100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

失敗しない引越し業者の選び方

軽貨物運送引越業者の特徴

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

「軽貨物引越業者」と聞くと、一般的な引越し業者と比べると、名前に「軽貨物」が付いているので、何となく小さくて軽い物を運ぶイメージですよね。まさにその通りで、大手の引越し業者や中堅引越し業者よりさらに規模の小さい業者のことなのです。

軽貨物運送引越業者の特徴

普段あまり利用することや触れる機会も少ないと感じますので、その特徴などご紹介いたします。

1、「軽貨物引越業者ってどんな業者なの?」

軽貨物引越業者とは冒頭でも説明した通り、大手や中堅の引越し業者と比べて、かなり小規模な引越し業者のことを指しています。また、軽貨物引越業者は、引越を専門で行っている会社はほとんどなく、個人経営者が多いことも特徴です

そこでまず、「許可は持っているの?」と疑問がありますが、大手や中堅の引越し業者は、「一般貨物自動車運送事業」を経営するために国土交通大臣の許可を受けなければなりませんが、軽貨物引越業者は特殊で、許可ではなく「貨物軽自動車運送事業」を経営するための「届け出」をすればよいだけなのです。

基本的に、単身者用などの比較的荷物も少なく、大きな荷物もないような小さな引越には向いています。ですが、最近では引越しを意識して作られた専用車などを用意して、大型家具なども積むことができるようにした業者も増えており、利用者の幅も広がっているようです。

ここまで特徴を色々説明しましたが、いわゆる「軽貨物引越業者 = 赤帽」といえば分かりやすいでしょう。一度は聞いたことや、もしかしたらご利用したことがあるという方もいるのではないでしょうか。

◇赤帽とは?

赤帽とは、中小企業等協同組合法に規定されている「事業協同組合」

農家が集まって組織した「農業協同組合(農協)」や、漁師が集まって組織した「漁業協同組合(漁協)」と同様の組織で、貨物軽自動車運送事業者である赤帽組合員が集まって組織化されたものです。

つまり、赤帽組合員は農家や漁師と同様に、それぞれが独立した「個人事業主」、俗に言う「オーナー」という位置付けになります。全国各都道府県に44の協同組合が存在し、約180ヵ所の組合本部、支部、営業所等の拠点があります。

組織を統括する「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」は、 全国の貨物軽自動車運送事業組織の中で唯一国土交通省から認可(自総第230号)を受けた組織です。

そこで、引越しの際に利用した場合の費用やメリット・デメリットを確認しておきましょう。一般的な赤帽車の荷台に積み込める最大積載重量は350kg。料金などは以下の通りです。

スタート料金 11,560円~(日曜・祝日は料金2割増)
作業時間 2時間以内
(2時間を超えると30分毎に1,580円加算)
移動距離 30km圏内
台数 1台
作業人員 1人

地域によって異なりますが、12,000~14,000円が最低料金になります。

◇赤帽のメリット

  • 近場で荷物が少ないと料金が安い
  • 荷物と一緒に同乗できる
  • 都合に合わせて融通が利く

◇赤帽のデメリット

  • 積載量が少ない
  • 搬出入の手伝いが必要
  • 荷物の梱包は自分で行う
  • 荷物や建物の破損・汚れの恐れがある

このように、「近場の引越しで荷物も少量でなるべく安い費用で抑えたい」という方には、赤帽が最も手軽でしょう。

2、「まとめ」

軽貨物引越業者とは、一般的には「赤帽」のことを指しており、引越しを専門に行っている業者ではないことはご理解していただけたかと思います。

まとめると、単身者の方が近場で荷物が少ないケースでは最適の引越し方法ですが、いわゆるファミリータイプなどでは当然利用することは考えられません。

安くで引越しといえば、100円で引越しができる「100円引越しセンター」!!何か疑問があれば何でもお問い合わせくださいね!