おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越し後にやる事

引越すときのWi-Fiはどうするのがおすすめ?損をしない方法

引越すときのWi-Fiはどうするのがおすすめ?損をしない方法

こんにちは!引越しアドバイザーのナカハシです。引越しをするときには、現在の物件で契約しているWi-Fiをどうするか悩みますよね…

  • 「移転をして同じインターネット回線(Wi-Fi)を使った方がお得?」
  • 「今、契約しているインターネット回線を解約して、新しく引越し先で契約すべき?」
  • 「引越し先で使うのにおすすめのWi-Fiは?」

特に料金面や速度で悩む方が多いみたいですね。

Wi-Fiは失敗しても取り返しがきかないので慎重に選ぶことが大事になります。

そこでこの記事では

  • 引越し先のWi-Fiを移転するか、解約新規のどちらにするかの判断基準
  • Wi-Fiの移転や解約新規の費用相場
  • 引越し先で契約するおすすめのインターネット回線(Wi-Fi)

などを解説していきます。

この記事を読めば、引越す際のWi-Fiをどうすればいいかわかります。

目次

1. 引越し先のWi-Fi(ネット回線)を使う方法は4つ
2. 引越し先にWi-Fiを移転・新規契約する前の注意点
3. 引越し先へのWi-Fiの移転・新規契約でかかる費用
4. 引越し先で現在の回線を移転、もしくは解約して新規契約のどちらがおすすめ?
5. 引越し先でのおすすめ固定回線Wi-Fiランキング3選
6. 引越し先でのおすすめモバイルWi-Fiランキング3選

7.格安引越し&Wi-Fi契約なら【100円引越しセンター】

8.まとめ

1. 引越し先のWi-Fi(ネット回線)を使う方法は4つ

引越し先のインターネット回線の選択肢は4つあります。

  • 現在契約している回線を移転する
  • 新しくWi-Fiの契約をする
  • 引越し先のマンションなどで無料Wi-Fiを利用する
  • モバイルポケットWi-Fiを利用する

特に現在のWi-Fiを移転するか、解約して新しく契約するか悩む方が多いですね。ではネットを契約する際の選択肢を解説していきます。

1-1. 現在契約している回線を移転する

引越し先でもWi-Fiを使いたい場合、現在契約しているネット回線をそのまま引越し先で使う(移転)ことが可能です。

移転手続きは契約している回線事業者、プロバイダに連絡をし、移転したい旨や新住所など必要な情報を伝えます。

移転でも新しい物件先で工事が必要な場合があるので、引越し日の1か月前に連絡して詳細を早めに聞いておきましょう。

特にネット移転の工事は3月~4月の繫忙期だと混雑することが多いので注意です。

申込んでからすぐに回線工事が行われるわけではないので、引越し先で早くインターネットが使いたいときは早めに連絡するかモバイルWi-Fiを臨時で利用すると良いでしょう。

※モバイルWi-Fiに関しては、現在契約しているプロバイダが一定期間レンタルしてくれるサービスを行っている場合があります。

移転のメリットは手間がほとんどないことです。とにかく面倒な方におすすめですね。ただ、キャッシュバックなどの対象になることは少ないです。

1-2. 新しくWi-Fiの契約をする

現在のインターネット回線を解約して引越し先で別のインターネット回線(Wi-Fi)を新規契約する方法が2つ目になります。

解約や新規契約手続きの方法はプロバイダによって異なりますが、インターネット上や電話で手続きができることが多いです。

契約の流れとしては、以下の通り。

  1. 現在の契約事業者に「別の回線に乗り換えたい」と伝え、解約手続きを取る
  2. 新しく新規契約予定の事業者に連絡をし、契約をする
  3. 工事日や契約内容を確認する

事業者に連絡を何度かしないといけないので少し手間になりますね。

開通まではだいたい申込みから1~2か月かかります。

3月~4月の繁忙期だとさらに時間がかかるので注意してください。

引越し後すぐにインターネットを使いたい場合は早すぎるぐらいのタイミングで申し込むことをおすすめします。

インターネット回線の解約新規は手間がかかりますが、キャッシュバックなどのキャンペーンが多いです。
お得に契約したいなら移転よりも解約新規がおすすめですよ。

1-3. 引越し先のマンションなどで無料Wi-Fiを利用する

マンションやアパートの中には建物全体でWi-Fiを通しているところがあります。

住人であれば、無料でWi-Fiを利用できます。

特に最近ではインターネット環境は必須な方が多いので、Wi-Fiを無料で使えることを売りにしている物件も多いです。

無料でインターネット環境が使えるので、費用をかけたくない方にはありがたいですよね。

ただし、無料Wi-Fiは同じマンションの方が同時に使用すると回線が遅くなります。

無料Wi-Fiは固定回線よりも速度が遅いので、WEB会議やオンラインゲームには向きません。

1-4. モバイルポケットWi-Fiを利用する

4つ目はポケットWi-Fiを使う方法。

モバイルWi-Fiは回線工事なしで利用を開始できるので、すぐにインターネットを使いたい方におすすめです。

また、モバイルWi-Fiはコンパクトで持ち運びやすく、出先でも使えるメリットがあります。

インターネットを無制限に使えるものもありますが、動画のダウンロードなどで短期間で一気に使うと通信速度が低下するようになっています。

通信速度はスマホと同じぐらいなので、インターネット回線の開通が間に合わないときの対策として使うぐらいがいいでしょう。

2. 引越し先にWi-Fiを移転・新規契約する前の注意点

ここからは引越し先にWi-Fiを移転、新規契約する場合の注意点をお伝えしていきます。

インターネット回線の契約には工事費や解約金など思わぬところで料金がかかります。

2-1. 【新規契約】現在契約しているWi-Fiがあれば契約内容を確認しておく

現在契約している光回線(Wi-Fi)を契約している場合、必ず契約内容を確認しましょう。

特に確認したいところは以下の3つです。

  • 2年or3年契約の途中かどうか、途中だと解約金がかかる
  • 工事費の残債があるか、残っていると支払う必要がある
  • 月額料金がいくらかかっているのか

契約内容次第では解約金や工事費の残債で支払いが発生してしまいます。

月額料金がわかれば次のWi-Fiと比較して高いか安いかわかりますよね。

解約金や残債が残っていてもソフトバンク光などは解約金などを全て免除するお得なキャンペーンをやっていることもあるのであきらめずに確認してみましょう。

2-2. 【移転】エリアが西日本と東日本で変わると移転できない

移転の場合は引越し先の場所に注意が必要です。

基本的にインターネット回線は西日本と東日本とエリアが分かれており、エリアをまたぐ移転はできません。

現在の回線を引継ぎたくても引越し先のエリアが違うと解約をして新規契約をするしかないのです。

エリアが変わる場合は面倒ですが、新規でキャッシュバックが受け取れるところを選びましょう。

2-3. 【移転・新規契約】使う予定のプロバイダが引越し先で対応しているか確認する

引越し先のWi-Fiを移転・新規契約する場合、あらかじめ利用したいプロバイダが対応しているか確認しておく必要があります。

固定回線のWi-Fiを使用する場合、建物によっては該当の回線に対応していないこともあります。

また、物件によっては回線工事ができないといった規定があるので注意が必要です。

引越す前に引越し先で契約するプロバイダが対応しているか確認しておきましょう。

2-4. 【移転・新規契約】工事費がかかるか確認

Wi-Fiの移転、新規契約ともに新しい物件で工事費の有無をみておきましょう。

基本的に新しい物件では工事費がかかります。

ただ、ほとんどの事業者が工事費無料キャンペーンをしています。

例えばソフトバンク光だと他社への違約金・工事費満額還元キャンペーンがあります。

これは他社でかかる解約金と工事費残債をすべて返金するものです。

お得なプロバイダはいくらでもあるので面倒くさがらずに調査することをおすすめします。

3. 引越し先へのWi-Fiの移転・新規契約でかかる費用

引越し先へWi-Fiを移転・新規契約をする場合、どうしても工事費などがかかります。

また、現在契約している固定回線がある場合には、解約金が発生することもあるでしょう。

そこでここからは、引越し先への固定回線の移転・新規契約でかかる費用を解説していきます。

3-1. 現在のインターネット回線(Wi-Fi)の解約費用相場

引越し先でWi-Fiの新規契約をする場合、今現在のWi-Fiを解約する必要がありますが、解約金がかかる場合が多いです。

解約金はプロバイダによって異なりますが、主に以下の通りです。

  • 【固定回線Wi-Fiの解約金の費用相場】
    全体相場:約11,000~33,000円
【ソフトバンク光】 解約金
2年自動更新プラン(契約満了月以外で解約した場合) 10,450円
5年自動更新プラン(契約満了月以外で解約した場合) 16,500円
【NURO光】 解約金
解約金 10,450円
【so-net光プラス】 解約金
解約金
(契約更新期間以外の月に解約または退会する場合)
22,000円

このように、契約期間内の解約だと解約金がかかることが多いです。

費用を抑えることを考えれば、できれば解約金がかからない契約満了時に解約するのが良いでしょう。

3-2. Wi-Fiの新規契約でかかる費用相場

引越し先でもWi-Fiを使いたい場合、移転・新規契約に伴う回線工事が必要であれば回線工事費用がかかります。
回線工事費用はプロバイダによって異なりますが、おおむね以下の通りです。

  • 【回線工事の費用相場】
    全体:約7,700円~44,000円
【NURO光】 基本工事費 割引サービスの有無
新規契約の場合 44,000円 割引特典あり(2020年7月現在)
移転の場合 実質無料 割引サービスで実質無料
(2020年7月現在)
【so-net光プラス】 基本工事費 割引サービスの有無
新規契約の場合 26,400円 割引特典あり
(2020年7月現在)
移転の場合 同じエリア(東日本/西日本)への引越し:9,900円
異なるエリアへの引越し:26,4000円
割引サービスで実質無料
(2020年7月現在)
【ソフトバンク光】 基本工事費 割引サービスの有無
立ち会い工事ありの場合 26,400円
室内工事のみの場合 9,600円

プロバイダの中には、引越しをして移転する方に向けて工事費が実質無料になるキャンペーンをしていたり、工事が行われるまでモバイルWi-Fiをレンタル(有料)できるところもあります。

引越しするときに利用しやすいサービスやキャンペーンもあるので、ぜひ自分に合うものを選んでみてください!

4. 引越し先で現在の回線を移転、もしくは解約して新規契約のどちらがおすすめ?

Wi-Fiの移転や新規契約について説明してきましたが、結局どちらを選べばいいか難しいですよね。

それぞれの状況によっても異なるので、どれが正解かは分かりませんが、おすすめの選び方はあります。

そこでここからは、移転、新規契約の判断基準について解説していきます。

4-1. 解約金をかけたくない【移転】

解約金をかけたくないのであれば、移転手続きをした方がお得です。

移転であればキャンペーンなどを利用すれば、工事費用を負担しなくて済みます。

また、手続き自体も申込みをするだけで新たに必要事項を細かく記入したりしなくて済むので楽です。

  • とにかく面倒な手続きをしたくない方におすすめ

4-2. キャッシュバックなどの特典を受けたい【新規契約】

エリアをまたいだ引越し(西日本・東日本)や割引などの特典を受けたい場合は新規契約がおすすめです。

エリアをまたぐ引越しは、現状の回線を解約してから契約しなおす必要があります。

また、新規契約者向けに割引キャンペーンや工事費無料キャンペーンなどを行っているプロバイダも多いので、割引を利用してお得にWi-Fiを使いたい方におすすめです。

  • キャッシュバックや工事費無料キャンペーンなどで手間をかけてもお得に契約したい方におすすめ

4-3. 回線工事をしたくない場合は【モバイルWi-Fi】

回線工事をしたくない場合はモバイルWi-Fiがおすすめです。

モバイルWi-Fiは工事なしで申込みを行ったらすぐに利用できます。

また、携帯型なので外出先でも使用できるため、カフェなどで仕事をするフリーランスの方などにも人気があるWi-Fiです。

月々約3,000~4,000円で利用できるので、固定回線Wi-Fiを利用するよりも安いのが魅力ですね。

ただ、通信の安定性は若干劣るので、固定回線の工事を待つ間に利用するのも1つの手ではあります。

  • 工事する時間がない、工事までの繋ぎにしたい方におすすめ

5. 引越し先でのおすすめ固定回線Wi-Fiランキング3選

Wi-Fiにはおもに「固定回線Wi-Fi」と「モバイルWi-Fi」がありますが、固定回線Wi-Fiを設置する方が多いです。

固定回線Wi-Fiは、インターネット回線(光回線など)などを活用するタイプのWi-Fi。

そこでここからは、固定回線Wi-Fiのおすすめランキング3選を解説していきます。

5-1. 回線速度を重視するなら【NURO光】

回線速度を重視するなら「NURO光」がおすすめです。

NURO光は通信速度が光回線の中でも最速級の2Gbps(通常は1Gbps程度)なので、スムーズにインターネットや動画視聴などを楽しめます。

また、同時にスマホやPCで使用しても速度が遅くなることはありません。

NURO光の料金プランは以下の通りです。

【NURO光G2Vプラン】 料金 その他情報
月額基本料金 4,743円
基本事務手数料(初期費用) 3,000円 一部の申込み特典で申し込んだ場合無料
基本工事費(初期費用) 40,000円 申込み特典で実質無料
その他サービス 無料 Wi-Fiルーターの無料レンタル
セキュリティサービス5台まで無料など
【割引サービス】
1年間ずっと月額料金980円(他の特典との併用は不可)
※工事費実質無料
※設定サポート無料

NURO光は通信速度が速いですが、料金は一般的な相場と変わりません。

ただ、NURO光は月額が1年間980円になるキャンペーンをやっているので、かなりお得です。

キャンペーンは予告なく終了する場合があるので注意しましょう。

5-2. ソフトバンクのスマホを利用者なら【ソフトバンク光】

ソフトバンクのスマホを利用している、現在の回線から安く乗り換えるなら「ソフトバンク光」がおすすめです。

ソフトバンク光の基本料金は相場と変わりませんが、ソフトバンクの携帯・スマホを使っている場合はお得になります。

また、工事費や解約金が還元され、キャッシュバックがもらえるキャンペーンをやっているので、費用をかけずに乗り換えが可能です。

【ソフトバンク光(戸建て)/東日本エリア】 料金 その他情報
ファミリー・ギガスピード(5年自動更新プラン) 5,170円 ※5年自動更新プランは「ソフトバンク光テレビ」(月額税抜750円)の申込みが必須。
ファミリー・ギガスピード(2年自動更新プラン) 5,720円
ファミリー10ギガ(5年自動更新プラン) 6,380円 ※5年自動更新プランは「ソフトバンク光テレビ」(月額税抜750円)の申込みが必須。
ファミリー10ギガ(2年自動更新プラン) 6,930円
【ソフトバンク光(マンション・集合住宅)/東日本エリア 料金
マンション・ギガスピード(2年自動更新) 4,180円
【ソフトバンク光 初期費用】 料金
開通工事費 立ち会い工事あり:26,400円
立ち会い工事なし:2,200円
契約事務手数料 3,300円
【割引サービス】
・おうち割光セット
➔ インターネットと携帯電話をセットで契約することで、毎月1,000円の通信料を割引

ソフトバンク光にはソフトバンクユーザー向けの割引サービスがあるのでお得です。
また、対象機種もスマホやiPhone、携帯やタブレットなど種類が豊富なのでソフトバンクユーザーは検討してみてはいかがでしょうか?

5-3. Wi-Fiルーターやセキュリティが無料【so-net光プラス】

Wi-Fiルーターやセキュリティを無料で使いたい場合は「so-net光プラス」がおすすめです。

so-net光では、高速Wi-Fiルーターが永年無料で使用できるうえに、セキュリティソフト「S-SAFE」が無料で利用できます。

それ以外にも、訪問設定サービスが無料なのでインターネットの接続やWi-Fiの設定が分からない方にもおすすめです。

【so-net光の料金】
(割引特典を反映した価格)
料金
開通月 3,300円
1~24か月 3,300円
25~60か月 6,138円
割引期間/工事費分割払い終了後 6,138円
【ネット月額料金 割引特典】
戸建にお住まいの場合
料金
1~24か月 月額基本料金 3,190円割引
25~60か月 月額基本料金 440円割引
【ネット月額料金 割引特典】
マンションにお住まいの場合
料金
1~24か月 月額基本料金 3,190円割引
25~60か月 月額基本料金 550円割引

So-net光は、無料サービスが充実しているだけではなく、割引サービスが充実しているのも魅力の1つです。

月にどれくらい料金が割引されるのか分かりやすいので、おすすめの固定回線Wi-Fiです。

6.【モバイルWi-Fi】おすすめランキング3選

引越し先のWi-Fiの選択肢として、モバイルWi-Fiを選ぶ方もいると思います。

なんといっても、モバイルWi-Fiは回線工事が不要で、受け取ったらすぐに利用できるのが魅力ですよね。

そこでここからは、引越し時におすすめのモバイルWi-Fiランキングを解説していきます。

6-1.料金の安さが魅力【Broad WiMAX】

安くモバイルWi-Fiが利用したい場合は「Broad WiMAX」がおすすめです。

業界最安値級の料金の安さが魅力で、地下鉄や地下街、空港など通信が不安定になりやすい場所でも快適に利用できます。

また、通信速度も下り最大1.2Gbpsなのでストレスなく快適にインターネットを利用することが可能です。

値段が安くても快適にインターネットを楽しみたいという方におすすめのモバイルWi-Fiといえます。

【料金プラン】 料金
ギガ放題プラン※¹ 1~2か月目:2,726円
3~24か月目:3,411円
25か月目以降:4,011円
ライトプラン※¹ 1~24か月目:2,726円
25か月目以降:3,326円

※¹※前日までの直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合速度制限あり

このように、Broad WiMAXはモバイルWi-Fiの中でも最安値級の安さが魅力です。
また、以下の条件を満たした場合は初期費用(18,857円)が無料になるキャンペーンが実施されています。

【初期費用無料キャンペーンの条件】
①Webフォームから「月額最安プラン」を「クレジットカード」払いで申込みする。
②指定のオプションサービス※²に初回加入する。
※²安心サポートプラス・MyBroadサポートの2つ

引越しの際はこのキャンペーンを利用すれば初期費用なしで利用できるのでおすすめです。

ちなみに、解約金に関しても以下で紹介しておくので、ぜひ参考にしてください。

6-2.auユーザーであればお得【UQ WiMAX】

auユーザーである場合、「UQ WiMAX」がおすすめです。

UQ WiMAXでは、auスマホ等の利用料金が最大1,100円割引になる割引サービスを実施しています。

auユーザーであればかなりお得に利用できますね。

また、引越し後すぐに使えてずっと月額3,880円で利用できるのも魅力の1つです。

使う期間が増えると料金が高くなるところもありますが、その点UQ WiMAXはおすすめできます。

ちなみに、料金プランは以下の通りです。

【料金プラン】 料金 その他
ギガ放題プラン 月額3,880円
(2年自動更新ありの場合)
自動更新ありの場合。
別途機種代金、登録料(3,300円)およびユニバーサルサービス料等がかかる。
解約金 契約満了月、翌月、翌々月の3か月以外に解約した場合1,100円の契約解除料がかかる。

※月間データ量上限なし
※3日間で10GB以上利用時には速度制限あり

【割引サービス】
①UQオンラインショップにて「WiMAX 2+対応ルーター等」を購入し、auスマートバリューmine対象の料金プランに加入する。
②KDDIお客様センターへ連絡し、auスマートバリューmineに加入する
➔auスマホ等の利用料金が最大1,000円割引になる

このように、UQ WiMAXは基本料金がそこまで安いわけではありませんが、auスマホ・携帯を使っている場合はお得です。

また、解約金は1,100円と比較的安いので固定回線の工事待ちの間に利用するにもおすすめできます。

6-3.キャッシュバック&割引を実現【JP WiMAX】

キャッシュバックと割引の両方を利用したい場合は「JP WiMAX」がおすすめです。

通常、キャッシュバックと割引キャンペーンは両方適応されることは少ないですが、JP WiMAXの場合は両方適応されます。

さらに、月額料金が最安値級で、3年間ずっと割引が適応されるのでかなり安いです。

また性能が悪いわけではなく、通信速度も最速1.2Gbpsと快適に使用できるレベルなので問題ありません。

ちなみに、料金プランは以下の通りです。

【料金プラン】割引適応後の料金 【料金】
1~3か月目 3,080円
4~24か月目 3,850円
25~それ以降 4,540円
【キャッシュバック&割引サービス】 【内容】
キャッシュバックキャンペーン Amazonギフト券総額11,000円
割引サービス 3年間ずっと割引されるのでお得
【解約金】 【料金】
1年未満の場合 33,000円
1~3年の場合 27,500円
更新月の場合 0円
それ以降の場合 10,450円

このように、JP WiMAXは3年間割引されるので、実質の料金は最安値級です。

また、Amazonギフト券ももらえるのでかなりお得といえます。

ただ、解約金が高めなので、短期間だけ利用する方にはおすすめできません。

引越し先でも長期間利用する方にはおすすめなので、ぜひ検討してみてくださいね!

7. 格安引越し&Wi-Fi契約なら【100円引越しセンター】

格安で引越しをしたい方や、できるだけ費用をかけずWi-Fiを設置したいという方には「100円引越しセンター」がおすすめです。
100円引越しセンターなら、最安値100円で引越しができますし、光回線・Wi-Fiの乗り換えをお得に行うことができます。

【100円引越しセンター】光回線・Wi-Fi特典 【内容】
回線を乗り換える場合の工事費・違約金※¹ 免除
SoftBank Airを他社に乗り換える場合の違約金 免除
SoftBank Airを新規契約の場合 25歳以下であれば事務手数料の免除、料金割引あり

※¹Yahoo系のネット回線を利用している場合などは免除不可となることがある。

100円引越しセンターでは現在(2021年10月現在)、利用中の回線を他社へ乗り換えられる方に光回線・Wi-Fiの工事費・違約金の免除の特典を提供しております!

また、現在SoftBank Airを利用中で、他社へ乗り換えられる場合は違約金が免除され、25歳以下である場合は事務手数料の免除や料金割引のサービスを受けることができます。ちなみに、基本的には光回線にしてもSoftBank Airにしても事務手数料は発生するので注意してください。

また、100円引越しセンターで利用できる光回線とモバイルWi-Fiについて以下でまとめておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

【利用できる光回線】
・フレッツ光西日本
・フレッツ光東日本
・So-net
・BIGLOBE
・Softbank
・auひかり
・NURO
【利用できるモバイルWi-Fi】
・Y!mobile
・WiMAX

ちなみに、100円引越しセンターはこれだけではなく、3つの条件をクリアするだけで100円で引越しが可能です。
3つの条件は以下の通りです。

【単身の引越し】

  • 2tショート車1台に積載できる量
  • 引越し距離~50km
  • 新生活に必要なアイテムの契約

【ファミリーの引越し】

  • 2tロング車1台に積載できる量
  • 引越し距離~20km
  • 新生活に必要なアイテムの契約

引越し距離や積載量も一般的な引越しであれば十分クリアできる基準だと思います。

ちなみに、もし引越し距離や積載量をオーバーしてしまっても格安で引越しができることに変わりはありません。

基本料金100円+オーバー分の追加料金を支払うだけで引越しができるので、一般的な引越しより安く引越しができるんです。また、アイテムの契約に関しては、以下の中から1つを契約することで条件を満たします。

  • 「インターネット(光回線)」
  • 「モバイルWi-Fiルーター」
  • 「SoftBank携帯乗り換えor新規」

先ほど解説した光回線やモバイルWi-Fiの契約をすることで条件はクリアできるので、引越し後にWi-Fiを利用したい方にぴったりです。

Wi-Fiの移転に関して、工事費や解約金が無料になるって聞いたのですが本当ですか?

はい。引越し前から光回線やWi-Fiと契約している場合、移転に伴う工事費や解約金は免除されます。ただし、新規契約の場合は工事費がかかります。

ただ、100円引越しの条件は満たせるので、お得なのは間違いないですよ。

このように、100円引越しセンターでは、最安値100円で引越しができるだけではなく、光回線やWi-Fiを移転するうえでもお得です。

見積もりも無料なので、ぜひお気軽にお問合せください!
当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

8.まとめ

引越し時にはインターネット回線やWi-Fiの移転・新規契約をして、引越し先でも利用できるようにする必要があります。

また、移転・新規契約をする場合、回線工事が必要な場合が多いので、引越し先で早く利用したい場合は早めに工事の依頼をする必要があるでしょう。

Wi-Fiやインターネット回線といっても、今回紹介したようにさまざまな種類があるので、料金プランや割引サービスなどを比較して自分にあったものを選んでみてください!

ちなみに、100円引越しセンターならWi-Fiや光回線を他社に乗り換えの場合は、工事費や解約金が無料になるのでお得です。
ぜひ、お気軽にお問合せください!

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ