100円引っ越しセンター

お役立ち情報TOP

単身引越し
0120-949-927
プライバシーポリシー 会社概要 サイトマップ

失敗しない引越し業者の選び方

安い引越し業者はどうなっている?その裏側を徹底調査

こんにちは!100円引越センターお客様センター担当の百美です。
今日も「真心」こめてお客様からのお問合せにご対応いたします。
私のモットーは
「情報」「知識」「満足いく引越し!」
をお客様に少しでもお伝えしていくことです。
ここでは、安い料金で引越ししてくれる引越し業者についてご案内していきます。

まず、安いからと言ってすぐに「ではお願いします」とはならないですよね?
色々考え、悩みますよね!

  • 「確かに安いけど作業が凄くザツなのでは?」
  • 「安いのには何か裏があるのでは?」
  • 「聞いたことが無い業者だからなんか不安…」

安い引越し業者は大丈夫?

などということではないでしょうか?

人は皆、初めての事に対して必要以上に「警戒心」をもって行動するものです。
それが自然の道理です。

という事で、これらの不安を全て解消できるよう、これから料金が安い引越し業者の「メリット」・「デメリット」・「失敗しないポイント」などをご紹介します。

1、格安・激安の引越し業者は本当にある?

これだけははっきり伝えておきます。
「あります!」
「あやしい…」「ザツなのでは?」「詐欺?」など完全無し!
本当に『真面目に一生懸命、企業努力しアイディアを終結した努力の賜物の引越し業者』は存在します。
本当に企業努力で安く対応している引越し業者や、何か自社の強みを打ち出し、この分野ではどこよりも「格安」でといった引越し業者もあるのです。

お客様の引越し内容によって合う合わないはありますが、お客様の引越しの条件に特に問題がないのであれば、確かに「激安」で引っ越せる業者はあります!

ただし、そこで大事なことが激安価格で引越しするためには「企業努力」「アイディア」があっての事とお話ししましたが、ここでポイントが「アイディア」の部分です。
安い引越し業者の裏側
「アイディア」で「内容に当てはまるお客様は激安で引越しすることが出来るぞ」という項目を作り、それには「条件」が基本的にあります。この条件をクリアされた方は「おめでとうございます。激安で引越しが可能ですよ!」という事になるわけですね!

気になるその「条件」とはいったい何なのでしょうか…?下記で回答いたします。

2、「安い引越し業者のメリット・デメリット」

さて、安さの秘訣!「条件」をここではご案内していきます。
わかりやすく実際に激安価格で引越ししている引越し業者を3社、例に出してご説明していきましょう。

①たった100円で!「100円引越センター」(全国対応)

安い引越し業者どうなっている。
インターネット単体での申し込み「No,1!」の実績!
すみません。自社のサービスなのですが、実際に激安!100円で引越しができます。しかも全国対応というのが他社にはなかなか追随できない内容です。

【条件】

・「インターネット回線の同時申込み」
・「単身引越し」50km以内で100円引越し!(25kmごとに5,000円プラス)
・「ファミリー引越し」30km以内で100円引越し!(25kmごとに5,000円プラス)

【メリット】

上記内容がクリアされた方は、本当に100円ポッキリで引越しが出来ます。
もし、指定距離をオーバーする地域でもプラス5,000円で引越しできるのでそれでも激安引越しが可能。

【デメリット】

引越し先でインターネットを引く予定がない方には、合わないという事。

②業界最安7,500円!「ケーエー引越センター」(関東圏)

安い引越し業者はどうなっている
単身 引越し 見積もり「No,1!」の実績
【条件】

・エリアは、東京23区同士、または当社が認めた隣接する市部間となります。
・段ボールはご自身で用意(20箱以内)
・1階玄関から1階玄関へのドア・toドアの運搬となります。

【メリット】

・関東圏内でのお引越しで、「引越しは自分も手伝いますよ!」という方であれば7,500円でOK。
・自分で引越しをする場合に、「軽トラックレンタル」や「荷物運搬の手伝いを誰かにお願い」したりとかを考えると激安引越しですよね。

【デメリット】

・現在では、エリアが関東圏内付近のサービスであること。

・爆安75プラン(7,500円プラン)は「ドア・toドア」のサービスなので、階段があるマンションなどから引越しをする際は、自分で荷物を降ろさなければなりません。
 重い荷物が多い女性の方などはちょっと大変かもしれませんね。

※(追加料金をお支払いされると階段も運んでくれます。)

③5,400円~!「赤帽いいとも急便」(5,000円代は首都圏近郊エリア)

安い引越し業者はどうなっている
格安5,000円代から家財運搬。
「家財運搬」ご家庭にある「家財の運搬」を致します。必要に応じて設置作業もOK。

【条件】

軽トラックに入る大きさ
お客様のご協力が必要です。
短い移動で時間指定無しの場合。

【メリット】

・荷物が少なく、距離も近くで時間も余裕がある方であれば激安5,400円で家財運搬し てくれます。
・トラックレンタルしてご自身で引越し作業するぐらいなら、重い荷物(冷蔵庫・洗濯機・大型テレビ等)を運ぶのを手伝ってくれて、運んでくれる方が断然メリットありですよね。

【デメリット】

・首都圏近郊エリアのみの対応になります。
・「運搬」なので「引越し作業」となると13,500円~となります。

3社のご案内を致しましたが、ネット検索で上位に表示されている業者をご案内いたしました。

それぞれの引越し業者にも、「条件」がありますが、決してハードルの高い条件ではないですよね。
今のあなたに3社ともすべて当てはまれば、「100円引越し」「7,500円引越し」「5,400円引越し」が選び放題になります。

実際に「ぜんぜん問題ない!」とお考えの方が多く
「100円引越しセンター」・・・インターネット単体での申し込み「No,1!」の実績
「ケーエー引越しセンター」・・・単身 引越し 見積もり「No,1!」の実績
 とすばらしい実績もあります。

3、「安い引越し業者の裏側はどうなっているの?」

安い引越し業者の裏側って気になりますよね。
裏側が丸分かりになれば、その引越し業者の1件当たりの利益まで見えてくるという事ですから…。

正直、他の引越し業者の裏側まではすべて把握する事は難しいので、弊社の「100円引越しセンター」”裏側””表側”にしてしまおうと思います。
安い引越し業者の裏側
安い引越し業者「100円引越しセンター」の裏側!

私ども100円引越しセンターの気になる裏側ですが…。
というか裏側というものが存在しないのが「100円引越しセンター」なのです。

なんとなくお分かりの方もいらっしゃると思いますが、ポイントは「インターネットに同時加入」ですね!
100円引越しセンターはみなさまが弊社指定のインターネットに加入していたくことで、インターネット提供会社から「100円引越センター」はマージンが頂ける仕組みになっています。

おかげさまで、毎月多くの方に100円引越しを利用していただく事で、他社には真似のできない仕組みを築くことができました。本当にありがとうございます。

インターネットをお申込みいただくことで100円引越しを実現できるようになっているのです。
元祖!「100円引越しセンター」他社の追随を許さないサービスなのです。
安い引越し業者の追随を許さない業績
これからも、多くのお客様が利用していただける事で、このサービスは継続する事ができるという訳です。
という事は、これから100円引越しセンターを利用していただくお客様がいるから、これから先のお客様もまた、100円で引越しが可能になるのです!

ちょっとした「社会貢献」と思っていただければ幸いです。
100円引越しを利用する⇒「お客様満足」⇒「100円引越しセンターも満足」⇒「今後の利用者も100円引越し継続できる」の「しあわせサイクル」の出来上がりです。

4、「安い引越し業者でも失敗しないポイント」

安い引越し業者には「安い」理由が必ずあります。お分かりのように企業である限り、売上と利益とコストのバランス関係があるからですよね。
失敗しないためにもまずは失敗例を把握することが大切です。

【安い引越し業者での失敗例】

①「当日に荷物が入らず、追加料金で高くついた…」
安い引越し業者どうなっている

打ち合わせが不十分で引越し当日に荷物がすべて入らず、トラックを追加することになり、時間と費用が掛かってしまった…。

②「不愛想なスタッフさんで、作業がザツで大事な家具に傷が…」
安い引越し業者の裏側

不愛想なスタッフさんで、荷物運ぶ作業があらく引越し後に気付いたのですが、大事な家具に傷が入っていることに気づきました。保険には何もはいっていなかったので、その後何もなしです。

③「不用品の破棄費用を考えていなかった…」
安い引越し業者どうなっている

引越し当日になって、不用品の多さにびっくり!予想よりはるかに多くの量が出てきて、打ち合わせで不用品の事には触れていなかったので自分で処分に行ったのですが、結構な金額がかかりました…。

これらの内容を踏まえた上で、さらに「失敗しない3つのポイント」をご紹介します。

【安い引越し業者でも失敗しない3つのポイント】

①「3社以上の見積もりを取り、比較する事は必須」
絶対にやってはいけないのが1社のみに見積もりを依頼し、そのままお願いすることです。
高いのか安いのか、サービスが良いのか悪いのか、まったく比較材料がないからです。

いくら担当営業マンの感じが良くてもこれだけはNGですよ。

②「オプションサービスなどをすべて確認(当日に話すのはトラブルの元)」
荷物の量や「家具」・「家電」・「自転車」「バイク・車」・「不用品」などの細部まで引越し業者に確認してもらい、引越し当日に別料金が発生しない布石をしっかりと打つことも大事ですよ。

③料金、サービス内容、担当営業などをすべてまとめて比較した上で選ぶ事。
あなたの今回の引越しにかかわる事すべてを確認できれば、後は、複数見積もりを取った引越し業者の中から「料金面」「サービス面」などである程度引越し業者が絞れると思います。

まとめ

内容が良い業者さんのところで迷った場合は、担当営業さんの感じが良かったところに決めてみてもいいと思いますよ。
そのことを直接営業さんに伝えてあげることもポイントです!
営業マンとして、「仕事を頑張っていてよかった」と思える瞬間ですから!
安い引越し業者はどうなっている

そして、結局は「人」「人」なので、作業スタッフさんにも「あそこのお客様はしっかり頼むね!」的なことが結構な確率であったりするみたいですよ。