100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越しの費用と相場

どうやって決まる!?引越し費用の相場

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

早速ですが、「引越し費用の相場」ってどうやって決まっているかご存知ですか?
引っ越し費用の相場っていくら?
引越しする際に

「我が家は高く請求されていないだろうか?
「少しでも安く引越しをしたい!

と、考えていることは皆様同じですよね。

そんなお客様のために、「安いの?」「高いの?」の判断基準になる「引越しの相場」を分かりやすくご説明いたしますね。

1.「間取りと距離で見る引越し料金の相場」

引越しの料金は大きく分けて、

  • 「荷物の量」
  • 「移動距離」
  • 「かかわる引越し業者の人数」
  • 「トラックの大きさ」
  • 「時期(繁忙期・オフシーズン)」

などの要素から計算され、決まります。

引越しは各業者の見積もり料金が全て違うため、引越し料金の相場は算出しにくいものです。
ここでは、「間取り」と「距離」で見る引越し費用の相場を出してみました。
引っ越し料金に関わる一つ【間取り】
以下の引越し料金はあくまで「目安」です。
近距離引越しも、長距離引越しにしても引越しに定価はありませんので、あくまで参考にされてくださいね。

(※横スクロールできます)

1 R 1LDK 2LDK 3LDK 4LDK
対 象 小口荷物、
学生、単身
単身
一人暮らし
単身荷物多め
二人暮らし
一般的な
家庭
一戸建て
部屋数の多い
マンション
トラック種類 軽トラック 1.5t~2t
トラック
2t~3t
トラック
4t
トラック
・4t×2台
・10t×1台
トラック
100km
以内
15,000円~
60,000円
20,000円~
80,000円
30,000円~
90,000円
40,000円~
120,000円
60,000円~
180,000円
200km
以内
30,000円~
70,000円
30,000円~
80,000円
50,000円~
100,000円
60,000円~
150,000円
80,000円~
200,000円
300km
以内
30,000円~
80,000円
30,000円~
90,000円
60,000円~
120,000円
80,000円~
160,000円
100,000円~
220,000円
400km
以内
30,000円~
100,000円
30,000円~
100,000円
60,000円~
130,000円
90,000円~
180,000円
120,000円~
250,000円
500km
以内
40,000円~
100,000円
40,000円~
120,000円
70,000円~
150,000円
100,000円~
200,000円
140,000円~
280,000円

引越し料金は完全オリジナル
引越し費用の相場とはあくまで目安でしかありません。

実際の引越し料金は

  • 「建物の何階から何階への引越しなのか」
  • 「エレベーターの有無」
  • 「建物に隣接する道路の状況」
  • 「季節や時期」

などによっても大きく変わります。

つまり、引越しというのは「場所」・「時期」・「荷物の量」など全く同じ条件のものが存在しないため、完全オリジナルの料金プランが引越し業者からくるという訳です。それが果たして安いのか高いのか、素人が判断するのは非常に難しいところです。

引越し料金というのは「生もの」のようなもので、色々な状況などで料金が変わり、その要素も言い出せば数多くのものがあげられます。

上記内容でおおよそ「私だったらこのくらいなのかな」という引越し費用の相場を料金目安として考えていただき、後は実際に複数の引越し業者へ見積もりをお願いしてみるしか方法はありません。

2.「トラックの大きさで見る引越し料金の相場」

トラックの大きさで見る引越しの大まかな費用の相場をご紹介します。
トラックのサイズで引越し料金は変わる
まずは、自分の引越しがどのトラックの大きさに該当するのかをチェックしていきましょう。

「トラックの大きさ」と「積み込める容量」チェック

(※横スクロールできます)

軽トラ 1t~2t
トラック
2tロング~
3tロング
4t
1.5m 1.6m 2.2m 2.3m
長さ 1.9m 2.4m~2.8m 6m 6m
広さの目安 1.5畳くらい 3畳ぐらい 4畳半 8畳
立方メートル 10㎥ 20㎥ 35㎥

 

「引越しトラックの広さのイメージ」

「軽トラック」向きの引越しの方

  • 「学生さん」
  • 「新社会人」
  • 「単身者」

の方で荷物少なめの方、ほとんどの家具を引越し先で購入予定の方など大きな荷物がほとんどない方に最適です。

「1t~2tトラック」向きの引越しの方
高さがだいたい2mぐらいはあるので、「家具」「家電」も大丈夫です。

  • 「家具、家電ごと引越しをしたい単身者」
  • 「家具、家電ごと引越しをしたい一人暮らしの学生さん」
  • 「家具少なめの新婚さん」

などには最適です。

「2tロング~3tロング」向きの引越しの方

  • 「荷物が多めの単身者」
  • 「荷物が多めのご夫婦2人」
  • 「新婚さん」

には最適です。

「4tトラック」向きの引越しの方

  • 「3人以上でお住いのご家庭」

の引越しには最適な大きさです。

上記内容で目安ではありますが、おおよそのトラックの大きさがお分かりになるかと思います。
それではトラックに対しての費用を確認していきましょう。

トラック1tあたりの引越し費用の相場
「引越し業界にはトラック1tあたりの引越し費用の相場」
というものがあります。

移動距離が同市内などの50kmくらいまでの引越しの場合

  • 「通常期」…1tあたり「2万円」
  • 「繁忙期」…1tあたり「3万円」
  • 「オフシーズンで午後時間フリー」…1tあたり「1万円」

といった感じです。

例)トラックサイズ別の時期別料金表

(※横スクロールできます)

通常期の引越し
費用の相場
繁忙期の引越し
費用の相場
オフシーズンで午後時間
フリーの引越し費用の相場
2tトラック1台で引越し
する場合の費用相場
4万円
(2万円×2t)
6万円
(3万円×2t)
2万円
(1万円×2t)
4tトラック1台で引越し
する場合の費用相場
8万円
(2万円×4t)
12万円
(3万円×3t)
4万円
(1万円×4t)

上記の表で分かるように、「繁忙期」「オフシーズン」とではここまで大きく料金の差が出てくるのです。

ポイントとしては、、「引越しは荷物の量」というより「時期」によって大きく料金が変動するということ。

ただし、引越しのタイミングはなかなか変えられないものですよね。

「繁忙期」の高い料金でも引越しをせざるを得ないという方!
「通常期」でも、更に安くで引越しをすませたいという方!

一度「100円引越しセンター」へお問い合わせしてみてはいかがでしょうか?
繁忙期でも「激安!100円!」で引越しができれば最高ですよね!!

3.「値引き後が相場の料金になる仕組み」

引っ越しは値引き後が相場の価格
引越し業者も「利益」を求めていますので、当然最初から値引きできない「最安金額」を提示はしてきません。

引越しは「定価が無い」ものなので、金額は引越し業者によって様々な金額になります。

引越し費用の相場を把握するためには、何社か複数の引越し業者へ見積もりを取り、そこから引越し費用の安い相場の金額を出していくという流れになります。

ポイント1:複数の引越し業者に見積もり依頼

まずは引越し費用の相場を把握するためには、複数の業者(最低でも3社以上)へ見積もりを依頼することが大切です。
そうすることで、引越し業者へ他社を意識した見積もりを出してもらうことができます。
まずは、値引きする前の段階ですね。

ポイント2:勝手に価格競争がスタート

各引越し業者が出してきた費用を引越し業者へ伝えると、当然仕事を受けたい引越し業者はそこから「値引き」をしていきます。

その繰り返しで、自動的に値引き競争がスタートしてくれるのです。

ポイント3:ある程度引越し費用の安い相場が出てきます

引越し業者の値引き競争の最安値ぐらいで動きが止まります。
その金額があなたの「引越し費用の相場」という事になります。

※注意点
最安値が出た業者からさらに安く絞り込もうとすると引越し業者もこれ以上は…となりやすいので、もう一声とお思いの方は、オプションサービス内容でお願いしてみると引越し全体が気持ちよくいくかもしれませんね。

引越し費用は、お客様それぞれで内容が異なるため、相場が分かりづらいものです。

引越し費用の相場を知るためには、複数の引越し業者に見積もりを取る事が必須です。そうすることで、後は自動的に相場へたどり着くことになります。

引越し業者も「相見積もり」になっていることを踏まえて費用を出してくるので極端に高いという事もありませんよ。。

4.「引越しはどれもがオリジナル」

引越し費用の相場ってどのくらいかかるのか調べてみようと思っても、なかなか料金が分かりづらいものです。
お分かりのとおり全て1件1件の引越し内容が違う、どれもがオリジナルだからです。
引っ越しはすべてオリジナル価格

引越し費用は大きく分けて4つの項目で決まる!

①「荷物の量」

「家具」「家電」「自転車」「ピアノ」「バイク」「車」「日用」などトラックの大きさなどで料金が変わります。
2tトラックに比べて倍の大きさの4tトラックであれば当然料金も2倍ぐらいになります。
そこへ、スタッフの人数も荷物の量によって増えたりしますので、人件費がプラスされます。

②「移動距離」

引っ越し先までの距離。
遠くになれば「高速代」「ガソリン代」「引越しスタッフの拘束時間」などがかかるため、遠方への引越しの場合は費用が高くなっていきます。

③「時期(繁忙期・オフシーズン)」

繁忙期(3月~4月)はどこの引越し業者も忙しいので、料金は通常の2倍近く高くなります。

④荷物を出す時間帯

引越し業者の指定の時間に引越し可能であれば、料金が安くなるというサービスです。

引越し業者からすれば、「空いた時間にできれば安くて大丈夫ですよ」という仕組みです。
大体「17時前後からならお安くできますよ」というのが多いようです。

引越しはその場その場で金額が違うものなので、1社だけに見積もりを依頼しても、相場と比較して安いのか高いのか分からないものです。すべて引越しそれぞれがオリジナルなので、なるべく複数の引越し業者へ「相見積もり」を依頼すると、引越し料金も安く抑えられるかもしれませんね。

よろしければ「100円引越しセンター」もその1社に入れていただければ、喜んでいただけること間違いなしです。

5.「引越しの相場は原価にある」

引越しの相場は原価にある
引越し業者の最安値の相場は、簡単に考えると、かかる費用(原価)にどれだけ利益がプラスされているかという事になります。引越し業者からすると繁忙期(3月~4月)は利益を増やしても依頼がもらえるので割高の相場になっています。

逆にオフシーズン(5月~2月)は仕事が少なく安くしないと依頼をもらえないので格安の相場になっています。

引越しの「基本原価」は3つ!

①車両費
車両を保有している業者であれば維持費がかかり、レンタルしている業者であれば、4tトラックであれば50,000円程の費用がかかります。

②人件費
ざっくり1日スタッフ一名の場合、15,000円程で計算。

③移動費
高速代、ガソリン代など。

例)【家族3人の近距離引越し】

「トラック4t1台」 + 「スタッフ3名」+ 「移動費5,000円」

で考えると

「トラック4t(50,000円)」+「スタッフ3名(15,000円×3名)」+「移動費(5,000円)」=100,000円

ここに引越し業者の利益がプラスされることになります。

「オプション」にも原価がある!

  • 「エアコンの脱着」
  • 「クレーンでの荷物運搬」
  • 「ピアノ輸送」
  • 「不用品回収」

なども費用が発生します。

引越し業者の利益!
引越し料金の原価がある程度分かった上で、あとは業者の利益がプラスされます。

引越し業者も運営していくためには「利益」が必要であって当然のことです。

「相見積もり」の場合、最初から競争が激しい事を理解しているため、引越し業者は極端に「高い料金」を出すということは出来ません。

また、繁忙期は「車両」にしても「スタッフ」にしても、準備をしていないと足りないという事にもなりかねないので、前もって準備をします。そこで、逆に仕事が無ければ「大赤字」になってしまうので、ある程度安くても仕事が多い方が良いのです。

「引越しの原価」と「引越し業者の内情」を理解した上で、複数の引越し業者に「見積もり」を依頼し、ある程度の「最安値」のところで業者をし絞ってお願いすると「気持ちの良い引越し」が出来ます。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?これまで「引越し費用の相場」について、百美がご案内いたしましたが、結果的に「お客様独自の引越し料金のあらかた正確な相場」、見積もりを複数の引越し業者に出してもらわないと分からない。

という結果でしたね。

引越しというのは人生の中でそう何度も沢山、経験するものではありません。何かのご縁でお客様と出会えることを
100円引越しセンタースタッフ一同、お待ちしております。