100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越し・不動産お役立ちガイド

マンション・アパートの1階に引越して住むメリット・デメリット

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

マンションやアパートの1階に住みたい人と遠慮する人は分かれますよね。特に女性の方の場合、1階の部屋は候補に上がらないのではないでしょうか。

☑「1階に住むメリットってあるの?」
マンション・アパートの1階に引越して住むメリット・デメリット

と、考える方もいますよね。

1階に住むメリットはあります。ただし、デメリットもあります。生活する上で何を優先するかによって、メリット・デメリットが分かれますよね。

ここでは、そんなマンションやアパートの1階の部屋に引越しして住むメリット・デメリットを再度確認しておきたい!という方は続きを見ていただけたらと思います。

1、「1階に引越して住むメリット」

1階に引越して住むメリット

マンションやアパートの1階より2階以上に住みたいという方が多いのですが、1階に住むメリットはあります。実際、1階を選んで引っ越してくる方も少なくないのです。それでは、1階に引越して住むメリットを見ていきましょう。

メリット① 2階以上の部屋より家賃が安い

日本での物件探しにおいては、眺望の良さや角部屋を重視する傾向がありますよね。そのため、分譲マンションは勿論、賃貸マンション・アパートにおいても低層階は家賃が安くなっています

メリット② 下のフロアを気にしなくていい

小さいお子様がいるご家庭では、走り回ったり、飛び跳ねたり、おもちゃで遊んだりしていると下の階への騒音が気になるものですが、1階なら迷惑かけることなくクレームに悩まされることはありません。

メリット③ 引越しが簡単

1階なので、引越しのときに荷物の搬入が非常に楽です。エレベーターや階段も関係なく、大きな荷物でも1階ならベランダなどから搬入出来るかも知れません。また、引越し料金も2階より上の階と比べて安くなる傾向があります。

メリット④ 部屋への出入りが楽

引越しもそうなのですが、住み始めてからもゴミ捨てに行くのが楽になったり、大きな買い物をしても運び込みやすくなりますよね。

メリット⑤ 庭が使えることがある

1階の場合、専用の庭や門扉などが使える物件も多いので、家庭菜園やガーデニングが趣味、自転車を家の中で保管したい、子供が庭で遊べるなど、このようなタイプの物件の1階は人気が高いようです。また、地震などの災害時には避難しやすいということも言えるでしょう。

2、「1階に引越して住むデメリット」

1階に引越して住むデメリット

物件によって勿論異なりますが、一般的には次のようなデメリットが挙げられます。

デメリット➀ 湿気がこもりやすい

1階は湿気が多く、カビが生えやすいということがあります。特に、家具や畳などカビが生えやすいので、小さいお子さまがいるご家庭では注意が必要です。

デメリット➁ 虫が侵入してきやすい

1階は、蚊やムカデなどの虫が容易に侵入してきます。また、自分のお部屋を綺麗にしていて他所の家から入ってきやすいというのも1階のデメリットです。排気口、排水溝の掃除や、換気扇の通気口には虫除けのフィルターを貼るなどの虫対策が有効です。

デメリット➂ 防犯面に注意する必要がある

高層階に比べると、外から家の様子が見られやすくなるので、空き巣などの不審者の侵入に注意する必要があります。そのため、カーテンをしっかり閉めておくことは当然で、ある程度の防犯対策は必要になります。

デメリット➃ 上階の物音が気になる

1階に住んでいると、上階に住む人の生活音が気になることがあります。上階に住む人と生活リズムによって、夜中に物音が聞こえてくることもあるのでストレスを感じることもあります。

デメリット➄ 外に洗濯を干しにくい

これは、特に女性に言えることですが、1階に住んでいる方は部屋干しが基本のようになっています。

以上のように、主に環境の面のデメリットが多いようです。

物件によって異なりますので、一概にこのデメリットが当てはまらないケースもあります。

3、「まとめ」

1階は2階以上の階と比べると人気がないといえますが、物件によっては1階が人気なケースもあります。なので、1階だからといって初めから敬遠するのではなく、物件情報や下見の際にしっかり確認することが大切です。

家賃が安くなったり、引越しが楽になったりとメリットは考えられますので、1階も候補に入れて物件を探してみると掘り出し物件が見つかるかもしれませんよ。