100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越しQ&A

女性の一人暮らしの引越しで気を付けた方がいいことを教えてください。

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

進学や就職で一人暮らしを始める女性の方は、特に「防犯面」に気を付ける必要があります。
女性の一人暮らしの防犯対策
引越しする本人はもちろん、親御さんもすごく心配ですよね…
ここでは、女性の引越しの準備から暮らし始めるまでに気を付ける7つのポイントをご紹介します。

1、女性の一人暮らしの気を付けるポイント7か条

ポイント➀ 引越しの作業員を女性にしてもらう

一人暮らしの引越しの場合、荷物の量が少ないので引越し会社の作業員は2名という会社が多いです。今住んでいる住居はもちろん、新居でも見知らぬ男性が部屋に入るのは抵抗があるもの。
見積もりを依頼する際に、1名は女性スタッフを依頼し、部屋の中は女性スタッフに任せるようにします。

「レディースパック」などのプランもありますので、そちらを使うとより安心です。

ポイント➁ 「女性の一人暮らし」と分からないようにする

引越し当日、できれば男性の家族に立ち会ってもらい、なるべく本人が部屋の周りをウロウロしないようにして、部屋の中で荷物整理などに専念した方が良いですね。引越しの時には、引越しのトラックが停めてあるだけで、かなり人目をひきますので注意しましょう。

ポイント➂ 荷物の中身が見えないようにする

ダンボールに詰めて荷造りしているのであれば問題ないのですが、透明な衣装ケースなどのままで運んでもらうことは避けましょう。スタッフはもちろん誰に見られてしまうのか分からないので、必ずダンボールに詰めるか、紙袋などに入れて見えないようにする工夫が必要です。
 
ポイント➃ ダンボールの引取り日時を明確にする

引越し後のダンボールを引越し会社が無料で引き取ってくれることがあります。何十個とあるダンボールを捨てるのも大変なので引取りサービスを利用するといいですが、いつ回収に来てもらうのか明確にしておきましょう。その際、引越しトラックを見て引越し会社の車なのか確認しておくと安心です。

ポイント➄ 表札の出し方に注意

一人暮らしのアパートやマンションでは、表札やポストに氏名を書いていない人も多いですが、書く場合は「苗字」だけにしましょう。フルネームを入れてしまうと女性だとばれてしまうのは言うまでもありません。

ポイント➅ カーテンの選び方

引越し当日から絶対に必要になるのが「カーテン」です。
カーテンは、部屋の中が見えにくいカーテンを準備して、引っ越しした当日の明るいうちに付けておくようにします。暗くなると、外から部屋の中は丸見えになってしまうからです。

可愛いカーテンを付けたくなりますよね…。ですが防犯面を考えるなら、女性らしさを感じさせないデザインがオススメです。

ポイント➆ 引越しの挨拶

引越し後の挨拶については、一人暮らしの女性の方は難しい判断かと思います。
通常なら、最低「手紙」でも良いのですが、一人暮らしということが分かってしまうことがあります。女性一人暮らしだと知られたくないときは、始めに大家さんに挨拶にいきましょう。

その際、事情を説明して両隣2軒に住んでいる人が、どんな人なのか、女性なのかどうかなど聞いてから挨拶に行くようにするといいですよ。

まとめ

女性の一人暮らしは、引越しの時から防犯の意識を高めておく必要があります。
本人が思う以上に、引越し作業は人目を引いているということはくれぐれも認識しておいてくださいね。