100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越しQ&A

引越しの挨拶に行っても不在続き。その場合どうしたらいいですか?

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

引越しの挨拶に行っても不在続き…というケースはよくある話ですね。
ですが、不在でも最低でも3回は挨拶に行くようにして下さい。

それでも不在が続く場合は、「手紙」を使うと良いでしょう。
引越し挨拶はいつのタイミング

1、不在の時は手紙を添える事がポイント

通常、引越しの挨拶では「挨拶品」としてちょっとした手土産を渡していると思いますが、その手土産に「手紙」をつけておくことが大切で、とりあえず手紙で挨拶をして、後日見掛けたら改めて挨拶すればパーフェクト!
その手紙に書く内容などは以下の通りです。

◇引越しの「手紙」の書き方
手紙に使う紙は、100均で手に入るようなメッセージカードで、あまり派手なものを選ばず、シンプルなものが良いですね。
手紙に書く内容は、

  1. どこに引っ越してきたか(住所や号室)
  2. 名前
  3. 不在だったので手紙にしたこと
  4. 今後ともよろしくお願いいたします。

と、この4点は必ず書いておきましょう。

例文として、

○月○日、◇◇(住所・号室)に引っ越してまいりました、 □□(名前 )と申します。 何度か訪問させて頂いたのですが、お留守のようでしたので、失礼ではございますが書面でのご挨拶に代えさせて頂きます。 今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

まとめ

不在が続くからといって何もしないのではなく、「手紙」を添えておくだけでも立派な挨拶になりますので、覚えておいてくださいね。
大半の方が不在時はそのまま…という事が多いようです。

しかし、災害など何かあった時などを考えると、何かしら挨拶をしていた方が良い気がしますよね。