おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越しに必要な手続き 引越しローン 引越し後にやる事 引越し挨拶・ギフト

賃貸アパートからの引越し手順!必要な手続きや引越し後の挨拶マナー解説

賃貸アパートから引越しをする場合、どういった手続きが必要なのか?
「役所関連」「ライフライン」「不動産」「引越し業者」など、どういった手順で手続きを進めたらいいの?

などなど、引越しは頻繁に行うものではないため、何をどうやれば良いのか検討もつかない・・・
といった方達もいるのではないでしょうか?

私は100円引越しセンター、引越しアドバイザーの「ナカハシ」と申します。
引越しアドバイザーとして今までさまざまな利用者の悩みを聞いてきました。

その中で、賃貸アパートからの引越し手順が知りたいという方は多くいらっしゃいました。
また、私自身も経験者で、引越しに伴う手続きやご近所さんへの挨拶など忙しかったのを覚えています。

そこで、この記事では
・賃貸アパートから引越しをする手順一覧!
・賃貸アパートからの引越しで必要な手続き
・賃貸アパートからの引越しで管理会社に確認すべきこと
・賃貸アパートからの引越し費用相場と格安引越し法
・賃貸アパートから引越しするときの挨拶マナー
・賃貸アパートから引越しをするときによくある質問!
について詳しく解説していきます。

この記事を見れば賃貸アパートからの引越し手順から挨拶マナー、そして格安引越し法まで分かるので、ぜひ最後までご覧ください!

1. 賃貸アパートから引越しをする手順一覧!

準備をするタイミング目安 行動内容
  • ・引越しの手続き全般を開始
  • ・物件の管理会社に引越し日を伝える
  • ・不用品の処分を開始する
  • ・引越し業者の見積もりを出す
引越しの2週間前
  • ・引越しの荷造りを開始(余裕をもって行う場合)
  • ・電気・ガス・水道の解約・住所変更手続き
引越しの1週間前
  • ・引越しのあいさつ回り(最近ではしない場合もある)
  • ・冷蔵庫の食物の整理
  • ・引越し先へのあいさつ回りで持参する商品の準備
引越しの2日前
  • ・冷蔵庫・洗濯機の水抜きや霜取り
引越しの1日前
  • ・引越し日のスケジュールチェック
  • ・荷物の最終チェック
  • ・引越しの挨拶
引越し当日
  • ・引越し作業の確認&ガス栓の閉栓の確認
  • ・部屋の退去立ち合い&鍵の返却
  • ・引越し先への移動
引越し後
  • ・引越し後の手続きを行う
  • ・引越し先のご近所さんにあいさつ回りをする
  • ・管理人さんがいる場合は最初にあいさつする

賃貸マンションから引越しするときの手順は上記の通りです。
引越しが決定したら、まずは物件の管理会社や家主に引越しをすることを伝える必要があります。

また、同じ時期に引越しの見積もりも取っておくと良いでしょう。
ある程度引越し準備の余裕がある時期に見積もりをするのがおすすめです。

それ以外には、引越しに伴う手続きも引越しの1か月前には始めておくと良いでしょう。
不用品処分の申込みや役所での手続きなどは平日のみの受付のところも多いので、早めにやっておくことをおすすめします。

また、引越しの1日前には近隣住民に引越しの挨拶をし、引越し後も引越し先の方に挨拶をするのが一般的です。
無理に挨拶をする必要はありませんが、今後のことを考えると近隣の方と関係を深めるのもおすすめですよ!

2. 賃貸アパートからの引越しで必要な手続きとは?

賃貸アパートから引越しをするとなると、さまざまな手続きが必要です。
賃貸物件の退去手続きから、役所関連の手続き・ライフライン関連などやるべき手続きは多いです。

そこでここからは、賃貸アパートからの引越しで必要な手続きを解説していきます。

2-1. 賃貸物件の退去手続き

賃貸アパートからの引越しが決まったら、まず管理会社もしくは家主に退去日を伝える必要があります。

退去日の伝え方のルールは契約書の内容によって異なりますが、一般的には引越しの1か月前、もしくは契約期間満了の1か月前くらいまでに解約通知を提出するか特定の方法で通知することが規定されていることが多いです。

解約手続きは電話やインターネット上で行う場合もあれば、契約期間満了日の近くに送付される解約通知書を提出する必要がある場合もあります。

退去手続きに関しては、契約書に手続き方法や手続き時期の記載があるはずなので、事前に確認しておくことが大事です。

2-2. 役所でできる手続き

役所で手続きできるもの 手続きのタイミング目安
転出届の提出(住民税の手続き) 引越しの2週間前~
印鑑登録の廃止 引越しの2週間前~
国民健康保険の資格喪失届 引越しの2週間前~
転居届・転入届の提出 引越し後2週間以内
マイナンバーカードの住所変更 引越し後2週間以内
国民健康保険の加入 引越し後2週間以内
国民年金の住所変更 引越し後2週間以内
印鑑登録 引越し後できるだけ早めに

賃貸マンションから引越しをするときには、役所で行う手続きを忘れず行う必要があります。

引越し前には、転出届の提出と国民健康保険の資格喪失届を出すようにしてください。
手続き自体は短時間で終わりますし、1回役所に出向くだけで済ませられるので早めに対応しておきましょう。

また、引越し後は転居届・転入届は必ず出しましょう。
それ以外の手続きもこのときに一緒にやっておくと手間が省けるのでおすすめです。

役所に行く前にやるべき手続きをリスト化しておくと忘れることなく手続きができますよ。

2-3. 公共料金・ライフライン関連の手続き

公共料金・ライフライン関連の手続き 手続きのタイミング目安
インターネットの移転・契約解除 引越しが決まったら早めに
電気・ガス・水道の使用停止・開始 引越しの1~2週間前
固定電話の引越し 引越しの2~3週間前
携帯電話・スマートフォンの住所変更 引越し前もしくは引越し後すぐ
郵便の住所変更 引越し前もしくは引越し後すぐ
NHKの住所変更手続き 引越しの1~2週間前

賃貸アパートから引越しをする場合、公共料金やライフライン関連の手続きをする必要があります。

電気・ガス・水道などの契約解除もしくは移転手続きを必ず行いましょう。
また、郵便の住所変更やNHKの住所変更も重要です。

郵便の住所変更は、新住所に郵便物を届けるために必須ですし、NHKの住所変更もしておかないと旧住所の支払いを続けることになってしまいます。

電気・ガス・水道などの手続きは忘れることは少ないですが、NHKや郵便の手続きは忘れやすいので注意しましょう。

2-4. 自動車・バイク関連の手続き

自動車・バイク関連の手続き 手続きのタイミング目安
原付自転車の廃車 引越しの2週間前~
運転免許証の住所変更 引越し後できるだけ早めに
自動車の住所変更 引越し後15日以内
原付自転車の住所変更 引越し後15日以内
車庫証明の住所変更 引越し後15日以内

自動車やバイクを持っている場合は、引越しに伴って手続きを行う必要があります。

運転免許証の住所変更は有名なので知っている方も多いと思いますが、それ以外でも自動車の住所変更や原付自転車の住所変更などが必要です。

手続きに関しては役所の窓口でできるものもあれば、運輸局や警察署・運転免許センターなどで行う必要があるものもあるので確認してから手続きに行くようにしましょう。

手続きの窓口に関しては、以下の通りとなっています。

自動車・バイク関連の手続き 手続き場所
原付自転車の廃車 役所の窓口
運転免許証の住所変更 運転免許更新センター
運転免許試験場
警察署
自動車の住所変更 地方運輸局
運輸局支局
自動車検査登録事務所
原付自転車の住所変更 役所の窓口
車庫証明の住所変更 車庫がある土地を管轄する警察署

2-5. 教育・学校関連の手続き

学校・教育関連の手続き 手続きのタイミング目安
学校の転校手続き 引越しが決まり次第できるだけ早めに
児童手当の住所変更(引越し元) 引越しが決まり次第できるだけ早めに
学校の転入学届 引越し後すぐ
児童手当の住所変更(引越し先) 引越し後15日以内

家族の中にお子さんがいる場合、教育・学校関連の手続きも必要です。

有名なところでいうと転校・転入手続きがありますが、引越し前の学校で書類を受け取る必要もあるので、忘れずにもらっておきましょう。

また、児童手当を現在もらっている場合、引越し先の役所でも申請しないともらえなくなるので、注意が必要です。
とはいえ、役所で手続きができるものが多いので、一度に済ませておきましょう。

2-6. その他の手続き

その他の手続き 手続きのタイミング目安
粗大ごみの処分申込み 引越しの1か月前~
賃貸物件の解約 引越しが決まったらすぐ
保険関連の契約変更 引越しの1か月前~
パスポートの住所変更 場合による
ペットの登録事項変更 引越し後すぐに
(新しく飼育する場合は飼育日から30日以内)
クレジットカードの住所変更 引越し後早めに
銀行口座の住所変更 引越し後早めに
各種登録サイトの住所変更 引越し後早めに

賃貸アパートから引越しをする場合、さまざまな手続きを行う必要があります。
基本的には住所の記載があるものはだいたい手続きが必要です。

クレジットカードの住所変更や銀行口座の住所変更など、重要な書類などが郵送されてくることがあるので早めに手続きをしておきましょう。

また、賃貸物件の解約や粗大ごみの処分申込みなど、引越しに直接関係がある手続きも忘れないようにしてください。

ちなみに、引越しで必要な手続き方法や必要書類などに関しては、以下の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

【引越しの手続き全リスト】必要書類から手続きのタイミングまで解説!

3. 賃貸アパートからの引越しで管理会社に確認すべきこと!

賃貸アパートから引越しをする場合、管理会社に確認すべきことがあります。

例えば、賃貸物件の場合、室内の状態を確認するために立ち合いをすることが多いです。
また、鍵も返却しないといけないため、その返却のタイミングもきになるところですよね。

そこでここからは、賃貸アパートからの引越しで管理会社に確認すべきことを解説していきます!

3-1. 退去の立ち合い日時や鍵の返却方法

賃貸アパートから引越しをする場合、事前に管理会社に退去の立ち合い日時や鍵の返却方法を確認する必要があります。

賃貸アパートの場合、退去したら終わりというわけではなく、住む前の状態に原状回復ができているのか管理会社のスタッフが確認することになっています。

場合によっては壁の傷やカビなどの汚れなどで修繕や清掃が必要な場合もあるため、引越し当日に退去の立ち合いが約20~30分行われることが多いです。

ちなみに、退去の立ち合いは完全に荷物が運び出された後でしか行ってもらえません。
そのため、引越し業者が作業をする時間と退去の立ち合いの時間を考えたうえでスケジュールを立てることが大事です。

3-2. 敷金・礼金の精算方法

賃貸アパートの場合、敷金や礼金を設定しているところも多いです。

敷金というのは家賃滞納や修繕費用に備えて事前に支払っておく保証金のことをいいます。
修繕や家賃滞納がなければ引越し後に返金される場合が多いです。

ただし、契約内容によっては自動的に敷金がハウスクリーニング代に充てられることになっており、返金されないケースもあるので契約段階でしっかり確認しておく必要があるでしょう。

礼金に関しては、家主へのお礼の気持ちを込めたお金であるため返ってきません。
ただし、最近では敷金・礼金ともに0円のところも増えてきています。

ちなみに、敷金・礼金の費用相場でいうと両方とも家賃1~2か月分程度であることがほとんどです。
敷金・礼金に関していうと決して安ければいいというわけではありません。

敷金・礼金0円もしくは安いというところは、費用がかからない分修理などが行き届いていない場合もあるので注意が必要です。
ある程度管理されている物件は、少なからず敷金が設定されているので、確認してみると良いでしょう!

4. 賃貸アパートからの引越し費用相場と格安引越し法!

賃貸アパートから引越しをするなら、できるだけ安く引越しをしたいですよね。
ただ、そのためにはまずは引越しの費用相場を確認する必要があります。

そこでここからは、賃貸アパートからの引越し費用相場と格安引越し法を解説します。

4-1. 引越し業者を使う場合の費用相場

引越し業者を利用する場合、引越しの距離や荷物の量、作業人数によって費用が変わります。
引越し業者を利用する場合は一般的には以下のような費用相場となっています。

【人数別の引越し費用相場】

費用相場
単身引越し 約3~5万円
2人引越し 約7~10万円
4人引越し 約12~15万円

【距離別の引越し費用相場】

【移動距離】 単身 2人引越し 4人引越し
15㎞未満(市区町村内) 約3万~4万円 約6~8万円 約9~11万円
50㎞未満(都道府県内) 約4万円 約6~8万円 約9~11万円
200㎞未満(同一地方内) 約5万円 約7~10万円 約10~15万円
500㎞未満(近隣地方) 約5~7万円 約13~18万円 約17~20万円
約20~23万円 約16~18万円 約6~8万円 500㎞以上(遠距離地方)

このように、引越し費用は引越し距離や人数によって大きく変わります。
特に移動距離が200㎞を超えるあたりから引越し費用が高くなりやすいです。

また、引越し費用に関しては繁忙期である3・4月は料金が割高になりやすく、一般的には通常時期の1.5倍程度の料金になるので注意しましょう。

引越しの繁忙期を避けられる場合は避けるようにして、引越し業者の各プランの中から自分に合ったものを選択するようにしてください。

4-2. 赤帽を使う場合の費用相場

賃貸アパートから引越しをする場合、引越し業者ではありませんが赤帽で引越しをすることも可能です。
赤帽は短距離引越しに向いている引越し方法で、以下の料金で引越しをすることができます。

【赤帽の引越し料金相場】
作業時間2時間以内/走行距離20㎞以内/13,750円
※土日祝は2割増し
※繁忙期は1割増し
※移動距離によって料金に変動アリ

赤帽は基本的に短距離引越し向けの引越し法で、作業時間も料金に関係してくるので、単身者など荷物が比較的少ない方におすすめです。

また、赤帽の軽トラックは以下の例くらいの荷物であれば積み込むことができます。

【赤帽のトラックに詰め込める荷物の例】
・エアコン1台
・スキー1式
・机・いす1式
・シングルベッド1台
・テレビ1台
・パソコン1台
・冷蔵庫(小)1個
・食器棚1台
・ダンボール(中)10個

短距離引越しで荷物が少ないのであれば、引越し業者を利用するより赤帽の方が安い場合があります。
見積もりを取ってみて安い方で利用するのも良いでしょう。

4-3. 一括見積もりサイトを活用

賃貸アパートからの引越しを安くするためには、一括見積もりサイトを活用するのがおすすめです。

一括見積もりサイトは無料で利用することができ、一度必要事項を入力するだけで複数社の見積もりを取ることができます。
そのため、1社1社連絡をして連絡事項を伝える手間がかかりません。

また、一括見積もりサイトの場合、地域密着型の業者なども対象になっている場合があるため、本当に安い引越し業者を選択することができる点も魅力です。

ただ、一括見積もりサイトを利用すると、大量の勧誘メールや電話がきてしまうというデメリットもあります。

一度に複数社見積もりができるのは良いのですが、見積もり終了後もたくさんの電話・メールがくることがあり、対応に困るという声も多く耳にします。

ちなみに、一括見積もりサイトの弱点を克服したサイトが「100円引越しセンター」です。
100円引越しセンターなら、1社のみの見積もりなので大量の勧誘メール・電話に悩むことはありません。

100円引越しセンターについては、以下の項目で詳しく紹介していきますね!

4-4. 格安で引越しをするなら【100円引越しセンター】

賃貸アパートからできるだけ安く引越しをしたい方は「100円引越しセンター」がおすすめです。
100円引越しセンターを利用すれば、3つの条件をクリアするだけで引越し費用が100円になります。

3つの条件というのは、引越しの距離・荷物の積載量・指定されたアイテムの契約に関するものです。

【単身の引越し】

  1. ①2tショート車1台に積載できる量
  2. ②引越し距離~50km
  3. ③新生活に必要なアイテムの契約

【ファミリーの引越し】

  1. ①2tロング車1台に積載できる量
  2. ②引越し距離~20km
  3. ③新生活に必要なアイテムの契約

引越し距離・荷物の積載量に関しては、短距離引越しで一般的な荷物量であれば十分満たせる条件だといえます。

また、100円引越しセンターの場合、もし条件をクリアできなくても基本料金100円+オーバー分の追加料金を支払うだけでOKなので格安には変わりありません!

ちなみに、アイテムに関しては以下の3つから選択して契約することができます。

  • A. 「インターネット(光回線)」 
  • B. 「モバイルWi-Fiルーター」 
  • C. 「SoftBank携帯乗り換えor新規」

インターネットやWi-Fiは引越し先でも利用しやすいので、契約する方も多くいらっしゃいます。
また、もしアイテムの契約ができないという場合も格安で引越しができるのでお得です。

一括見積もりサイトで安く引越しができる業者を探したいのですが、迷惑電話やメールは嫌なんですがどうにかなりませんか?

100円引越しセンターなら1社のみの見積もりですし、たくさん勧誘電話・メールが来ることもありません。

それはいいですね。料金はどうなのですか?

最安値で100円で、条件をクリアできなくても格安で引越しができます。

それは魅力的ですね。

このように、100円引越しセンターは最安値100円で引越しができるだけでなく、迷惑電話やメールに悩まされることもありません。また、条件を満たせなくても格安で引越しができるので、幅広い方におすすめできるサイトです。

見積もりも無料なので、ぜひお気軽にお問合せください!
当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

2. 賃貸アパートから引越しするときの挨拶マナー

賃貸アパートから引越しをする場合、挨拶をするかしないか迷う方も多くいます。
実際、最近では挨拶をしない方も増えてきていますが、慣習として挨拶をする文化は残っています。

そこでここからは、賃貸アパートから引越しをするときの挨拶マナーを解説していきます。

5-1. アパートへの引越し時は挨拶する?しない?

賃貸アパートから引越しをするときには、引越し前に挨拶をしておくといいでしょう。

引越しをするときには準備や運び出し作業時に近隣住民に迷惑をかけることもあります。
そのため、あらかじめ引越しをすることを知らせておくことでトラブルを防ぐことができるのです。

ちなみに、引越し前の挨拶は両隣と上下の4部屋に挨拶に行くのが基本といわれていますが、挨拶に行くのが気が引けるという場合は両隣だけでも挨拶をしておくと良いですよ。

また、引越し先でも挨拶をするのが基本です。

引越し先が賃貸アパートなら両隣と上下の4部屋に、引越し先が一軒家の場合は両隣と向かい3軒に挨拶するのが基本といわれています。

ただ、最近では挨拶をしないという方も増えています。
従来のように地域住民とのかかわりを持たない人が増えてきていることや、防犯の観点から挨拶をしないという方もいるようです。

女性の一人暮らしなどの場合は無理に挨拶をする必要はありませんが、挨拶をして地域住民と顔見知りになっておくことでいざというときに頼りやすいというメリットがあることは知っておくと良いでしょう!

5-2. 挨拶時には貰っても困らない粗品を渡すのがマナー

引越し前・引越し後に挨拶に行くときには、もらっても困らない粗品を渡すのがマナーです。

粗品はお菓子や洗剤、石鹸など1,000円以内の品物を選ぶのが一般的で、賞味期限が短いものや生ものなどは避けるようにしてください。

また、粗品を渡すときには袋に入れて渡すようにして、もし家主が不在である場合は日時を変えるか挨拶メッセージを書いた手紙を郵便受けに入れておくと良いでしょう。

ちなみに、不在時にドアノブに粗品を置いて帰る方がいますがおすすめしません。
外に放置されたものを嫌う方もいますし、食べ物などは放置すると衛生上問題があります。

家主が不在の場合、改めて別の日に訪れるか粗品は諦めてメッセージだけ郵便受けに入れておくようにしてください。

6. 賃貸アパートから引越しをするときによくある質問!

賃貸アパートから引越しをするときによくある質問として

「月またぎで引越しをする場合の家賃精算はどうなる?」
「退去時に別途費用がかかることがあるってホント?」

というものが多いです。
そこでここからは、賃貸アパートから引越しをするときによくある質問を解説していきます。

6-1. 月またぎで引越しをする場合の家賃精算はどうなる?

引越しをするときには月の途中で引越しをしなければいけないケースもあります。
こうした場合は一般的に日割り・月割り・半月割りで家賃が精算されることが多いです。

【引越し時の家賃精算方法】
日割り:家賃を1日単位で精算する方法
月割り:月をまたいだらその月の家賃を全額支払う方法
半月割り:15日までに引越した場合は家賃の半額、15日を過ぎれば全額支払う方法

家賃の精算方法に関しては、契約書に記載されていることが多いですが、もし記載されていない場合は管理会社に確認する必要があります。

6-2. 退去時に別途費用がかかることがあるってホント?

賃貸アパートから引越しをする場合、引越し費用以外にも別途ハウスクリーニング代や修繕費が必要な場合があります。

普通に生活する分には追加料金が発生することはほとんどありません。
ただ、賃貸アパートは引越し時に原状回復する必要があるため、場合によってはハウスクリーニングや修繕工事が必要な場合もあります。

また、一般的には敷金がこの費用に充てられる場合が多いですが、あまりに費用が掛かった場合は別途料金を請求されることがあるので注意してください。

引越し時に余分な費用を請求されないためにも、賃貸アパートの部屋はきれいに使うようにしましょう!

7. まとめ

賃貸アパートから引越しをする場合、まずは物件の管理会社に退去日を伝える必要があります。
その後も、ライフラインの手続きや引越し業者の選定など、引越し日までにやるべきことは多いです。

また、引越しをするときには、近隣住民の方への挨拶もしておいた方が良いでしょう。
もちろん、最近では挨拶をしないという方も増えてはいますが、しておいた方がいざというときに協力してもらいやすいです。

ちなみに、賃貸マンションからの引越しを安くするなら、100円引越しセンターがおすすめです。
最安値100円で引越し可能で、条件を満たすことができなくても格安で引越しができます。

見積もりは無料なので、ぜひお気軽にお問合せください!

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ