
東京→大阪間 81,600円~
東京→名古屋間 69,000円~
東京→仙台間 74,800円~
東京→福岡間 168,000円~

参照:カルガモ引越センター

2-2-2. アリさんマークの引越社(長距離エコ便・長距離エコリーズナブル便)

列車輸送以外は、アリさんマークの引越社従業員、または提携会社の従業員が作業します。
料金は「長距離エコリーズナブル便」よりも「長距離エコ便」の方が安いです。

正確な引っ越し料金は、実際に見積もりを依頼しましょう。

プラン プラン内容
長距離エコリーズナブル便 1.旧居で直接コンテナに荷物を積みこみ、最寄りのJR貨物駅まで輸送する
2.コンテナのまま荷物を新居の最寄り駅まで運ぶ
3.コンテナごとトラックで新居へ輸送する
長距離エコ便 1.旧居でトラックに荷物を積み込み、最寄りのJR貨物駅まで輸送する
2.荷物をコンテナに移す
3.新居の最寄り駅でコンテナからトラックに載せ換えて新居まで運ぶ

2-2-3. 日通(海上コンテナ輸送・鉄道コンテナ輸送)

日通のコンテナ便には、通常の鉄道輸送のほかに自社航船による海上輸送もあります。
搬出入をするのは日通のスタッフで、短期間なら荷物の一時保管も可能です。

海上コンテナと鉄道コンテナのどちらが安いのかは、見積もりを依頼しましょう。

プラン プラン内容
海上コンテナ輸送 日通の航船を運行して行うプラン。長距離の中ではリーズナブルな料金ですが、利用エリアや出校日が手限定されます。料金がリーズナブルになるのが特徴です。
鉄道コンテナ輸送 JRの鉄道を利用したプラン。2tと5tのコンテナサイズが選べます。短時間の荷物一時保管も可能です。

2-2-4. ファミリア引越サービス(エコ・コンテナ便)

ファミリア引越サービスのエコ・コンテナ便の輸送方法には、二通りあります。
一つは鉄道、もう一つは海上輸送です。

どちらも500km以上の長距離(遠距離)引っ越しに対応しています。

利用区間 荷物量 トラックでの通常輸送 コンテナ便利用
東京~札幌 3t 320,000円 180,000円
東京~福岡 2t 210,000円 120,000円

また押さえておきたい特徴は次の通りです。

  • 繁忙期にも対応
  • 希望日時にお届け
  • 人件費や燃料費などを抑えてリーズナブルに

参照:ファミリア引越サービス

2-3. 帰り便(単身者+ファミリー向け)

帰り便とは、引っ越し先から戻る際にまた荷物を積み込んで運ぶ方法です。

例えば、「東京」と「大阪」間の引っ越しがあったとします。
その場合東京から引っ越す便大阪から引っ越す便を同時に組むのです。

そうすることで、業者は効率よく依頼を受けられるためコストを抑えることができます。
ただしいつでも自由に利用できるわけではないので、引っ越し日時に余裕がある方向けです。

2-3-1. ファミリア引越サービス(帰り便)

こちらは、ファミリア引越サービスの営業エリア内に引っ越しをする方限定のプランです。
営業エリアは、東京・神奈川の横浜市川崎市中心となっています。

帰り便は不定期運行のため、随時更新の「帰り便 最新スケジュール」を直接確認しましょう。

2-3-2. 引越一番(東京帰り便)

引越一番の東京帰り便で対応しているのは、東京~名古屋間の引っ越し。
通常の引っ越し費用に比べると50%も安くなるところが嬉しいポイントです。

日程は利用者の方で決められませんが、東京と名古屋の引っ越しを安くすることが可能。
また預けた荷物を翌日に配達してもらうこともでき、融通が効くサービスだと言えます。

2-3-3. PRO STAFF(帰り便)

PRO STAFFの帰り便は、チャーター便の帰りを利用するものです。
各地の同業者と連携し、帰り便のトラックを確保するシステムになります。

区間 料金
関東~関西間 52,000円~
関東~中部間 42,000円~
関東~東北間 55,000円~
関東~九州間 91,000円~
関西~中部間 35,000円~
関西~北陸間 41,000円~
関西~九州間 68,000円~

参照:PRO STAFF

2-4. クレジットカードの割引を利用する(単身者+ファミリー向け)

長距離や遠距離の引っ越し費用は、どうしても高額になります。
ですが、できることなら少しでも節約したいですよね。

そこでおすすめなのが、クレジットカードの特典を調べること。
特典を受けるためには速やかに住所変更などの諸手続きを済ませておきましょう

それでは次に、一部のカードの特典や割引率をご紹介します。

カード名 特典が受けられる業者 割引率 適用範囲 備考
三井住友カード アート引越センター 30% 車輛費+人件費 3/15~4/10は対象外
オリコカード アート引越しセンター 25% 車輛費+人件費
サカイ引越しセンター 20%
ジャックスカード アート引越しセンター 20% 車輛費+人件費 分割支払い可
サカイ引越しセンター 20%
ハート引越センター 20% 一括支払いのみ
dカード サカイ引越しセンター 100円で3P 車輛費+人件費
MUFGカード アート引越センター 25% 車輛費+人件費 2020年12月29日まで
アリさんマークの引越社 25% 2020年12月30日まで
サカイ引越しセンター 30% 2020年12月29日まで

3. とにかく安く引っ越したい方は「100円引越しセンター」

100円引越しセンターの画像

「とにかく安く引っ越したい!」
・・・そんなあなたへ朗報です!

100円引越しセンター」では、一定の条件を満たすとたったの100円で引っ越しできます

数万~数十万円もかかる引っ越し料金が100円になれば、負担を大幅に減らすことが可能。
では続いて、引っ越し料金が「100円になるための条件」は次の2つです。

【特典サービス(引っ越しと同時にいずれか1つにお申込み)】

  1. ①フレッツ光回線
    家中のパソコンやスマホを高速の光回線に接続!
    動画もサクサク快適&通信制限知らずに
  2. ②モバイルWi-Fiルータ
    いつでもどこでも高速インターネットが使える!
    工事不要&即日開通の手軽さもうれしい
  3. ③SoftBankの携帯(新規契約or他社から乗り換え)
    他社への携帯乗り換えを考えているなら絶対おトク!
    ソフトバンクは割引キャンペーンが充実していて安い

【100円引越しの諸条件】

単身引越しプラン
  • ・1人暮らしの方
  • ・引っ越し距離が50km以内
  • ・2tショート車に収まる荷物量
  • 詳しくはこちら
ファミリー引越しプラン(2人以上)
  • ・2人以上のカップル・家族の方
  • ・引っ越し距離が20km以内
  • ・2tロング車に収まる荷物量
  • 詳しくはこちら

上記の2つの条件を満たすことで、誰でも「100円」で引っ越しができます。

引越しが100円で済む上に、新生活に必須のサービスを手間なく契約できてイイこと尽くし。
新居でネット回線を契約予定の方、スマホの乗り換えを考えている方にぴったりです!

ではもしも荷物量や引っ越し距離がオーバーしたら、料金はどうなるんですか?

その場合は追加料金が発生しますが、それでも安いことには変わりありません!

えっ!どういうことですか?

100円に超過分が加算されるだけなので、他のどこよりも確実に安く抑えることができるんです。
当社の特別提携先の引越し会社を利用することで、格安で引っ越しできるんですよ。

・・・では続いて、100円引越しセンターの魅力をご紹介!

  • 単身もファミリーも100円で引っ越しできる
  • 便利なサービスを面倒な手続きなく同時契約
  • 厳選した1社のみのご提示によりセールスの電話もなし
  • 提携引越し会社は優良な約20社のみでサービスも安心
  • 引っ越しに必要な梱包材は無料でレンタル可能
  • 不用品引き取りやマイカー輸送などの有料オプションも充実

少しでも気になる方は、まずはぜひお気軽に100円引越しセンターへお問合せを。
ささいなご相談やお見積りだけでも、スタッフ一同お待ちしております!

↓100円引越しセンターの詳細はこちらから↓
当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

4. 長距離(遠距離)引っ越しの豆知識

長距離引っ越しでは、料金を安くする以外にも知っておいた方が良いことがあります。

こちらでご紹介する長距離引っ越しの豆知識は4つです。

4-1. 日数は余裕を持って

安い引っ越しプランをご紹介しましたが、多くの場合通常の引っ越しよりも日数がかかります
少なくとも2日、プランによっては荷物が新居に届くまで2~3週間かかる場合もあるのです。

トラックに積んで直行で移動する場合の最低限の目安は、次の通りになります。

  • ・東京~名古屋間2日
  • ・東京~大阪間2~3日
  • ・東京~九州間・東京~北海道間4日

上記より、日数は余裕を持って引っ越し業者へ依頼する必要があります。
また次のような注意点も頭に入れておきましょう。

  • 混載便はトラックが一杯にならないと出発しない場合も
  • コンテナ便は列車の停車や海上運搬で時間がかかりやすい
  • 帰り便は本数に制約があるため余裕を持って予約を

長距離の引っ越しを安く済ませるには、余裕を持ってスケジュールを立てるのが重要ですよ。

4-2. 長距離(遠距離)の急ぎの引っ越しの方なら「チャーター便」

安さより早さを重視したいなら、日数を短縮できる「チャーター便」がおすすめ。
チャーター便には、二通りのスタイルがあります。

  1. 完全にトラックを貸し切って荷物の搬出・運搬・搬入まで業者に行ってもらう形態
    通常の引っ越しのように業者が行ってくれるため、費用が高額になる
  2. ドライバーとトラックのみを借り、搬出・搬入は自分たちで行う形態
    ドライバーとトラックのみの費用になるため、1.と比べて格安で引っ越しができる

それでは続いて、チャーター便のメリットとデメリットをチェックしてみましょう。

【チャーター便のメリット】

  • 混載便やコンテナ便に比べて引っ越しに掛かる日数が少なく済む
  • チャーターするため、長距離でも当日に終えられる場合もある
  • 1台のトラックに自分たちの荷物だけを載せるので、破損や紛失が起きにくい
  • 混載便より多くの荷物を運べる

【チャーター便のデメリット】

  • 搬出入を自分たちで行う場合は人手を手配する必要がある
  • 混載便に比べて高額になる
  • 荷物の破損などに対する補償がないこともある
  • 長距離のチャーター便は取り扱っている業者と取り扱っていない業者がある
  • 繁忙期には取り扱いがない場合がある

4-3. 当日引っ越し可能距離は100~200km以内

当日に引っ越しが完了できるのは、100~200kmといわれています。

この距離の幅は、業者ごとに設定距離や荷物量、交通状況が違うことによるもの。
例えば、高速道路が使えない地方の場合は、同じ距離でも時間が多くかかります。

また朝一で作業を開始できれば十分な距離でも、少しずれこむだけで厳しい場合もあります。
そのため、当日のうちに引っ越しを終わらせたいなら事前に業者にご確認ください。

4-4. 搬入日の立ち会いができない場合は?

基本的には、引っ越しでは立ち会いが必須です。
しかし長距離の場合、仕事や家庭の事情で当日に行けないケースもあるかもしれません。

その場合は代理人を立てるか、荷物の一時預かりサービスを利用しょう。
また立ち会いが必要な理由は次の通りです。

  1. 荷物の搬出や搬入を監視するため
    引っ越しは荷物の大移動になるため、破損や紛失・盗難などが起こる可能性があります。
    そのため、立ち会いをしていないと大きなトラブルに発展することも。
    引っ越しの当事者・業者にとっても立ち会いは、争いを防ぐための手段となります。
  2. 荷物をどこに置くかの指示を出すため
    立ち会いをせずに荷物をどこに置くのかをあらかじめ指示していたとしても、100%希望通りになるとは限りません。
    しかし、引っ越しが終わってから気づいても移動ができないものもあるでしょう。
    そのようなことにならないためにも指示を出せる人は必要なのです。

5. まとめ

長距離や遠距離の引っ越しも、人により求めるものは変わってきます。
安さを重視するのか、あるいは早さを求めるのかを考えて引っ越し形態を選ぶと良いでしょう。

安さを求めるなら「混載便」「コンテナ便」「帰り便」などの中から選ぶとOK。
時間的に余裕がないなら、「チャーター便」を利用することをおすすめします。

長距離の引っ越しは高額な上に日数も多くかかるので、どこを重視するかよく考えて引っ越し業者をお探しください。

最後に、とにかく格安で引っ越したい方はぜひお気軽に「100円引越しセンター」へ。
オンライン見積もりは無料なので、100円引越しセンターへお問い合わせお待ちしております!

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ