100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越しQ&A

引越しの訪問見積もりは、家の中を見せないとできない?

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百太郎です。
今日もお客様の引越しのハテナについてお答えしたいと思います。

最初に、訪問見積もりは「家の中を見せないとできません!」
引越し見積もりは家の中を見せないとだめ?
引越し業者の「訪問見積もり」とは、引越し業者の営業担当者が直接依頼者のお宅を訪問して、実際の荷物を見ながら引越し見積を出すという無料サービスです。

基本的に見せないと訪問見積もりをする意味がなくなってしまいますよね…

その訪問見積もりの際の、心構えや準備するもがありますのでご紹介しておきましょう。

1、家の中のほとんど全てを見られます

訪問見積もりの一番の目的は、引越しの荷物の量を見極めることにあります。
引越しの見積もりは荷物の量を見る
訪問販売などと違い引越し業者の営業担当者が家の中に入りますので、玄関先の立ち話で終わることはありません。

そして、引越しの荷物になるもの全てをチェックしていきます。全てと言っても、荷物をリストにするだけなので、収納を開けて中身を全て見るようなことはありませんが、前提として、他人に見られたくないものは訪問見積もりの前に片付けておくことが大切です。

基本的に営業担当者と一緒に見て回ることもポイントの一つです。開けられたくない収納は中身を伝えると見られなくて済みます。

2、用意しておくと良いもの

引越し業者の営業担当者のほとんどが男性です。見ず知らずの男性が家の中をうろうろ動き回るのはあまり気分的によくありませんよね…訪問見積もりを受ける際、捨ててもいい100均などのスリッパを用意しておくと良いでしょう。

また、引越し業者の営業担当者は「お客様」ではないので、必ずお茶を出す必要はありませんが、わざわざ見積もりに訪問してもらっているので、“>ペットボトルの水かお茶くらいは用意しておくと、当然悪い気はしませんよね。

まとめ

最後に、営業担当者というだけあって、営業を行うために来ています。
あくまでも失礼にならない程度、依頼する側も毅然とした対応が必要になります。