おかげさまで
累計実績16,000件を
達成!※2017年12月22日現在

MENU

引越しに必要な手続き

母子家庭の引越しの味方「支援制度」紹介!

母子家庭の引越しの味方「支援制度」紹介!
この記事を読むと

  • ・母子家庭の引っ越し費用の平均相場
  • ・母子家庭の方が引っ越しする時に行なわないといけない手続き
  • ・生活保護を受給している母子家庭の方が支援を受ける方法
  • ・子育て支援が充実した地域などがわかる

引っ越し全般に関する不安・疑問解決のお手伝いを行なっている「引っ越しアドバイザーのシモムラ」です。

引っ越しを行なう理由は色々ありますが、その中でも「離婚などが理由で母子家庭になり、やむを得ず引っ越しをする」という方は大きな不安があるのではないでしょうか?

  • ・収入が低いから引っ越し資金を用意できるか不安…
  • ・引っ越し後に、ちゃんと生活ができるのかな…
  • ・子育て支援が充実したところに引っ越ししたいけど…

など、いろんな不安が出てくるシングルマザーの方も多いと思います。

しかし、ほとんどの自治体では「父子・母子家庭の支援する制度」を用意しています。

中には「引っ越し費用の支援」や「県外移住をする母子家庭を対象に移住費用を支援する制度」もあるため、上手く制度を活用することで、引っ越し費用の支払い負担を軽減することもできます。

そこで、今回は「母子家庭の引っ越し」について

  • ・母子家庭の引っ越し費用の平均相場
  • ・母子家庭の引っ越し支援制度
  • ・引っ越しに伴う母子家庭の手続き

などについて詳しく解説していきます!
ぜひ参考にしてください!

1.母子家庭の引っ越しにかかる費用

引っ越しにかかる費用で大きく占めるのは、敷金・礼金といった「賃貸物件の初期費用」や、引っ越し業者に支払う「運搬料」などがあります。

「賃貸物件の初期費用」も「運搬料」どちらも、それなりにまとまった金額になるため、事前に引っ越し資金を用意しておかなければいけません。

ここでは「引っ越しにかかる費用はどのくらい必要か」解説していきます。

1-1.賃貸契約に必要な「初期費用」

賃貸物件の契約時にかかる初期費用には様々なものがあります。

  • ・敷金・礼金
  • ・不動産仲介料
  • ・火災保険料
  • ・カギの付け替え費用

これらの初期費用の目安は「家賃の4~5ヶ月分」といわれています。

例えば、家賃4万円の賃貸物件を借りる場合に掛かる初期費用は16~20万円ほどが初期費用の相場になります。

この初期費用に加えて、さらに引っ越し業者へ支払う「運搬料」も必要になります。

1-2.引っ越し業者へ支払う費用

ここでは「母1人・子1人の2人家族」と「母1人・子2人の3人家族」の母子家庭を想定して、引っ越し距離ごとの料金をまとめました。

2月下旬~4月の繁忙期を除く 2人家族 3人家族
15km未満(同市内程度) 60,000円 75,000円
50km未満(同県内程度) 70,000円 80,000円
50~200km未満(県外) 100,000円 100,000円
200km以上 160,000円 200,000円

県をまたぐ(50~200km未満)引っ越しの場合、引っ越しを行なう人数が少なくても10万円以上の費用が必要になります。

これに加えて、賃貸契約時に支払う「初期費用」もかかるため、30万円ほどの引っ越し資金が必要だといえます。

とはいえ母子家庭の方は、保育所などの預け先の関係上「限られた時間内でしか働けない」という方も多いはずです。
事実、厚生労働省が行なった「ひとり親世帯の平均年収は200万円」と決して収入は多くはありません。

母親自身の就労収入 200万円
就労収入と各手当を含む収入 243万円

参考元:「厚生労働省」平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果 「就労収入と各手当を含む収入」とは、お母さんが働いた収入と「児童扶養手当(こども手当)」などを合わせた年収になります。

  • ・「母親自身の就労収入」の場合、月収「約17万円」
  • ・「各手当を含む収入」を合わせると月収「約20万円」

あくまで全国の平均なので、地方にお住まいの方は「上の平均収入より少ない」という方もいるはずです。

私も手取りで13万円ぐらいなので、引っ越ししたいけど中々…。

引っ越し先での生活費も確保しないといけないので、難しいところですよね。

そうなんです。資金を貯めようと思っても中々難しくて…。

そんな時は自治体に相談してみるのもおすすめですよ。父子・母子家庭の支援を行なっている自治体も多いです。

引っ越しに関係する支援などもあるんですか?

はい。父子・母子家庭の引っ越し支援について次章で詳しく解説していきますね。

2.母子家庭の引っ越しを支援してくれる2つの制度

父子家庭や母子家庭といった「ひとり親世帯」が、安心して暮らせるように各自治体で様々な取り組みが行なわれています。

その中に、引っ越しに関する支援もあり「引っ越し資金を借りられる制度」や「家賃の一部を助成してくれる制度」などがあります。

引っ越し前にもまとまった資金が必要ですが、引っ越し後も生活をしていくための資金が必要です。
引っ越しを検討されている方は、これからご紹介する制度を上手く使い、少しでも負担を軽くして引っ越しを行ないましょう!

早速、引っ越しの支援を行なってくれる2つの制度について解説していきます。

2-1.家賃の一部を助成「住宅助成制度(住宅手当)」

「住宅助成制度」とは家賃に対する助成金になります。

引っ越し資金として利用できる制度ではありませんが、引っ越し後に新居の家賃を自治体が負担してくれるため、毎月の負担が軽減されます。

「住宅助成制度」の申請を行なうにはいくつかの条件があります。

  • ・年収が一定以下(自治体ごとに異なる)
  • ・生活保護を受けていない
  • ・家賃が6万円以下
  • ・民間の賃貸住宅を借りている

申請に必要なモノは次の通りです。

  • ・助成金の申請書
  • ・戸籍謄本
  • ・住民票記載事項証明書又は住民票の写し(家族全員分)
  • ・所得を証明する書類(源泉徴収や給料明細など)
  • ・住民税課税・非課税証明書
  • ・借家賃貸借契約書のコピー
  • ・「家賃決定通知書」又は「減免承認書」の写し(県営住宅に住んでいる方)
  • ・「家賃決定通知書」の写し(市営住宅の住んでいる方)
  • ・児童扶養手当証書
  • ・家賃の領収書のコピー(申請する月のもの)
  • ・認め印
  • ・銀行口座

申請に必要な書類は、自治体によって異なります。
事前に自治体へ確認を行ないましょう。

支給額についてですが、5,000~10,000円程度の支給を行なう自治体が多いようです。
また、支給されるタイミングは毎月支払われるのではなく年に3回・4ヶ月分ずつ支払われるようになっています。

1つ注意点があり「住宅助成制度」は国の制度ではありません。

各自治体が独自で行なっている支援なので、制度の名前が「ひとり親家庭住宅手当」「母子家庭等家賃助成」といった具合に名前が違います。

また、自治体によっては「住宅助成制度」自体がないこともあるので、各自治体のホームページで確認するか、電話で問い合わせを行なう必要があります。

2-2.引っ越し資金を借りられる「母子寡婦福祉資金貸付」

「母子寡婦福祉資金貸付」は、母子家庭や父子家庭の方が引っ越しを行なう場合、最大で260,000円まで引っ越し費用として借りることができる制度になります。

申請に必要なモノは次の通りです。

  • ・貸付申請書
  • ・戸籍謄本
  • ・「転居先を明らかにする書類」
  • ・「転居費用の見積もり書」
  • ・住民票記載事項証明書又は住民票の写し
  • ・「貸付を受ける本人」と「連帯保証人」の印鑑登録証明書
  • ・父母および連帯保証人の収入を明らかにする書類
  • ・生活費収支内訳

連帯保証人の有無で貸付条件が次のように異なります。

  • ・連帯保証人あり…無利子で貸し付け可能。
  • ・連帯保証人なし…年1.0%の利率で3年以内に返済。

審査から実際に貸付金が振り込まれるまでに、時間がかかるため、少し余裕をもって申請するのがおすすめです。

また、必要書類については「本人の状況によって必要な書類が異なります。
そのため、引っ越し先の「児童福祉主管課」や「保健福祉事務所」といった担当窓口で、1度お問い合わせを行なうのがおすすめです。

2-3.母子家庭で生活保護受給者は引っ越しの支援なし?

母子家庭で生活保護の受給を受けている方は、住宅助成制度などを利用することができません。

「支援制度がまったくないの?」と心配になりますが大丈夫です。

いくつかの条件を満たすことで「引っ越し費用の支給」や「家賃の支給」といった生活保護受給者の方でも受けられる支援制度があります。

それらの「条件を満たしているか否か」「満たすためにはどうすればいいのか?」といった規定を確認するのは、非常に複雑です。

そのため、母子家庭で生活保護を受給している方が、引っ越しを検討している場合、まずは担当のケースワーカーに相談しましょう。

ケースワーカーとは、既に生活保護を受給している方の家に訪問して、生活状況の確認を行なう人たちのことです。

物件探しを行なう前に、まずはケースワーカーに相談することで「支援を受けられる範囲内で物件」をアドバイスしてくれます。

支援を受けられる条件を満たしていれば「敷金・礼金」「仲介手数料」や「火災保険料」といった引っ越し費用を保護金として支給されるので、安心して引っ越しを行なうことができます。

母子家庭で生活保護を受給している場合、まずはケースワーカーに相談を行ない、条件にあった物件を探しましょう。

3.母子家庭の引っ越し料金を抑えるなら「100円引越しセンター」

母子家庭の方が引っ越しを行なう場合「初期費用」や「運搬料」などを合わせて30万円ほど、必要になることをお伝えしました。

引っ越し業者へ支払う「運搬料」だけでも、15km以内の引っ越しで60,000円ほどは必要です。
引っ越しにかかるお金を、簡単に用意できれば問題ありませんが「簡単に用意できるよ」という方は少ないでしょう。

せめて「運搬料」だけでも安く抑えることができればと思っている方も多いのではないでしょうか?

その思い、当社「100円引越しセンター」で叶えることができます!

「100円引越しセンター」では一定の条件を満たすことで、なんと引っ越し料金が「100円」になるんです!

数万円~数十万円も必要になる引っ越しの「運搬料」が100円になれば引っ越し費用の大幅な削減ができます。

その、引っ越し料金が「100円になるための条件」ですが、次の2つになります。

【特典サービス】(いずれか1つにお申込み)

  • ・インターネット回線(光回線)
  • ・モバイルWi-Fi
  • ・SoftBank携帯へ「新規」もしくは「乗り換え」(番号そのまま)

【引越しプラン】

単身引越しプラン
  • ・1人暮らしの方
  • ・引っ越し距離が50km以内
  • ・2tショート車に収まる荷物量
  • 詳しくはこちら
ファミリー引越しプラン(2人以上)
  • ・2人以上のカップル・家族の方
  • ・引っ越し距離が20km以内
  • ・2tロング車に収まる荷物量<
  • 詳しくはこちら

上記の2つの条件を満たすことで「100円」で引っ越しができます。

しかし「引っ越し距離が超過していて条件を満たせない…。」という方もいるはずです。

そんな条件を満たせない方でも、まずは「100円引越しセンター」へご相談ください!

引っ越しプランの条件を満たせない場合、確かに100円での引っ越しサービスをご提供することはできません。
しかし、それでも他社よりお得な引っ越しを行なうことができます!

「なぜ他社より安いのか?」
それは「特典サービス」にお申込みいただくと「引っ越し基本料金が100円」になるためです。

通常、引っ越し基本料金は、様々な要素を複雑に組み合わせて計算をするため、引っ越し基本料金だけで数万円も必要になります。

しかし、「100円引越しセンター」では「特典サービス」にお申込みいただくことで、他社では数万円にもなる引っ越し基本料金が100円です。

そのため、引っ越しプランの条件を満たせない場合でも「特典サービス」にお申込みいただくことで「基本料金(100円)+超過した料金だけが上乗せするだけのシステムとなっているため、引っ越し料金を安く抑えることができます。

超過料金自体も可能な限りお安くご提供しているのも安さの秘密になります。

「少しでも引っ越し費用を抑えたい」という方に「100円引越しセンター」は最適です!
ご相談・お見積もりは無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

当社限定特典の同時お申込で最安100円から引越しできる!かんたんお見積はこちら

4.母子家庭の方が忘れてはいけない引っ越し手続き

引っ越しには「転入・転出届」や「電気・水道といったライフライン」など、様々な手続きが必要です。

それらの通常の手続きに加えて、母子家庭の方はお子さんに関する手続きなども必要になります。

手続きを忘れしまっていると、本来受け取れる支援金や助成金なども受け取ることができないため、絶対に忘れてはいけない手続きです。

ここでは、母子家庭の方が絶対に忘れてはいけない引っ越し手続きについて解説していきます。

4-1.「児童扶養手当」と「児童育成手当」の転居手続き

「児童育成手当」については、国の制度ではなく自治体の制度であるため、自治体によって支給されていないこともあります。

その場合は「児童扶養手当」の手続きのみになります。

「児童扶養手当」「児童育成手当」の転居手続きに必要な書類は次の通りです。

  • ・児童扶養手当証書
  • ・印鑑
  • ・「マイナンバー通知カード」または「マイナンバーカード」
  • ・身分証明書(保険証や免許証など)

まずは、旧居のある市区町村の役場で「児童扶養手当証明書」と印鑑を持参して「児童扶養手当の転出届」の手続きを行ないます。

その後、引っ越し先の市区町村役場で「児童扶養手当転入届」という書類を提出します。

「児童育成手当」を受給している場合は、一緒に転居手続きを行なってください。

また、引っ越し先で「児童育成手当」がある地域であれば、忘れずに申請を行ないましょう。

4-2.「医療助成制度」の変更手続き

「医療助成制度」は義務教育を受けている子供が、保険診療でかかった医療費の自己負担額の一部を助成してくれる制度なので、忘れてはいけない手続きの1つです。

転居手続きに必要な書類は次のようになります。

  • ・印鑑
  • ・子供の健康保険証
  • ・海外からの転入の場合はパスポートの写し

この他にも、自治体によって必要になる書類が異なります。
「引っ越し先の自治体」と「旧居の自治体」双方に、事前に確認しておくのがよいでしょう。

また「医療助成制度」の手続きには1つ注意点があり、同じ市区町村内での引越しでも「医療費助成制度申請事項変更届」を提出する必要があります。

「医療助成制度」は住所が変わる場合、必ず手続きが必要になるということを覚えておいてください。

4-3.就学援助の転居手続き

就学援助は「市」ごとの支援制度となっています。
そのため、住んでいる「市」が変わるたびに、就学援助の申請を行なう必要があります。

申請に必要な書類は次の通りです。

  • ・印鑑
  • ・証明書類(児童扶養手当など)
  • ・キャッシュカードや通帳

申請先は市区町村役場の教育委員会・教育支援課で行ないます。

4-4.上下水道基本料金減免手続き

「上下水道基本料金減免」とは、その名の通り水道料金や下水料金を一定額、減免してくれる制度です。

対象は、母子家庭だけではなく「特別児童扶養手当」「生活扶助を受けている生活保護者」なども対象になっている制度なので、対象の方は毎月の水道料金を安く抑えることができます。

転居時の手続きに必要な申請書などは、各水道局で異なります。
必要な書類などは、ホームページなどで確認しましょう。

「〇〇(住んでいる地域の名前) 水道 減免」で検索すると、その地域の水道局ホームページから確認することができます。

5.母子家庭を応援する地域は多い

これから、シングルマザーとして生活していくために心機一転、新しい場所での生活を望んでいる方もいると思います。

  • ・「シングルマザー」が住みやすい地域とかあるのかな?
  • ・子育て支援が充実している地域はどこだろう? など

新しい場所での生活を検討しているけど「1人で子供を育てる」という責任感で、色々な不安が出てきますよね。

しかし、シングルマザーを手厚く支援してくれる地域はたくさんあります。
以下は一例ですが、シングルマザーなどの「ひとり親世帯」の支援に力をいれている地域を紹介します。

大分県 国東市 国東市では「医療助成」などの一般的な子育て支援の他に「ひとり親の移住支援」の一環として、母子家庭や父子家庭などの方で、現在都市部に住んでおり、仕事を探している父子・母子家庭に対して「上限15万円の引越し費用」と「上限1万円の家賃が補助」の移住支援サポートを行なってくれる町になります。
詳しくはこちら
島根県邑南町 島根県 邑南町は「日本一子育てしやすい町」を目標にしている町で、様々な子育て支援に力を入れています。
・2人目のお子さんから保育料の無料
・0歳から中学校卒業までの医療費が全額無料
・小中高の入学時に「入学支度金」として20,000円の支給 など
他にも「定住コーディネーター」と呼ばれる方が「子育て費用の補助」「仕事の紹介」などの支援なども行なってくれます。
詳しくはこちら
兵庫県神河町 神河町は、人口約1万1,400人の町で、様々な移住事業を行なっています。移住事業の一環として「シングルマザーの引っ越し支援」なども行なっています。
・上限を10万円として、引っ越し費用の半分を補助
・家賃が4万円以上の場合、最大で2万円の家賃補助
また、医療助成制度も充実しており、高校卒業まで通院および入院費用は全額負担してくれます。
詳しくはこちら
北海道 幌加内町 幌加内町では、町内で介護の仕事へ就職することを条件に、シングルマザーやシングルファザーを対象にして支援制度があります。
・給与保障
・お子さんが18歳になるまで毎月3万円の養育費を補助
・家賃が3万円以上の場合、家賃の半額を補助(上限3万円)
・幌加内町への移住準備金として20万円の支給
・中学3年生まで医療が全額無料
詳しくはこちら
大阪府 大阪市 大阪市は、シングルマザーやシングルファザーの支援に手厚い街です。
医療助成などの医療支援はもちろんのこと、父親・母親の自立支援にも力を入れています。
また、離婚後に相手側から養育費を払ってもらえない場合、大阪独自の支援制度として保証会社に養育費を保証してもらう補助金制度があります。
大阪市のひとり親支援制度は、非常に豊富です。
詳しくはこちら

この他にも、ひとり親世帯の生活を支援する制度が、豊富な自治体はたくさんあります。

もっと知りたいという方は「一般社団法人 移住・交流推進機構」など、各自治体の支援制度をまとめたWebサイトを参考にしてみてください。

6.まとめ

母子家庭の引っ越しについておさらいです。

  • ・母子家庭の引っ越しでは最低でも30万円ほど用意しておくのが良い
  • ・父子・母子家庭向けに「引っ越し費用の貸付」や「家賃の助成」などの支援がある
  • ・母子家庭で生活保護受給者でもケースワーカーに相談することで、受けられる支援がある

母子家庭の方は「子育てと仕事」両方を1人で行なう必要があるためフルタイムで働くことができず、どうしても収入が少ない傾向にあります。

そのため、活用できる制度は積極的に利用して、少しでも負担を減らして引っ越しを行なうのがベストです。

また、自治体によって独自の支援制度を展開している場合もあるので、引っ越しを検討する場合「どんな支援制度を利用できるか」確認してみましょう。

BACK TO TOP

お見積もり・お問い合わせ

0120-949-927

今すぐ見積もりスタート!

お問い合わせ