100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越しに伴う手続きについて

急な引越しでも焦らず慎重に!

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

引越しは、通常なら事前に計画を立てて準備を進めていきますよね。ですが、

「1週間後に転勤が決まった!」
急な引越しでも焦らず慎重に!

など、余裕もなく急いで準備をしなければならないケースもあるかと思います。

このような時こそ、慌てずに落ち着いて準備を行うことが大切です。
慌てると失敗してしまいます…

それでは、急な引越しが決まったら、どのように準備を進めていけば良いのかについてご説明していきますね。

1、「急な引越し!まずやることは」

急に会社から転勤の辞令がでたら、「引越しはどうしよう!」と焦ってしまうものですが、時間の無いこんな時こそ落ち着いて準備を進める必要があります。急な引越しが決まったら、まずやるべきことは次の通りです。

「管理会社に解約手続きをする」

賃貸物件の場合、最初に「解約手続き」を行いましょう。解約の連絡は、大半の契約では退去の1ヶ月前となっています。こちらは賃貸契約書で確認が必要です。また、退去の際に立ち会いが必要なケースもあるので、あわせて確認しておきましょう。
急な引越し!まずやることは管理会社に解約手続きをする

解約の連絡が遅れると、遅れた分だけ家賃を多く支払うことになるので、なるべく早く解約手続きを行うことが大切です。

「新居探し」

新居探しは、基本的に物件探し~契約手続きと色々と時間がかかります。そんな時はまず、「ウィークリーマンション」や「マンスリーマンション」を探してみてはいかがでしょうか。
急な引越し!まずやることは「新居探し」

これは、賃貸住宅とホテルの中間的な存在で、1週間~1ヶ月の短期入居ができる物件もあります。急な引越しでは、新居を決めるにも時間的に厳しくなるので、一時的にウィークリー・マンスリーマンションを借りて、その間に正式な新居を探すようにすれば、ある程度好みの物件を探していくことができますよね。

「公共料金や役所の手続き」

公共料金(電気・水道・ガス)の手続きは、多くは電話で済ませることができます。ですが、ガスの場合は新居での開栓立会いが必要になるので、早めに日程調整しておく必要があります
急な引越し!まずやることは「公共料金や役所の手続き」

また、役所での手続きは事前にある程度手続きの項目(住民票、印鑑登録など)をまとめて、1日で手続きが終わるようにしたいですね。その他の、郵便の転送、銀行などへの住所変更手続きは、大半はインターネットで処理できますので慌てずに手続きを済ませておきましょう。

急な引越しでは余裕を持って準備することができませんので、決まったらすぐにやることをまとめておくことが大切です。

2、「急な引越し!引越し業者の手配」

引越し予定日が1週間ないという場合でも、基本的には引越し業者のスケジュールが空いていれば対応してくれます。

最短で引越しをしたい場合は、電話で問い合わせることをおススメします。急ぎの場合は電話で引越し見積もりを依頼すると早くなります。

急な引越しに対応してくれる引越し業者は、一部ですが、

  • アート引越センター 0120-0123-33
  • サカイ引越センター  0120-00-1141
  • アリさんマークの引越社  0120-77-2626

など、保有するトラック台数が多い引越し業者から問い合わせていきましょう。

また、希望日に引越ししてくれる引越し業者が見つからなければ、「一括引越し見積もりサイト」で検索して、とにかく希望日に可能な業者を探しましょう。

「急な引越しの時に役立つプラン」

引越し業者が見つかっても、荷造りをする時間が限られますよね。そんな時は、「おまかせプラン」が役立ちます。引越し業者の多くは、「らくらく」「おまかせ」「フルパック」などの名称で、引越しの荷造りから片付けまで引越し業者におまかせするプランがあります。

費用は少々割高になりますが、利用すると準備の時間が短縮できるのは言うまでもありませんよね。問い合わせるタイミングで、おまかせプランにしたいと伝えると見積もりも早くなります。

以上の様に、急な引越しにも対応してくれる引越し業者も多いので、まずは焦らずに色々な業者に問い合わせておくことが大切です。また、引越しする時点で新居が見つからない様なケースでも、引越し業者では「トランクルームサービス」(一時預かり)がありますので、有効に活用していきましょう。

3、「まとめ」

会社から1週間後の転勤辞令が出たら、まず焦らないという方はいないでしょう。ですが、そんな時こそ慌てずに慎重に手続きを進めていくことが大切です。

まずはやることをリストにまとめて、一つ一つクリアしていけば、効率よく進めていくことができます。また、引越しも最短で当日可能というケースもありますので、慎重に引越し業者も選んでいきましょう