100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越しの費用と相場

年始の引越し事情

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

引越し業界では、年末年始の大晦日と元旦を挟んで大きく事情が変わります。

年末は師走らしく、駆け込みで引越しする人は多いような気がしますが、年始になれば何となく引越しする人も少なくなりそうですよね。

「そもそも引越し会社も休業じゃないの?」
年始の引越し事情

と、当然と言えば当然のことも気になったりします。

そこで、年始の引越し事情として説明させていただきます。併せて引越し会社の年末年始休業もご紹介しておきます。

1、「年始の引越し事情」

まず、引越し業界の年始は、年末の駆け込み需要がひと段落する時期ということを先に言っておきます。また、一般的に世間では年始の挨拶回りや実家への帰省や旅行など何かと忙しい時期でもあり、引越しの準備をしている暇がありません。

このような理由から、引越しをする件数が極端に減ります。引越し業者としては、毎年年始から2月初旬までの時期は、依頼件数が少なくなるため売上が伸び悩みます。なので、この時期は料金をかなり安くして受注に繋げようとしています

一般的な相場でいえば、年始の方が年末より割安になります。距離や荷物の量で勿論異なりますが、料金相場としては繁忙期と比較して、年末なら20,000~30,000円ほど安く、年始では更に10,000程度安くなります

そこで、注意して頂きたいことが、年末年始の期間に稼働している引越し業者は「特別料金」を設定してあることが多いので、確認が必要になります。その他の注意点として、

【年末年始の引っ越しの注意点】

➀交通渋滞による引越し作業の遅延
年末年始ともに共通することですが、交通量の増加です。
帰省ラッシュ、Uターンラッシュと、それぞれ渋滞の時期と方向は逆になりますが、引越しの方向がその渋滞の方向と一致してしまうと、引越し業者の車が遅れて引越し作業が困難になる場合があります。

➁引越し先での諸手続きができない
年末年始は、ガス、水道、電気の開通など、早めに手配をしておかないと、「お正月休みで手続きができない!」といった事態も起こる可能性もあります。生活に関わることなので注意しておきましょう。

年始の引越しは安くなるとはいえ、様々な面で思い通りに進まないこともありますので、余程の理由が無い限りは避けておいた方が無難でしょう。

まず、元旦に引越しはしたくありませんよね。

2、「引越し会社の年末年始休業日」

次に、大手引越し会社の年末年始の休業状況をご紹介いたします。
参考までにご覧ください。

◇「日本通運」

12月30日〜1月4日がお休み

◇「アート引越センター」
12月31日~1月3日がお休み

◇「サカイ引越センター」
「定休日はございません。
但し年末年始はお休みをいただく営業所がございますので、各営業所へご確認ください。」とのこと。

◇「ヤマトホームコンビニエンス」
無休です。
大晦日や元旦のお引越しは、早めの予約が必要。

◇「ハトのマークの引越センター」
12月30日~1月3日がお休み
  

◇「アーク引越センター」

12月31日~1月3日がお休み

年始の引越しを検討している方は、見積もりの際に引越し業者の年末年始の休業スケジュールなども確認する必要がありますよ。

3、「まとめ」

正月三が日に引越しをする方も少ないかと思いますが、年始の期間は引越し料金が割安になっているようなので、1月中に引越しを予定することもアリではないでしょうか。

こうしてみると、引越し業界は時期によって料金の増減が激しいので、まず引越しを予定する時は、その時期がどんな時期なのか調べてみるのも安く抑えるためのコツかもしれませんね。