100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

失敗しない引越し業者の選び方

引越しが1つのビジネスになってからノウハウが確立するまで・・・

こんにちは!
100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。

こちらは引越し業界の歴史のお話になりますが、

☑「1つのビジネスとして成立したのはいつなのか?」

☑「いつ引越し業界でのノウハウ(知識)が確立したのか?」
引越しが1つのビジネスになってからノウハウが確立するまで・・・

ここでは、この2点についてご紹介したいと思います。興味がある方は「⇒引越し業の誕生」からの続きでご覧になってみてはいかがですか。

1、「日通の独壇場だった引越し市場」

戦前から戦後にかけて日本で引越し業をほぼ独占していたのは日本通運でした。国策的運送会社で、日本全国に拠点を張り巡らせ、個人も法人もほぼ日通に発注をしていました。また、日通に頼まない人は自分たちで引越しをしていたような時代だったのです。

当時、日本は地元で採用され、ずっと地元で働くことがほとんどでした。引越しも、その地域内での引越しがほとんど、転勤は上級管理職以上という時代であり、引越しそのものも運送業者が日頃の感謝を込めて無償で手伝っていたことも多かったそうです

2、「時代の流れと引越し業者への需要の関連性」

戦後の高度経済成長などもあり、都市間移動が活発になってきました。これまで何もなかった土地に新しく工業地帯ができ、住宅街・商店街なども増えたことにより人口の移動が活発になりました。
その結果、引越し業界も需要が激増していったのです。

そうした中で、高速道路も整理され、第一次石油危機によって運送業の低迷に直面したそれぞれの運送業者が、これまでほとんど開拓されていなかった引越しという分野に活路を見出すのも当然の流れだったと言えるでしょう。

3、「引越しのノウハウの確立」

引越しという市場のノウハウは、どうやって蓄積していったのでしょうか。

一つには、在日米軍の家族移動に際して、アメリカの運送業者のシステムを学んでいったということが考えられます。
また、そうでない運送業者でも、「引越し」を専門的に扱う運送業者が自然発生的に誕生し、そうした会社は独自のノウハウを蓄積し、それぞれのシステムを確立していきました。

このようにして生まれた「引越し」というビジネスは、運送業者の片手間の仕事で、なおかつ、依頼側も引越しに対して高いクオリティーを期待していなかったこれまでの状況を一変させ、消費者は、確実、安全、安心して引越しのできるサービスを求めるようになっていったのです。

言うならば、戦後生きていくこと、働いて欧米に早く追いつくことが精一杯だった時代から、ようやく先進国の仲間入りをし、生活の一つ一つにおいて「質」を追求することができる時代へと突入していったと言えるかもしれません。

4、「まとめ」

ここまで、興味が無い方にとってはつまらない話だったと思いますが、引越し業は戦後から高度経済成長期にかけ誕生し、その後徐々に形態を変えながら現在の様に、引越し業者も増えてお客さまのニーズに合わせたサービスを展開しています。

一つの仕事にも、様々な歴史があり、引越し業の色々な形を変え現在の様な姿になったということだけでも覚えて頂ければ幸いです。