100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

引越しの費用と相場

引越し料金とその他にかかる費用丸わかりガイド

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百太郎です。
今日もお客様からのお問合せで大忙しです。

今、引越しを考えている方で頭を悩ませていることで多いのが、「引越しの料金の比較ってどうすればいいの?」「どこが安くて、対応が良いのか調べるのが大変!」ということ。
引越し料金とその他にかかる費用
そんなお客様のお悩みに、私、百太郎がすべてを解決いたします。

1.「引越し料金の比較の仕方」

引越し料金の比較をされている方ならお気づきになったと思いますが、引越しって料金の比較が難しい…。
引越し料金の相場を知るのは難しい
そうなのです!

引越しはお客様の「引越し先までの距離」や「荷物の量」、「引っ越す時期」などによって全然、金額が違います。

引越しには定価が無いのです!

だから難しいのです。
まずは…

①引越し料金が決まる過程を把握することから始める。
大きく分けて引越し料金は3つの内容で決まります。

  • 「引越す時期」
  • 「荷物の量(引越す人数)」
  • 「引越す距離」

上記3つの内容から大まかな金額が割り出されます。これが決まっていれば、引越し料金の比較ができる状態になります。

まだ定まっていない方は予測であらかたの金額を確認しましょう。

②引越し一括見積サイトで料金比較をやってみよう。
引越し料金の実際の比較は、「引越し一括見積サイト」でお客様の条件を入力すると、平均の金額が確認できる便利なサイトがあります。引越し料金の平均が分かるだけではなく、引越し業者ごとの料金や口コミなども掲載されているので、引越し関するあらゆる比較がわかりやすいサイトになっています。

参考までにいくつかご紹介いたします。

  • 「引越し侍」https://hikkoshizamurai.jp/
  • 「価格.com引越し」http://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/
  • 「引越し価格ガイド」https://a-hikkoshi.com/promo06/

2.「単身引越しでかかる費用」

単身(一人)で引越しを考えている方の費用はいくらぐらいかかるのか、「料金の目安」をご案内しましょう。単身引越しには「単身パック」「単身プラン」と二つのプランを準備している引越し業者が多くあります。
単身引っ越しの料金目安
「単身パック」と「単身プラン」の違い

単身パック 単身プラン
料金 料金が安い 料金が高い
荷物量 少ない 多い
訪問見積り 訪問無し 訪問有り
ダンボール配布 配布無し 配布有り

 

※注意点として一般的に「単身パック」ではピアノ、タンス、冷蔵庫、組み立て式家具(ベット・机等)、エアコン、自転車等は運べません。内容は業者によって異なるため見積もり時にしっかり費用の確認をしておきましょう。

単身引越しの「時期」「距離」ごとの料金目安表

(※横スクロールできます。)

単身パック 単身プラン
通常期(5~2月) 繁忙期(3~4月) 通常期(5~2月) 繁忙期(3~4月)
全国平均 27,000円 36,000円 34,480円 50,000円
~15㎞
未満
20,000円 25,000円 25,000円 35,000円
~50㎞
未満
21,600円円 30,450円 29,800円 42,000円
~200㎞
未満
30,000円 47,260円 42,400円 62,000円
~500㎞
未満
43,200円 59,400円 58,000円 81,000円

※オプションサービスの料金は含まれて下りません。(引越し一括見積サイト参照)

3.「ファミリー引越しでかかる費用」

次に、ファミリーで引越しを考えている方の費用はいくらぐらいかかるのか、「料金の目安」をご案内しましょう。
ファミリー引越しの相場
ファミリー引越しの場合は、「家族の人数」「引越しの距離」「引っ越す時期」の3つが料金の決め手です。

ファミリー引越しの「人数」「距離」「時期」ごとの料金目安表

(※横スクロールできます。)

全国平均 ~15㎞
未満
~50㎞
未満
~200㎞
未満
~500㎞
未満
2人
家族
通常期 60,000円 51,110円 56,000円 75,600円 122,240円
繁忙期 60,000円 51,110円 56,000円 75,600円 122,240円
3人
家族
通常期 65,800円 60,000円 75,600円 85,000円
繁忙期 99,000円 76,000円 111,500円 140,000円 200,000円
4人
家族
通常期 70,000円 64,800円 95,000円 130,000円
繁忙期 108,000円 95,000円 116,000円 160,000円 260,000円
5人
家族
通常期 80,000円 76,000円 150,000円 195,000円
繁忙期 112,500円 190,000円 345,000円

※オプションサービスの料金は含まれて下りません。(引越し一括見積サイト参照)

4.「引越し料金の目安とは?」

上記の内容でお分かりのように引越し料金の目安は、「荷物の量」や「移動する距離」そして「引っ越す時期」によってあらかた確定します。
引っ越しは荷物の量で料金が変わる
【引越し料金の目安】

・その1「荷物の量」

料金目安でご紹介した料金に対する「荷物の量」をまとめてみました。

(※横スクロールできます。)

単身パック
(荷物少なめ)
単身プラン
(荷物多め)
2人家族 4人家族
家具 サイドボード
1
サイドボード
1
サイドボード
1
サイドボード
1
ベッド
(シングル)1
ソファー
(2人掛け)1
ソファー
(3人掛け)1
本棚
1
リビング
テーブル机 1
リビング
テーブル机 1
カラーボックス
2
ダイニング
テーブル 1
ダイニング
テーブル 1
椅子
4
椅子
4
食器棚
1
食器棚
1
タンス類
(大)1
家電 テレビ
(40インチ未満)1
テレビ
(40インチ未満)1
テレビ
(40インチ未満)1
テレビ
(40インチ未満・以上)1
冷蔵庫
(2ドア)1
冷蔵庫
(2ドア)1
冷蔵庫
(3ドア)1
冷蔵庫
(3ドア以上)1
電子レンジ
1
電子レンジ
1
電子レンジ
1
電子レンジ
1
洗濯機
(タテ)1
洗濯機
(タテ)1
洗濯機
(タテ)1
洗濯機
(タテ)1
その他
衣装ケース
3
衣装ケース
5
衣装ケース
6
衣装ケース
10
布団
1
布団
1
布団
2
布団
4
ダンボール
10
ダンボール
15
ダンボール
20
ダンボール
50
・その2「移動する距離」
引越し先までの移動距離によって料金が上がる仕組みは当然みなさん理解できますよね?
引っ越し料金は移動距離でも料金が変わる

  • 「移動時間=人件費増」
  • 「移動費=ガソリン代、高速代増」

ですが正直、「法外な料金を請求されそうで不安です…」という方もいらっしゃるのでは?
そこで…

【百太郎の引越し豆知識!】

「基礎運賃」というルールで守られているので大丈夫!基礎運賃とは、引越しの移動距離や移動時間によって、あらかじめ定められている料金です。

国土交通省の標準引越し運送約款や引っ越し業者による約款に基づいて算出されている運賃のため、法外な金額になることはないのです。

・その3「引っ越す時期」
最後に「引っ越す時期」ですが、これが以外に大きな差があるのです。「引っ越す時期には3つのポイント!がある!」
引っ越しは時期でも料金が変わる

【ポイント1】「月」
何月に引越しをするかによって差がでます。下記の表でご確認ください。

  料 金
1月 83,469円
2月 83,555円
3月 112,409円
4月 107,406円
5月 93,257円
6月 89,772円
7月 89,253円
8月 79,808円
9月 83,676円
10月 84,459円
11月 85,610円
12月 85,610円
平均 94,133円

最も高いのが「3月」!
最も安いのが「9月」!

【ポイント2】「曜日」
何曜日に引越しをするかによって差がでます。下記の表でご確認ください。

  料 金
平日 94,264円
土日 94,040円
祝日 92,560円

※2万人の引越し関係者へのアンケート結果です。
平日・土日・祝日のどの日に引越しをするかは「節約達人レベル!?」
引越しするなら「祝日!!」

【ポイント3】「時間」
何時に引越しをスタートするかによって差がでます。下記の表でご確認ください。

  料 金
7時以前 172,090円
8時 117,932円
9時 112,294円
10時 84,776円
11時 69,436円
12時 65,112円
13時 66,040円
14時 68,158円
15時 62,057円
16時 66,233円
17時 61,289円
18時 103,556円
19時以降 67,151円

※2万人の引越し関係者へのアンケート結果。知っておいて良かった!引越し作業を開始する時間帯によって「倍以上の料金差が出る!?」
引越しするなら「17時ごろ!!」

※2万人の引越し関係者へのアンケート結果です。引越し料金の目安をご案内してきましたが、もっともお得に引越しができるのは…

「9月の祝日で、17時ごろに引越し!!」と言うことになりますね。

5.「引越しを激安でしたいあなたに」

これから引越しをしようとしている方は、いろいろと考えているかと思います。

  • 「引越しの料金をできるだけ抑えたい」
  • 「激安で引っ越せる方法はないか」

引っ越しを激安でしたいあなたに
言うまでもなく激安No,1は
「元祖!100円引越しセンター」で決まりです!

単身引越し費用やファミリー引越し費用を上記で紹介しましたが、「激安!100円!」で引越しできる引越し業者はありませんよね?引越しの相場の費用は、単身の方で近隣引越しでも27,000円~36,000円ぐらいはかかります。

これは、「人件費」・「車両費」・「作業費」等の費用(コスト)がかかるので当然のことです。この費用(コスト)を完全に除外できるのが100円引越しセンターの強みです。

※「どうして100円で引越しが出来るの?」はこちら
(お得に引越ししたい!日本初の100円引越しセンター)

私ども100円引越センターは「良いサービスを安い料金で」を追求してきました。
「安いだけでもダメ!」
「良いサービスだけでもダメ!」
「2つそろって100円引越センター!!」なのです。

6.「引越し料金の最安って実はいくら?」

私、百太郎が「引越し料金の最安を知りたい」という、お客様に代わって色々と調べてみました。

「単身引越し最安」の結果

①A社・・・最安7,500円で引越し
【引越し内容】

スタッフ 荷物量 料 金
23区同士
または当社が認めた隣接するエリアへのお引越し
1名 ダンボール
20個分以内
7,500円
プラン適用条件 1.お運びさせていただく荷物は、ご自身で用意された段ボール箱で、量は20箱以内のみです。
2.エリアは、東京123区同士、または当社が認めた隣接する市部間となります。
3.1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬となります。
(お客様も一緒に、お手伝いをお願い致します)

②B社・・・8,640円~で引越し
【引越し内容】

スタッフ 荷物量 料 金
23区同士
または当社が認めた隣接するエリアへのお引越し
1名 軽トラックに積めた分 8,640円
プラン適用条件 1. エリア・・東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城、栃木、群馬、山梨、長野、静岡
2 500万貨物保険、無制限同乗保険付き

 

現在、この2社が引越し最安では優良業者のようでした。

この料金も本当に引越し業者の必死な努力のたまものの金額だと思います!正直凄いです。

ただし!!

やっぱり「引越し料金の最安って実はいくら?」と聞かれますと…「最安は100円!」これが答えになります。
引っ越し業界最安値!
※「どうして100円で引越しが出来るの?」はこちら(お得に引越ししたい!日本初の100円引越しセンター)

「ファミリー引越し最安」の結果
ファミリー引越しの最安に関しては、人数、移動距離等の条件によってあまりにも違いがあるので、最安の目安にならないと判断しました。

申し訳ありません。

7.「安い引越しのしかた」

引越しを安く抑える方法は、引越し業者の料金をどれだけ下げることが出来るかという事だと考えていませんか?
引っ越しの料金をもっと下げたい
「いやいやもっと出来る限り安くしたい」という方の最終手段は、「自分自身で引越しを全てする」でしょう。ですが、自分で引越しといっても、色々と費用が発生したり、運搬の注意が必要なものがありますので、結局こんなことなら引越し業者へ依頼しておけば良かった、というケースが多々あるようです。

知識として「自分で引越しをした方」の失敗事例をまとめてみました。

①結局料金が高くついちゃった?!
・引越しをする場合、様々なことで費用が発生しやすいという事を知ろう。「トラックのレンタル費用」

2tトラック(屋根なし)レンタル費用…5,000円~8,000円程度
2tトラック(屋根付き)レンタル費用…12,000円ぐらいはかかります。

また繁忙期の2月~4月ぐらいは引越し業者がレンタカーを抑えているので、空きが無い場合が多いです。

 

「エアコンの取り付け費用」

エアコンはガス抜きが必要!
引越し業者はエアコン取り付け業者に対して、安くしてくれるように手配しますが、自分で業者を依頼する場合はそうはいきません。

「派遣費」「人件費」「作業費」で15,000円~20,000円ぐらいが請求されることが多いようです。

トラックレンタルとエアコンの取り外しで20,000円~32,000円ぐらいは必要になります。

②重い荷物の運搬(冷蔵庫・洗濯機等)

【冷蔵庫】
冷蔵庫の注意点は2つ
冷蔵庫の引っ越しでの注意点
(1)冷蔵庫のコンセントは引越し前日に切る
冷蔵庫は底あたりに水がたまるトレイがあり、その水をしっかり抜いておかないと運搬中にこぼれて、車の中の段ボールなどが濡れてしまい大変です。今から冷蔵庫を移動するというタイミングで、トレイの水を捨て水が出てこない状況を作ることが大切です。

(2)運搬後すぐにコンセントにささないこと
コンプレッサー(モーター)内の潤滑油が、運搬中に不自然な位置に移動してしまったりエアーが入ったりしています。冷蔵庫を設置完了し、コンセントを指す場合は1時間ほど放置してからコンセントを差しましょう。

【洗濯機】
洗濯機の注意点は2つ
洗濯機の引っ越しでの注意点
(1)洗濯機は斜めにしない
洗濯槽(中でグラグラ動くカゴ)は4か所に衝撃吸収の「吊り棒」と呼ばれる長い棒がセットされています。斜めにして振動を加えると、外れたり破損したりする可能性があります。冷蔵庫は振動で壊れたという話はあまり聞きませんが洗濯機の故障は少なくありません。

(2)ドラム式の場合は金具が必須?!
ドラム式の洗濯機の場合は、洗濯槽を固定する長いビスと金具が必須です。必ず必要になるので、なければそれを取り寄せなければいけません。また、運搬後に金具は外さなければいけません。

8.まとめ

引越しを安く済まそうと自分ですべて引っ越しをしても、結局費用がかかり、引越し後の家電のトラブルなどで、「精神的」にも「肉体的」にも大変な思いをした、というケースがとても多いのが実情です。

それを考えると、プロにお任せする方がトータルして良かったというお話しも。とにかく「安い引越し」をという方はまずは100円引越しセンターにお問合せください。