100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越し前準備を万全に

自分で引越す場合の注意点

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

1、レンタカーのメリットとデメリット

運転中

レンタカーを借りて自分で引越す単身引越しの場合のメリットは何より自分の好きな時間と日にちに、自分のペースで引越しが出来るというところにあります。そして料金もはっきりしていて、車も種類も自分で選ぶことが出来ます。

逆にデメリットですが、一人では無理な場合が多く友人に頼む場合に、お礼や食事代、打ち上げ代など意外と出費がかさんでしまうことがあるので注意しなければなりません。

そして、素人が荷物を運ぶことで一番心配なのは荷物の破損です。家具自体に傷がつくことのほか、家の壁や柱などの傷にも
注意しなければなりません。

業者に頼んだ場合は、破損や紛失に保険がかけられていますが、自分でやった場合はもちろんありませんから、泣き寝入りとなってしまいます。

今は単身パックなどのほか、ファミリーにも格安なプランがたくさんありますから、自分でやるよりも業者へお願いした方が安心ですし、安く済むという時代になったのかもしれません。

2、レンタカー料金はいくらくらい?

車を借りる場合、車種とレンタル時間によって料金が決められていることがほとんどです。
レンタル料金は、通常出発前に支払います。

軽トラックレンタルの平均料金
3時間まで  4,500~5,000円
6時間まで  5,500~6,500円
12時間まで  7,000~8,000円
24時間まで  9,000~10,000円
以後1日につき 約6,500円

2トン車レンタルの平均料金
6時間まで  12,000~14,000円
12時間まで  15,000~18,000円
24時間まで  20,000~23,000円
以後1日につき 約15,000円

契約したレンタル時間を過ぎると1時間につき約1,500~3,000円程度の超過料金が取られてしまうので、時間は余裕を持って契約したいところです。

ガソリンですが、レンタル時に満タンで貸し出され、返す時にまた満タンにして返却します。ですから、減った分だけガソリン代がかかります。また、高速を使用したときはもちろん高速代は自分で負担します。

3、トラックの運転に自信が無い場合は避けた方が無難

普通自動車運転免許で運転できるのは、車両総重量5,000kg未満、最大積載量3,000kg未満、乗車定員10人以下の四輪車
と定められています。

ただ、トラックを運転したことのない人がいきなり引越し当日にトラックを運転する、というのはかなり怖いものがあります。経験があり、自信もあれば良いのですが運転に自信が無い場合は、やはり避けた方が無難です。

安く単身引越しが出来るというメリットはありますが、その反面高いリスクもあります。よく考えて決めましょう。