100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

一人暮らしお役立ちガイド

一人暮らしでスッキリ暮らす収納術

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

一人暮らしをいざ始めてみたら、「収納スペースが少ない!」と感じる方がとても多いようです。 

一人暮らしの部屋のタイプは主に、1R、1K、1DKとワンルームのお部屋に住んでいる方が多いと思います。
生活していくことで物は増え、中々片付かないことはよくある話です。
引越しでのワンルームの整理の仕方
そこで、ここからは一人暮らしのお部屋に最適な収納術をご紹介したいと思います。

1、「一人暮らしでスッキリ暮らす!収納術」

一人暮らしの収納を成功させるコツは、

➀必要なものだけを収納する
引越し後の整理整頓のコツは断捨離
物の量に合わせて収納を増やすか、収納に合わせて物の量を減らしていくこと。
➁決まった場所に収納する
引越しの収納は決まった場所にがポイント
普段どこで何をするかを考え、取り出しやすいことが重要です。

この2つのことを頭に置いて、収納することが大切です。

それでは、スッキリ暮らす収納術をご覧ください。

◇収納スペースを探す

一人暮らしでは、収納スペースが少なくスペースが限られています。
そこで、今あるお部屋の現状を見回して空いているスペースに収納する必要があります。スペースを上手に探して収納スペースにすることが大切です。

➀「ベッドの下」
脚付きのベッドを使っている方は、ベッドの下のスペースを効果的に使うことができます。
そこへ、同じ種類や色の収納ケースを置けば、見た目にも綺麗にスッキリした収納スペースとして最大限活用できます。

➁「テレビ台」
引越しの際の収納 テレビ台
テレビ台は、できるだけ収納付きの物を選ぶのがポイント。
テレビ周りは、何かと物が散乱してごちゃごちゃになりがち。
部屋のスペースに合わせた物を選び、その収納スペースにDVDなどを整理して入れておけば、お部屋もオシャレなイメージになりますよ。

➂「クローゼットの中」
クローゼットが備え付けられていることが多いかと思います。ただ単にハンガーをかけるのではなく、突っ張り棒を活用して自分で作ってしまいましょう!
100均で様々な長さの物が販売されています。衣服は、たたんで収納するよりもハンガーにかけて収納する方が良い場合もあります。

上下二段に突っ張り棒をして、効率よく衣類をかけるのもポイント。

➃「シンクの下」
調理器具を収納することが多いシンクの下は、どこに何があるか見えやすくしておくことがポイント。透明のファイルボックスなどを利用すれば、取り出しやすく収納しやすい状態を作ることができますよ。

➄「キッチンの壁」
引越しの際の収納 キッチン
ここでは「ワイヤーネット」を利用すれば、キッチンの壁を有効活用できます。
高さの調節次第で、さまざまな物を置くスペースを作ることができ、お玉などの長い調理道具は壁に掛けるとオシャレですよ。

ワイヤーネットは、DIYには必須アイテムの1つとして有名です。他にも活用法は色々ありますので、自分の好みと使いやすさで工夫してみるのもいいですね!

➅「冷蔵庫の周り」
冷蔵庫の側面や上のスペースも有効に活用しましょう。電子レンジを冷蔵庫の上にそのまま置いている方も多いですが、冷蔵庫専用ラックを使えば、サイドに物がかけられて便利です。

Amazonなどで、9,000~13,000円程度で購入することができるので、活用してみてはいかがですか?冷蔵庫周りがスッキリしますよ。

➆「洗濯機の周り」
こちらは、ランドリーラックを使えばスッキリ収納することができます。洗濯かごを置いたり、洗剤などの小物を置いたりと幅広く活躍してくれるでしょう。

一人暮らしのお部屋では、一般的にバスルームの近くに洗濯機置き場があるので、タオル類を置いておくスペースとしても使えます。こちらも、Amazonなどで、2,000~10,000円程度で購入できます。

◇綺麗な収納術

ただ単に収納すればいいだけではなく、見た目にも綺麗でスッキリした方がいいですよね。

➀本・雑誌の収納
本のサイズを統一すれば見た目にもスッキリしますが、そうそう上手くいきませんよね。
本・雑誌を収納する時のコツは、大きくて重い本は下、大きくて軽い本は最上段、サイズの小さい本は目線の高さに収納します。そうすると、どの本も見やすく取り出しやすくなります。

➁食器の収納
本と同様に、重いものは下、軽いものは上に収納しましょう。
その際、よく使う食器は目線の高さにします。使って、洗って、しまうという動作をしやすくすることがコツ。

キッチンでは、綺麗さとともに出し入れのしやすさがポイントですよ~!

➂衣類の収納
衣類の収納のコツは、どこが適した場所なのか考えること。
洋服はクローゼットが適していますが、下着やタオルなどは洗面所が適しているという事もありますね。
そうすると、どこにどれだけの収納が必要になり、どんな収納グッズが必要になるのかが分かってきます。

2、まとめ

一人暮らしの収納の基本は、必要なものを決まった場所に収納すること。

せっかく綺麗なお部屋も、物が散乱していたら台無しです。
「部屋が片付かない!」という方は、収納スペースが少ないか、物が多過ぎることが原因なのです。

最初に説明した通り、「物の量に合わせて収納を増やすか、収納に合わせて物の量を減らしていく」と問題も解消されます。

これから一人暮らしを始める方は、最初は必要最低限のものを用意して、収納スペースを確認しながら必要なものを増やしていくと、「片付かない!」ということにはならないので、実践してみてくださいね。