100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

一人暮らしお役立ちガイド

これから一人暮らしをするあなたへ!知っておきたいお金のこと

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

これから一人暮らしをする学生、社会人の方は、まず「お金」のことで悩んだりしませんか?
結論から言ってしまえば、学生、社会人、男女にかかわらず一人暮らしをするには結構な額のお金が必要になることは覚えておきましょう。
一人暮らしをするあなたへ!知っておきたいお金のこと
「一人暮らしを始める時、どれくらいお金がかかるの?」
という不安がありますよね。

実際には、初期費用、引越し費用、その後の生活費など知っておくべき「お金」のことはたくさんあるのです。

そんな一人暮らしに必要な「お金」について詳しく説明していきますね。

1.「金欠生活を送らないために知っておくこと」

一人暮らしを始めるためには、様々な費用が必要になってきます。かかる費用を知らないで生活を始めてしまうと、金欠生活に…なんてオーバーな話のようですが、知っておいて損はありません。
金欠生活を送らないために知っておくこと
一人暮らしの費用を大きく見てみると、

  1. 「部屋を借りるための費用」
  2. 「引越し費用」
  3. 「生活に必要な物の費用」
  4. 「生活費」

と、この4種類が主なものです。
それでは、4種類それぞれ詳しくご説明しますので、準備のとき参考にして下さいね。

➀「部屋を借りるための費用」

まずは、「部屋を借りるための費用」の一般的な内訳をご覧ください。

項 目 費用目安
敷金 家賃の1~2ヶ月分
礼金 家賃の1~2ヶ月分
火災保険 15,000円程度
仲介手数料 家賃の1ヶ月分
鍵交換など 10,000円程度

以上の項目から踏まえて、部屋探しの段階である程度予算を立てましょう!

とは言っても、1ヶ月の家賃がいくらかで合計金額は大きく変わってきます。
一人暮らしの家賃の全国平均は「66,000円」となっていますが、金額を10万、8万、4万円といったパターンで、確認していきましよう。

(※横にスクロールできます)

項 目 家賃10万円 家賃8万円 家賃4万円
家賃 100,000 80,000 40,000
敷金、礼金 2ヶ月 400,000 320,000 160,000
火災保険料 15,000 15,000 15,000
仲介手数料 100,000 80,000 40,000
鍵交換代 など 10,000 10,000 10,000
合計 625,000 505,000 265,000

ご覧の通り、一人暮らしを始めるときの「部屋を借りるための費用」は、平均的にイメージすると「家賃の6~7倍はかかる」と考えておく必要があります。

➁「引越し費用」

次に、引越し費用です。
引越しの費用は、「時期」「荷物の量」「移動距離」によって大きく変わります。

一般的には、引越し業者の「単身サービス」を利用すると安く引越しすることができます。
その中でも、

  • 「単身パック」
  • 「単身プラン」

と、サービス内容が分かれています。「何が違うの?」と疑問の声も聞こえてきそうですが、詳しい費用目安などは、「単身引越しの相場はいくら?」 をご覧頂き、自分に最適な引越し方法を検討していくことが大切ですよ。

そこで!現代社会の必需品、インターネットと同時に申し込めば100円で引越しができる
「100円引越しセンター」も視野に入れてみてくださいね!

➂「生活に必要な物の費用」

生活に必要なものは、「家具」「家電」「日用品」などなど。こちらも人によって揃えるものは全く違いますよね。全て紹介すると非常に長くなってしまうので、「賢いショッピングで新生活を始めよう」 を参考にして頂き、必要なものを賢く揃えていきましょう。

ポイントは、最初は必要最低限のものに絞って、後で足していけばよいのです。

➃「生活費」

➀~➂は、いわゆる初期費用でしたが、ここからが一人暮らしを始めてからの費用「生活費」となります。毎月の生活費をある程度知っておかないと、これから生活するイメージが湧かないですよね。
それでは、大きく分けてそれぞれかかる費用を確認していきましょう。

項 目 費用目安など
家賃 前項でも紹介した通り全国平均66,000円になっています。
都市部から離れるほど家賃が安くなる傾向があります。
食費 1ヶ月の食費は、平均30,000円程度(1日約1,000円)
外食が多ければ食事はそれなりに掛かってしまいますので、自炊が基本です。
光熱費 電気代+水道代+ガス代を合わせて、1ヶ月10,000円程度という方が多く、努力次第で減らしていくことも可能です。
通信費 携帯電話、インターネットを使っていればプロバイダ料金などを合わせると、1ヶ月10,000円程度という方が多いようです。
娯楽費 娯楽費とは映画やDVD、本、ゲームなど、自分でお金を使ったり、友人と飲みに行くなどのお金です。人それぞれ違いますが、平均で月5,000~10,000円にしている方が多いようです。
洋服などの
おしゃれ費
洋服や化粧品、美容院などに使うお金です。おしゃれへの興味度や環境によって使う金額は大きく異なります。女性は平均で月20,000円、男性は平均で月10,000円です。

ざっくりと見て頂きましたが、目安として生活費は月100,000~150,000円程度見込んでおけば良いでしょう。

ここまでご覧になった方は「こんなにお金がいるの!?」と驚かれますよね。初期費用は、どうしても必要なお金なので、一人暮らしを計画する段階である程度用意しておく必要があります。

ですが、生活費に関しては、生活しながら節約できる項目もありますので、これから紹介する内容も必見ですよ。

2.「家計簿をつけてみよう」

家計簿をつけてみよう
「家計簿」といえば、主婦の方達の必須アイテムのようですが、一人暮らしを始めると、日々の出費は全て自分で管理していかないといけません。

金銭管理や貯蓄、節約などのお金の流れを管理するには、家計簿は必要不可欠なものなのです。一人暮らしでは約半数の人達が家計簿をつけているみたいですよ。

ここからは、家計簿について詳しく説明していきますね。

◇「家計簿をつける目的」
家計簿が貯蓄や節約のために必要と言っても、ただ何となくつけるだけでは記録で終ってしまいます。家計簿をつける目的は、お金の流れの把握と収支のバランスを見直すこと!
 
家計簿を効果的に活かすには、毎月の支出の中でどこに無駄があるのか把握して、その無駄を抑えていくことがポイントになります。

◇「家計簿をつけ続けるポイント」
  1. 家計簿に使うもの
  2. 家計簿をつけるには、
    ・ノートを使う「手書きタイプ」
    ・アプリやExelを使う「デジタルタイプ」

    の2つのタイプがありますが、長続きさせるコツは自分にあった家計簿を作ること。
    パソコンなどを使えば楽にできる部分もあります。ですが、数字を見るのも嫌ならシールのついたオシャレな家計簿を使うなどして、家計簿をつけるのが面倒にならない工夫をしてみるといいかもしれませんね。

  3. 金額を正確に合わせようとしない
  4. 家計簿は、よく言われることですが1円まできっちり合わせる必要はありません。
    大まかにでも、何にいくら使ったか分かればいいので、収支が合わないからといって無理に合わせようしないようにしましょう。

  5. 項目は出来るだけ少なくする
  6. 家計簿をつけるにも、何についてつけていけばよいのか、知らないという方も意外と多いようです。家計簿は、あまり細かくつけようとすればするほど面倒になって続きにくくなります。なのでお金かを仕分ける項目は、出来るだけ少なくしておくことがポイント。

    一人暮らしであれば、多くても10項ぐらいに絞ってつけていくと良いでしょう。
    項目の例は、以下の通りです。この中から抜粋してみてはいかがでしょうか。

家賃、保険、電気、水道、ガス、電話(携帯電話など)、インターネット、駐車場、通勤・通学費、食費、外食費、洋服、化粧品、日用品、交際費、趣味、貯金 など

3.「今すぐできる節約術」

今すぐできる節約術
一人暮らしを始めると、今まで気にならなかった、家賃・電気・ガス・水道・食事などの生活費は自分でやり繰りしていかなければなりません。生活をしていく上で、「金欠生活」を送らないためには、「節約」がどうしても必要になってきます。

これから、一人暮らしの方におススメの「節約術」を身近なものでご覧頂きたいと思います。

その➀「目標」を明確にする

ただ単に節約!節約!と言っても途中で挫折してしまいます。まず大切なことは、何のために節約するのか具体的に目標を立てましょう。
例えば、

  • 「将来のことを考えて貯金したい」
  • 「車を買いたい」

と、目標は人それぞれですよね。そして、明確な目標が決まったら、その目標を達成するのに毎月いくら節約すれば良いのか具体的な金額を設定しましょう。カツカツにならない程度にするのがコツですよ。

その➁「家賃」の節約

一人暮らしで、最もお金がかかるのが家賃ですよね。一人暮らしをするときの宿命です。一般的に家賃の目安は「収入の30%が妥当」とされていますが、節約をしたい場合には、家賃を収入の25%に収めることが理想です。

20万の収入であれば5万円の家賃の場所を探すこと。できれば、共営費を含めてそのくらいで収まることが理想です。1万円違うだけでも、年間で見れば当然大きな差が出てしまいます。物件探しのときに、ある程度条件に折り合いをつけて考えていきましょう。

その➂「食費」の節約

一人暮らしの食事は、「自炊」が基本です。
外食やコンビニ弁当などの比率が多くなると、当然食費もかさんでしまいます。

食費を節約するコツは、「作り置き」「安い食材を買う」など工夫次第で色々あります。
⇒「学ぼう!始めよう!一人暮らしでも健康自炊生活」 に自炊の基本から栄養の知識まで詳しい自炊のコツがのっていますので、是非参考にご覧ください。

その➃「電気代」の節約

節約というと一般的には「食費」というイメージが強いですが、実際には「電気」の方が簡単に大きな金額を節約することが可能です。いくつか例を挙げてみましょう。

◇テレビ
テレビは、家電製品の中でも特に消費電力が大きい家電です。
「何となくテレビをつけている」という方は、こまめに消すようにしましょう。

◇エアコン
電気代節約に重要な家電製品としてはエアコンも挙げられます。近年の暑さではエアコンを使わないと熱中症になってしまう恐れがありますが、設定温度を上げたり、扇風機などを活用したりという工夫をするだけでも節約につながります。また、冬場についても、一枚多く着る、窓に断熱シートを貼るなどして設定温度を下げ、出来る限り使用しない工夫をしてみましょう。

◇待機電力
待機電力を節約するためにも、使わない電化製品のプラグはコンセントからこまめに抜くようにしましょう。

その➄「水道代」の節約

水道代の節約の裏技として、「水道の元栓を少し絞っておく」というのがあります。一般家庭でもやっている方は多いようですね。
物件を借りる時に大家さんや、水道局の人から「水の元栓」の場所を教えてもらうと思います。その元栓を4分の1くらい絞っておけば、普段通りに使っても自然と水道代の節約になります。

その➅「ガス代」の節約

賃貸物件におけるガス会社には、都市ガスとプロパンガスの2種類あります。一般的に、都市ガスは公共サービスの一環であるため、プロパンガスよりも料金が安い傾向があります。その差は倍ほどになることも。節約を気にするなら都市ガスの供給圏内の賃貸を選ぶ方がよいでしょう。
また、ガスを使うときも、

  • 夏はシャワー、冬はお風呂をためて入る
  • 料理には小さい鍋を使って効率よく

など、工夫次第でガス代の節約になります。

他にも工夫すれば節約できることがたくさんあります。前項で紹介した「家計簿」を上手に使って節約生活を始めましょう。

4.「気を付けたいお金のトラブル」

気を付けたいお金のトラブル
今も昔も同じですが、自分の身は自分で守らなければなりません。しかし、現代社会で一人暮らしをしていると、疲れや不安、孤独などで心に隙ができやすいもの。だからこそ、「自分は絶対に大丈夫!」とは言い切れないということを常に心して暮らしていくことが必要です。

ここからは、お金のトラブルに巻き込まれそうになったり、巻き込まれてしまったらどうすれば良いのか、ポイントを確認していきましょう。

ポイント➀ 一人で決めず、相談する
何かを購入しようとしたとき、また誰かにお金を貸してほしいと頼まれたとき、少しでも疑問や不安があるなら、家族や友人にまず相談してみましょう。冷静に判断できるきっかけにもなります。

また、法律など専門的な知識が必要な場合、最終手段として弁護士やその他司法書士、行政書士などの専門家に相談するという方法もあります。

ポイント➁ 悪徳商法に注意
訪問販売やキャッチセールスなど、いわゆる悪徳商法には特に注意が必要です。
その対策法として、

  • 勧誘電話だと思ったらすぐに切る、訪問販売は相手にしない。
  • 曖昧な返事はせず、「いりません」とはっきりと断る。
  • 訪問販売は絶対に部屋に入れない。(ドアを開けない)
  • アンケートに個人情報を書き込むときは慎重に!(名前や住所が漏れてしまうことも)
  • おいしすぎる話は要注意(就職に便利・すぐにお金が儲かるなど)

ポイント➂  もし騙されたら!クーリングオフ制度を利用
自分の意に反して無理やり契約させられてしまった場合、クーリングオフ制度を利用することができます。

クーリングオフとは、「特定商取引法」や「割賦販売法」によって定められた訪問販売や電話勧誘、キャッチセールスなどで申し込んだ契約を、一定期間内であれば、無条件で撤回また解除できる法制度のことです。

「特定商取引法」では、

  • 訪問販売
  • 電話勧誘販売
  • 連鎖販売取引(マルチ商法等)
  • 特定継続的役務提供(エステ・英会話教室等)
  • 業務提供誘引販売(内職商法・モニター商法等)

のクーリングオフが認められています。

適用に関する要件や、期間・手続きの方法は、法律によって異なるため、クーリングオフの際はできるだけ早めに、公的機関や消費者センターに相談しましょう。

クーリングオフの詳しい方法は、独立行政法人 国民生活センターでご確認を。
http://www.kokusen.go.jp/map/

大切な事は、ハッキリ断ることですが、あまりにもしつこい場合は、警察や消費者センターへ通報しましょう。

5.「まとめ」

一人暮らしといえば、「自由」というイメージですが、その分、「自己管理」が必要になります。

お金の管理については、一人暮らしを計画する段階から、初期費用に関してはある程度用意しておく必要はありますが、あとは生活の中で色々なことを学んでいけば良いのです。

節約に関しても、あまり意識し過ぎるのも生活に「面白味」がなくなってしますよね。
そんな時は「家計簿」が効果的です。普段の生活の無駄を省いて行けば自然と節約につながるものです。

初期費用や生活でかかるお金をあらかじめ知っておき、計画を立てること。
これこそが、楽しい一人暮らしを送るための一歩なのです。