100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越しQ&A

「ひっこし」の正しい漢字は「引越」「引越し」「引っ越し」のどれですか?

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百太郎です。
今日もお客様の引越しのハテナについてお答えしたいと思います。

「ひっこし」を漢字で書くとき、あなたは

  • 「引越」
  • 「引越し」
  • 「引っ越し」

のどれを使いますか?

パソコンで「ひっこし」を変換すると、この3つが出てきますよね。

どれが正解かと言えば、「引っ越し」が正しい書き方になります。

引っ越しの正しい書き方は?

そもそも「ひっこし」の漢字の使い方はどうなっているのかご説明していきます。

➀「引っ越し」
正しいとされる「引っ越し」は、政府の文部科学省による「送り仮名の付け方」という正式な文書に則った正しい書き方になります。この文書によると、「複合の語(引く+越す)の送り仮名は1語目の送り仮名にしたがって2語目の送り仮名もつけましょう」と、なっているので「日本語」としては「引っ越し」が正解なのです。

そして、送り仮名を「動詞」として付けることになるので、「引っ越し」と書く場合は、挨拶文や会話文に使われ、文章内のセリフにはこちらが自然だと思います。

➁「引越し」
1語目に送り仮名無しで2語目のみ送り仮名をつける「引越し」ですが、こちらは先程の文科省の文書に則ればちょっと違いますよね。ですが、「読み間違いはしないし、問題ないでしょう」という書き方。
意味合い的には先程の動詞とは違い「名詞」的なニュアンスになりますね。

➂「引越」
「引越」の2文字でも「ひっこし」と読みますが、あまり文章の中で使うことは少ないと思います。
こちらは業界用語として使うことが多く、

  • 「サカイ引越センター」
  • 「アーク引越センター」

など、引っ越し業者の社名を見るとだいたい「引越」になっていますよね。

まとめると、

  • 正しい書き方で文章などに使われるのが「引っ越し」
  • 文書などで通常よく使うのが「引越し」
  • 業界用語が「引越」

     

「ひっこし」の漢字にも色々な意味があるんですね~。