100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越しQ&A

洋服ダンスは中身をそのままで運んでもらえますか?

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

引越しで洋服ダンスを運ぶ場合、少々曖昧ですが中身をそのままでも大丈夫なことがあります。
引越しの際の洋服ダンスの運び方
ですが、前提として「引出しやフタがしっかり閉まるかどうか」を確認してください。フタの無いカラーボックスは、中身を確実にダンボールに移し替えて、本体だけを引越し業者に依頼しましょう。

また、木製タンスの運送は重さで破損することもあるため、「中身は移し替えないと運べません」と言われることがあります。木製タンスの場合は中身を移しておくことをおススメします。

洋服ダンスの状態、中身の量、運送距離、作業条件など、引越し業者によって異なりますので、依頼する引越し業者に事前に相談しておくことが大切です。タンスのタイプで取扱いは分かれていますので、参考までにご覧ください。

◇ 洋服ダンス

洋服ダンスは多くの場合、通常は上部と下部に分解して運送しますが、上部の衣類は、引越し当日専用のハンガーボックスにかけ替えてくれます。
下部については、中身を出しておいた方が良いのか確認の必要があります。

◇ 和ダンス

主に着物が入った和ダンスの場合、中身を入れたまま運ぶと重さでタンスが壊れたり、着物が傷んでしまう可能性がありますので、着物は専用ダンボールに移し替えて運ぶことをおススメします。